帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【273話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は273をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

273話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【272話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は272話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 黙示録の獣

「これで終わりです」

[ファイアストーム]

(スカルマスクの計画を防げば、すべての準備が完了する)

スカルマスクの計画を妨げるためにデジールが準備したすべてのものは、シャドウラビリンスをクリアするための準備と⼀致していた。

すべての準備が順調に進んでいる中で、スカルマスクが唯⼀の障害。

(被害を最⼩限に抑えるために、彼を迅速に抑圧する必要があります)

熱波が爆発し、デジールの道を妨げていたキメラはすべて⼀掃される。

デジールとアゼストは、特に問題なく安全に宮殿に⼊ることができた。

「アゼスト、少し待って」

デジールは呪⽂をアレンジし、宮殿の内部構造を特定し始める。

宮殿の下にある施設の⼤きさは、街全体と同じくらい⼤きかった。

「こっちへ」

目標への道を確認した後、デジールはアゼストを導く。

彼らの⾜⾳は、⻑い空の廊下に響き渡った。

 



 

⻑い散歩の後、キメラではなく、⼈間の兵⼠が⽴ち⽌まって道を塞いだ。

彼らはピエロマスクとディバイドの騎⼠の指揮下にある兵士たち。

「アゼスト、ここに封鎖を設定できますか?」

「分かった」

アゼストはうなずき、呪⽂が彼⼥の前に配置される。

[氷の網]

蜘蛛の巣の形をした氷の創造物が四⽅⼋⽅に伸びていく。

その後すぐに、前⽅へのルートを除いて、背後にあるすべての道をブロックした。

誰かがそれを強制的に抜けようとすると、氷の網は即座に槍の形に変化する。

これにより、デジールたちはかなりの数の潜在的な敵を減らすことに成功した。

残ったのは、彼らの前の道にいる敵だけ。

しかし、それにもかかわらず、彼らは躊躇うことなく攻撃を仕掛けてきた。

[重⼒制御]

強⼒な重⼒場が、デジールとアゼストに近づいてきた騎⼠を圧迫する。

廊下が悲鳴の⾳で満ちて、あらゆる種類の⾳が融合し、グロテスクなシンフォニーを形成した。

「あなた方がこれ以上抵抗するなら、私は重力を2倍にします」

「・・・!」

デジールの冷たい声、何の感情も持たない声を聞いた後、彼らの道を塞ぐのに勇敢な⼈はもういなかった。

やがて、デジールとアゼストはディバイド王宮の中心に到着する。

情報によれば、この場所には電源に通じる⼊り⼝があるらしい。

寝室に⼊った後、デジールは本棚をスキャンし、意図的な順序で特定の本を引き出した。

クロウマスクの協⼒がなかったら、彼らは莫⼤な時間を無駄にしていたでしょう。

本棚は横に移動し、地下深くのどこかに通じる無限の数の階段を明らかにした。

「・・・」

「・・・」

結局、この場所にたどり着いたのは⼆⼈だけ。

⼆⼈は決意を固め、階段を下り始める。

 



 

進むにつれて、暗い空間のかび臭い匂いが濃くなり、機械の不規則な⾳が⼤きくなっていく。

その直後、アウターの会議室として使われていた空間が現れた。

その瞬間、通信パッドからもう⼀度警告⾳が鳴る。

[世界的な逆転現象の進⾏は80%を超えました]

[あなたは今影の世界の潜在的な範囲内に⽴っています。できるだけ早く避難してください・・・]

デジールは動揺した。

宮殿の下の部屋が影の世界の影響範囲内にあるとは思っていなかったのだ。

スカルマスクが進めていた計画の中核である電源は、確かにこの場所に隠されているでしょう。

しかし、なぜ彼はこのような重要なオブジェクトを備えたこの場所を影の世界の範囲内に配置したのでしょうか︖

結論を出すのに⼗分な情報がない。

スカルマスクの裏側の動機について推測することは難しいでしょう。

「アゼスト、急ごう」

⽬的地に到着するまで、残りわずか数百メートル。

しかし、5つのステップを踏む前に、通知⾳が再び鳴った。

[世界的な逆転現象の進⾏は95%を超えました]

「・・・!」

突然、影の世界が完成する。

その後、周囲が歪み始めた。

デジールは、このように突然スピードアップした他の世界のことを聞いたことがない。

スカルマスクは明らかにある種のトリックをやってのけたのだ。

「これは・・・!」

突然、すべてが暗くなった。

[影の世界に⼊りました]

周りを⾒回したが、デジールが⾒たのは暗闇だけ。

どれだけ待っても、他の通知はない。

真っ暗な闇。

何もなかった。

まるで永遠の無益感の中に閉じ込められているかのような感覚。

状況を把握しようと努⼒していると、隣から声が聞こえた。

「これは本当に影の世界ですか?」

アゼストの声だ。

彼⼥が隣にいたという事実で、デジールは密かに安堵する。

「分からない・・・」

検出呪⽂を配置し、同時にマナを使⽤しても問題がないことを確認したが、周囲には何も⾒つからなかった。

「他に⽣命体が検出されていないので、この影の世界に参加しているのは私たちだけかもしれない」

デジールの言葉に、いつも落ち着いているアゼストがかなりの動揺を示した。

「・・・どうしたらいいのか分からない。このような影の世界が存在することは聞いたこ
とがありません」

しかし、彼らが影の世界に入ったことは否定できない。

しかし、どんなに⽬を凝らしても、ここには何もなかった。

それは何もない世界であり、絶対的な孤独の場所であり、世界⾃体が作成される前はこのように⾒えたのではないかと思わせた。

その瞬間。

[⼈類の最⼤のブレークポイント]

[「黙⽰録の獣」の具体化が許可されました]

「⼈類の最⼤のブレークポイント?」

別の通知⾳を聞いた後、アゼストは再び考えを失う。

「デジール、これは一体___」

彼女が頭をデジールの方に向けたとき、アゼストの声は止まる。

何かが落ちる音。

それは汗だった。

デジールの顔は冷や汗で満ちていた。

[警告。これは、この時期の⼈類の⽂明のレベルを考えると、歴史を再構築することが不可能なブレークポイントです]

[システム⼲渉]

[警告を無視し、具体化フェーズを実施します]

「これは・・・、そんな、あり得ない・・・」

あらゆる状況に直⾯しても常に落ち着きを保っていたデジールからは決して⾒ることのできない光景。

彼は⻘ざめた表情で何かを呟いていた。

[警告。コマンドの送信中にエラーが発⽣しました。マテリアライゼーションフェーズの維持]

通知後、光の斑点が現れる。

そしてそこから始まり、線になり、最終的には何かの輪郭を描く線となり、ついに形が現れた。

それは世界の創造をもたらした印象的なプロセス。

素晴らしい光景だった。

しかし、デジールの表情に興奮はない。

代わりに、恐れの感情だけが彼を満たしていた。

世界が完成するにつれ、デジールとアゼストは⾼層ビルの端に⽴ち尽くす。

この構造は、スカルマスクが構築した冷たい⿊い塔とは異なり、古い魔法の王国のヴォルフガング塔とは異なり、現在の魔塔とは異なる。

むしろ、過去よりも未来の⽂明のように⾒えた。

「明らかに、これは・・・」

デジールは目の前の街を知っている。

忘れるはずがない。

いいや、忘れることなど出来なかった。

それは彼の⼼から消すことのできないもの。

「シャドウラビリンス」

[⼈類の最⼤のブレークポイント]

[あなたは「黙⽰録の獣」に⼊りました]

 



 

ついにシャドウラビリンスが現れました!

しかも、参加者はデジールとアゼストのみ?

スカルマスクがシャドウラビリンスを展開したということでしょうか?

謎は多いですが、このシャドウラビリンスは以前のシャドウラビリンスと同じもの?

帰還者の魔法は特別です【274話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は274話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...