帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【276話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は276をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

276話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【275話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は275話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 協力関係

中央広場は、ヘブリオン帝国を代表する剣⼠と⼤陸全体の軍事⼒の⼤部分を代表するディバイド王国との対⽴により、⼗数メートル以内のすべての建物が倒壊していた。

「・・・」

その対⽴の終わりに、ブレポンは降伏する。

彼が敗北した直後、サイドガードとイェニチェリの間の戦いは終わった。

それはサイドガードの勝利を示す。

イェニチェリとブレポンは、オーラの使⽤を妨げる鎖で捕縛されていた。

「全て無駄だったのか?」

剣の多くの精巧な原理を理解し、何⼗年にもわたって技術を磨いたにもかかわらず、プレボンは⼤陸で最も⾼い壁である剣聖を倒すことができなかった。

彼はこの事実に嘲笑する。

ラファエロは誰かとコミュニケーションを取りながらうなずき続けていた。

彼が今や敗北したイェニチェリにどう対処するかについて誰かと連絡を取っていることは容易な推測。

結論に達したのか、ラファエロがブレポンに近づく。

彼が持っていた剣は夜明けの光に鋭く反射した。

(やはりな)

連合軍にとって、ピッツバーグは敵の領⼟の中⼼。

このような場所で囚⼈を引きずり回すことはできないでしょう。

(案外悪くないかもしれないな)

この⼤陸で最⾼の剣⼠である剣聖と全⼒で対峙した結果、死を迎えることは理想以上のもの。

プレボンは⽬を閉じて頭を下げた。

(アウターの乗っ取りを⾒落とした瞬間から、無意識のうちにこのような結末を期待していたのだろう・・・)

スパッ!

剣は予想通りに振られたが、それが切り取ったものは予想とは全然違うもの。

「・・・なぜあなたは私を解放するのですか?」

ラファエロの剣は、ブレポンを縛っていた鎖を正確に切ったのだ。

宮殿の街を指して、ラファエロは答える。

「向こうを見ろ」

「・・・!?」

ブレポンは⾔われた通りに顔を向け、⼾惑いを隠すことができなかった。

信じられないことが起こっていた。

空は⼆つに裂けていて、その隙間から巨⼤な腕が伸びていたのだ。

「な・・・、何だあれは・・・!?」

「それはあなたが盲⽬的に命令に従った結果です」

前例のない災害。

巨⼤な腕は、彼らの街を埃、悲鳴、そして肉塊に無条件に変えていた。

「どうしてこの種の怪物がピッツバーグにいるのだ・・・?」

ブレポンはサイドガードをちらっと⾒て、彼らの反応を観察する。

サイドガードは常に冷静だったが、今のところその痕跡は見られない。

彼らは緊張して凍りついていたか、⼝を⼤きく開いて⽬に⾒えて慌てており、次の動きがどうあるべきかを考えることができずにいた。

少なくともこれは連合軍の仕業ではないのでしょう。

 



 

(これはアウターの仕業に違いない)

当然の結論だった。

ブレポンは、ディバイド王国とアウターが密かに関係を築いているという彼の軽薄な感情を抑えていた。

このような怪物が現れたとき、そしてディバイドの軍の司令官でさえそれについて知らなかったとき、ブレポンは自分が利用されていたことに気づく。

「アウターは、あの怪物を使⽤して連合軍とディバイドの両⽅を排除することを計画しているようです」

雷鳴が響き渡った。

「あなたの忠誠⼼が本当にディバイド王国にあるのなら、私たちがもう戦う理由はないと私は信じています」

「私たちが⼒を合わせてあのモンスターを排除すると⾔っているのですか?」

ラファエロはブレポンの質問にうなずく。

無理だ。

ブレポンは喉に届いた⾔葉を飲み込んだ。

ワイバーン軍を含む多くのディバイド兵⼠は連合軍によって全滅させられた。

部下を殺した敵と⼒を合わせるよりも、栄光に死ぬ⽅が百倍も良かった。

しかし、ブレポンはラファエロの提案をすぐに拒否することができない。

理由は単純だ。

彼の⼀部がラファエロの主張が合理的であると認めたから。

「ピッツバーグにはまだ数⼗万⼈の避難していない⺠間⼈がいます・・・」

この巨⼤な怪物が隙間から完全に出現した場合、想像を絶する数の死傷者と被害は免れないでしょう。

彼らに背を向けることができなかった。

実際、この件に関してプレボンに選択の余地はない。

「ディバイドの軍隊は連合軍と協⼒します」

 



 

武器の衝突⾳が⽌まり、⾜⾳だけがピッツバーグを満たす。

連合軍の⽀援を受けたディバイドの軍隊は、秩序を維持するために最善を尽くしながら都市から避難していた。

同時に、何⼈かの兵⼠が近くの家の⽡礫の中を移動する。

今まで戦ってきた敵との協⼒命令はとんでもないと思われたかもしれないが、予想以上に混乱は少なかった。

「連合軍と協⼒してください、それは司令官からの命令です。与えられた命令に従うだけです」

これは、軍隊のようなシステムの上に⾮常に統治的な秩序が構築されていたディバイドのような王国でのみ可能であったと⾔えるでしょう。

このような混乱の中でも、指揮系統は明確で適切に管理されていた。

「これで、最初の準備が完了しました」

デジールは忙しい兵⼠たちを⾒て、安⼼する。

彼はラファエロにブレポンの和解を任せていたが、それが実際にも可能かどうか疑問に思っていた。

仲間の命を奪った誰かを許すことは、彼らと⼀緒に働くことは⾔うまでもなく、信じられないほど困難なのだから。

しかし、それは成功した。

反対意⾒が出されなかったわけではないが、彼らが直⾯した状況のために、彼らは黙ってパートナーシップを形成した。

空の隙間が⼤きくなっていく。

幸いなことに、隙間は特に急速に拡⼤していなかったので、市⺠を避難させて準備を始めるのに⼗分な時間があった。

「デジール」

声の方向に頭を向ける。

「来てくれたのですね」

後ろから3⼈が近づいてきた。

ラファエロ、アゼスト、ブレポン。

デジールはブレポンに⼿を差し出した。

「現時点では、悪意を捨てて、ピッツバーグの市⺠のために最善を尽くしましょう」

「・・・それが私が望んでいたことです」

ディバイドと連合軍の指揮官が握⼿をした。

「状況は悲惨なので、要点だけを伝えます。⾮常に重要な任務を遂⾏するには、あなた達3⼈が必要です」

直後、デジールはコミュニケーションパッドを操作して地図を表⽰する。

この地図を使って、彼は黙⽰録の獣を破壊するために⽴てた計画を説明し始めた。

「・・・!」

3⼈はデジールの説明に静かに⽿を傾ける。

彼らの表情は常に変化し続けていた。

当初、ブレポンは疑っていた。

正直なところ、彼はデジールをまったく信⽤していなかったと⾔っても過⾔ではない。

「以上です」

しかし、デジールが説明を終えると、ブレポンは⼝を開けざるを得なかった。

「これはすべて信頼できる情報源からのものですか?この種の情報をどうやって⼊⼿するのでしょうか・・・?」

「アゼストと私は影の世界であのモンスターに直⾯しました。この情報は、私たち
がその出会いから理解したものです」

状況を理解していない⼈にとっては、説得⼒のある答えだ。

「・・・すごい。この種の情報があれば、あの怪物を殺すことは間違いなく可能です」

ラファエロとブレポンがデジールの計画を賞賛している間、アゼストだけが黙っていた。

彼女は黙ったままデジールを見つめている。

「・・・デジー___」

話すのを躊躇っていた⼝を開いた瞬間。

隙間が急速に広がり、空を吹き⾶ばした。

黙⽰録の獣が到着したのだ。

 



 

同じキングクラスでも、ラファエロがプレボンに圧勝したようですね。

その戦闘も見てみたかったです。

黙示録の獣を倒すために協力するデジールたち。

アゼストの言葉は何だったのでしょうか?

まずは黙示録の獣を討伐することが最優先ですね!

帰還者の魔法は特別です【277話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は277話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...