帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【319話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は319をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

319話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【318話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は318話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 逆算

「お疲れ、ルニア」

眼球の形をしたネックレスがデジールの⽴体ポケットから⾶び出し、⼿のひらに落ちた。

元の鮮やかな⾊を失い、淡い灰⾊がかった茶⾊に変化する。

[まさか・・・]

アルテミスシステムの分析結果は絶対的なもの。

そして、この絶対的な分析は、デジール・アルマンの死を宣⾔した。

他の結果が発⽣することは考えられません。

ルニアはアルテミスのアシスタント。

彼⼥は影の世界を作成したり、世界⾃体を操作したりするほど強⼒ではありませんでしたが、⼩規模で因果関係を逆転させることはできる。

クロウマスクがカテリーナとの戦いの間に彼の体を回復することができた⽅法のように、デジールは無傷でプリシラの攻撃を⽣き残ることができた。

これは、⾮常に⻑いクールダウンを伴う1回限りの行動だが、デジールにはそれで十分だ。

「ルニアが⾔ったように機能しました」

補助システムのルニアはアルテミスシステム⾃体と同じ。

この除外は盲点だった。

⾃分の⾏動を計算する必要はないのだから。

[しかし、そのように頑張る意味は何ですか?]

結局、状況は変わりません。

デジールはこれ以上多くの攻撃を開始することはできません。

プリシラがそう思ったとき、デジールは落ち着いた声で口を開く。

「十分に時間を作った」

絶望にもかかわらず、彼は唇ににやにや笑いを浮かべていた。

その光景がプリシラを激怒させる。

彼⼥がデジールの未来を覗き込もうとしたとき、彼⼥は代わりに世界の失われた歴史の⼀部を思い出した。

神の⼒、アルテミスシステムの創造にもかかわらず、⼈類はまだ崩壊した。

出現した悪魔は強⼒でしたが、因果関係を逆転させ、世界の構造を操作する能⼒があれば、最終的には対処されたでしょう。

最終的に⼈類を危機に瀕させたのは、地球外⽣命体、ドラゴン、アルテミスシステムが⾏動を計算できなかったものの出現。

その外観がシステムの誤動作を引き起こし、⼈類の最⼤の発明は⾦属くずの⼭になったのだ。

そして、⼈類は破壊された。

「なぜこれが突然頭に浮かんだのですか?過去の崩壊は無関係であるべきです・・・」

今や無⼒になるまで弱体化したデジールは、迷惑な⾳を⽴てる空⾶ぶ⾍と何ら変わりはない。

 



 

プリシラの背中の後ろにぶら下がっている翼が⼀⻫に展開する。

[これであなたの闘いは終わりです]

彼⼥の翼は広げられ、眩いばかりの煌めく光の束が半径数キロに及ぶエリア全体を覆う。

それは絶滅の光。

ドレスデンの中心は跡形もなく⼀掃されるでしょう。

輝かしい光はプリシラが彼⼥の存在を維持することを可能にしただけ。

この攻撃が何度も繰り返されると、原因と結果を⾃由に逆転させる⼒があったとしても、デジールは毎回死ぬでしょう。

プリシラは微笑んで頭を向けた。

「終わりを迎えるのはあなたです、プリシラ」

彼⼥は驚かざるを得なかった。

それは、消えたはずのデジールがまだ⽴っていたから。

その瞬間、プリシラは⿊い霧のようなものが彼から流れ出ていることに気づく。

真っ⿊な闇が、他のすべてを覆っている光に徐々に侵⼊していった。

[これは⼀体・・・!?]

デジールから染み出した闇は、強⼒な破壊の光に触れても縮まなかった。

代わりに、むさぼり⾷われたのは光。

アルテミスシステムによって与えられたプリシラの絶滅の⼒は、世界の⾃然法則さえも無視して、因果関係を揺るがす⼒。

神の⼒にアクセスできたと⾔っても過⾔ではありません。

しかし、デジールはそのような⼒を無⼒化していたのだ。

その場合、彼の⼒は神々の⼒を上回っていたのでしょうか?

デジールはプリシラに向かって⼀歩踏み出し、彼が前進するたびに、闇が広がり、光を覆っていく。

そのような光景を⽬撃したプリシラは、ただ⼀つの感情を感じた。

無駄。

彼⼥はもはや未来を⾒ることができず、敗北の予感を覚え始めたのだ。

「私は・・・、このように終わらせることはできません!」

プリシラはすべての⼒を1回の攻撃に集中させ、世界の暗闇を⽌める。

全世界を⻘ざめた広⼤な光。

光は⼀点に集中し、最終的にはデジールに放出されます。

世界のすべての存在を破壊する⼒が、⼀⼈の人間に向けられていた。

しかし、デジールは⽌まらない。

「プリシラ、あなたの⼒の源は光の魔法の要素から来ています」

広⼤な光線が暗闇に到達するとすぐに、それは単にその⼒を失い、広⼤な暗闇の中に消えていく。

「それは超⾃然的に⾒えますが、光は世界の物理的な部分です。それは物理学に⼀致する波であり、⾃然で具体的な兆候があります。因果関係に対するあなたの⼒をブロックする必要はありません。マナを⼗分に⼩さく分割すれば、あなたの光を直接遮ることができます。」

「・・・!」

闇は呪われた⼒ではない。

[ただ・・・、それは神の⼒を圧倒することができないはずです!]

「神?アルテミスシステムは神ではありません。それは技術の⼀部であり、⼈間によって発明されたものです」

マナを光を遮断するのに⼗分⼩さいものに分解することは抽象的なものでしたが、それほど難しくはありません。

ただ1つの問題は、プロセス⾃体が⾮常に複雑であるということ。

だから・・・。

「あなたを倒すのに必要なのは時間だけだった」

時間。

それを聞いた瞬間、プリシラは頭の後ろを激しく打たれたような感覚に。

「最初から私の強さを計算してきましたか?」

逆算。

そのためには、相⼿の強さを把握し、徹底的に分析し、攻撃を無⼒化する必要がありました。

[このために・・・、最初から・・・]

いつから?

私はいつから彼の⼿で遊ばれていたのですか?

二人の間の距離は徐々に狭くなる。

 



 

[もう⼀度考えてください、デジール!]

プリシラは近づいてくるデジールに叫んだ。

[私がやろうとしていることは多くの犠牲を必要とすることを認めます。しかし、結果を想像してみてください!本当に私が間違っていると⾔えますか?]

しかし、デジールはプリシラの声が聞こえないかのように静かに歩き続ける。

彼が徐々に近づくにつれて、彼⼥の⼝調は切迫した。

[全体像が⾒えるはずです、デジール!私がもたらす完璧な世界では、⼈類全員が幸せになることができます!あなたも!ジョードを連れ戻すことができます!だからお願いします・・・!]

「諦めて」

デジールの声に奇妙なトーンが。

憎しみと悲しみが混ざり合ったような声。

「プリシラ、あなたの負けです」

魔法が彼の⼿の前で展開し始める。

ライトを解体した後のマナがあまり残っていなかったため、これまで使っていた呪⽂よりも⼤幅に弱かった第3級までしか使えない。

しかし、残りの⼒だけがブロックされていたプリシラは、このわずかなレベルの呪⽂に抵抗できません。

呪⽂の配列が完了するとすぐに、呪⽂は完全に明らかに。

それは、プリシラが何度も⾒た呪⽂。

【ファイアストーム】

第3級魔法。

しかしプリシラは、それが他のどの呪⽂よりも強⼒であることを知っていた。

呪⽂が解き放たれた瞬間、アルテミスのシステムも灰になります。

「仕⽅がない」

最後の瞬間、彼⼥は最後の賭けをすることに。

熱がゆっくりと上昇した。

巨⼤な炎の嵐がプリシラを襲う直前。

二人の両⽅の⽿に冷たい機械的な⾳が響き渡りました。

[世界の逆転を進めます]

暗い雲がドレスデンの上に広がり、二人を覆っていく。

 



 

プリシラを倒したのは、デジールの一番得意な逆算。

倒すことはできましたが、最後の現象は?

帰還者の魔法は特別です【320話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は320話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...