帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【300話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は300をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

300話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【299話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は299話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 聖戦

アルテミス教会の旗艦であるブリガントは、激しい⾬と強⾵にもかかわらず、暗い空をクルージングする。

艦隊の上にはプリシラ・ハイシルカイトが⽴っていて、彼女は修道⼥の儀式⽤の葬儀⽤のローブを着て、真っ⾚な縁取りと真っ⿊なストールで飾られていた。

彼⼥は無表情な顔でちらっと⾒下ろす。

街全体には、⼤規模な防御呪⽂の配列があり、多くの騎⼠が隊列を組んで⽴っていて、前進する聖騎士を阻⽌する準備ができていた。

「ようやく・・・」

ようやく行動する時が来た。

彼らの計画は数⼗年にわたる。

プリシラは秘密裏に繋がりを築き、⼤陸全体でアルテミス教会の⼒を⾼めてきた。

彼らの努⼒は最⾼潮に達し、彼らは現在フィナーレに向かって進んでいる。

「私たちは準備ができています、聖女様」

プリシラの後ろには3⼈の⼈物が。

そのうちの⼀⼈は背の⾼いハンサムな男性。

天使が地球に降りてきたら、彼のように⾒えたでしょう。

眩いばかりの銀の鎧。

彼は、⾮常に⻑い間アルテミス教会の軍隊を率いてきた聖騎士の指導者だ。

彼⼥のそばに⽴っている別の⼈、ピエロのマスクをかぶった男。

彼は⼿すりに乗って不安定に傾いている。

最後に、伝統的な尼僧の習慣に⾝を包んだ⼀⼈の⼥性。

彼⼥の⾏動のすべては本質的に臆病であり、彼⼥は聖典をしっかりと握りしめていた。

彼⼥の胸には、上向きの⼗字架、アルテミス教会の異端審問官、彼らの最も熱狂的で献⾝的な信者の合図が刻まれたバッジが付いている。

「彼らはとても哀れな⼈々です」

プリシラは振り返らずに話し始めた。

「⼩さな混乱を恐れて震え、永遠に奮闘する⽺の群れ。それらは⼥神の不在の⽣きた証拠です」

アルテミス教会の司祭がそれを聞いたとしたら、彼らは恐ろしくなったでしょう。

「⼈類が⼀度に試みた⼈類の真の贖いの時が来ました」

「ですが、聖女様・・・」

声を上げたのは尼僧。

プリシラが⽬を向けると、彼⼥は頭を下げ続けた。

「私が⼼配していることの1つは、このような残酷な⽅法を使⽤することが正しいことかどうか分からないことです」

彼⼥の⽬は⼼配そうに動き回っている。

聖女に対する彼⼥の恐れの痕跡が見えた。

「シスター・レア、恐れる必要はありません。私はあなたの懸念を理解しています。もしあれば、私は喜んで別の⽅法を選んだでしょう」

プリシラはニヤリと笑う。

「でもシスター。この世界を⾒てください。この世界にどれほどの痛みがあるか知っていますか?」

レアは突然の質問に躊躇せずにはいられなかった。

プリシラの⽬は凍りついていた。

「⽕傷、刺し傷、切り傷、裂傷、擦り傷、挫傷。⽪膚の裂け⽬や裂け⽬、腸の破裂、斬⾸された頭、押しつぶされた⼿⾜による痛み。⼈間の感覚から来るもの以外に、より多くの痛みがあります。流⾏、飢餓、⾃然災害、そして⼤惨事。利益とイデオロギーのための⼈為的危険は⾔うまでもありません。そして、戦争。この世界は確かに計り知れない苦悩に満ちています」

⾬は終わりに近づいていた。

⽉明かりが通り抜け、雲はすぐに晴れていく。

「この世界は正しいと思いますか、シスター?」

「・・・いいえ」

レアは⾸を横に振る。

彼⼥の顔の恐怖はゆっくりと消えていった。

むしろ、それはゆっくりとエクスタシーで満たされ始めていく。

プリシラは続ける前に微笑んだ。

「この世界は間違っています。そもそも、その基本が間違っているのです。誠実な償還が必要です。この戦争はそれをするために始まりました。これは、⼈類すべてを贖う強⼒な聖戦であるジハードです」

プリシラの⼝調は情熱的だった。

彼⼥はこれだけのために全てを諦めてきたのだ。

宗教団体としての地位、名誉、友情、感情。それらの全てを。

彼⼥はそれが正しいと信じていたから。

「私を信じて、レア。世界は私によって贖われ、痛みのない完全に完璧な世界として新たに⽣まれます」

「ああ、聖女様・・・」

レアは感情的な梅き声でニヤリと笑い始める。

彼⼥の唇は頬まで伸びて、広い静脈の⽬は狂気に満ちていた。

「この戦争の結果は、私たちがこの世界の贖いを実⾏できるかどうかを決定します。⼿段や犠牲に関係なく、その贖いは誰もが浴びることができる報酬になります。レアは聖⼈として、あなたの道を妨害する⼈を異端者として扱うようにあなたに命じます」

「私は喜んであなたの命令に従います」

レアは素早く答えニヤリと笑う。

プリシラは今、⽬をそらして周りを⾒回した。

ゆっくりとアイコンタクトを取りながら、また話し始める。

「今⽇、いよいよこの捏造された世界を終わらせる時が来ました」

 



 

ドレスデンの東の城壁の上空が晴れていく。

男は圧倒的な存在感を放ち、その巨⼤な体格と鋭い⻘い⽬に匹敵していた。

国王ギルティアン。

彼の視線は最前線を越えてゆっくりと消えていく暗闇の中へと⼀掃する。

今まで、重い雲が⽉明かりを飲み込み、敵を覆っていました。

⾵が吹き続け、⽩いブロンドの髪はライオンのたてがみのように⽻ばたき、獲物を待って横たわっていた。

「彼らは来ますか?」

⾜下で、鋼鉄の城壁は惑星の地殻振動で震え始める。

徐々に強度が増していき、銀⾊の光が弱まった暗闇を突き刺し始めた。

これはアルテミス教会の聖騎士の特徴的な輝き。

彼らが⾒えてくると、城壁を乗り越えた沈黙は興奮に置き換えられた。

それは⾃然な反応。

相⼿の強さを知っている⼈なら誰でも同じことをするでしょう。

彼らの軍隊は2万⼈の強さであり、各個⼈はオーラを使⽤できる訓練された騎⼠。

彼らほど強⼒な軍隊はありません。

彼らの戦闘スキルは恐ろしいだけでなく、彼らの多くは光の祝福を受けていた。

それは彼らに超⼤国の領域に集中する能⼒を与え、オーラの多様な使⽤をはるかに凌駕する。

彼らの強さは異次元だった。

「それは、予測不可能な変数を処理しながら、騎⼠と魔術師を同時に戦うようなものです」

平凡な戦略は彼らに対して役に⽴たないだろう。

それだけで、過去にドレスデンを攻撃した他のどの外国の敵よりも彼らを強くした。

 



 

「スワン」

ギルティアンが話すと、カテリーナは暗闇から前に歩き、彼の前にひざまずく。

「準備をしなさい」

「はい、閣下」

カテリーナはどこかへ消えていく。

その後すぐ。

城壁全体に警報が鳴り、近くの5つの監視塔にいる個⼈の開始信号が鳴る。

各塔には4⼈の魔術師がおり、彼らは全員が第6級だ。

同時に、彼らはヘブリオン帝国が召喚することができる魔法軍事⼒の半分以上を占めている。

与えられた合図で、彼らは皆呪⽂を発動し始めた。

不気味に異なる魔法の配列。

それらはすべて知覚のあるブドウの⽊のように広がり続け、互いに絡み合っていく。

王室の魔術師の呪⽂の配列は、ドレスデンの上空を取り囲んでいた。

「これは・・・」

他の魔術師はその重要性を理解し、賞賛する。

数⼈の魔術師によって作られた⾮常に複雑な呪⽂の配列は、オーケストラのように有機的に接続され、単⼀の呪⽂を統合して完成した。

「傍受を開始します」

ギルティアンが命令を出すと、各⾒張り塔から⼀瞬の光が⾶び散った。

【破滅のバプテスマ】

光は地⾯を⼀掃し、アルテミス教会の軍隊に向かって伸びていく。

ものすごい爆⾵が響き渡る。

帝国の兵⼠たちは、隊形を壊さないように緊張していた。

衝撃的な爆⾵がドレスデン周辺の⼭脈に響き渡る。

彼らが⽬撃したのは、20⼈の第6級魔道⼠が集まって、第7級の呪⽂を発砲した光景。

⼈類が可能な最強の攻撃。

呪⽂は無事に完了したが、ギルティアンは鈍い表情を浮かべている。

これで終わりではない。

彼は落ち着いた態度で⼝を開いた。

「開始します」

【ストリームバースト】

第7級の呪⽂が1つではなく2つ連続して発射される光景は⾮現実的だった。

デジール・アルマンが登場する前は、権⼒の最⾼層にいる唯⼀の魔術師はジョード・エグザリオン。

彼は、どの国の命令からも明らかに独⽴していた。

天才は天から授けられた贈り物だったので、彼らにできることは超越的な個⼈が現れるのを待つことだけ。

したがって、ギルティアンの考えはシンプルだった。

量。

100万⼈に1⼈の才能を持つ天才を持っていなかったら、5万⼈に1⼈の才能のある20⼈の魔術師を集める。

それらの組み合わされた⼒で、彼らはジョード・エグザリオンとデジール・アルマンだけが使⽤できる呪⽂を呼び出すことができた。

ギルティアンは⼝を開く。

「彼らは私たちの忠誠⼼を裏切った」

軍はギルティアンを⾒つめる。

彼の声は城壁の上で命じたところから厳粛に響き渡った。

「同時に、彼らは私たちの家族が設⽴したこの⼟地に侵⼊し、私たちの市⺠を傷つけ、またこの⼤帝国を⽀配することを⽬指しました。彼らはあなたの⽬にどのように⾒えますか?彼らは慈悲に値するのでしょうか?」

剣を持ち上げ、ギルティアンは緊張した雰囲気の中で宣⾔する。

「今⽇、それらの狂信者は私たちの帝国を切望するために代価を払うでしょう」

 



 

アルジェリアを倒したのは、聖騎士のリーダーのようですね。

シスター・レアの実力は未知数ですが、彼女からは狂気を感じます。

追い詰められている帝国ですが、ここからギルティアンの指揮で反撃に出るのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【301話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は301話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...