帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【281話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は281をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

281話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【280話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は280話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • チェックメイト

ピッツバーグの中⼼部には、激しい戦いの痕跡が。

猛暑はまだ冷えておらず、地⾯は溶岩のように流れていた。

この場所がかつて王宮があった場所であるとは信じられないでしょう。

その地域に向かっている5⼈の姿が。

デジール、アゼスト、プラム、ロマンティカ、そしてラファエロ。

アゼストは溶岩を氷の呪⽂で凍らせて安全な道を作り、ラフェロはオーラを半球形に展開することでグループを暑さから守っていた。

その中で、無傷の⼈は⼀⼈もいない。

誰もが頭からつま先まで傷で覆われていた。

しかし、彼らの表情は明るい。

流れる溶岩の中に溶けていないものが。

「・・・」

それは黙⽰録の獣の体からの破⽚。

デジールはそれを⾒ながら彼の過去の⼈⽣からの記憶を思い出す。

黙⽰録の獣を攻撃するために続いた途⽅もない量の犠牲。

それは、すべての軍隊、⼈類が集めることができたすべてのものが必死に戦った後に⾸尾よく殺されたモンスター。

その結果、何万⼈もの⼈々が亡くなった。

(私たちはなんとかそれを打ち負かしました)

前世とは⽐類のない⼩規模な軍隊で、黙⽰録の獣を打ち負かすことに成功したのだ。

さらに、死傷者は数百⼈に過ぎない。

前世の黙⽰録の獣を攻撃した際の死傷者の規模の結果を考えると、これは⼤きな成果でしょう。

「・・・印象的で強⼒な魔法」

燃えるような⾚い炎を⾒つめていたラファエロは、突然デジールに話しかけた。

「あなたがここにいなかったら、どうやって倒せたのか想像できません。おかげさまで、私たちは皆安全です。あなたは素晴らしい仕事をしました、デジール」

「それは、全員が協⼒したためにのみ可能でした。私⼀⼈ではできなかったでしょう」

その言葉は謙遜ではなく真実。

竜魔法を使用したが、黙⽰録の獣を倒すのは簡単なことではなかった。

他の者がデジールの命令を⾸尾よく実⾏したからこそ、彼は抑制されずに攻撃することができたのだ。

それでも、今は祝う時ではない。

黙⽰録の獣と呼ばれる⼤きな関門を越えたが、彼らの戦いはまだ終わっていないのだ。

「電源と⼀緒にいるスカルマスクに対処する必要があります」

彼らの使命は、黙⽰録の獣を殺すことではなく、塔の電源を破壊すること。

電源が存在する限り、スカルマスクは彼らが想像することさえできなかった⽅法で再び⼤陸を脅かすことができるでしょう。

しばらく歩いた後、アゼストは突然⽴ち⽌まった。

「ここだと思います、デジール」

⽴ち寄った場所は、デジールとアゼストを影の世界に導いた場所であり、彼らが最初に黙⽰録の獣を⾒た場所。

部屋の中にある地下通路の⼊り⼝。

周囲は取り壊されていたが、階段は⽡礫の⼭の下に保存されていた。

スカルマスクはさまざまなトラップを設置していたが、それらはすべて役に⽴たなかった。

デジールは魔法そのものを武装解除することができ、物理的なものはプラムかラファエロのどちらかによって簡単に扱われた。

 



 

地下深くを歩いて30分経った後、彼らはついに階段を後にする。

中央に円筒形の構造が設置された広い空間。

地下深くに繋がる円筒形の構造物は、ディバイド全体に設置された塔と同じ構造で作られていた。

デジールはすぐに、それがすべてのタワーに電⼒を供給するコア施設である電源であることに気づく。

「アゼスト、槍の準備をお願いします」

アゼストはうなずき、デジールの命令に従う。

彼⼥が⼿を差し伸べると、次元のポケットから槍が形成され始めた。

ヘブリオン帝国の王家が厳格な鍵の下に置いていた、S級のアーティファクトであるロンギヌスの槍。

アゼストは薬指を噛み、混沌としたエネルギーの⾚い⾊合いを漏らしていた槍の頭に⾎を落とす。

その瞬間、ヘブリオン帝国の王家の⼀員の⾎を吸収したロンギヌスの槍は、⽐類のないほど強⼒で信じられないほどのエネルギーを放出し始めた。

本格的に⼒を解放し始めたロンギヌスの槍を電源に押し込む。

電源の表⾯を覆っている銀⾊の光が槍に突き刺さり、消え始め、代わりに透明な氷に置き換わる。

槍で打たれたオブジェクトをユーザーが望む媒体に変換する機能。

それがロンギヌスの槍の⼒。

アゼストはその⼒を使って電源を氷に変えたのだ。

現在、この機能を再アクティブ化することは不可能だった。

スカルマスクが考案した計画の中核である電源を完全に破壊するために、デジールはこれを準備していた。

「スカルマスクの脱出ルートはもうありません」

スカルマスクが⾃由に使えるようになったすべての⼿段は、現在無効になっている。

黙⽰録の獣から彼の計画の中核を成した電源まですべて。

スカルマスクが利⽤できる他の⼿段はなかった。

チェックメイト。

笑顔がデジールの唇を横切る。

(これにより、シャドウラビリンスの発⽣を阻⽌しました)

スカルマスクの計画が取り壊されたため、シャドウラビリンスが発⽣することはないでしょう。

⽬標は達成されたのだ。

(私たちはあの地獄を再び経験する必要はありません)

喜びに心が満ちた。

 



 

その瞬間、爆発⾳とともに施設が揺れた。

地下深くからの⼤きな衝撃。

「急ぎましょう」

冷たくて真⾯⽬な雰囲気が、瞬間的で前向きな気持ちを引き継ぐ。

この静かな場所を駆け抜ける5⼈の⾜⾳だけが響き渡った。

そして、ついに地下室の終わりに達する。

それは⽔⾯下数千フィートの場所。

ロンギヌスの槍のために現在凍結されている広⼤な施設が存在していた。

ロマンティカが何かを発⾒して叫んだ。

「見て!」

彼⼥が指先で指さした部分に⾎の斑点が。

⾎の⻑い道を辿ると、床に横たわっている男がいた。

デジールの瞳孔は拡張する。

イライラするほど⾝近なマスクをした⿊いローブを着た男。

「・・・スカルマスク」

これらすべての出来事の主な犯⼈であるスカルマスクが死んだという事実に、デジールは困惑した。

彼は追い詰められた後、⾃殺したのでしょうか?

これが罠かもしれないので、他の⼈たちに警戒を怠らないように⾔い、スカルマスクに近づく。

マスクを持ち上げたとき、⽬を⼤きく開いたままにして死んだ男がいた。

彼の顔はデジールが覚えていたものとは少し異なっていたが、彼は確かにスカルマスクだ。

「彼は殺害されました。そして、待ち伏せのために、⼀撃で」

熟練した暗殺者の仕業。

アウターの最も安全な施設内でスカルマスクを⼀撃で暗殺することができる熟練した人物。

「ピエロマスク」

答えは簡単だが、デジールは理解できなかった。

スカルマスクの計画が最後まで安全に進むことができるように、ピエロマスクはそれらをブロックしたのではないのですか?

「どういう理由で彼は突然スカルマスクを裏切ったのですか?」

計画の失敗に対する恨み?

彼は間違いなく頭がおかしかったが、ピエロマスクは頭の切れる人物だ。

スカルマスクを殺すのではなく、彼が脱出するのを助け、そして彼が再試⾏するために再建するのを助けたはずでしょう。

これには重⼤な理由があるに違いありません。

⻑い間考えていたデジールは、何か変わったことを思い出す。

「しばらく前の爆発の原因は何でしたか?」

施設をチェックし、爆発の原因を突き⽌めるのは難しい作業ではなかった。

「これは・・・」

電源のケーシングに⼤きな⽳が開いている。

すべての電源が氷に変わる前に、ピエロマスクは何かをしていたのだ。

その中を⾒ると空だった。

ピエロマスクは、電源内から何かを吸い上げるためにスカルマスクを裏切ったようだ。

(それじゃあ、彼はただ利用されていたわけではない?)

ピエロマスクは最初からこのような状況を待っていたのかもしれません。

「すぐに外の世界に連絡してください」

爆発の⾳が聞こえてから間もない。

どんなに速くても、ピエロマスクはまだピッツバーグを離れることができなかったでしょう。

デジールは急いでコミュニケーション呪⽂を発動した。

「ピエロマスクがピッツバーグを離れるために取ることができるすべてのルートを遮断しなければなりません。急いで!」

 



 

まさかのスカルマスクの死亡。

真の敵はピエロマスクなのでしょうか?

シャドウラビリンスは阻止できましたが、まだまだ気を抜くことはできませんね。

帰還者の魔法は特別です【282話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は282話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...