帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【285話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は285をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

285話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【284話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は284話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 皇帝からの報酬

「陛下があなたに会いたがっています」

ギルティアンの演説が終わった後、誰かがデジールに近づく。

皇帝が話し合うべき重要な何かを持っていることは明らかだ。

「しばらく離れますが、すぐ戻ってきます」

まだショックを受けていたロマンティカとプラムを残して、デジールはギルティアンの元に向かった。

ギルティアンの周りには誰もいない。

⼀緒に宴会場に⼊ったアゼストもいなかった。

「私は皇帝に挨拶を申し上げます」

ギルティアンは微笑んで反対側の椅⼦に彼を⼿招きする。

「座って下さい」

彼はとても機嫌が良かったようだ。

デジールが腰を下ろすと、ギルティアンは⾦で作られたガラスを⼿渡す。

「上質なワインを⼿に⼊れて、⼀緒に飲みたかったので、連絡しました」

「光栄です」

ギルティアンは⾃分でワインをデジールのグラスに注ぎ、グラスをそっと鳴らした。

「これは・・・」

ワインを⼀⼝飲んだ後、デジールは驚かざるを得なかった。

確かに上質なワインだ。

ギルティアンは再び話す前に満⾜そうな表情でデジールを見つめる。

「あなたは並外れた仕事をしました。あなたは戦争で⾃分⾃⾝と帝国を区別しました。あなたの献⾝によって、帝国は他のどの国よりも明るく輝いた瞬間を体験することができました」

彼はグラスにワインを⼊れながら言葉を続けた。

「あなたの卓越した功績に対して、相応しい報酬が与えられます。デジール・アルマン、公国をあなたに与えたいと思います」

「・・・!」

その瞬間、デジールは唖然とした。

ある種の報酬を受け取るだろうと思っていたが、これは予想外だ。

ロイヤルガードとして、彼はすでに公爵と同じ扱いを受けている。

しかし、庶⺠としての彼の地位の本質は変わっていなかった。

しかし、今、ギルティアンはデジールに公国を提供すると言ったのだ。

この申し出は帝国の歴史の中で前例のないものだったので、デジールでさえ当惑した。

ヘブリオン帝国には4つの公爵がいたので、彼が公爵になった場合、彼は皇室の⼀歩下の上位5つの⾼貴な家族の1つになります。

(お、落ち着いて・・・)

グラスワインを持っていたデジールの⼿が思わず揺れる。

彼は権威に特に興味はなかったが、この申し出には誘惑されざるを得なかった。

(卓越した功績を提供したとしても、この報酬は過剰です。彼らを勝利に導いただけでは、賞を授与するには多すぎる)

⼀⽅、何かが異常に⾒えたので、デジールは彼の申し出をすぐに受け⼊れなかった。

「陛下、それは私がしたことに対する過度の報酬だと思います」

「そうかもしれません。きっと多くの貴族が反対するでしょう。しかし、私の意図は変わりません」

ギルティアンはワインを飲む。

「あなたはまだ若いですが、あなたは⼤陸で最⾼の魔術師であり、偉⼤な賢者であるジョード・エグザリオンさえも凌駕しています。あなたの現在の卓越した功績は彼に匹敵するものではありませんが、将来的にはさらに⼤きな成果を上げることができると信じています」

「つまり・・・」

「帝国公爵として帝国のために努⼒してほしい」

(・・・直球だな)

基本的に、公国はデジールの将来を担保としての報酬なのだ。

ギルティアンは彼の本当の意図を隠さなかったと同時に、彼がデジールを尊重し、評価したことを彼に⽰した。

(申し出を断る理由はありません。それを受け⼊れないのは奇妙でしょう)

ヘブリオン帝国は⼤陸を⻄王国連合と共有している。

誰がそのような⼤国の中で強⼒な公爵の⽴場を拒否することができますか?

デジールは⼀瞬⽬を閉じて熟考した。

(貴族になれば、もっと多くの⼈を守ることができるでしょう)

前世では、彼は最後まで庶⺠だった。

仲間を守ることができなかったという事実に激怒した。

庶⺠としての呪われた⼈⽣を嫌っていた。

(だけど・・・)

デジールは⽬を開け、決⼼した声で答える。

「陛下、寛⼤な申し出に感謝しますが、私は断らなければなりません」

 



 

ギルティアンは黙ってデジールを⾒る。

彼は怒っているようには⾒えなかった。

彼の⽬は好奇⼼に満ちていた。

「理由を知りたいのですが」

「私がこの公爵の地位を望まないというわけではありません。それ以上に欲しいものがあるというだけです。公国の代わりに、陛下にお願いしたいと思います」

「では、何が欲しいのですか?」

デジールは深呼吸して答える。

「私は⾃分のアカデミーを設⽴したいと思います」

「・・・それがあなたが望むものであり、公国よりも価値のあるものですか?」

ギルティアンは混乱しているようだ。

帝国の公爵は、王の権威に近づいた権⼒を持つ地位。

アカデミーの設⽴とは比べる必要もないでしょう。

「なぜそれが欲しいのですか?」

「偶然を必然に変えたいのです」

「偶然を必然に変える・・・?」

それは理解しやすい理由ではなかった。

「私は運が良かったから、ここまで来ることができました。過去、デジール・アルマンは魔法について何も知らない普通の庶⺠の孤児でした。偶然にもブリジット教授に会うまでは、どこにも通じない呪われた運命でした」

ほとんどの場合、ヘブリオン帝国の庶⺠は彼らがマナの祝福を持っているかどうかを知らない。

「ですが、ほとんどの庶⺠、そして私も例外ではありませんが、幸運に恵まれていません。彼らはそのような才能を持っていることを知らずに⽣まれて死にます。たとえ彼らが彼らの贈り物に気づいていたとしても、彼らは繁栄することができずに死にます」

帰還者になる前、デジールはその辛い⼈⽣を直接経験した。

運が良くて魔術師になることができたが、庶⺠だったので差別された。

執拗な努⼒を費やした後にのみ⼊学したヘブリオンアカデミーは庶⺠の助けにはならず、地位なしで⽣まれた罪のために彼を価値のない階級に追放された。

その不⼗分な教育は素晴らしいスキルを衰弱させた。

前世で、ロマンティカは彼⼥の完全な才能に気づかなかったので、早死に遭遇したのだ。

(私は今彼らの質問に答えることができます)

ラファエロの前世からの質問と、今⽇のロマンティカの質問への答え。

「教育制度を拡⼤し、庶⺠が⾃由に学べるようにすることで、偶然ではなく必然の存在となる場所を作れることを願っています」

シャドウラビリンスを体験したとき、デジールは庶⺠の中に多くの優れた個⼈がいることに気づいたのだ。

ロマンティカやプラムのような⼈々の存在を。

「それじゃあ、あなたは第⼆のヘブリオンアカデミーを設⽴したいと思っているのですね」

「それだけでは⼗分ではありません。私は、選ばれた少数の市⺠だけでなく、帝国のすべての市⺠に教育の機会均等を与えてほしいと思っています」

デジールの要求の本当の意味は・・・。

「最⼩限の教育、⾔い換えれば、公教育制度が帝国のすべての市⺠に導⼊されることを願っています」

 



 

黙って注意深く聞いていたギルティアンは黙っていた。

彼の表情から考えを読むことは不可能だ。

デジールが要求した公教育システムを導⼊することは、彼らが帝国中にアカデミーを設⽴しなければならなかったことを意味する。

1つのヘブリオンアカデミーを維持することにより、莫⼤な国家予算が消費されるのは明らか。

不可能ではないが、リスクがあまりにも大きすぎる。

(彼のような⼈がもっと⾒つかるとしたら、それは間違いなく価値のある投資になるでしょうが・・・)

デジール・アルマン。

彼に値段をつけることは不可能だった。

「一つ」

⻑い間熟考した後、ギルティアンは重い⼝を開く。

「私はあなたの要求を1つの条件で許可します」

「それは何でしょうか?」

「デジール・アルマン、あなたはこの問題を担当しなければなりません」

デジールの困惑した表情を⾒て、ギルティアンはかすかに微笑んだ。

「あなただけがあなたのアイデアを完全に実現できると確信しています。最後の息吹まで、理想を達成するために⼀⽣懸命働いてください」

ギルティアンはデジールを帝国に留めるために公国を授けようとした。

しかし、デジールrがその申し出を断ったとき、ギルティアンは彼の提案を利用して彼を留まらせることを計画する。

(システムが適切に実装されるまでにはしばらく時間がかかります。彼は少なくとも数⼗年は帝国に留まらなければならないでしょう)

結局、ギルティアンは彼の⽬標を達成することができたのだ。

「私は最善を尽くします、陛下」

そして、会話は終わった。

彼らは両⽅とも彼らが望んでいたものを⼿に⼊れたのだ。

デジールは彼の理想を実現する機会を受け取り、ギルティアンは⼤陸で最⾼の魔術師を帝国に結びつけた。

グラスを置き、ギルティアンに頭を下げる。

「デジール」

彼はギルティアンの声を聞いた。

それは彼が今まで皇帝から聞いた最も愛情深い⼝調。

「アゼストをお願いします」

プラチナブロンドの髪がデジールの⽬の前で揺れる。

 



 

デジールの将来の夢が決まりましたね!

貴族だけでなく、庶民への教育。

これが成功すれば帝国はさらに大きな力を得ることになるでしょう。

ギルティアンが最後に言った言葉の意味とは?

帰還者の魔法は特別です【286話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は286話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

https://sub.tsubasa-cham.com/the-secret-of-the-hourglass-matome/

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...