帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【278話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は278をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

278話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【277話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は277話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 人類の希望

ピッツバーグの郊外、ディバイド宮殿から数マイル離れたところに銀の塔が建てられていた。

これは、影の世界を作成するためにスカルマスクがディバイド王国全体に構築した塔の1つ。

数ヶ⽉前、スワン・カテリーナとイカルス・キルゴの戦いで塔は完全に破壊され、その後、再び復元された。

デジールの姿は、現在ピッツバーグで最も⾼い建造物であるその銀⾊の塔に。

彼は塔の屋根から戦争の状況を⾒下ろし、通信呪⽂を配置することによって絶え間なく命令を出していた。

「歩兵部隊、退却!部隊を分割し、歩兵の退却を⽀援してください!」

⼤砲の呪⽂が、黙⽰録の獣に向かって同時に撃たれる。

⼈間の魔法は砂鉄の盾によってブロックされており、獣にダメージは与えられていなかった。

しかし、今回は違う。

それは部分的なものだが、⼤砲の呪⽂が盾を貫通して獣に到達していたのだ。

「時間の問題です」

黙⽰録の獣が持っていた7つの尻尾はそれぞれ異なる能⼒を持っている。

アゼストが切り落とした2尾の能⼒は、その無限のマナの源。

デジールは尻尾のそれぞれの能⼒を知っていて、彼が利⽤できる3⼈の最強の剣⼠、アゼスト、ラファエロ、ブレポンに基づいて彼の計画を考案したのだ。

[どうして私をよく知っている?]

彼らの戦略は成功した。

3⼈のそれぞれが彼らの役割に成功し、2番⽬の尾が切断される。

黙⽰録の獣はもはやその超越的な⼒を不注意に使うことができなかった。

「すべての魔法軍団、砲兵の呪⽂を維持してください!」

しかし、それは簡単な敵に直⾯したという意味ではない。

彼らの努⼒は、蛇⼝を塞ぐことに他ならなかった。

「所有するマナの量に制限がある限り、黙示録の獣が下すことができる決定は1つだけ」

短期決戦。

圧倒的な攻撃に耐えていた⼈間に対してその強さを保存することを選択する⽅法はなかった。

[まあ、それは関係ありません]

黙⽰録の獣は⽕花を放ち始め、すぐに⿊い鎧を着ているように⾒える体が徐々に明るく点滅していく。

[あなたが提案した戦闘⽅法に対応します]

200フィートにまたがる⿊い巨⼤な⼈物は、雷そのものの化⾝となり、全⼒で激怒する。

砲兵の呪⽂は絶えず撃たれたが、黙⽰録の獣が雷の化⾝になったので、彼らの攻撃は役に⽴たなかった。

呪⽂が⽬標に到達した瞬間、ビーストの体は瞬間的に歪み、弾が通過していく。

彼らはその起源の形に対して無⼒だった。

黙⽰録の獣に近づいた物理的な物体はすべて溶ける。

獣が尻尾を振り回したとき、ディバイドの軍隊と連合軍は無⼒に流されていった。

それにもかかわらず、砲兵の呪⽂は続く。

「屈服しないでください!発砲し続けてください!」

これらの攻撃は完全に無意味ではない。

ほんのわずかだが、獣のオリジンフォームのサイズは徐々に縮⼩していたのだ。

彼らはその落雷を消費することによってその⼒を減らしていた。

ダメージを引き起こすために被った損失を考えると、それは確かに⾮常に⾮効率的な戦い。

しかし、⼈間は屈服しなかった。

黙⽰録の獣はその起源の形を明らかにし、さらに強⼒な⼒を⽰したが、⼈間は諦めるのではなく、激しい決意で燃え、彼らの⼈⽣を⼤義に捧げる。

デジールは待っていた。

状況を好転させるチャンスのために。

 



 

「獣は自分が危険に晒されていることに気づき、コストに関係なく勝たなければなりません」

黙⽰録の獣から⼤量の電流が流れ出す。

「戦いを早く終わらせたいのなら、敵の⼤部分を⼀撃で破壊する必要があります。その場合、おそらく・・・」

デジールの考えの直後に、⽿を刺すような雷鳴が空から響き渡った。

黙⽰録の獣の能⼒の中で、その伝統的な落雷が最⼤の影響範囲を持っている。

これまで、デジールはピッツバーグ全体に避雷針を設置することで被害を最⼩限に抑えていた。

しかし、彼らの戦いの間に⾏われたすべての損害で、避雷針は破壊されている。

新しく設置することは不可能でしょう。

ビーストの現在の状況で多数の敵に直⾯し、それは彼らの数を減らすための最も合理的な攻撃。

「そしてそれが予測が容易な理由です」

チャンスが訪れて、デジールは目を閉じた。

彼は黙⽰録の獣から来るマナの特定の流れを感じた。

超越的なレベルの⼒があっても、マナには獣でさえ回避できない基本的な法則がある。

デジール・アルマンは、そのようなルールを分析して破壊することで頂点に達した⼈物だ。

呪⽂を反転させる能⼒に匹敵する怪物は存在しない。

ドラコニックな呪⽂でさえ、彼の前でバラバラになる。

黙⽰録の獣も例外ではなかった。

しかし、それは反転が全能のテクニックであったという意味ではない。

呪⽂が強⼒で、呪⽂の配列が複雑になるほど、反転にかかる時間は⻑くなる。

黙⽰録の獣が使⽤した⼒は確かに複雑な形であり、⼈間のマナサークルシステムよりも何倍も複雑だ。

それはドラコニックな呪⽂のレベルには達していないが、明らかに⼈間の領域を超えていまる。

攻撃を完全に無効にしたいのなら、彼はギャップを埋めるのを助けるためにもっと時間か何か他のものを必要とするでしょう。

「予想通り」

そして、彼はこのような状況を設定した。

前世から思い出したことに基づいて、黙⽰録の獣に予測可能な決定的な動きをさせることを強制したのだ。

タイミング、呪⽂の選択、およびターゲット。

ビーストがいつ攻撃するか、どの呪⽂を使⽤するか、どこでその呪⽂を呼び出すかを知ることは、その場で呪⽂を反転させることとはまったく異なる。

雷鳴が⼭に響き渡り、暗い雲が頭上に浮かび上がった。

しかし、それらはすべて消える。

[なに・・・!]

がっかりした思考の波が響き渡った。

黙⽰録の獣は頭を上げた。

その視線を銀⾊の塔に。

[それはあなたでした]

落雷で点滅する巨⼤な体。

デジールは落雷で点滅する巨⼤な体に直⾯し、躊躇うことなく黙⽰録の獣に杖を向けていた。

[あなたが⼈類の希望ですね]

膨⼤な量のマナが渦巻く。

デジールはまるで「あなたの対戦相⼿はここにいる」と⾔っているかのように、その前で呪⽂を発動し始めた。

[重⼒制御]

獣が⽴っていた場所の重⼒は1,000倍に増加し、地⾯は瞬く間に沈んでいく。

体の構成を落雷の構成に変えたとしても、質量がある限り、重⼒の影響から完全に解放することはできないのだ。

黙⽰録の獣の動きは⼀時的に制限され、すぐに逃げることができなかったという事実が⾮常に重要だった。

地⾯が崩壊し、広⼤な洞窟が形成され、獣はそこに完全に埋葬された。

 



 

それで終わりではない。

デジールの前で再び呪⽂のテクニックが繰り広げられた。

彼の指の⾚いリングが煌めく。

テセラセクト

それに蓄えた呪⽂を惜しみなく解放した。

[マグマの遠吠え]

[アースバインダー]

それぞれが世界を震撼させた⼒の輪が連続して発射される。

その結果、ディバイドの軍隊と連合軍がすべての資源を発砲に投⼊した砲兵の呪⽂をはるかに超える⼒での攻撃が発動された。

マグマは、黙⽰録の獣を捕らえた⽳から噴出した。

まるで⽕⼭が噴⽕しているように。

沈んだ⽳からマグマの⼤洪⽔が噴出し、100フィート近く空に上がった。

その後まもなく、巨⼤な球体が空中に形成され始める。

それは太陽を覆い、⼤きな影を落とす。

デジールが下向きに⼿招きしたとき、巨⼤な球が黙⽰録の獣を含む洞窟に向かって撃たれた。

結果として⽣じた衝突から鋭い⾵が吹き出す。

デジールは正しい瞬間を待っていた。

⼤量の電⼒を含む落雷を反転させることにより、権⼒の真空が発⽣した瞬間を。

[し、信じられない!]

驚いた⼈の声は、コミュニケーションの呪⽂で伝えられた。

「まだ終わっていません!みなさん、砲兵の呪⽂をアレンジしてください!」

しかし、デジールはこれで終わりではないことを知っている。

黙⽰録の獣が埋葬されていた地下から⼀筋の稲妻が舞い上がった。

サンダーボルトの熱で、⽳を覆っている球体とその周辺全体が溶けていく。

急増する電気ショックはすぐに再び獣に。

サイズは著しく⼩さくなったが、それでも威嚇的だ。

第7級の呪⽂が3つ配置されていたとしても、それは時間だけを購⼊することができ、それ以上のものは何もない。

しかし、デジールの顔に焦りは見られない。

「私は今あなたを終えます」

 



 

過去とは違い、相手の行動パターンを把握しているデジール。

デジール自身も大幅にパワーアップしていますが、黙示録の獣をどうやって倒すつもりでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【279話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は279話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...