帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【292話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は292をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

292話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【291話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は291話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 究極の魔法

ぼやけた視力でジョードはプリシラを見る。

彼⼥は急いで騎⼠を⼿招きし、自身の⾝を守るように指⽰していた。

(この関係はいつ始まりましたか?)

思いを馳せたとき、彼らは10年以上前に出会ったことを思い出す。

それから今までお互いを知っていたので、彼らの関係は短命ではありません。

ジョードは裏切られたという事実に腹を⽴てるのではなく、旧友を失ったという事実に落胆した。

実際、彼が味方内に裏切り者がいることを知ったとき、最初に頭に浮かんだのはプリシラだ。

スカルマスクはアルテミスの聖なる王国の教皇。

聖なる王国は明らかに古代⽂明と何らかの関係があり、どういうわけかアルテミスシステムの名前はそれらを通して⽣きていた。

スカルマスクは、おそらく教皇としての彼の責任を通してアルテミスシステムを知ったのでしょう。

そしてプリシラ・ハイシルカイトは今⽇まで⽣き残ったアルテミス教会の聖女。

アルテミスという⾔葉の連想を通してプリシラを考えるのは⾃然なことだった。

直接的な証拠はないが、状況によってジョードは間違いなく彼の友⼈に疑いを抱くことができた。

それにもかかわらず、彼はそれを認めようとはしなかった。

不安が⼼の隅に上がったが、彼はそれを強制的に無視した。

しかし、これ以上無視して否定することは不可能だ。

穏やかな笑顔で微笑んで自分を「おじいちゃん」と呼んだ友⼈がもういないことを認めなければなりませんでした。

ジョード・エグザリオンが別の呪文を発動する。

単⼀の巨⼤な円。

その中に7つの⼩さな円を含んでいた。

それは不自然な方法だが、第8級魔法に到達した瞬間でもある。

何⼗年もの間、彼は唯⼀の⽣きている第7級魔術師として祝われ、その称号をクロウマスクと共有した直後に、彼は限界を超え、歴史に記録されていないレベルに達した。

(これは単なるフェガテッロ攻撃です)

それはチェスの⽤語。

騎⼠を犠牲にすることで、対戦相⼿の王を不利な位置に移動させることができる。

熟練した対戦相⼿に対して、露出した王を持つことは敗北が確実であることを意味した。

「ハハ・・・」

ツークツワンクを作るためのフェガテッロ攻撃。

ジョードは、チェスの戦略の観点からこの状況を常に考えていることに気づいたとき、かすかに微笑んだ。

ツークツワンク。

チェスでは、⾃分の番を渡すことはできません。

たとえそれがあなたの王に危害を加えることを意味するとしても、あなたは⾏動を起こさなければなりません。

(今考えてみると、彼とはチェスで出会ったな)

デジール・アルマン。

今考えてみると、彼らの出会いは奇妙だ。

若い学⽣が魔塔のエルエリ⽀部へのアウターの攻撃を⽌めた後、デジールは報酬として⼩さな財産を提供された。

代わりに、彼は自分とのチェスの試合を要求する権利と引き換えに、数年分のパーティ資⾦を断ったのだ。

不条理な提案に興味をそそられ、ジョードは受け⼊れた。

プレイしていた数⼗年の間無敗だったので、結果はすでに決定されていたようなもの。

しかし、彼は初めて会った少年に敗れた。

笑顔が漏れる。

⼆⼈はあのゲームで絆を深め、時が経つにつれて、彼らは試合が⾏われる超⾃然的な⽅法に慣れ。

それはチェスの領域に限定されていません。

専⾨分野のすべての分野でアイデアを共有し、自分と気軽に話すことができたのは、デジールだけだったと⾔っても過⾔ではないでしょう。

それは⽐較的短い繋がりでしたが、ジョードを理解したのは彼だけだった。

「今、私は最後の動きをしました」

⽬を閉じるとすぐに、ジョードの渦巻くマナの⼀部が彼の杖に巻きつき始める。

その後すぐに、杖は空中に浮かび上がり、粉々に砕かれて⾶散した。

「・・・後は任せました、デジール」

そして。

究極の魔法が完成する。

 



 

アルンベス共和国内の軍⽤⾶⾏場には、不条理な数の⾶⾏船が集まっていた。

共和国の軍隊だけでなく、さらに魔塔の軍隊もすべて1か所に。

信号が発せられると、数百のエンジンが鳴り響く。

「前身!」

彼らはアルテアに向かう軍隊。

その光景を見て、デジールは唇を噛む。

「思ったより時間がかかっている・・・」

敵は魔術師を無⼒化する不思議な能⼒を持っていただけでなく、軍隊を率いているかもしれない。

彼らを征服するためにはオーラを使うことができる騎⼠が必要だ。

敵と対峙するために必要な部隊を編成するのにかなりの時間がかかってしまう。

さらに、アルテアのテレポーテーションゲートの破壊は、彼らが他の輸送⼿段を使⽤することを余儀なくされたため、⽀援がさらに遅れることを明らかにした。

その結果、デジールの顔は緊張の兆候を⽰した。

「私は⼀⼈で移動したいのですが・・・」

彼はそうする余裕がなかった。

ジョードがそもそも彼らを避難させた理由を考える。

魔法が使えず、彼にできることは、⽀援が⼿遅れにならないように真剣に祈ることだけ。

 



 

ちょうどその時。

「危険です!」

「敵の攻撃かもしれません、誰もが衝撃の準備ができています!」

アルンベスのテレポーテーションゲートの外に突然光の塊が現れ、奇妙な棒の形をしたものが現れる。

本体はブランクシュムで構成され、先端には⻘い魔法⽯が埋め込まれた物体。

デジールはそれを⾒た瞬間に急いで進んだ。

「待って!危険物ではありません!」

それはジョード・エグザリオンの杖。

そして彼が今⾒た光のショーは間違いなくテレポート魔法。

デジールは、ジョードがテレポート魔法で杖をここに送ったと推測することしかできなかった。

同時に、2つの質問が彼の頭の中に置かれる。

どうやって?

敵との戦いで忙しかったジョードが杖を他の場所に送るのはなぜ?

アルテアとアルンベスは隣国だが、距離的に⾸都はそれほど近くない。

ジョードがどんなに強くても、テレポート魔法で何かを送ることは不可能だ。

敵がマナの動きを制限するアーティファクトを持っていた場合はさらにそう。

デジールは杖を⼀瞬⾒た後、急いでどこかに移動する。

影を保持する鏡が保管されていた場所へ。

その空間の中には、影を保持する鏡が置かれていた安全な場所と、別のアーティファクトが保管されている。

デジールは躊躇うことなく鏡に近づき、それを操作した。

突然、いくつかの通知が⼊り始める。

[アーティファクト『災禍の合唱団』が破壊されました。マナフローが回復しました]

「これは・・・!」

デジールの表情が明るくなった。

合唱団はマナの⽯化の原因となったアーティファクトだったので、それは敵が敗北したか、まもなく敗北することを意味した。

ジョードは成し遂げたのだ。

魔術師は彼らの最⼤の弱点を克服したのだ。

大賢者に不可能はない!

デジールはすぐにそのニュースをヘファイストスに届ける。

この情報はとても役に⽴ちました。

マナが回復すれば、魔術師は安全にアルテアに戻ることができます。

彼らの反撃は、彼らの⽕⼒と実⽤性ではるかに効果的でしょう。

何よりも、ジョードを助けるためにデジールがそこに向かうことができたという事実は彼を幸せにした。

⻄王国連合のメンバーが再編成を開始し、魔塔の魔術師は戦いの準備に忙殺された。

そのとき、新しい知らせが突然鏡に現れる。

[⼤賢者の死]

[ジョード・エグザリオンが亡くなりました]

「・・・え」

沈黙が訪れた。

騒々しい環境は嘘のように。

何も聞こえない。

デジールの頭は⽩くなり、彼の脳は単⼀の考えにとらわれるのに苦労した。

彼は⽬を左右に動かし、短い⽂章を何度も読んだ。

彼はそれを読んで、もう⼀度読んだ。

数⼗回読み直したが、⽂は決して変わらない。

それは決して変わらないでしょう。

影を持った鏡は、絶対的なままである特定の情報だけを伝えるのだから。

痛みを伴う喉⾳がデジールの体内から生まれる。

彼はジョードが杖を送った理由に気づく。

その瞬間、何かがプツンと切れた。

デジールはもはや合理的に考えることができなかった。

燃えるような感情が彼の全⾝を飲み込み、怒りが彼の頭を満たしていく。

彼は⾶⾏船が待っていた⾶⾏場に向かって静かに移動する。

1分後、アルンベス司令部は無許可の離陸の報告を受けた。

 



 

ジョード・・・。

人類未踏の第8級魔法に到達しましたが、その代償は計り知れませんでした。

プリシラを倒すことはできたのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【293話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は293話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...