帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【284話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は284をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

284話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【283話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は283話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 壮大な宴会

レオンハルト宮殿は、ヘブリオン皇帝が住んでいる場所。

今夜、彼は彼らの勝利を記念して宴会を主催した。

今回の宴会は特に⼤規模だったが、それは皇居で開催されていたからではない。

皇帝だけでなく、英雄であるデジール・アルマンとの個⼈的な聴衆を持つ機会を望んで、全国からの貴族が宮殿に群がったからだ。

裕福な貴族でさえも称賛に値するほどの壮⼤な宴会。

デジールたちは、宴会場の外で休んでいた。

彼らが疲れ果てているのは明らかだ。

ロマンティカは⻑いため息をつく。

「疲れた・・・」

「予想していましたが、これほど疲れるとは思っていませんでした」

デジールは疲労を隠すための努⼒をしなかった。

彼らが宴会場に⼊るとすぐに、まるで彼らを待っていたかのように、多くの貴族が彼らに向かって群がってきたのだ。

宴会は、ただ飲んで楽しむための単なる通常のイベントではない。

貴族にとって、宴会はエリートの社交クラブだった。

それは、個⼈的な繋がりが他のどの宝物よりもはるかに価値があったから。

デジールは微笑む。

「それでも、誰もが私たちに思いやりを持っていたので、私たちはすぐに出れました」

普段であれば、デジールは貴族との関係を築くために努⼒したであろうが、今⽇、彼はそうするつもりはなかった。

戦争が終わったにもかかわらず、彼はまだ重い仕事量の下で苦しんでいた。

今⽇だけは頭をすっきりさせて、快適に平和を楽しみたいと思っている。

幸いなことに、おそらく貴族は彼の気持ちを理解してくれたのでしょう。

外に出た後、誰も彼らを悩ませに来なかった。

 



 

3⼈が快適に会話をしていると、ロマンティカは⽬の前のシャンパンに⼿を伸ばす。

「ロマンティカさん、お酒は飲めるのですか?」

「これくらい大丈夫よ!」

「待って、ロマンティカ。それは・・・」

「ああ」

ロマンティカは軽く息を吐く。

アルコールはかなり強かったが、達成感が彼⼥の判断を曇らせた。

ロマンティカは空のグラスを誇らしげにテーブルに置いた。

「⾒た?私は飲むことができます・・・」

アルコールが始まると、雰囲気はよりまろやかに。

ロマンティカはほろ酔いになったとき、奇妙なことに気分が良かった。

彼⼥は今、普段はできないことを⾔うことができるだろうと感じていたのだ。

「デジール、私は⼀つのことに興味があります」

彼⼥はグラスを下に置き、デジールを真っ直ぐに⾒つめた。

「将来は何をしたいですか?」

「どういう意味ですか?」

「私たちは何年もの間アカデミーに出席していませんが、私たちはまだ卒業に向かっています。将来やりたいこと、夢などがあるはずです」

プラムもその話題に興味を持っているかのように、デジールに視線を向ける。

「まあ、それは・・・」

デジールは⼝を開け、そして再び⼝を閉じた。

簡単な質問だと思ったが、思ったより⼤変だ。

過去に戻った直後、彼の唯⼀の⽬標は無傷でシャドウラビリンスをクリアすることだった。

迫り来る災害を⽌めようとして忙しすぎたので、その後どうなるかを考えたことがないのだ。

(ラファエロも同様の質問をしましたね?)

破壊のドラゴン、ブロミエ・ナポリタンを打ち負かし、休息していたとき、ラファエロは彼に将来何をするつもりかと尋ねた。

しかし、その時でさえ、デジールは満⾜のいく答えを⾒つけることができなかったのだ。

腕を組んで熟考する。

現在、デジールの最優先事項は、スカルマスクから電源を盗んだピエロマスクを追跡することだが、その後はどうでしょうか?

「何かやりたいことはあるの?」

「分かりません・・・」

デジールが正しい答えを思い付くことができなかったとき、ロマンティカはかなり驚いていた。

「考えたことがないのですか?あらゆる不測の事態に備えて計画を⽴てる指揮官であるあなたが、あなたの将来の計画を持っていないのですか?信じられない」

「分かっています。⽪⾁ですよね」

ロマンティカは熟考していたデジールをちらっと⾒る。

「まあ、⾃分の将来が分からなくても、あまり⼼配しないでください。あなたかプラムが私の傭兵グループに参加するようになれば、喜んであなた方を迎えます」

ロマンティカの冗談に応えて、穏やかな笑い声が生まれた。

「元ロイヤルガードを雇うのは難しいことではないでしょうか?」

「それはあなたをお⾦で買えるという意味ですか?」

ロマンティカは肩をすくめる。

「ちょっと待ってて。あなたが⼀⽣私のために働くことができるように、私は⼗分なお⾦を貯金しますから」

「楽しみにしています」

デジールが微笑んだ瞬間、ロマンティカは顔を⾚らめ、以前よりも⾚くなった。

 



 

少しぎこちない雰囲気になると、宮殿内から響き渡る声が聞こえてきた。

「ヘブリオンの太陽、皇帝陛下ギルティアン・ゼドガー・F・ログフェラスの入場です!」

すべての貴族はエチケットに従い、視線を下げる。

しばらくすると、ドアが開き、真っ⽩なスーツを着たギルティアンが宴会場に⼊ってきた。

彼はただ歩いていたにもかかわらず、彼の精神はすべての⼈を圧倒する。

「わぁ・・・!」

「あれは誰でしょうか?」

皇帝の後ろを歩いていた少⼥。

彼⼥はまっすぐな腕と脚、冷たくて優雅に⾒える瞳、そして彼⼥の魅⼒的な⽩いドレスと驚くほどよく合ったプラチナブロンドの髪を持っていた。

「アゼストさん!?」

プラムは⽬を⼤きく開いてアゼストを⾒つめ、頭を下げるのを忘れていた。

「どうしてアゼストが・・・?」

ロマンティカも混乱している。

彼⼥は当惑し、⾔葉を失っていた。

彼らが驚いたのは当然のことでしょう。

彼らは、アゼストは帝国の端から来た⾼貴な家系であるキングスクラウン家の娘だと思っていたのだから。

デジールはため息をついて説明する。

「皇室には、後継者の⾝元を隠し、特別なカリキュラムの下でヘブリオンアカデミーに通わせる習慣があります。彼らは後継者クラスと呼ばれるコースの唯⼀のメンバーになります」

それは、ヘブリオンアカデミーが設⽴された瞬間から秘密裏に受け継がれてきた伝統。

皇室は、貴族と庶⺠が⼀緒に教育を受け、クラスに関係なく、彼または彼⼥が統治するであろう⼈々を観察するように相続⼈に奨励する⾮定型の教育施設であるヘブリオンアカデミーを設⽴したのだ。

「じゃあ、アゼストさんは・・・」

「アゼストは後継者なの・・・?」

「ええ」

「・・・」

ロマンティカは⾔葉を失う。

誰もがショックを受けたでしょう。

普通の友⼈として扱っていた友⼈が、突然、ヘブリオン帝国全体の後継者になったのだから。

(アゼストをここに連れてくるとは知りませんでした)

デジールは、別の理由で現在の状況に驚いていた。

ギルティアンはこれまで、公の場でアゼストを明かさないように努めてきた。

しかし、帝国の貴族が多かったこの集会に彼女が同⾏したという事実は、たった⼀つのことを意味している。

それは後継者クラスが完了し、皇帝がアゼストを彼の後継者であることを公式に認めたことを意味していた。

ギルティアンはテーブルの先頭に座り、鋭い⽬が⾦のように輝いて宴会場を観察する。

「私たちの帝国はこれまで数え切れないほどの戦争を経験してきました」

声は⼤きくなかったが、彼のスピーチは広⼤な宴会場全体に響き渡った。

「私たちは毎回勝利を収めました。敵が誰であろうと、私たちは常に勝者であり、強い者であり、⽀配者でした。それが私たちが帝国である理由です」

ギルティアンはグラスを上げる。

「そして、今回も勝利を収めました」

宴会にふさわしい⼤勝利のスピーチ。

短く簡潔だったが、その言葉は⼈々の⼼に誇りを植え付けた。

「今⽇を思い出して、あなたの⼼に帝国の栄光を刻んでください」

「帝国の繁栄に!」

何百ものグラスが同時に上がる。

ギルティアンが腰を下ろすと、演奏家は音楽を再開した。

楽しい⾳楽の⾳が再び宴会場を埋め始める。

 



 

デジールの将来。

ピエロマスクとの決着はまだですが、デジールのしたいことは何かあるのでしょうか?

ロマンティカと一緒に活動するのも楽しそうですよね!

そして、ついに公表されたアゼストの正体。

後継者となったアゼストが今後ムクドリパーティの一員として動くのは、さすがに難しいでしょうね。

帰還者の魔法は特別です【285話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は285話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...