帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【295話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は295をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

295話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【294話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は294話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 眠っていた三日間

⾶⾏船が揺れ、デジールの体が跳ね返り、甲板を横切って転がっていく。

⼿すりで転倒を⽌めるが、完成に近づいた呪⽂の配列は消えていた。

彼の集中⼒は彼の体が振り回されることによって中断されてしまったのだ。

呪⽂は最終的には完了せず、その試みだけでデジールの全⾝はほぼ破壊された。

⾶⾏船の半分は絶え間ない砲撃のために破壊されており、それを⾶ばすことはもはや不可能でしょう。

船の⾼度は急速に下がり始める。

デジールは⼿すりにしがみついて、必死に⾃分を直⽴させようとする。

このまま諦めることはできない。

彼の戦いはまだ終わっていなかった。

魔法をかけることができなくなったとしても、プリシラを逃がすことはあり得ない。

⾶⾏船が破壊されたのであれば、別の⾶⾏船に搭乗する必要があります。

最後の暗記呪文を使用し、別の飛行船に乗り移ろうとした瞬間。

⾶⾏船はデジールの目の前で爆発した。

しかし、これは彼の⾏動の結果ではありません。

「自爆・・・」

デジールがそれを⽀配したことに気付いた瞬間、彼らは躊躇うことなく船を爆破したのだ。

彼らの⾏動の不条理に⾔葉を失う。

デジールには1つの選択肢しか残されていませんでした。

燃えている⾶⾏船は押しつぶされ、残りのマナは完全に尽きている。

敵の船を捕まえる彼の最後の計画は阻⽌されました。

認めざるを得ない。

プリシラを追いかけることは不可能だということを。

「今は撤退しますが、いつか必ず・・・」

その後まもなく、⾶⾏船は⼤きく揺れた。

アルテミスの船が突っ込み、船に⼤きなダメージを与えたのだ。

⾶⾏船は真っ先に地⾯に向かって急降下し、⽔⾯にぶつかったときに独⾃の埋葬地を切り開く。

世界は暗くなった。

それがデジールの最後の思い出。

 



 

デジールが再び⽬を開けたのは、夜遅く。

かすかな魔法の光が部屋を照らしていた。

彼はアデイナ国⽴病院の病室で⽬が覚めた。

ベッドに横になり、⾃分を⾒下ろす。

彼は全⾝が包帯で包まれているのを⾒ることができた。

⾃分を引き上げようとしたが、すぐに諦めることに。

動かそうとしたとき、ゆっくりとデジールが今まで感じたことのない痛みを感じ始めたのだ。

全⾝が引き裂かれているように感じたひどい痛みに無意識のうちに呻き声を上げる。

「動きすぎないほうがいいです。怪我はかなり酷いですから。死んでいてもおかしくないですよ」

誰かが影から現れる。

他の⼈よりも⼩さい体、カラフルなピンクの髪、そしてオオカミのような鋭い特徴。

スワン・カテリーナだ。

「生き延びたのは奇跡ですよ」

「何日経過しているのですか?」

デジールの質問に、カテリーナは眉を上げる。

「3」

思っていたよりも多くの時間が経過した。

アルテアが崩壊し、ジョード・エグザリオンの死、プリシラ・ハイシルカイトが⽬の前で逃走したこと。

彼が⽬撃した最後のシーンを思い出しながら拳を握り締める。

「プリシラはどうなりましたか?」

「⾃分の状態だけを気にする必要があります」

「レディ・スワン・・・。ですが・・・!」

デジールの声には耐え難い怒りが混ざり合っていた。

しかし、答える代わりに、カテリーナは静かにタバコを取り出す。

「落ち着いて、デジール」

彼が彼⼥の冷たい⽬に会った瞬間、デジールは確かに自分があまりにも興奮していたことに気づいた。

くいしばられた握りこぶしを緩め、深呼吸した。

怒りがやや落ち着いた後、彼は再び口を開いた。

「プリシラはどうなりましたか?」

カテリーナは、部屋にタバコの煙を吹き込みながら、ようやくデジールの質問に答える。

「彼⼥はまだ⽣きているのではないかと思います」

答えを聞くやいなや、デジールは⾎圧が再び上がるのを感じ、頭は再び怒りに満ちた。

落ち着くのに苦労して、彼は⼝を開く。

「分かりません・・・」

プリシラがしたことは、少なくともすべての国の指導者に届くように、今では広範囲に広がっていたに違いありません。

そして、アルテミス艦隊は甚⼤な被害を受けました。

3⽇経っても捕まえられなかったなんて信じられません。

「あの蛇のような⼥は、外に向かって微笑んで、平和の姿のように振る舞い、私たちの後ろであらゆる種類の計画を⽴てました」

「それはどういう・・・」

カテリーナはそれ以上話さずにコミュニケーションパッドを開く。

その瞬間、ホログラフィックマップがデジールの⽬の前に現れた。

それはヘブリオン帝国の地図。

カテリーナは地図上のいくつかの都市をマークした。

「まるで地獄のようです。5つ以上の都市が完全に破壊されました。死者の数は3万⼈を超えました。そして、被害はまだ増え続けています。帝国は現在、創設以来最⼤の脅威に直⾯しています」

デジールは彼⼥が何を話しているのか⼀瞬理解しなかったが、すぐに何を意味するのか理解し、⽬を⼤きく開いた。

「・・・アルテミス教会」

 



 

ヘブリオン帝国の東部に位置する要塞都市カンザスは、帝国内で独⾃の実質的な軍事⼒を所有することを許可された都市の1つであり、帝国の⾸都であるドレスデンに直接つながる重要なポイント。

同時に、帝国の技術の頂点で建てられた壁は、ある種の伝説を⽣み出していた。

彼らは征服できず、すべての敵の攻撃を撃退できることが証明されている。

帝国の他のどの都市もこれに近い記録を誇ることができません。

しかし、それらの壁は壊れていた。

「なぜアルテミス教会が私たちを攻撃している・・・!?」

カンザスの兵⼠たちは、予期せぬ状況に当惑していた。

「2番⽬の神殿からマナの急増を検出しています・・・」

「援軍を!」

⼤陸の事実上の宗教であるという名声を誇るアルテミス教会は、ほぼすべての都市に礼拝所があり、カンザスも例外ではありません。

そして、アルテミス教会は彼らのカンザス⽀部に密かにテレポートゲートを設置していた。

彼らの教会は街の中⼼に。

伝統的な包囲を期待していたカンザスは、適切な対応を集めることができず、内部から虐殺されていたのだ。

よく訓練された騎⼠でさえ、光の祝福を受けた聖騎士に匹敵するものではありません。

アルテミス教会は常に平和の象徴だ。

聖騎士はその延⻑線上にあり、そのため、彼らと対峙する⽇を誰も予⾒していなかった。

悲鳴が四⽅⼋⽅から鳴り響き、激しい⾳と爆発が絶え間なく続いた。

かつて⾦⾊に染まったように⾒えた畑や都市が炎に包まれて燃え上がっている。

燃える街を駆け抜ける⼈々の集団が。

そのうち25名は⾺に乗っており、特に速く移動することはありませんでしたが、街の狭い路地を巧みにナビゲートしていた。

そうすることで、彼らは検出を回避し、できるだけ早く⽬的地に到着することができます。

彼らは馴染みのあるカンザスの地理を利⽤し、可能な限り最短距離で⽬的地に向かって急いでいた。

もちろん、彼らはすべての敵を避けることはできません。

「彼らはここに来ました!」

30⼈の聖騎士がフォーメーションを維持している。

彼らは盾を上げて少しずつ距離を縮めた。

窮屈な通路と膨⼤な数の敵の間では、それらを回避することは不可能でしょう。

彼らと正⾯から戦うか、現在のルートを放棄しなければならない。

⾺に乗って⼩グループを率いる指揮官は眉をひそめた。

「彼らは私たちの⼼を読みましたか?」

騎⼠たちは教会内のテレポートゲートを破壊するために敵のラインの後ろを冒険した。

それにもかかわらず、彼らは自分たちの正確な動きを決定し、それを防ぐために⾏動を起こした。

これからの戦いを避けるのは簡単ではないでしょう。

騎⼠が⼝を開く。

「また回り道をしませんか?」

それに応じて、指揮官は槍を引き抜く。

「今回は突破します」

指⽰を終えるとすぐに、騎⼠たちは皆彼らの槍を持ち上げた。

同時に、それぞれの槍には⾊や形が異なる多数のオーラが咲く。

道を塞いでいる聖騎士の目は大きく開いた。

聖パラディンの⽣徒たちは⼤きく開いた。

彼らは、不利な戦場にいる間でさえ、アルテミス教会を打ち負かすことができる存在する唯⼀の兵⼠。

彼らは、シャドウラビリンスの終わりに近づいた強⼒な騎兵隊であるカンザスの騎⼠団。

圧縮されたオーラが聖騎士の盾を引き裂き、厚い鋼を⾎に置き換える。

「急げ!」

彼らは簡単に突破したが、指揮官はまだ⼼配しているように⾒えた。

助けを求める絶望的な嘆願が、通信チャネルを通り抜け続けている。

敗北は明らかだ。

「残念ながら、予想外ではありません。」

敗北に直⾯しても、指揮官は諦めなかった。

彼の体には恐怖の痕跡はありません。

「私たちがテレポーテーションゲートを破壊する限り、たとえ彼らが今⽇都市を占領したとしても、私たちは将来それを取り戻すことができます」

カンザス騎⼠団の指揮官であるアルジェリアは、再び決意を固めました。

 



 

プリシラを逃したデジール。

そして眠っていた三日間で帝国は壊滅状態に・・・。

ここでアルジェリアが登場しました!

対抗戦「ダンジョン攻略」で共闘したアルジェリア。

この危機的状況を突破することはできるのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【296話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は296話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...