帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【283話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は283をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

283話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【282話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は282話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 国への帰還

皇帝の部屋。

報告を終えた後、アルフレッドは頭を下げる。

ギルティアンは黙ってその報告を聞いていた。

唇の⾓はぴくぴく動いて、彼はすぐに笑い始めた。

それは陽気な笑いであり、⾔葉の少ない男と⾒なされる⼈にとっては珍しいこと。

アルフレッドが報告したのは、勝利のニュース。

ディバイドに対する⾮常に⻑い半年の戦争は⼀晩でひっくり返り、ついに連合軍によって勝利を収められたのだ。

「本当に優秀だな」

ギルティアンの⼝から驚きの叫び声が流れる。

デジール・アルマン。

彼は不利な軍事状況の逆転への鍵だった。

多くの国から集まったエリートである英雄たちが戦争に参加し、彼ら全員が⽬覚ましい成果を上げた。

しかし、結局、デジールが戦争を終わらせたと⾔っても過⾔ではないでしょう。

「それに加えて、彼は⼤陸で最⾼の魔術師の階層に加わっていませんか?」

あまりにも多くの⼈々が、ピッツバーグでデジールが黙⽰録の獣を打ち負かすのを⽬撃した。

物語はすぐに⼤陸全体に広がり、⼈々はデジールを⼤陸の最強の魔術師として、ジョード・エグザリオンのそれを超えて賞賛し始める。

最強の魔術師を配下として数えることは、すべての国が切望していたこと。

帝国は最強の剣⼠、剣聖ラファエロを獲得し、今では最強の魔術師さえも獲得した。

「彼らは国宝です」

ギルティアンが庶⺠のデジールにロイヤルガードの地位を与えたとき、彼は多くの貴族の怒りを引き出すことに。

しかし、デジールが結果を出し、ヘブリオンの名声を広めるたびに、帝国の影響⼒は⼤幅に強化された。

ギルティアンは、単なる学⽣であるデジールを完全にサポートしていた。

帝国中の⼈々がギルティアンの洞察⼒を称賛しているのは当然のことでしょう。

現在、デジールは帝国に不可⽋な⼈物として設⽴されている。

「その場合、彼はそれに応じて扱われるものとします」

 



 

テレポーテーションゲートは常に商⼈で混雑していたが、今では世界中の⼈々で混雑している。

連合軍は戦争から戻る前に塔に集まっていた。

「あなたと⼀緒に戦ったことは貴重な経験でした」

デルフィニア王国の王家の騎⼠は、デジールに向かってお辞儀をする。

「⼀⽣、こんな壮⼤な戦いに積極的に参加するなんて想像もしていませんでした」

彼らのほとんどは並外れた才能を持っていたが、彼らは⼩さな未知の国で苦しんできた。

しかし、デジールは特にこれらの才能のある⼈々を⾒つけ、彼らのスキルを最⼤限に活⽤できる戦争に送り込み、彼らが⾃分の⼿で勝利を収めることを可能にしたのだ。

彼らの⽣活は、今や彼らの過去の⽣活とは著しく異なっていくでしょう。

デルフィニアの王⽴騎⼠だけでなく、各国の英雄たちもデジールに別れを告げ、テレポートゲートに向かって移動した。

「このようなことが再び起こった場合は、いつでも連絡をください」

「分かりました」

さまざまな国の騎⼠が去った後、異常に⼤きな体を持つ⼈々のグループがゲートに⼊る。

彼らは、北の王であるドナペ・アスラン、彼の指揮下にある最強の軍隊、ハンティング・パック、そして彼らの副団長・ユリア。

「もう少しお話ししたかったのですが・・・」

ドナペは厳粛な表情で話し、デジールに近づく。

「私はあまり⻑く離れることができないので、そろそろ出発しなければなりません」

「あなたと⼀緒にいられて光栄でした、卿」

デジールが頭を下げようとした瞬間、ドナペはすぐに大きな手を差し出した。

ドナペの⾏動の背後にある理由に気づき、デジールは頭を下げる代わりに彼の⼿を取る。

向かい合って、⼆⼈は同時に微笑んだ。

「私たちの⼟地はいつでもあなたに開かれているので、私たちの助けが必要なときはいつでも来てください」

「こちらこそ。北が直⾯するかもしれないどんな困難も決して無視しませんから」

「・・・あなたは最後まで⼤胆です。しかし、あなたにはそうする権利があります」

ドナペの⾔葉は叱責のように聞こえたが、彼は笑っていた。

この最後の会話で、ドナペと彼に続く⼈々もまた⼭に向けて出発する。

カルカロスへ。

その後、アルテミス教会の聖騎士が現れた。

アルテミス教会の聖騎士は、魔法とオーラだけでなく、光の祝福でも敵に対処する。

彼らのフォーメーションは⼀瞬で左右に分裂し、プリシラが現れた。

彼⼥は幸せそうな表情w浮かべている。

それは自然なことだ。

戦争が起こっている間、彼⼥は誰よりも熱⼼に広⼤な最前線を警備していた。

彼⼥の努⼒は、デジールの努⼒に決して引けを取ることはない。

「あなたは素晴らしい仕事をしました、デジール」

「あなたも素晴らしい仕事をしました、聖女プリシラ」

プリシラはそっと笑い、デジールの⼿を取る。

彼が反応する前に、微かな光がデジールを包んだ。

その瞬間、デジールはそれが彼の疲労を和らげる魔法だと感じた。

「あなたはまだとても忙しい⽣活を送っていると聞きました」

「それは私がしなければならないことですが、それは私が戦争中にしたことと⽐較して実際には何も苦労はありません」

デジールが扱っていた現在の仕事はまったく軽くない。

戦争の余波で取り組まなければならない多くの問題があった。

プリシラはこれを知っていたので、激しく微笑んで⼿を離す。

「皇太⼦妃からの連絡はまだありませんか?」

「特に注⽬すべきことはありません」

戦争が終わった直後、デジールはアゼストに会いに⾏ったが、彼⼥が⾏⽅不明になっているのを発⾒した。

ディバイドが降伏するとすぐに、彼⼥は帝国に戻ったのだ。

「彼⼥に会えなかったのは残念ですね」

「彼⼥があなたのそばにいるときだけ、あなたは本当の平和を楽しむことができると思います」

「・・・どういう意味でしょうか?」

「あはは。⽂字通りそれを意味します」

プリシラは独特の笑顔で後退する。

「デジール、あなたが現在の平和を楽しんでくれることを願っています」

その後、彼⼥は聖騎士と共にアデニアのアルテミス神殿に戻った。

みんなに別れを告げた後、デジールはオフィスに向かう。

彼は未完成のビジネスにどう対処するかを考えていた。

しかし、その瞬間、ロマンティカが廊下の反対側からデジールに向かってくる。

「なんでそんなに遅かったの?」

「どうしたのですか、ロマンティカ?」

最近、ロマンティカがデジールの元に直接来ることは⾮常に稀だ。

結局のところ、彼⼥は今やデジールと同じくらい忙しかった。

傭兵グループを設⽴した後、彼⼥は容赦ないほどの管理業務を引き受けているから。

「良い知らせがあるので、ここに来ました。ヘブリオン皇居からの要請がありました」

ロマンティカは元気にデジールに話す。

「あなたが名誉のゲストである勝利のお祝いに参加するための要求です、英雄さん」

 



 

「この勝利のお祝いは、歴史上最も壮観なお祝いとして記憶されます」

今回デジールが招待された勝利のお祝いは、規模と予算の点で他の全てのイベントと異なる。

祭りの興奮は街全体を満たし、祝賀会は素晴らしい雰囲気を⽣み出すことに成功した。

「デジール卿、戦争を終わらせ、このお祝いの主⼈公になることについてどう思いますか?」

デジールは現在、アユルス新聞社の本社にいる。

そこでライブインタビューが⾏われ、ヘブリオン帝国全体にリアルタイムで放送されていた。

「すべての市⺠がとても歓迎してくれていることにとても感謝しています。皆様のご⽀援とご希望の⾒返りとして、これからも頑張っていきます」

「今後のパフォーマンスを楽しみにしています。次の質問です。噂について質問したいのですが・・・」

インタビューが終わり、デジールが外に出ると、通信パッドが鳴る。

「他の⼈のインタビューも終わったようです」

 



 

半年間の戦争の終了。

まだ解決していない問題はありますが、まずは勝利のお祝いですね。

大陸最強の魔術師に称号を与えられたデジール。

ギルティアン皇帝は、デジールにどのような褒賞を与えるのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【284話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は284話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...