帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【287話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は287をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

287話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【286話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は286話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 研究室

魔塔の39階には、たくさんの魔法の道具とユニークな珍しい遺物でいっぱいの部屋が存在する。

それは世界で最⾼の研究所であり、他の機関が競争することを望むことはできないでしょう。

それは、ジョード・エグザリオンによって個⼈的に作られたデジールの研究室。

デジールは中央に直接配置された⼤きなガラスの鏡を調べていた。

スカルマスクが持っていた多くのS層アーティファクトの1つである、影を保持する鏡。

正⾯に近づき、その上に⼿を置くと、遺物は⽣き返った。

⼤陸で起こっているすべての出来事についての詳細な情報。

デジールは慎重な表情で提⽰された情報を調べる。

30分後、彼はため息をつき、鏡から⼿を離す。

「ふう・・・」

卒業式から3週間が経過した。

3週間、デジールはピエロマスクを追いかけるために時間と労⼒を費やす以外に何もしていない。

彼がスカルマスクを殺した⼈物であったことを考えると、彼はさらに危険である可能性が高い。

したがって、デジールは可能な限りすべての情報を収集する必要があった。

「すべての努⼒は・・・、無駄になりました」

⼼に根付いた憂鬱な気持ちに再びため息をつく。

「うまくいかなかったことが分かります」

馴染みのある声が聞こえ、デジールは本能的に丁寧なお辞儀をした。

それはジョードの声。

デジールは落胆して答える。

「残念ながらその通りです。このアーティファクトは、それがどのように機能するかを知っている⼈に対してはあまりうまく機能しないと思います」

影を保持する鏡は明らかに優れたアーティファクトだが、それでも限界がある。

イベントがどれほど遠くにあったとしても、それに関する情報を得ることができたが、それでもイベントが実際に何を意味するのかを理解するために⼈間の解釈に依存しているのだ。

たとえピエロマスクが動いていたとしても、彼が完全に正体を隠していたり、彼の意図を明らかにしない⽅法で⾏動したりすると、彼の動きに気付くことは不可能だった。

「私が⼿にしている唯⼀の情報は、1週間前に⼊⼿したものです」

これまでのところ、デジールはピエロマスクに関連する情報を1つしか収集できていない。

アデニアで13件の殺⼈。

犠牲者はそれぞれ異なる⽅法で殺されたが、彼らの体はひどく傷つけられていたため、彼らの⾝元を識別することは不可能だった。

デジールはこれがピエロマスクの仕事であると仮定した。

あまりにも多くの殺⼈があまりにも早く⾏われ、それぞれが異なる⽅法で⾏われたからだ。

それは偶然ではなかったでしょう。

そのような⾏動は、ピエロマスクの気まぐれな性格を適合させた。

遺体は⾝元不明のままだったので、ピエロマスクは本質的に普通の⼈のように⾒え、彼を区別するものは何もない。

鏡は強⼒だが、すべてが強⼒というわけではないのだ。

「時間がかかりすぎるか、私たちが彼の手の上にいることに気付いた場合、ピエロマスクは他⼈に変装します。何ヶ⽉もの間、切断された遺体を追跡することになる可能性があります。急がなければ、彼を⾒つけることはできません」

「よろしくお願いします、デジール」

 



 

ジョードが鏡に⼿を置くと、別の事件に関する特定の情報がアーティファクトに表⽰された。

それは、ピッツバーグの対決直後の連合軍兵⼠の殺害に関係している。

ピエロマスクが兵⼠に変装したに違いないことは明らかだ。

犠牲者を特定することは特に難しいことではない。

おそらく死んだ兵⼠は、他の⼈が彼が戦闘に陥るのを⾒た後、再び現れることはないから。

それでも、デジールは注意深く⽿を傾ける。

「何か⾒つけましたか?」

「これを⾒てください」

ジョードがアーティファクトを操作したとき、マークされた情報はシフトし、アデニアでの殺⼈のタイミングをマークした。

「この殺⼈は7⽇前でしたよね?」

「はい。しかし、もっと注⽬すべきことに、それは私が兵⼠の⾝元を発⾒してから間もなくのことでした」

デジールはジョードの言おうとしていることに気づく。

「私たちの側から情報が漏れていると⾔っているのですか?」

「おそらくは。単なる偶然かもしれませんが、そのように却下すべきではありません」

ジョードは話し続けた。

「ピエロマスクはスカルマスクよりも危険だと思います。彼の動きは決して偶然ではありません。スカルマスクを裏切って電源を盗むのは計画的な動きだったのかもしれません」

「魔塔手様が想定しているように、連合軍の中に裏切り者がいて、裏切り者がピエロマスクと協⼒していたとしたら、彼は連合軍と部外者の中で起こっていることすべてに⽿を傾けていただろう。彼が⾏ったすべての動きは、その情報に基づいていたでしょう」

デジールは、ディバイド王国と連合軍との間の戦争が最初から⾒えざる⼿によって⽀配されていたのではないかと考えずにはいられなかった。

最悪の事態が真実であることになった場合、ジョードが⾔ったように、ピエロマスクはスカルマスクよりも脅威である可能性がある。

「そのような裏切り者が本当に内部に存在する場合、彼らは誰なのでしょうか?」

考えれば考えるほど、デジールの精神状態は悪化していく。

(落ち着きましょう)

精神的に反論したが、それは容易ではない。

デジールの中で不安が膨らんだ。

「デジール、結論に⾶びつく必要はありません」

ジョードは激しく震えていたデジールの拳を握りしめながら話した。

「それは偶然かもしれません。最悪の事態を想定する必要がありますが、それが私たちのビジョンを曇らせることはできません」

⼼に浮かぶ不安が⼀気にゆっくりと溶け始め、無意識のうちに⼼にできた氷河を温かい⼿が溶かすのを感じた。

「⼀歩ずつ。まず、ピエロマスクが⾃分の正体を誰に変えたかを調べましょう」

「はい」

デジールがすぐに最悪の状況に⾶び込んだことに気づき、彼の⼼は誰を発⾒するかという仕事に没頭し、ジョードはすぐに彼を落ち着かせようと急いだ。

前世でさえ、彼は常にこうだった。

彼はデジールの鍵であり、必要な時に彼をサポートする⼈。

そのため、デジールは他の誰よりもジョードを信頼している。

ジョードがそばにいたという事実に、デジールは感謝を感じていた。

 



 

ジョードはある程度落ち着いたように⾒えたときに主題を変えた。

「良いニュースがあります。実際、私はこれを共有するために⽴ち寄っただけなので」

すべてを包み込んでいるように⾒える賢い⽬はどこにも⾒つからず、興奮した⼦供の⽬が⼀瞬のうちに現れる。

「あなたは何かを⾒つけたに違いありません」

「デジール、私は2つの重要なことを発⾒しました。まず、スカルマスクのコレクションから別のアーティファクトを復号化しました」

ジョードは次元のポケットから何かを引き出す。

それは眼球型のネックレス。

「それは・・・」

デジールは、このアーティファクトが特に信じられないほど強⼒な保護を施していたことを思い出した。

「それはどんなアーティファクトでしたか?」

「説明するよりも、直接⾒てもらいたいのです」

「今ここで?」

「これは不快なアーティファクトではありません。ラボについて⼼配する必要はありません。このスペースがあなたにとってどれほど意味があるか知っていますから、私はそれを傷つけようとはしません。」

デジールは安⼼し、受け取って遺物を⾝に付ける。

ジョードは冷静にそれの使い⽅を教えた。

プロセスは⾮常に複雑だったので、彼は集中してジョードの⾔葉を⾒逃さないようにする。

「・・・そして、眼球の中⼼にあるルビー⾊の宝⽯を3回回します」

操作を終えた瞬間、視⼒が低下していくのを感じた。

再び⽬を閉じたとき、デジールは何も存在しない⽩い空間に座っていることに気づく。

終わりのない空間。

彼が着ていた遺物はすでに消えていた。

 



 

他人に偽装できるピエロマスクの正体は厄介ですよね・・・。

そして、デジール側で内通者がいる可能性も濃厚です。

誰が裏切り者なのでしょうか?

そして、ジョードが渡したアーティファクトの性能とは?

帰還者の魔法は特別です【288話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は288話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...