帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【286話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は286をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

286話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【285話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は285話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 卒業式

「デジール」

優しい声。

デジールはアゼストのプラチナブロンドの髪、大きな⾦⾊の瞳と⻑くて⽩い指の魅⼒的な⼥の⼦を⾒た。

永遠のように感じた空間の中で、デジールは口を開く。

「・・・アゼスト」

自然に笑顔が咲いた。

不思議だ。

二人はほんの数⽇しか離れていないのに、それ以上に長く感じていた。

「楽しみにしています・・・」

アゼストはデジールの手を握る。

彼⼥の優しいタッチと暖かさは彼らの⼿を通して届けられた。

彼女は笑顔で話す。

「私はあなたと⼀緒に働くことを楽しみにしています、デジール」

その瞬間、デジールはついにこの状況とギルティアンの真意を理解することができた。

そして、彼が⾔えることはただ⼀つだけ。

「戻りましょう。みんな待っています」

「はい」

 



 

「ごめんなさい」

プラムとロマンティカに直⾯したとき、それはアゼストの最初の⾔葉だった。

頭を下げると、彼⼥のプラチナブロンドの髪が滑り落ちる。

「⽴ったまま会話するのは⾯倒なので、座らない?」

ロマンティカが苦笑いして椅⼦に⼿招きしたとき、アゼストは椅⼦を引き出して座った。

「質問したいことがあるのだけど」

来た。

アゼストは⼀⽣懸命飲み込んだ。

彼⼥はどんな⾮難にも備えていた。

しかし、ロマンティカからの次の⾔葉は予想外だった。

「シャンパンかオレンジジュース、どっちがいい?」

その瞬間、アゼストの⽬は⼤きくなる。

「ええと・・・」

「シャンパンでいい?もう持ってきてたから」

ロマンティカは答える前からアゼストにグラスを差し出し、流れるシャンパンが容器の中で波打つ。

アゼストはぼんやりとグラスをのぞき込んだ。

「飲まないの、アゼスト?⾒た⽬より⽢くて美味しいわよ。それともジュースが欲しい?」

「えっと」

「どうしたの?」

ロマンティカとプラムの反応は、アゼストが期待していたものとは完全に異なっていた。

「なぜあなたは私を普通のように扱っているのですか?私はあなたを騙しました。どうして私に質問しないの?」

アゼストはどんな批判も受け⼊れる準備ができていた。

しかし、プラムとロマンティカはいつものように振る舞っている。

「アゼストさんはアゼストさんだからです」

プラムは明るく笑って答えた。

「あなたの⾝元に関係なく、アゼストさんが私たちと⼀緒にいたという事実は変わりません」

「で、ですが・・・」

「あなたはとても柔軟性のない王⼥ですね」

ロマンティカはアゼストの言葉を断ち切る。

「念のため聞くけど、私たちを驚かせるために、意図的に⾝元を隠していたの?」

「いいえ、違います」

アゼストはその可能性を強く否定した。

「じゃあ気にしないわ。だから、そんなに謝罪する必要はありません」

ロマンティカはまるで話し終わったかのように視線をそらす。

アゼストの顔が再び明るくなった。

その光景に、デジールは笑顔を浮かべる。

「どうしてみんなで飲み物を飲まないの?アゼストの帰還を祝しましょう」

「いいですね!」

プラムはデジールの提案に熱⼼に応えた。

「アゼスト王女の永遠の栄光を祝って!」

「乾杯!」

彼らはグラスをチリンと鳴らしてワインを飲む。

ほんの数ヶ⽉前、彼らはヘブリオンアカデミーに通っていた。

それは楽しい思い出。

あの時ほど幸せで安⼼した時は他にはない。

(私たちはなんとか⽇常⽣活を守ることができました)

これまで費やしたすべての努⼒に対して、この瞬間に報われているかのように感じた。

その瞬間、外が明るくなる。

彼らは同時に外に視線を向けた。

「なんて素晴らしい眺めでしょう」

「花火です!」

「わあ、美しいわ」

空に打ち上げられた花⽕は、暗い夜空を刺している。

それぞれ異なる⾊の花⽕が美しく調和し、庭⾃体が雄⼤な絵画から引き抜かれた⾵景のように⾒えた。

 



 

ヘブリオンアカデミーは正式に再開⽇を宣⾔した。

アカデミーが閉鎖されてから7か⽉、そして、終戦から2週間が経っている。

このニュースを聞いて、⼤陸のあちこちに散らばっていた⽣徒たちが次々と集まり始めた。

⽣徒全員が去った後、ひどく静かだったヘブリオンアカデミーは、活⼒を取り戻し始めている。

しかし、学⽣の多くはすぐにアカデミーを去ることを計画していた。

ケルト、ラドリア、その他の先輩たちの卒業式がすぐに⾏われる予定だ。

それは先輩だけではない。

戦争の試練を通して、2年生の多くはアカデミーが提供できるレベルをはるかに超えていたのだ。

滞在することは彼らの成⻑を妨げるだけでしょう。

それらの学⽣を助けるために、ヘブリオンアカデミーは彼らの新しいスキルレベルを測定するために卒業試験を準備した。

驚くほど多くの学⽣が試験を受け、デジールのトレーニング体制をとった学⽣の⼤多数は合格する。

もちろん、デジールもその一人だ。

明らかに、アカデミーには彼に教えるものが何も残っていないのだから。

卒業試験では、デジールが魔法実技で1位になり、プラムは剣術の実技でトップを取る。

キングクラスに到達する⼨前だったプラムは、前世で⽬撃した潜在的な能力にまで上昇していた。

アゼストがすでに卒業していたので、彼の順位は⾃然なことでしょう。

卒業式は試験後間もなく⾏われた。

「おめでとう、デジール」

「教授、私のためにあなたがしてくれたことすべてに感謝します」

ブリジットは彼に近づき、頭を撫でる。

彼⼥のタッチはいつものように柔らかくて暖かい。

「デジール、私は頻繁に連絡を取り合います。機会があれば講演をお願いします」

「いつでもどうぞ、教授」

ロンドは彼⼥との会話が終わった直後に近づく。

デジールは微笑んだ。

「ロンド、私たちのためにパーティーの世話をしてください」

「はい!」

才能のある2年⽣と3年⽣の⼤多数が卒業した今、ロンドは当然、アカデミーのトップクラスの学⽣の1⼈になる。

彼はデジールの⾜跡をたどり、ムクドリパーティの次のリーダーの役割を引き受けた。

「兄貴!私たちは何があっても私たちが最初の場所にとどまり、あなたの意志をすべてのメンバーに伝えます!」

「過剰反応しないでください!」

デジールはロンドを送り出し、貴族の教授の⻑であるパグマン教授と会う。

過去には対⽴していたが、彼らの関係はデジールのアカデミー時代の終わりに向かってまろやかになっていた。

パグマンの⽬がデジールに着地したとき、彼の唇は彼が何かを⾔いたいかのようにぴくぴく動いた。

しかし、彼は諦めたように沈黙を選ぶ。

代わりに、彼は帽⼦を脱いで頭を下げた。

「・・・」

敬意を払うために彼ができる最善の行為。

デジールはくすくす笑った。

彼は教授と何度も対⽴したが、過去数年間で⼤きく成⻑した。

「教授、アカデミーでのあなたの素晴らしいリーダーシップを楽しみにしています」

彼の2回⽬の卒業式は正式に終了する。

そして、あっという間に3週間が過ぎた。

 



 

ヘブリオンアカデミーを卒業したデジール。

ここからの彼の行動はピエロマスクの動向を調査することでしょうか?

アウターの活動も気になります。

帰還者の魔法は特別です【287話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は287話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...