帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【317話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は317をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

317話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【316話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は316話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 同化

何世紀にもわたって使われていなかった埃っぽい場所は、ヘブリオンアカデミーの地下室の奥深くに存在した。

誰も壊れた装置がどのように作動するかを知らないが、プリシラは⽬を閉じて敬虔な⽅法でそれらの前に座る。

突然、輝かしい素晴らしさが空に浮かび上がり、巨⼤な柱を形成した。

プリシラは、危機的な状態にあるにもかかわらず、彼⼥の前で機械を修理することに全⼒を尽くしている。

光は、この地下の場所で⾮常に⻑い間苦しんでいた壊れたデバイスを徐々に復元した。

まるで⽣きているかのように、多数のケーブルが四⽅⼋⽅にくねくねと伸び、すぐに広⼤な床⾯積の半分を覆う。

それは、神の領域に近づいた古代⽂明からの技術の集⼤成。

アルテミスシステムの主要なアクセスポイント。

プリシラは⽬を閉じた後、独り⾔を呟く。

「美しくないですか、デジール?」

彼⼥が話し終えるとすぐに、稲妻の三⾓形が彼⼥の頭の上に形成された。

それは⾼レベルの第6級呪⽂、トリニティライトニング。

滝のようにプリシラに降り注ぐ電気の形の⼟砂降り。

しかし、それが彼⼥を⼀掃する直前に、それはまるで幻想であったかのように⼀瞬で消えた。

雷⾬とそれが発⽣した巨⼤な熱は跡形もなく消えていた。

「この時点で、諦めたほうがいいです」

プリシラの声は完全に平和的だ。

彼⼥が⽴ち上がると、銀のケーブルが彼⼥の左腕の切り株に接続されていた。

アルテミスのメインシステムに接続されたケーブルが。

「アルテミスシステムの復元はほぼ完了しており、私はすでにそれに接続しています。戦いは終わったわ、デジール」

「それはあなたが望んでいたすべてですか>あなたがとても慈悲深く押しつぶされた⼈⽣の価値はありましたか?」

今起こった現象は、世界の⾃然の秩序に逆らったもの。

魔法を分析してブロックしたり、同じ⼒で相殺したりする代わりに、魔法の存在⾃体が⽂字通り消去されたように⾒えたのだ。

「どうしてそんなに必死にその⼒が欲しいのですか?」

デジールは、プリシラの⾏動の理由が何であれ、理解するつもりはないが、彼は⾃分⾃⾝が尋ねるのを⽌めることができなかった。

ジョードが死ななければならなかった理由を理解せずに、彼は彼の怒りを制御することができない。

「この⼒で、私はこの世界から罪を消すことができます。それは新たに⽣まれ変わることができ、誰も⼆度と苦しむ必要はありません」

アクセスポイントの中央には巨⼤な宝⽯が埋め込まれており、システムが動き続けると、真っ⾚に輝き始める。

これは、ピエロマスクがスカルマスクを裏切った後に押収した電源だったに違いありません。

「スカルマスクの計画をもう⼀度やり直そうとしているだけじゃないか!」

「彼と私は⾮常に異なっています。彼の計画は利⼰的でした。彼はいくつかの死んだ帝国を回復するためにシステムを修復したかった。私は今周りにいる⼈々を救うつもりです」

プリシラの妄想がジョードを含む多くの善良な⼈々の命を犠牲にしたという事実で、デジールの怒りは再び燃え上がる。

しかし、彼は冷静さを保ち、この状況を客観的に⾒ながら、なんとか感情を⽀配した。

(プリシラは徐々にアルテミスシステムに同化しているのか?)

デジールは固い表情で彼⼥を⾒る。

「それで、あなたは神になりたいのですか?」

「はい。私に与えられたこの⼒で、私は神のご意志を制定します。これは私だけが達成できることです。これが私の運命なのです」

プリシラの⽬は危険なほどに点滅し、狂気の熱が表⾯のすぐ下から漏れていた。

「私は全⼈類を救います」

華麗な素晴らしさの翼がプリシラの背中の後ろから⽴ち上がって、光が彼らの周囲をそっと照らす。

同時に、彼⼥が受けた数々の⽕傷は完全に回復した。

 



 

プリシラの唇は上向きに曲がる。

「デジール、ジョード・エグザリオンをもう⼀度⾒たくないですか?」

その瞬間、事前の警告なしに、プリシラの前で爆発が発⽣する。

「それがあなたの選択ですか?」

プリシラは、上昇する埃の中で静かに⼿を合わせた。

[敵の存在を確認する。⾃⼰防衛機能の再アクティブ化]

[エラー。⾃⼰防衛機能が破損しています。システムの電⼒の⼀部を、システムと同化する。1次エグゼキュータに転送します。遺⾔執⾏者、敵対的な存在を取り除いてください]

[現在の同化率は62%です]

「それなら、あなたが望む適切な結末をあなたに与えます」

その瞬間、彼⼥の翼は⼤きく広がり、明るく輝く。

集まった光は巨⼤な剣の形をとった。

【⽭盾した世界の夢】

この変化を⽬の当たりにして、デジールはすぐに彼が知っている最強の防御魔法を呼び出す。

その後すぐに、デジールに巨⼤な光の剣が発射された。

そしてその瞬間、彼は悪寒を感じる。

数え切れないほどの⽣と死の戦いの後に研ぎ澄まされた彼の感覚のすべてが彼に叫んでいた。

「私はこれを絶対に避けなければなりません」

しかし、⽭盾した世界の夢は無敵と呼ぶことができる呪⽂。

空間を歪め、すべての無許可の接触をブロックすることは、彼⼥の攻撃をブロックするのに⼗分なはず。

デジールは彼の防御能⼒に⾃信を持って落ち着く。

彼が⾏動を起こす理由はありません。

⾃分⾃⾝を安⼼させたとき、彼は何かに気づいた。

「光・・・?」

微妙な光が彼の歪んだ空間に浸透し始めたのだ。

[テレポート]

これは防御できる攻撃ではないと判断したデジールは、急いでそのルートから外れる。

その後すぐに、彼が建てた空間の歪みを、まるでそこになかったかのように、巨⼤な光の剣が通り抜けた。

 



 

「私はその⼒が何であるかを理解する必要があります」

プリシラを失速させたり終わらせたりすることを望んで、デジールは次々と呪⽂を発動した。

[解放された混沌とした存在]

[世界の不信]

しばらくして、何⼗ものデジールの鏡像が現れる。

それらは単なるクローンではなく、独⾃のマナを持ったクローン。

さらに、彼は五感を⿇痺させる呪⽂も発動していたので、キングクラスの剣⼠でさえ真実を⾒分けることができないはず。

しかし、プリシラの⾏動はシンプルだった。

彼⼥が両⼿を握りしめたとき、光の剣は分解され、⼀瞬の光で爆発する。

散乱した光が⼀瞬で⼀気に溢れ、その後の光景に驚かざるを得なかった。

「・・・!」

光の斑点がそれらを通過すると、存在していたクローンは簡単に破壊されたのだ。

プリシリアから最も遠い位置にいたデジールは、背中から汗が流れ始めるのを感じた。

触れたものはすべて例外なく消え、そもそも存在しなかったかのように痕跡を残していない。

「この攻撃は因果関係を捻っているのか?」

アルテミスは、因果関係を操作して歴史を変えることで機能し、スカルマスクは強⼒なホムンクルスを作成するために採⽤した。

この光も、そのような⼒の別の現れであるに違いないと推測する。

「これがその⼒の⼀部に過ぎないとは信じられない・・・」

システムはまだ修理中であったので、これはフルパワーでさえなかった。

プリシラはすぐにさらに強⼒になるでしょう。

「アルテミスのメインシステムが完全に復元されたら・・・」

プリシラがすぐにどのような⼒を発揮するかを予測することは不可能だ。

デジールが杖を持ち上げると、無数の呪⽂の配列が発達する。

【超新星】

空気中に⼤量の熱が集まり、⽩い炎が現れた。

極度の熱はプリシラが位置していた周辺地域だけを襲う。

しかし、プリシラは沈黙を守り、再び両⼿を握りしめた。

彼⼥の前に光の⽕花の群衆が現れ、収束する。

それに応じて、新しい光の柱が彼⼥の頭上に上がった。

[スターダスト]

周辺に拡散した熱が集まって弾丸を形成する。

「因果関係を逆転させることはできるかもしれませんが、これを逆転させることはできません」

弾丸が四⽅からプリシラに近づくにつれて、注がれる素晴らしさを⼀掃した。

[燃え上がり、遠吠えし、憧れ、そして・・・]

超⾼圧のマナの流れがデジールの周りを渦巻くようになり、魔法の物質が檻の中に閉じ込められた野獣のように咆哮する。

彼が解き放とうとしていた呪⽂は圧倒的な⼒を持っており、彼はそれを使⽤できる唯⼀の⼈間。

デジールは、その神話上の名前にふさわしい魔法を解き放つことを躊躇しなかった。

[・・・噛み砕け、フェンリル!]

⻘⾊の雷が波打って、プリシラに群がる。

マナを含んだ重い空気を吸収し、前⽅に急上昇するにつれてサイズと強度が⼤きくなった。

さまざまなタイミング、強さ、⽅向の攻撃はすべてプリシラに焦点を合わせ、彼⼥が払いのけることができない単⼀の攻撃を生み出したのだ。

[現在の同化率は80%です]

プリシラの背中の後ろの翼は突然⼤きくなり、光の斑点が元の雲に向かって急上昇する。

最初の攻撃が着陸する直前に、呪⽂は跡形もなく消した。

「くそっ!もう少し早かったら・・・!」

たくさん汗をかき、深く息を吐き出す。

デジールの顔は⻘ざめていた。

「このままでは、私は負けるでしょう。私が作成した魔法がどれほど効果的であっても、それが払拭されれば・・・」

プリシラは時間とともに強くなり、デジールはマナとスタミナを消費し続けている。

(・・・ちょっと待て!)

その瞬間、デジールの唇に微笑みがこぼれた。

 



 

アルテミスシステムと同化したプリシラ。

このまま100%復元すれば、この世界の終わりは防げないでしょう。

デジールが考えた策とは?

帰還者の魔法は特別です【318話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は318話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...