帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【289話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は289をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

289話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【288話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は288話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 二つの解決策

アルテミスは過去を再形成するために影の世界を作成した。

しかし、影の世界がクリアされても、現実は変わらない。

それは、与えられた歴史的な出来事のために可能な限り最良の道を⽰しただけなのだから。

なぜ影の世界がまだ作成されているのかを学んだが、なぜ過去は変わらなかったのですか?

「崩壊後、アルテミスシステムは深刻な被害を受けました。すべてのコンポーネントが意図したとおりに機能しているわけではありません」

「じゃあ、過去の歴史的出来事を再現する機能は残っているが、過去を再形成する⼒は失われていると?」

ルニアはうなずく。

「では、それが原因で影の世界のクリアに失敗したときに発⽣する侵⾷はありますか?」

「はい、その通りです」

アルテミスには、過去のイベントを再現する機能があり、⼈間がそのガイダンスの下でそれらを変更し、新しく作成されたシナリオを現実に移植することができた。

しかし、古代の⼈類がどれほど素晴らしかったとしても、すべての影の世界を完全にクリアすることは不可能。

彼らは、失敗した影の世界を再試⾏するか、さもなければ対処する能⼒を持っていたに違いありません。

アルテミスは、あらゆる範囲と⽬的で⼈間によって駆動された⼈⼯システム。

必然的に影の世界を失敗させる機能があったに違いない。

しかし、この機能は、変化した歴史を実現する機能と同様に、最⼤の崩壊の時に失われたのでしょう。

それ以来、影の世界をクリアしないと侵⾷が発⽣することに。

アルテミスがすべての機能を失っていたらもっと良かったでしょう。

少なくともその時、⼈々は影の世界の下で苦しむことはなかっただろうから。

アルテミスシステムは強⼒なツールだが、最終的には⼈類の滅亡を引き起こした。

(私は今スカルマスクの⾏動を理解しました)

これが、スカルマスクがアルテミスシステムに直接アクセスできるアーティファクトを持っていたにもかかわらず、彼の計画を実現できなかった理由。

アルテミスの機能喪失を解決せずに、計画を完全に実装することは不可能なのだから。

そして彼の解決策は、どういうわけかそれを補充するためにそれらの巨⼤な塔を使⽤していたに違いありません。

「これはあなたの質問に答えるのに⼗分でしたか?」

「ええ」

デジールがうなずいて答えると、周囲の⾵景が消え始めた。

やがて、彼が最初にここに到着したときに⾒たのと同じように、周囲の⾵景は無限の空⽩の空間に。

(かなりの量の情報を得ました)

デジールは影の世界の起源を発⾒した。

そして、彼には新しい⽬標が生まれる。

 



 

「おそらく、私たちは影の世界を完全に取り除くことができます」

今までは、⼈類全体がこの災害をどうしようもなく⾒守るしかできなかった。

なぜなら、彼らは影の世界がなぜ、どのように起こったのか分からなかったから。

しかし、彼はついにそのすべての背後にある秘密を⾒つけた。

結局のところ、影の世界はアルテミスシステムによって作成されたもの。

アルテミスを制御または停⽌できれば、影の世界の出現によって引き起こされた問題を完全に解決することができるはず。

そして、これら2つの⽅法のうち、デジールは後者を採⽤すべきだと考えた。

アルテミスは⼈類を⽀援し発展させるために作られたが、最終的には⼈類を脅かし、破壊に追いやった。

それがいつ再び問題を引き起こすかを彼らが知ることができない限り、より確実な選択肢はそれを破壊することだ。

とりわけ、そのような巨⼤な⼒が乱⽤されたとしたら、後戻りすることはできないでしょう。

「第2、第3のスカルマスクが現れる場合があります」

しかし、デジールはすぐに何か⾏動に移すことができなかった。

「これをコントロールできたら・・・」

アルテミスシステムをきちんとコントロールできれば、⼈類を助けるのに計り知れない効果があるでしょう。

さらに、侵⾷された領域を復元するためにそれを使⽤することさえ可能かもしれません。

システムを破壊することは簡単な選択だが、再建がもたらす全ての恩恵を諦めることは難しかった。

システムを修正することさえ可能であったなら。

「今のところ、ジョードと話をする必要があります」

自分一人で決めるのは難しい。

「ルニア、ここから抜け出すために私は何をすべきですか?」

「あなたはただあなたが去りたいと思う必要があります、そしてあなたはあなたがネックレスを去った場所に戻るでしょう」

デジールはうなずき、外に出ようとしたとき、彼は⼀つのことに気づく。

「⾃⼰紹介をしていませんでした。私の名前はデジール・アルマンです。ルニア、あなたは私を⼤いに助けてくれました」

ルニアは優しく微笑んで、スカートの端を少し持ち上げる。

「またお会いできるのを楽しみにしています、デジールさん」

「ええ、またお会いしましょう」

結局のところ、アルテミスにアクセスするには、アルテミスを破壊するか修理するかにかかわらず、彼は戻ってくる必要があった。

別れの終わりにデジールは⽬を閉じ、しばらくすると彼の体は眩いばかりの光に包まれて姿を消しす。

ルニアは、デジールが⻑い間姿を消していた場所をじっと⾒つめていた。

 



 

「ジョード、私は話す必要がありま・・・」

デジールの言葉が止まる。

目の前の光景は塔の研究室ではなく、テレポートゲートの前だったから。

(一体何が起きてる?)

⽬を向けたとき、彼の周りにはたくさんの魔術師がいた。

塔の魔術師たちは皆が怯えていて、そして彼らのほとんどは負傷している。

「私がいなくなっている間に、塔で戦いがあったのですか?」

簡単で最も論理的な結論に達したが、それは最もらしいとは思えなかった。

スカルマスクの失踪後、アウターはついに⼀掃され、戦争を始めるに値する他の⼒はない。

魔塔は、⼤陸で最も偉⼤な魔術師が集まった場所。

直接の戦闘で敗北したとしても、魔塔は⾮常に安全で強⼒な武器を収容していた。

それを正⾯から包囲することは、狂⼈だけが考える⾏為。

「デジールさん!」

男がデジールに近づく。

彼は第2魔塔手、ヘファイストス。

彼も傷で覆われており、深く沈んだ⽬には悲惨さが混ざり合っていた。

「一体何が起きたのですか?」

質問に対して、ヘファイストスはデジールに何かを手渡す。

それは眼球型のネックレス。

「なぜあなたが・・・」

「塔が攻撃されました」

ヘファイストスの表情は真⾯⽬だ。

そもそも彼がそのような嘘をデジールに⾔う理由はない。

あり得ない。

実際に誰かが魔塔を攻撃したとして、彼らが敗北するのでしょうか?

「一体誰が・・・?いいえ、もっと重要なのは、どうして私に連絡しなかったのですか!?」

たった1時間。

「何が起こったのかを理解するまでに、私たちはすでにコントロールを失っていました。魔塔手様が⾔ったのはそのためです・・・」

しばらくして、デジールはある事に気づく。

彼がいない。

ジョードの気配がどこにもなかったのだ。

それはただ一つのことを意味する。

デジールの視線はテレポーテーションゲートに向けられ、躊躇うことなくテレポートゲートに向かう。

「デ、デジールさん!今は塔に戻っては!」

ヘファイストスは急いでデジールの道を封鎖した。

デジールは彼を脇に押し、瞳は空虚で満ち、瞳孔は完全に光を⽋いていた。

「どいてください」

それでも、ヘファイストスは諦めない。

しかし、彼は何もできなかった。

デジールが信じられないほどの量のマナを彼の前に集めたからだ。

現状、世界で最も複雑なセキュリティを、デジールは1秒で逆算する。

⼿元のゲートの制御により、デジールはすぐに座標を魔塔の研究室に変更した。

 



 

アルテミスシステムの制御を可能にすることはできるのでしょうか?

そして、事態は想像以上に劣悪です・・・。

魔塔を襲撃したのはピエロマスクなのでしょうか?

それとも別の勢力?

帰還者の魔法は特別です【290話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は290話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...