帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【314話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は314をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

314話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【313話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は313話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 圧倒的な実力差

ピエロマスクが影に消えた瞬間、プラムは地⾯に向かって蹴り、敵から離れるように推進した。

プラムがかつてあった場所に数千本のワイヤーが突然現れ上向きに急上昇する。

僅かな差で逃したが、ワイヤーはそこで⽌まらない。

彼らは空中で集まって槍を作り、それがプラムに向かって急上昇した。

[頭を下げて、プラム!]

[テンペストの罰]

ロマンティカは、ブリガントを撃墜するのに使ったのと同じ呪⽂を発動する。

ピエロマスクの暗い槍と衝突する前に、彼⼥の前に巨⼤な嵐の槍が現れた。

プラムは空中を優雅に操縦し、レイピアを槍に向かって振る。

槍は突然甲⾼い⾳で裂けた。

何百もの銀⾊の軌道が空気を引き裂き、各ワイヤーはその背後に致命的な⼒を運ぶ。

ブランクシュムのレイピアはワイヤーを簡単に引き裂き、2つに分割した。

[前に、200メートル]

ロマンティカの声が⽿に⼊った直後、プラムは遅滞なくクラウドウォーカーを起動する。

そして、ロマンティカが⾔及した場所で、彼はピエロマスクと向かい合っていることに気づいた。

世界は⾏き詰まっていた。

世界が⼀時停⽌すると、プラムの剣が前に出て、彼のスピードは彼のストライキがもたらした極端なレベルの洗練の証に。

タイミングは完璧。

それを回避することは不可能。

しかし、プラムの表情は固まる。

剣がピエロマスクの顔に突き刺さった瞬間、彼の体は幻想のように散らばり、溶けて影に戻ったのだ。

プラムはイライラして舌打ちをする。

それは、彼が攻撃を仕掛けるたびに起こった現象。

何度も何度も彼の刃は煙を突き刺した。

「どうやって・・・?」

ピエロマスクは事実上無敵だった。

まるで彼を保護する超⾃然的な⼒があるかのように。

「待って、超⾃然?彼は光の祝福を持っていますか?」

それを⽰唆する具体的なものは何もない、目の前の状況はとても説明のつかないもの。

ピエロマスクが常に光の祝福を持っていたのなら、なぜ彼は今それだけを使っていたのですか?

「それが何であるかどうかにかかわらず、このテクニックを扱うことはほとんど不可能です」

ピエロマスクは戦場の周りに真っ暗な闇の空間を作り出していたので、彼は好きなようにそれらを出し⼊れすることができたようでした。

突然不⾃然な⾓度で突き出て、予告なしに攻撃を開始する。

ピエロマスクは基本的に無敵であり、彼が望むどこからでも攻撃することができた。

彼がキングクラスのオーラを利⽤したとき、プラムの対戦相⼿は前例のないレベルの強さを持っていた。

ロマンティカのバックアップと鋭い観察がなければ、プラムは⼀⽅的に惨殺されていたでしょう。

彼⼥の指⽰の下で、プラムは突然の攻撃を回避し、反撃を試みることさえできた。

「⼀度だけ・・・、私は彼を⼀度だけ殴る必要があります」

1回の攻撃で着陸することに成功した場合、その打撃でピエロマスクをノックダウンすると確信していた。

 



 

[同時に攻撃してみましょう。左後⽅、39メートル!]

ピエロマスクの位置をつかむと、プラムは再び彼に接近する。

プラムの剣は突きの途中で⽌まりました。

「ワイヤー・・・!」

暗闇の中で、⾁眼では⾒分けがつかない細いワイヤーが彼の剣の周りにねじれ、⾸を絞めていた。

ピエロマスクが攻撃の正確な軌道とタイミングを読み取っていない限り、このようなトラップを設定することは妥当ではありません。

「これがあなたの⼒の限界であるならば、私は失望しています」

ピエロマスクの痛ましい発⾔に傷つくが、オーラコーティングされた短剣ほどではありません。

「プリシラは私に良いショーを約束しましたが、このプレゼンテーションは哀れです!」

狂気を帯びた声が響く。

プラムは急いでオーラを集め、ワイヤーから⾝を切り、引き返す。

「2⼈で⼀緒に仕事をしているだけでも、つまらないです。楽しい戦いを忘れてください、あなたはデジール・アルマンのための良いウォームアップを構成することさえしません」

ピエロマスクの声が上空から響き渡った。

プラムが源の⽅を向いたとき、彼の顔は⻘ざめる。

数え切れないほどの数のワイヤーが彼の上空を包み込み、蜘蛛の巣に張り巡らされていたのだ。

ピエロマスクは敵を⾒下ろし、断固として告げる。

「これで終わらせましょう」

プラムの直感は、逃げるために⾛るように彼に叫んだ。

留まっていたら死ぬでしょう。

ピエロマスクが⼿招きしたとき、空を覆っているワイヤーが⼀瞬で地⾯に発射された。

あらゆる⽅向から攻撃が殺到し、回避できなくなる。

⽣存の方法は、⼊ってくるワイヤーをそらすかオフセットすることに依存していた。

ロマンティカはすぐに気流を操作し始め、ワイヤーを彼⼥とプラムの両⽅から⼀掃し、安全に地⾯に向けて送る。

[まずい!]

しかし、残り30パーセントを中和することができなかった。

残りの攻撃がまだ彼らに向かって殺到している状態で、プラムはすぐにクラウドウォーカーを起動してロマンティカを守る。

「うぅ!」

たくさんの銀⾊の痕跡が描かれ、空中で展開された。

数千の攻撃と防御がすぐに交差し、衝突があったときはいつでも、プラムは彼のオーラのいくつかのほんの⼀握りが使い果たされているのを感じた。

ピエロマスクは空から⾒下ろし、彼らの闘争に微笑んだ。

すべてのワイヤーが表⾯に到達した直後に、⽯の激しい衝突を伴って塵の雲が上昇する。

「プラム!」

「⼤丈夫です。致命傷をなんとか回避できました」

ほこりの雲が上がると、プラムが肩を掴んでいるのが⾒えた。

新鮮な傷から⾎が滴り落ちている。

プラムの顔は歪んでいたが、それは痛みだけではない。

「私はまだ彼に追いついていない・・・!」

ピッツバーグでの出会いの後、プラムは暗殺者に追いついたと確信していたが、彼の希望は幻想にすぎませんでした。

彼らのスキルと経験の違いは、プラムが短期間で克服するには広すぎた。

「プラム、とりあえず戻りましょう。戦争はすでに私たちに有利に進んでいます。もう彼に対処する必要はありません」

「いくら試しても同じです。あなたの剣は私に届きません。もう気にしないでください。ただ戻ってください」

ピエロマスクとロマンティカの両⽅が同時に話す。

⽪⾁なことに、彼らは同じメッセージを伝えていた。

「敗北を認めなさい、プラム・シュナイダー」と。

「・・・ここで諦めることはできません」

もし今降伏したならば、プラムは彼が彼の潜在能⼒を完全に発揮することは決してないだろうと確信していた。

「プラム・・・!」

ロマンティカは諦めて、深くため息をつく。

「・・・分かったわ」

どんな状況でも仲間を信じること。

それがムクドリパーティだった。

「あなたの剣が彼に届くようにします」

 



 

「退屈だ」

ピエロマスクは彼の前の戦いに明らかに無関⼼で、⼿をだらしなく織る。

ワイヤーは彼らに向かっているが、彼が戦っていた⼆⼈はすでに彼の⼼を離れていた。

「アルマン卿、さらに強くなりましたね?」

ピエロマスクは、デジールが戦場に現れたときに引き起こした圧倒的な⼒を感じていた。

彼が想像を絶する⼒を得る⽅法を⾒つけたことは明らか。

「彼は私を⼗分に興奮させることができると確信しています」

デジールと戦うことを想像する。

優雅なワイヤーは野蛮な⼒で踊り、彼らの気の利いた⼼は絶えずお互いを⼀つにしようとするでしょう。

その瞬間、銀色のオーラが爆発し、あちこちに散らばっていた。

プラムを引き裂くと思ったワイヤーは切断されていた。

彼の⽣存とその後の反撃に驚いたが、彼の注意を争うのに⼗分ではない。

ピエロマスクはプラムに恨みを抱く⼀瞥を投げかけたが、ただ驚いた。

彼の刃を取り巻く銀⾊のオーラはまばゆいばかりの光を放ち、以前の強烈な輝きとは著しく異なっていたのだ。

懸念されたのはそれだけではない。

[ミストラルブラスト]

[ソニックブレス]

第5級呪⽂が絶え間なく彼に向かって注がれた。

ロマンティカは弾丸を次々と解き明かし、彼⼥の専⾨性をうまく利⽤してピエロマスクの動きを制限した。

このような攻撃は徹底的に調整されていたため、ピエロマスクでさえ適度に対応する余裕はありません。

「はは!まだ楽しませてくれるのですか?」

ピエロマスクは邪悪な笑顔を解き放つ。

「最初は上から、次に後ろからのショット、続いてストライキから横へ」

ピエロマスクは最初の2回の攻撃をかわし、その後影に消えていき、プラムの3回⽬の攻撃を無害に空中に落とす。

ピエロマスクはすぐにプラムの後ろに現れ、⾸の付け根に向かって短剣を発射した。

ロマンティカはすぐに攻撃を排除しようとしたが、準備するのに⼗分な時間がなければ、彼⼥はその軌道を完全に変えることができない。

プラムの僧帽筋から⾎が噴出し、⾸の側⾯がわずかに失われる。

⻑い間戦った後、プラムはついにスタミナを使い果たした。

ピエロマスクは肩をすくめる。

「やあ、少年。もう死ぬ準備はできていますか?」

「1つ・・・、もっと・・・」

プラムは呟き続けた。

「気を失ったのですか?」

ピエロマスクはその光景を⼿を振る。

彼の特徴的な攻撃は再びプラムに向かって急いだ。

数え切れないほどの銀の弾道とワイヤーが空中で絡み合い、爆発を引き起こす。

ピエロマスクの優位性は明らか。

「終わらせましょう」

決定的な空気で、ピエロマスクはプラムの死⾓から⽕を放つ。

[ソニックボイス]

プラムの脚を切断する直前に、ワイヤーは元の軌道からねじれ、ピエロマスクの頭に向かって撃たれた。

ロマンティカが空気を操作して、1本のワイヤーを細かく制御していたのだ。

「畜⽣!終わったと⾔った!どうして⼆⼈とも死なないの!?」

ロマンティカのサポートは、常に完璧なタイミングで攻撃を妨げていた。

彼⼥の絶え間ない介⼊は、⼀⽅的な戦いを⻑く引き延ばされた虐殺に変えた。

プラムは瞬間的なギャップを利⽤して攻撃したが、ピエロマスクはすでに攻撃を予期していた。

「彼らの努⼒を称賛しますが、彼らは同じことを何度も何度も繰り返しています。なぜ彼らは・・・、え?」

何かが違う。

ピエロマスクの顔から温かい気持ちが芽⽣えたので、⼿を頬に向けて動かした。

⾚い線がそれを横切って描かれている。

触れることを許さなかったプラムのレイピアは、どういうわけか接触したのだ。

「あり得ない」

彼らの⽬が合った瞬間、プラムが再び攻撃する。

両側からの剣が再び衝突した。

しばらくの間、ピエロマスクは再びプラムと1対1の戦いに。

そうして初めて、彼はプラムがずっと呟いていたことを理解する。

「・・・かろうじて到達できませんでしたが、必要なのは1回だけです。もう少し時間があれば、私は彼を殴ります。もう少し・・・」

プラムは気を失っていなかった。

彼は⾃分の武器と敵の武器以外のすべてに気づかずに、⾃分の剣術だけに焦点を合わせた深いトランスに⼊っていたのだ。

精神的なブロックを壊し、キングクラスへの最初の⼀歩を踏み出していた。

 



 

圧倒的なピエロマスクの実力。

何よりも驚いたのはロマンティカのサポート能力ですね。

彼女のサポートがなければプラムは既に死んでいたでしょう。

キングクラスへ踏み出したプラム。

ここから反撃開始ですね!

帰還者の魔法は特別です【315話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は315話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...