帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【296話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は296をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

296話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【295話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は295話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side アルジェリア

「最悪のシナリオが発⽣することは許されない」

アルテミス教会が深刻な損失を被ることなく街を占領することを許されることではない。

カンザスが倒れた場合、敵は⾸都ドレスデンへの直接の道を⼿に⼊れるでしょう。

「私たちが教会を破壊すれば・・・!」

⼀⽅、テレポートゲートを破壊することができれば、遅かれ早かれ彼らの勝利はやってくるはずだ。

今⽇カンザスが占領されていたとしても、ヘブリオンの援軍の海に囲まれて孤⽴していた。

テレポーテーションゲートがなければ、アルテミス教会は物資を使い果たし、すでに市内に駐留している軍隊に限定される。

したがって、カンザス騎⼠団には1つの⽬標しかない。

彼らは教会を破壊しなければなりませんでした。

「突撃!」

オーラが衝突する。

悲鳴を上げる。

蹄の音。

戦争の⾳は、どこへ⾏ってもカンザス騎⼠団に続いた。

カンザス騎⼠団は何度もアルテミス教会の防御を突破する。

アルジェリアは槍を上げて叫んだ。

「突破!」

教会に近づくにつれて、敵の勢⼒の密度も⾼まってくる。

敵が彼らを迎撃するために前に⼒を置いたならば、彼らは確かにテレポートゲートを守るのに⼗分な⼒を集めているでしょう。

敵の防衛線を突破するたびに、アルジェリアは彼の軍隊に同じ合図をした。

アルジェリアは指揮官の役割に専念していない。

彼は最前線に加わり、敵が近づく前にオーラを敵に向けて発射していた。

ビショップクラスの騎⼠は中距離の戦闘に参加し、第3級魔術師と同等の戦闘⼒を発揮している。

「気をつけて、クロウ卿!」

アルジェリアはオーラを前に出し、近くの建物の後ろに隠れていた教会の軍隊の⼀部を待ち伏せした。

アルテミス教会は、迫り来る騎兵隊を⽌める⼒がない。

予期せぬ反撃に直⾯し、アルテミスの⼒は分散したため、必然的に彼らの反応は不⼗分だったのだ。

急いで準備された防御で彼らを⽌めることは不可能だった。

「あそこに教会が⾒えます!」

騎⼠が歓声を上げて叫ぶ。

彼が⾔ったように、アルテミス教会が遠くに現れ始めた。

しかし、アルジェリアの表情は悲惨なまま。

今まで絶望のニュースを伝えてきた彼のコミュニケーションチャンネルが沈黙していたのだ。

それが何を意味するのかは明らかです。

カンザスは全滅していた。

彼らはこの都市に残っている唯⼀の帝国兵⼠。

燃える街の空気は息苦しい。

「私たちが成功したとしても、私たちがここで⽣き残ることができる可能性はほとんどありません」

アルジェリアは、声の出所を⾒つけようとして、頭を横に向ける。

アルジェリアがカンザスに到着したときから尊敬していた、戦争のベテランであるクロウ卿だ。

アルジェリアは再び頭を向け、⼝を開く。

「後悔しますか?」

「何を後悔しますか?」

「私に加わったことです。無謀な指示を出す新人である私に」

「・・・まあ、私はそれを否定することはできません」

クロウ卿はニヤリと笑った。

「しかし、私はそれを後悔していません」

クロウ卿の槍は、アルジェリアの側を少しの間通り過ぎ、その先端に⼩さなオーラの塊を生み出す。

⼀瞬のうちに、オーラは⼤きな半球に拡⼤し、アルジェリアの側に盾を作った。

それは正確なオーラの⾒事なデモンストレーション。

ものすごい衝撃波が発生する。

クロウ卿は次元ポケットから予備の槍を取り出し、攻撃が来た⽅向にそれを投げつける。

槍は正確な打撃で敵の胸を貫通した。

「この作戦が失敗した場合、ドレスデンは敵にさらされ、その⼈々は苦しむでしょう。あなたが新⼈であろうとなかろうと、私は指示の意味を理解し、最後まであなたに従うことにしました。ですから、あなたの考えを脇に置いて、⽬の前の状況に焦点を合わせてください、司令官。」

決心。

彼はアルジェリアの意志に従うことを決⼼したのだ。

それはクロウ卿だけではない。

カンザス騎⼠団のほかに、アルジェリアよりも強いだけでなく、はるかに経験豊富な強⼒な⼈物が何⼈かいた。

しかし、彼ら全員は、多くの意⾒の相違なしにアルジェリアの先導に従っている。

教会の奇襲に皆が慌てて、落ち着いた態度で指示を⾏ったのはアルジェリアだけだったから。

「2年前だったら、私も慌てていただろう」

彼はまだその⽇を覚えていました。

グレートマザーワーム。

彼は無能な指揮官であり、強い敵の前で絶望する以外に何もできませんでした。

その瞬間に前に出て彼を救った唯⼀の⼈。

個⼈的な経験にも関わらず冷静に全員を率いて、絶望的な状況でも毅然とした理想の指揮官。

「私はあなたに追いつきましたか、デジール?」

 



 

「到着しました!」

周りを⾒回すと、広⼤な空き地が。

⼥神の彫像が開拓地を飾っているが、⽬を引いたのは中央の真っ⽩な教会。

すべてのメンバーはスピードを上げ、⼀⻫にオーラを上げる。

教会に向かって疾⾛するとき、彼らからぎこちない空気が生まれた。

真っ⽩に⾝を包んだ聖騎士。

光が教会の⾊付きガラスを通って流れ、彼の鎧に反射し、その結果、敵から発せられる輝く聖なる輝きと、彼のオーラから来る同様の感覚がもたらされた。

「敵が1⼈しかないからといって警戒を怠ってはいけません」

⼀⼈だけが彼らの前に⽴っていたという事実は、彼らが彼の⼒を保持しなければならないという⾃信の証だろう。

「しかし、敵は1⼈だけです。ここまで到達しましたが引き返すことはできません・・・!」

敵がどれほど強⼒であったとしても、彼らは後退することができない。

そもそも⽣命を脅かす作戦。

彼らが撤退する選択肢はありません。

彼らの対戦相⼿は、どんなに強⼒であっても、キングクラスの騎⼠よりも強くなることはないでしょう。

カンザス騎⼠団の総合⼒は、キングクラスと同等であり、さらにクロウ卿と他の数⼈が同⾏している。

敵がキングクラスであり、戦いに時間がかかったとしても、彼らは敵を倒す能⼒に⾃信を持っていた。

オーラがアルジェリアの武器から炎のように上昇する。

彼は⾃分の前に⽴っていた敵を倒すことだけを考えて、この突撃に全⼒を注いだ。

他の⼈も同じように考えている。

⽩い聖騎士と騎⼠との距離はすぐに短くなり、距離がゼロになるとすぐに、彼らはすべてのオーラを真っ⽩な騎⼠に向けた。

そして⾎が地⾯に⾶び散る。

 



 

アルジェリアは呻き声を上げる。

ある時点で、彼は⾃分が地⾯に横たわり、空を⾒上げていることに気づいたのだ。

彼の記憶は攻撃する瞬間まではっきりしていたが、時間⾃体が前にスキップしたかのように、その後何が起こったのか分からなかった。

クロウ卿が彼のそばで倒れたのを⾒て、彼は⽬を横に向ける。

「な・・・、何が起こっている?」

その瞬間、アルジェリアは信じられないかのように⽬を⼤きく開いた。

クロウの頭に体がなかったのだ。

アルジェリアは⾎を吐き、振り向くのに苦労する。

それはただの地獄。

いたるところに⾎が流れていた。

何⼗ものバラバラになった⾺と⼈間の死体がいたるところに散らばっていた。

どの腕がどの胴体に属し、どの胴体がどの頭に属しているかを特定することは不可能でしょう。

誰もが死んでいた。

⾜⾳の⽅向を⾒ると、真っ⽩な騎⼠が近づいてくる。

真っ⽩な騎⼠は少しのダメージも受けていなかった。

理解できない。

この状況はすべての理解を超えていました。

彼らは苦労せずに屠殺され、敵は完全に無傷のまま。

何よりも⼼配なことに、アルジェリアはそれがどのように起こったのか⾒当がつかなかったのだ。

⾜⾳はどんどん⼤きくなる。

アルジェリアは立ちあがろうとするが、どれだけ頑張っても起き上がることができない。

その時、自分の体を⾒たアルジェリアは、彼の⾜があるはずの場所に何も存在しないことに気づいた。

⾜⾳が⼀瞬⽌まる。

真っ⽩な騎⼠が⽬の前で⽴ち⽌まった。

アルジェリアと⽩い騎⼠の視線が出会う。

そして、真っ⽩な騎⼠が⾼く掲げた剣をゆっくりと持ち上げた。

「こんな⾵に終わらせられない・・・!」

 



 

これまでの登場キャラクターがどんどん死んでいきます・・・。

キングクラス以上の力を持つ聖騎士。

その正体は?

デジールたちに対抗できる戦力はあるのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【297話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は297話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...