帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【272話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は272をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

272話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【271話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は271話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ピエロマスク

⽿をつんざくような⾳とともに、庭の真ん中に激しい⾵が吹き荒れる。

何の⾳もなく空中を燃え上がらせたのはロマンティカの狙撃。

「ありゃりゃ。少なくとも話をする時間を与えてくれませんか?」

ピエロマスクに直接発射された弾丸にもかかわらず、彼は無傷のようだった。

すでに彼の周りにワイヤーを設置していて、ワイヤーは攻撃を阻⽌するために動いたのだ。

「焦ってはいけません。何をしようと、ここから出ることはできないのだから」

ピエロマスクが腕を前に伸ばすと、ワイヤーはヘビが獲物を攻撃するようにデジールに向かう。

「・・・!」

欲望の周りに浮かぶ銀の球体であるルネルが、ピエロマスクのワイヤーをそらした。

それは攻撃とカウンターが⾮常に速く起きたので、⼈々はほとんど理解することができない。

ピエロマスクは、繊細なワイヤーをオーラで⾃由にコントロールしていた。

それは1本か2本のワイヤーでなく、何⼗本ものワイヤーが彼の体の⼀部であるかのように完全に制御されていた。

まるで軍隊を相手にしているかのような感覚。

宮殿に入る必要があるにもかかわらず、彼らに余裕はない。

ルネルに防御を任せている間、デジールは呪⽂を完了させた。

[バーストファイア]

⽕の⽟はすべて収束し、特異で超巨⼤な⽕の⽟を形成する。

執拗にワイヤーを振っていたピエロマスクは、デジールの背後に猛烈な熱が集まるのを感じた後、後退して攻撃を⽌めた。

彼は⾃分のワイヤーを戻し、迫り来る攻撃を阻⽌する準備を始めた。

現時点では。

「ここで圧縮する・・・!」

デジールは、呼び出しの最後の瞬間に呪⽂を変更し、それを圧縮する。

⽕の⽟は急速に崩壊し、塵以下の⾮常に密集した塊に。

しかし、呪⽂が失敗したわけではない。

密集した塊が割れ、数え切れないほどの数の⽕⽮がそれぞれ独⾃の速度と予測できない弾道で発射された。

「ははっ・・・」

ピエロマスクはその光景に⾯⽩がっているかのように微笑んだ。

指⼀本で、凝縮したワイヤーが広がり、指先の動きに合わせて変化する。

卓越したダイナミックなビジョンで、彼は広がったすべての⽕⽮の軌道を分析した。

しかし、これはデジールの呪⽂の限界ではない。

⽕⽮の弾道が再び変わり、⽮はピエロマスクのワイヤーを素早く通り抜ける。

障害物を取り除いた後、彼らは真の⽬標に向かって突進した。

炎の⽮のそれぞれが衝撃で破裂し、爆発の連鎖を生み出す。

「ええ、これです」

ピエロマスクは喜んでいるかのように呟いた。

「退屈で座っているのに⽐べて、この戦いははるかにエキサイティングです」

埃の雲が上がると、ピエロマスクがワイヤーの上に⽴ってデジールを見下ろしている。

「スカルマスクが何を計画しているのかを待つ間、遊んでみませんか?」

 



 

「・・・」

返事をせずに、デジールは深く考え込んだ。

(このままだとまずい・・・)

通信パッドは何度も影の世界の発生を警告している。

「時間に余裕はないのに・・・!」

簡単に突破できなかった。

ピエロマスクの⼒は、考慮すべき⼒。

それを超えて、デジールは彼について多くの情報を持っていない。

ピエロマスクがどのようなトリックを残していたか分からないので、1つの間違った動きをすると、状況が⼤幅に悪化する可能性がある。

「そして・・・」

ある時点で、キメラは再びデジールとアゼストだけを狙っていた。

おそらく彼らは、フォーメーションから外れた2⼈を獲物として認識したのでしょう。

開かれた道は、再び閉じ始めていた。

彼らに近づいていたキメラの1つがデジールに突撃する。

キメラの⽖は⻘みがかったオーラで覆われていた。

それに向かって呪⽂を唱えようとしたちょうどその時。

「僕に任せてください」

デジールに近づいていたキメラが瞬く間にスライスされる。

⾁眼では追いつけない速い斬撃。

⾎と⾁⽚が空中に散らばっていた。

プラムは隊形を離れて到着し、キメラを屠殺したのだ。

「デジールさんとアゼストさん、ここは僕に任せてください」

プラムはピエロマスクを一人で相手にするつもりだった。

正直、リスクが高すぎる。

「・・・お願いします」

しかし、他の解決⽅法を考えることができない。

スカルマスクを⽌めるためにすぐにここから抜け出さなかった場合、状況はすぐに悪化する可能性があるのだから。

プラムを信頼する以外に方法はなかった。

[スピード]

[速攻]

デジールは体を強化する呪⽂を唱え、アゼストの髪はすぐに銀⾊に。

目の前の光景を⾒て、ピエロマスクは⿐を鳴らす。

「私があなたを⼿放すつもりだと思いますか?」

彼は指をパチンと鳴らした。

突然、ワイヤーが軌道上のすべてを切断し、再びデジールとアゼストに突撃する。

ワイヤーの数は100を超え・・・、いいえ、200を超えているのでは?

(彼はこれほどに強かったのですか!?)

想像を超えたピエロマスクの真の⼒は、デジールを突然パニックに陥らせた。

逃げ道はない。

完全に囲んだワイヤーは、網のようで、これは回避することが不可能な攻撃。

この瞬間、プラムは動き始めた。

⽿をくすぐる不思議な⾳がして、数え切れないほどの銀の軌道が空中に網を形成する。

銀閃。

爆発が続き、ワイヤーと衝突した。

「嘘だろ!?」

ピエロマスクがワイヤーを回収し、暗闇の中に消えたデジールたちを追いかけると同時に・・・。

ピエロマスクは短剣を上げて、切り込んでくるスラッシュをブロックした。

彼は追跡を妨害したプラムを睨みつける。

 



 

「・・・そういえば、最近、銀光の剣士と呼ばれる⼩さな⼦供についての噂がありました」

嘲笑はもはや彼の顔には⾒られなかった。

ワイヤーは再び上昇し、⽣きているヘビのように動く。

「あなたは噂と同じくらい強いですね。時間があれば、ゆっくりとあなたの⼈⽣をオモチャにしたいくらいです。ですが、残念ながら、今⽇はあなたと遊ぶ時間がありません」

ワイヤーはいたるところに広がる。

「私はあなたをすぐに終わらせます」

プラムが⼀歩踏み出して剣を振るった瞬間、⽷のように細い線が正確に衝突して爆発した。

「私があなたより弱いのは本当かもしれません」

衝撃は、攻撃と防御の絶え間ない交換から⽣じた近くの窓を粉砕する。

プラムとピエロマスクはどちらも⾮常に才能のあるスピードタイプ。

瞬く間に、彼らは数⼗回の攻撃を交わした。

そして、これが起こるたびに、爆発が周囲を襲う。

「・・・!」

⾏き詰まりが続いているように⾒えたとき、ピエロマスクは純粋な反射によって反応する。

すでに⿐の前にあった攻撃をブロックするのに間に合うように、辛うじて短剣を上げた。

「ちっ!」

その衝撃に耐えることができず、ピエロマスクは跳ね返る。

プラムの攻撃は、ピエロマスクが反応することさえできないほどの速さだった。

プラムはレイピアを振り回し、ピエロマスクに宣⾔する。

「ですが、私の剣があなたの喉を刺すのに⼗分です」

 



 

プラムとピエロマスクの戦い!

どちらもスピードタイプですが、能力としてはピエロマスクの方が上でしょう。

格上相手に、プラムはどう戦うつもりでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【273話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は273話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...