帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【312話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は312をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

312話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【311話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は311話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 生と死の戦い

「それは悪い冗談です」

アゼストは神経質に答えた。

彼⼥の故郷を侵略し、彼⼥の⼈々を虐殺した⼈々と同じ種類として扱われることは、控えめに⾔っても不快だ。

「あなたは私が冗談を言っていると思うのですか?」

レアを⾒つめたアゼストは思わず⾝震いする。

レアの⽬は深い憎しみに満ちていた。

炎が彼⼥の腕と脚の静脈から突き出て、ゆっくりと全⾝を包み込む。

ぞっとするような光景にもかかわらず、レアは痛みの影響を受けていないようだ。

実際、彼⼥はぞっとするような不吉な笑みを浮かべていた。

「それは・・・!」

アゼストは信じられない表情をした。

レアの体が炎そのものに変わり始めていたからだ。

すでに半分が炎に変わったので、周辺地域は⼤規模な炎に爆発する。

レアは⼿をアゼストに向けて突き刺し、2⼈の下の床からエネルギーが急上昇した。

直後、溶岩の流れが地⾯を切り裂き、アゼストに向かって⾶び出す。

放射熱が⼤気中に注がれ、周囲の兵⼠を飲み込んだ。

膨らんだ溶岩が津波のようにあちこちに流れたとき、建物は跡形もなく溶けていく。

帝国の兵⼠たちは混乱の中で逃げ出した。

「私の相続は獲物と呼ばれ、それは彼らの差し迫った崩壊と戦うための消えゆく時代からの⼈類の最後の努⼒でした」

レアの声は、アゼストの周りの360度すべてから来る。

彼⼥は落ち着きなく出所を探したが、⾒つけたのは⽕と溶岩だけ。

「彼らは、強⼒な敵の痕跡を取り、それを個⼈の中に染み込ませる⽅法を発⾒しました。この憎むべき⼒は、⾃分の遺伝⼦に直接刻まれており、その⼦孫に受け継がれています」

彼らの崩壊の直前に、古代⽂明は彼らの種を保存するために最後の発明をした。

彼らの社会を悩ませていた悪魔の⼒を抽出し、それらを⼈間に注⼊することを可能にする遺伝的技術である、彼らが継承と呼ぶものを作成したのだ。

結局、輝かしい⽂明は崩壊したが、継承を持っていた⼈々は⽣き残り、彼らの⼒を未来の世代に受け継いでいた。

「精神的な集中を必要とする⼒の活性化のために、それはその真の性質を忘れた⼈々にイメージマジックとして知られるようになり、教会はその起源を隠すためにそれを光の祝福として再ブランド化しました。⾔い換えれば、あなたは私たちのようなものです」

「・・・ナンセンスだ」

アゼストの反応は完全に正常でした。

イメージ魔法と継承。

今考えてみると、両者の背後にある原理を特定することが不可能であるという点で、2つの⼒には共通点がある。

しかし、これらが悪魔由来の能⼒であると⾔えば、もちろん誰もそれらを信じないでしょう。

「ははは。ええ、飲み込むのは難しいですね。あなたが⼀⽣賞賛されてきた⼒は、それらの忌まわしき悪魔の⼒に他なりませんから」

レアに焦点を合わせているアゼストの両目が激しく震えた。

彼⼥の外⾒が以前とは明らかに異なっていたからだ。

彼⼥の背中の後ろには緋⾊の翼の2つの巨⼤なペアがあり、彼⼥の体全体の⽪膚は溶岩のように⾚くなっていた。

その姿は⼈間というよりは半分邪悪だ。

アゼストは過去に同じように⾒える存在に遭遇していた。

「ダデニュート・・・」

破壊の悪魔、ダデニュート。

レアはプリレチャ王国の⾸都デルタハイムに現れた悪魔のように⾒えた。

「私はこの能⼒のために地下の戦場で闘⽝として育ちましたが、あなたはあなたのスキルと⾼貴な⾎統のために愛されていたに違いありません」

厳密には違法だが、⼤陸にはいくつかの闇市場の戦闘アリーナが存在する。

人々は喜びのために集まり、⽝のように戦うことを余儀なくされた奴隷は命を危険に晒していた。

「私が嘔吐よりもひどい⾷べ物を⾷べていて、素⼿で喉に押し付けていた間、あなたは豪華でおいしい⾷べ物を⾷べて、上質なワインを飲んでいたに違いありませんね?」

泡⽴つ溶岩が四⽅⼋⽅から再び噴き出す。

「あなたは私の⼈⽣を想像することはできませんね?あなたの親友を⽣きたまま燃やすことを余儀なくされていると想像してみてください。あなたが眠ろうとするたびに、彼らの涙に満ちた悲鳴があなたを悩ませます。どうしてあなただけ・・・!私たち⼆⼈は同じ呪われた⼒を持っていますが、なぜお前だけが・・・!?」

ますます熱狂的な声がすぐに狂気と混ざり合い、叫び声に変わる。

 



 

ちょうどその時、アゼストは⼝を開いた。

「申し訳ありません」

「黙れ!あえて私を憐れんだ目で見るな!私はただ・・・!」

レアは何か奇妙なことに気づき、彼⼥の顔は固くなった。

アゼストが微笑んでいたのだ。

「あなたの話はつまらなくなったので、私の⼼はさまよっていた。他のことも考えていたので、最初からやり直していただけませんか?」

(今ここであなたを倒したとしたら、私はデジールに追いついたと⾔えますか?)

アゼストは独り⾔を⾔って、レアに剣を向ける。

彼⼥は無関⼼の表情で腫れ上がった溶岩を⾒つめた。

現時点では、彼⼥の⼒の正体やレアが共有した⼼のこもった話に関係なく、彼⼥にとってこれほど重要なものは他にない。

少しでもデジールに到達したことを確認できるかもしれないという事実に、彼⼥は興奮を隠すことができなかったのだ。

⾮常に失礼な態度は明らかにレアのエゴを襲った。

瞬時に、完成した熱波がアゼストに発射され、彼⼥は氷の宮殿を開発し、数⼗の盾を作りだす。

多くの保護呪⽂を重ね、⽚側を守ることに全⼒を注いだが、その軌道をねじることしかできない。

限界を超えた熱波がドレスデンを横切り、その経路のすべてを燃やした。

その攻撃を繰り返す機会を与えられるべきではないと判断して、アゼストはすぐに彼
⼥の冷たい空気をいたるところに散らばらせる。

それは溶岩から放出される熱によって相殺され、周囲の⼤気の流れを変え始めた。

[氷の爆発の祈り]

何千もの氷の弾丸が⼀⻫にレアに発射され、さまざまな軌道を描く。

各弾の威⼒は第四球魔法と同等の威⼒に達した。

その瞬間、レアの⾚い翼が⼤きく広がる。

地⾯に着いた直後、彼⼥は⾮常に速いスピードでアゼストに近づいた。

弾丸はすべて異なる⾓度から来ているので、レアが正⾯から接近している弾丸を突破した場合、彼⼥は受けたダメージを最⼩限に抑えることができる。

ハンマーと剣がぶつかったとき、アジェストは少し押し戻された。

彼⼥の眩いばかりの⽩髪は徐々にその光を失っていく。

彼⼥は急速に限界に近づいていた。

指揮できるマナの量は減少し、彼⼥の管理下にある冷気の量は急激に減少し始めた。

レアは相⼿の悪化状態を利⽤して体をゆがめ、再び攻撃する。

⾃分の⼒が限界に達していると感じて、アゼストは勝利を強制したいのなら急がなければならないことを知っていた。

危険な⾏為は、相⼿が後退して回復しようとすることを期待していたレアの不意を突く。

速い刃を2回続けて振り、それぞれが異なる場所を狙った。

レアが急いで撤退すると、アゼストは再び掘り下げ、剣を斜めに打ち出す。

抜本的な寒気がレアの左翼を引き裂いた。

同時に、強烈な熱の炎がアゼストの頬をかすめる。

アゼストはなんとか彼⼥の剣の技術を駆使し、レアを空に打ち上げた。

追撃する前に、5つの芽が彼⼥の上空に噴出する。

巨⼤な熱波が彼⼥の存在の痕跡を残さずにアゼストを燃やそうとした。

[魔法剣:永遠の眠り]

絶対氷点下の温度で範囲内のすべての分⼦活動を停⽌する第6級の氷魔法。

魔法剣を通して表現された⼒は、その軌道に沿ってすべてを凍らせた。

2つの⼒の⼤規模な衝突の余波は、二人が⽴っていた周辺地域全体を⼀掃する。

 



 

アゼストはよろめき、⼀⼝の⾎を吐き出す。

彼⼥の内傷は深刻で、剣を振るう右腕は完全に折れていた。

「はぁ・・・、はぁ・・・」

レアも調⼦が悪かった。

彼⼥の翼の1つはほぼ切断され、完全に機能しなくなり、彼⼥の体は⼀度にどれだけの⼒を加えても適切に動くことを拒否する。

このため、⼆⼈はこの⽣と死の戦いの間に落ち着きを取り戻した。

それでも、レアの優位性はあまりにも明⽩。

地⾯は溶岩で這い回っていて、炎の円柱が⾃分の周りを渦巻いていたのに対し、アゼストは⼩さな氷の領域を維持するのに苦労していたからだ。

突然、アゼストが⼝を開く。

「地下戦場からあなたを救ったのはプリシラでしたか?」

「え?」

アゼストは⼀⾔も⾔わずに頭を上げ、銀⾊の髪は優雅に別れ、強烈な⽬を⾒せた。

何らかの理由で、レアは彼⼥の質問に答えることを余儀なくされたと感じる。

「ええ、その通りです」

「それで、あなたは何万⼈もの命を犠牲にして彼⼥を追いかけているのですか?」

「・・・それは許されない罪だと私は認識しています」

レアの⽣涯は絶望によって歪められていた。

彼⼥は⻑い間、希望として素朴なものを諦めていた。

唯⼀の願いは普通の⽣活を送ることだったので、彼⼥は⽬覚めた瞬間ごとに、受けさせられた能⼒を呪ってきた。

ある⽇、プリシラは兵⼠のグループをレアが捕らえられていたアリーナに導き、呪われた運命から彼⼥を救った。

レアはついに希望を感じる。

彼⼥はプリシラへの不朽の忠誠を喜んで誓った。

「これがすべて終わったら、⼈間は⼆度と苦しむことはありません。過去、現在、そして未来、私のような⼈は⼆度といないでしょう」

世界は罪のない存在であるべきであり、プリシラはまさにそれを創造しようとしてした。

「私はそのために何でもします」

「そうですか」

アゼスト・キングスクラウンの⽬は無秩序に沈んだ。

レアは突然の同情に不思議なことにイライラした。

「あなたには決して理解できないでしょう」

レアはハンマー握り締め、彼⼥は激しく蹴り、アゼストに向かってダッシュして最後の⼀撃を加えた。

 



 

アゼストの力は過去の遺産だったのですね。

境遇は違いますが、同じ継承能力を持つアゼストとレア。

このままレアが勝利するのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【313話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は313話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...