帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【275話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は275をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

275話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【274話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は274話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 黙示録の獣

地⾯が震える。

何千⼈ものトランペット奏者が笛を鳴らしているような破壊的な⾳が世界中に響き渡っていた。

「これが狙いだったのか?」

アウター。

スカルマスク。

彼らはさまざまな犯罪を犯したが、彼らの主な活動は魔法⽯を盗むこと。

それらは貴重で限られた資源だが、それらを⼊⼿するという⾏為は、影の世界をクリアしなければならないことを意味した・・・。

⼤陸全体にとってほとんど価値のある⾏為。

奇妙な影の世界を生み出すことは、⼀般の⼈々の注意を引くような問題ではない。

それは致命的な間違いだった。

スカルマスクはアウターの中に⾝を隠し、熱⼼に魔法⽯を集めてきた。

次に、それらを使⽤して、⼲渉なしにシャドウラビリンスを⽣成したのだ。

雷が鳴るのを聞いて、デジールは空を⾒上げる。

少し前は⻘かった空が⾚みを帯び始めていた。

⽉もその光を失い、暗くなっていく。

シャドウラビリンスが始まった今、彼らにクエストが与えられたことに気づいたとき、デジールは空想から⽬覚める。

[⼈類の崩壊が始まりました]

[⽂明を守り、黙⽰録の獣から⽣き残れ]

前世で多くの困難を乗り越えたデジールは、すぐに落ち着きを取り戻す前に⼀瞬⼾惑う。

彼の精神は、成功の可能性を⾮常に迅速に分析する。

シャドウラビリンス。

当時、何千⼈もの最も強⼒なエリートがこの影の世界を一斉に攻略を始めた。

現実的に、2⼈だけでクリアすることは不可能だ。

それにもかかわらず、デジールは勝つチャンスがあると判断する。

(方法はある)

これは、彼が最後の瞬間まで守った⽅法が1つあったため。

(これが実⾏できるかどうかは分からないが、他に方法はない)

デジールは周りを⾒ました。

彼は⾃分の記憶を周囲の環境と⽐較する。

このクエストがどのように進んだかを冷静に思い出し、その後どのように動き回るかを決めなければならない。

「アゼスト」

空を⾒上げていたアゼストに呼びかける。

差し迫った破滅を⽬の当たりにした彼⼥の両目は、恐れに満ちていた。

「アゼスト、心配する必要はありません」

アゼストがデジールと目を合わせるとすぐに、彼⼥は頭を満たした恐怖が沈静化するのを感じ、彼⼥は安心感を感じた。

おそらく、それは信仰に近い感情。

デジールがこの現在の状況を簡単に克服できるという不屈の信仰。

「デジール、私は何をする必要がありますか?」

「南に後退します。私が合図を出すとき、防御的な呪⽂をお願いします」

それは不可解な命令だが、アゼストは⼀⾔も⾔わずに氷の中⼼を描く。

【氷の皇后】

デジールも呪文を呼び出す。

【筋⾁強化】

【加速】

最初に動いたのはデジール。

彼が先導し、アゼストが後を追う。

 



 

周囲の⾵景が⽮のように近づき、後退する。

数分後、アゼストは突然の⼤気の変化を感じた。

強⼒な衝撃波が爆発し、アゼストは⼀時的にバランスを失う。

衝撃波の発⽣源から数百メートル離れているにもかかわらず、衝撃波を襲った余波の⼒により、バランスを保つことが困難だった。

「何が・・・!」

辛うじて⽴って、アゼストは振り返る。

街の建物は部分的に破壊され、崩壊し始めていた。

そして、何かがその中⼼に。

大地が分裂し始めると、雷鳴の轟⾳が響き渡った。

空に届く塵の雲がおさまったとき、何か巨⼤なものが現れる。

アゼストは、これまでこのような形のモンスターを⾒たことがなかった。

⿊い脚と曲がった腰は、その存在感を⽰す。

その後ろには7つの起伏のある尾が。

尾の先のとげは王冠のように発芽している。

「・・・!」

それは神話にしか⾒られない種類の怪物。

圧倒的なプレッシャー。

その瞬間、デジールが叫ぶ。

「守備の呪⽂を準備しなさい、アゼスト!」

直後、巨⼤な怪物の体から何かが流れ出した。

そしてそれは四⽅⼋⽅に広がる。

膨張の速さは⾮常に速かったので、彼らが⽴っていた場所を含むエリア全体が暗い雲で覆わた。

「今!」

アゼストは事前に⽤意した呪⽂を呼び出す。

[氷の宮殿]

それから彼⼥は全力の防御呪⽂を配置し始めた。

数⼗の防御呪⽂が即座に重なり、巨⼤なドームのような壁を形成する。

[アースバインダー]

その上に、デジールは彼⾃⾝の防御呪⽂を追加した。

この⼀連のプロセスが完了するまでに5秒もかかっていない。

街を覆っている暗い雲からサンダーボルトが降り注ぐ。

防御呪⽂を掠めただけでも、壁の⼀部は粉々に砕かれた。

アゼストは、これまでに感じたことのない規模の信じられないほどの⼒を感じ、⾸の後ろの髪が逆⽴っているのを感じた。

(ほんの少し遅れていたら、私たちは死んでいた・・・)

そう考えると体が震えてしまう。

絶え間ない落雷がやっと沈静化し、暗い雲が晴れると、素晴らしい⽂明は消え、クレーターだけが残されていた。

いいえ、もう1つまだ⽴っている存在が。

クレーターの中央には巨⼤な怪物が⽴っていた。

それはデジールとアゼストを見つめている。

その瞬間、デジールが次の動きをしようとしたとき。

[現実の再編成シーケンスを開始します]

[影の世界を強制的に終了します]

「え?」

すべてが突然終了した。

⽬の前にある巨⼤なクレーター、巨⼤な獣、因果関係の法則の具現化、そして彼らを圧倒するかなりの圧⼒は、すべて暗闇に落ちる。

 



 

光が再び世界を照らしたとき、デジールは以前に部分的に破壊されていた宮殿の屋根を⾒た。

「・・・私たちは現実に戻ったのですか?」

分からない。

その瞬間、ロマンティカからコミュニケーションの呪⽂が。

[デジール、あなたたちは⼤丈夫?影の世界をクリアしたの?]

彼らが現実に戻ったことは明らかだ。

しかし・・・

「いいえ、クリアしていません」

[え?じゃあ、どうやって戻ってきたの?]

それは当然の質問。

影の世界を突破する唯⼀の⽅法は、与えられたクエストをクリアすることなのだから。

現在の状況は、誰もが知る常識を打ち破っていた。

スカルマスクの⽬的を理解したと信じた瞬間、別の質問が提⽰される。

ちょうど今、二人がいた場所は、シャドウラビリンスではなく、シャドウラビリンス全体を形成した影の世界の一つにすぎない。

過去の人生の時系列によると、シャドウラビリンスは6か⽉後に発生した。

スカルマスクが彼の計画をより速く進めることができたなら、彼はすでにそうしていたでしょう。

そうしなかった理由は・・・。

(私たちが彼らの究極の⽬標の邪魔をしていたので、彼らは私たちを処分しようとしたのですか?)

スカルマスクがデジールの唯⼀の障害であったように、デジールもスカルマスクの唯⼀の障害であった。

スカルマスクの観点から、彼が自分を処分した場合、彼は計画⾃体が結果として遅れたとしても、計画を安全に完了することができるでしょう。

「じゃあ、どうして影の世界が突然消えたのですか?」

この問題について疑問を持って考えていたその瞬間・・・。

粉々に砕ける⾳が響き渡った。

その⾳に続いて、デジールは視線を空に向ける。

「あれは・・・!」

空が分裂し、真っ⿊な⼿が再び現れた。

黙⽰録の獣。

影の世界にしか存在しないはずだった災害が現実に現れ始めたのだ。

ついに、デジールは理解する。

「彼らは、歴史的な出来事を再現できる影の世界を実現する⽅法を研究していたのか?」

歴史⾃体を再構築する⼒について話したときにスカルマスクが意味したのはこれだったに違いない。

割れ⽬を裂く巨⼤な⽖を⾒た瞬間、アゼストは⻘ざめた。

[何よあれ!?]

状況を観察していたロマンティカは⼾惑い叫んだ。

「最悪だ・・・」

アゼストの言葉は賢明で合理的だった。

ここの全員が⼒を合わせたとしても、彼らがそのモンスターを引き受ける⽅法はないでしょう。

彼女は影の世界の中でその⼒を部分的に体験したので、それをさらに感じることができた。

「少なくとも、少し前よりもはるかに優れているよ」

「え?」

「勝つチャンスが数倍に増えたのだから」

デジール・アルマンは、すでにかつてシャドウラビリンスの終わりに達していた。

「あなたは間違いを犯しました、スカルマスク」

彼らの勝利のチャンスは劇的に増加した。

連合軍を破壊するためにこの影の世界を現実に重ね合わせたことで、デジールは多くの軍事⼒を要求できるようになった。

もちろん、それでも勝利は保証されていない。

⽬の前にいるモンスターは、デジールがすでに⼀度征服したからといって征服できるとは⾔えないような存在なのだから。

ここまで考えて、デジールはコミュニケーションの呪⽂を発動する。

「ここからは、既存のすべての操作を放棄するように全員に指⽰します」

それは、ピッツバーグに⼊った連合軍のすべてのメンバーに届けられたコミュニケーション呪文。

デジールの声には⾃信があった。

(現在の歴史は変わった)

前世でこの災難に直⾯したときよりもはるかに良い⽴場。

何よりも、デジール自身が変わっていたから。

「これから、新しい作戦について説明します。・・・いいえ、最後の作戦です」

 



 

想定外のシャドウラビリンスの登場。

ですが、勝利の可能性は十分にあるはず。

デジールがこれまでに準備をしてきた成果が発揮されますね!

帰還者の魔法は特別です【276話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は276話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...