帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【291話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は291をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

291話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【290話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は290話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 人間の限界

プリシラの答えを聞いて、ジョードの意志は新たに作り直された。

彼⼥はここで⽌められなければならない。

そのためには、彼らの包囲を突破する必要がある。

逃げることはできたが、ジョードが逃げた瞬間、プリシラはゲートを元に戻し、デジールを狙うだろう。

それは選択肢ではありません。

[トリニティライトニング]

ジョードは最強のだ6級呪⽂の1つを呼び出す。

プリシラの頭上に稲妻の三⾓形が形成された。

その後まもなく、⼤量の光が彼⼥に流れ始め、ジョードでさえ⽬をそらさなければならないほど明るい光景を生み出す。

「おじいちゃん、ダメだと⾔わなかった?」

ショックの余波が収まると、ジョードはプリシラの前に4⼈の騎⼠が⽴っているのを目撃する。

彼らは彼⼥の壁のように保護していた。

彼らのオーラが染み込んだ盾はそれぞれ、リーダーを守るために配置されており、致命傷を負った⼈はいません。

(彼らの防御⼒はオーロラシステムと同等か、それよりも⼤きいのでしょうか?)

彼らの光の祝福、オーラ、そしてチームワークの間で、彼らは⾮常に⼿ごわい敵であり、ジョードは真剣な戦闘で決して直⾯したくなかった。

動揺はしたが、ジョードは躊躇しない。

嵐が上がる前に、彼はすでに別の呪⽂を唱え始めていたのだ。

【アーケインブラスター】

第6級爆発魔法。

⼤爆発が襲ったが、騎⼠たちはその場に留まり、防御を固める。

聖騎士は落ち着いてジョードの攻撃を防御したが、すぐには反撃してこない。

今まで、彼らはジョードを素早く倒してデジールの追求を始めることを望んで、迅速な解決のために戦っていたが、彼らはそれがもはや選択肢ではないことに気づいたのだ。

ジョードの反撃は激化しており、大賢者に対して無謀に⾏動することはおそらく敗北に繋がるでしょう。

デジールは⼤陸のどこかにいる可能性があるため、⻑い時間がかかったとしても、ジョーを確実に排除することが最善でした。

災禍の合唱団がジョードが⼤気からマナを集めるのを妨げたので、ジョードは彼の体に残っている限られたマナと戦わなければならなかった。

それにもかかわらず、彼はこの不利な状況で戦うしかありません。

しかし、彼は呪⽂を唱えるのをやめるわけにはいかなかった。

そうするとすぐに、彼らはゲートを修理し、デジールを追いかけるでしょう。

プリシラと彼⼥の聖騎士は、ジョードの攻撃を防御し、マナがなくなるのを待つことで、勝利を掴むことができる。

しかし、不利な状況にもかかわらず、ジョードの表情は穏やかなままだ。

[エレメンタル・パニッシュメント]

ジョード・エグザリオンは、⼤陸でマルチエレメントの呪⽂を展開できる唯⼀の魔術師で。

異なる性質の材料が調和して共鳴する。

炎と⾵が⼀⻫に激怒し、続いて巨⼤な氷が四⽅⼋⽅から吹き荒れた。

第7級の呪⽂、その驚異的な破壊⼒は、街全体を揺るがした。

魔塔の残骸が本格的に崩壊する。

しかし、目の前の聖騎士は、摩耗がやや悪化したものの、依然として堅固なまま。

プリシラは崩壊した建物の中で軽く⼿を振る。

その瞬間、呪⽂がそれを壊す前の状態に戻した。

彼⼥は建物⾃体を修復したのだ。

ジョードは塔全体を破壊して巻き込むつもりだったが、彼⼥の能⼒に阻まれてしまう。

ジョードは必死になってより多くの呪⽂を開発しようとした。

しかし、彼の呪⽂は実現しない。

⾎が四⽅⼋⽅に⾶び散り、ジョードの体が突然⽚側に倒れたのだ。

切断された左⾜から⾎が流れ落ちる。

おそらくそれは魔法の継続的な呼び出しのため。

彼の呪⽂の発動は⼀瞬遅れ、聖騎士はその隙を逃しませんでした。

「それは間違いです」

嘲笑に満ちた⼝調。

「まあ、そもそもこのような不利な戦いを続けるのはおじいちゃんには似合いません」

プリシラの⾔葉は間違っていない。

チャンスが不確かであったならば、ジョードはそもそも戦おうとしなかっただろう。

2本の切断された⼿⾜から⾎が滴り落ちる。

ジョードの服は⾎で⾚く染まり、床はそれで滑らかにされていた。

失った⾎の量を考えると、彼がすでに最後の息を吸っていたのは不思議ではなかったでしょう。

【ライトロード】

勝利のチャンスは明らかに彼に対して傾いていたという事実にもかかわらず、ジョードは頑張った。

なんとか左⼿に杖を持った姿勢を維持し、魔法をかけ続け、死ぬまでそうすることを決⼼する。

彼は死の⽞関⼝にいた。

⽣き続けるだけでも⾟かったに違いありません。

それにもかかわらず、ジョードの穏やかな表情を⾒て、聖女は眉をひそめた。

ジョードの⽬は、敗北の淵から勝利を掴もうとしているように輝いている。

「理解できないわね」

「プリシラ、あなたは昔からの知り合いですが、あなたはまだ私を知りません」

「・・・?」

「私が無意味な戦いをするだろうと本当に思いましたか?」

 



 

ジョードが話を終えた瞬間、雰囲気が一変する。

正確には、彼の周りのマナの流れが変わったのだ。

あり得ない。

災禍の合唱団はマナの流れを完全に⽌めるアーティファクト。

次の攻撃を待っていた4⼈の聖騎士はそれぞれ、迫り来る危険を感知し、攻撃を開始する。

しかし、⼿遅れだった。

ジョードの周りに⼤量のマナが蓄積し始め、各ドロップはエネルギーで賑わっていた。

マナに適性のない聖騎士でさえ、彼らの⽪膚がそれに応じて這っているように感じてしまう。

マナの単なる動きが強烈なプレッシャーを放つ。

突撃する攻撃者は圧⼒の下で座屈し始めた。

「まさか・・・、こんなことが?マナをどのように操作していますか?それでも、どこでそんなに多くを⼿に⼊れましたか?⽣のマナだけで⼈を⽌めることはできないはずです。どうやって!?」

プリシラは特徴のない怒りに襲われたが、彼⼥の顔は真っ青に。

彼⼥は怯えていた。

⾃分の絶対的な優位性を確信していたのに。

不思議な気持ちが⾜元に集まり、無意識のうちに⽬を引きずり出される。

銀の⼩⽚が彼⼥の⾜を掘っていた。

それは、割れ始めた災禍の合唱団からの破⽚。

アーティファクトは限界を超え、不可能なマナの⼤洪⽔を⽌めることができず、崩壊していたのだ。

プリシラの⽬は恐怖で広がる。

ダメージを受けたものの、災禍の合唱団はまだ機能している。

マナはすべてジョードの体内から来ていた。

それが唯⼀の説明だが、それは同様に不可能な現象。

彼は明らかにすでにマナのほとんどを消費していた。

「まさか・・・?」

プリシラは彼⼥の答えを得る。

ジョードが極度の痛みで怯んだとき、⾻が割れる⼤きな⾳が彼から⾶び出した。

「あなたは・・・、サークルを使ったの・・・?」

その通り。

それがジョードの思いついた答えだが、⼝を少し開けると、痛みで泣き、⾎を流してしまう。

その結果、彼は⼝を閉じて⽬で答えた。

マナサークルは超⾼密度マナの器官。

それらは、マナの制御を拡張し、バッテリーとしての義務を果たし、所有者が呪⽂を唱えることができるようにするために、マナから形成される必要がある。

新しいマナサークルを構築するために必要なマナの量は指数関数的に増加し、それにより魔術師はより強⼒な呪⽂のためにさらに多くのマナを要求することができた。

ジョードはほんの少し前に⼤量の呪⽂を解き放ち、マナサークルを完全に使い果たしてしまう。

想像を絶する量のマナの犠牲として彼の最も重要な器官を使う準備ができていた。

魔法陣の配置をシャッフルし、ジョードの準備はすべて完了する。

 



 

7つのサークルがドミノのように崩壊し始めた。

最初に7番⽬のサークルが崩壊し、次に6番⽬と5番⽬のサークルが崩壊する。

マナサークルは崩壊し、単なるマナに戻った。

同時に、ジョードの体から爆発するマナはますます強⼒に。

「ごほっ」

咳をした⾎液は他の臓器の塊と混ざっている。

刻々と、ジョードの体は死を懇願した。

彼のような⼈でさえ、それを抑える精神的な強さを持っていない。

それでも耐え続ける。

涙が彼の⽬をくり抜いて、彼の⼝は⾎を味わわないことがどんなものであったかを忘れた。

悲惨な自分を公然と受け⼊れ、報酬として、彼の正気をかろうじて握った。

「私は警戒していませんでした」

プリシラは⾃分を責めた。

彼⼥は⼈間の決意を軽蔑しすぎていた。

魔術師のジョードからマナを奪えば、⾜を引きずるだけで征服できると彼⼥は判断していた。

しかし、それは誤解だ。

彼⼥の対戦相⼿は⼤陸で最も偉大な魔術師。

簡単な勝利のチャンスがあると信じることは彼⼥の傲慢だった。

「これは危険です」

ジョードが召喚したマナは、デジールが黙示録の獣に使⽤したのと同じくらい強⼒な単⼀の呪⽂、または少なくとも彼がダデニュートを殺すために使⽤した攻撃を作成すること。

いずれにせよ、この攻撃はジョードがこれまでに発動したどの呪⽂とも完全に異なっていた。

プリシラは判断を下す。

この魔法は、崩壊の前後の両⽅で前例のない、⼈間ができることの限界を超えていたと。

 



 

プラシラがここまで強いとは・・・。

今まで本気を出していなかった?

それでもジョードは負けてません。

自らのマナサークルを犠牲にすることで勝利を掴むことはできるのでしょうか?

 

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...