帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【270話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は270をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

270話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【269話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は269話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 人類最強の魔法剣士

ワイバーン軍が氷に近づいた瞬間、カリサスは彼らの降下速度が驚くほど速いことに気づく。

彼はすぐにその理由を発⾒した。

下降気流が吹いていたのだ。

それはおそらく⾃然ではあり得ないほど強いもの。

まるで電流がそれらを地⾯に固定しようとしているかのように。

「は?」

そして、悲劇が始まる。

ワイバーン軍が到着する直前、アゼストが具体化した何百もの氷の盾が同時に砕け始めた。

それらの欠片の1つが、カリサスの鎧をかすめる。

たった⼀つの破⽚が通り過ぎただけなのに、鎧に魔法をかけられていた第4級魔法はすぐに壊れた。

不思議だ。

加速を考慮しても、単⼀の氷の破⽚がこれほど破壊的である可能性はない。

「あれは・・・?」

カリサスの息が喉に詰まる。

彼は⾃分の⽬を信じることができなかった。

知識が正しければ、これが何であるかについては疑いの余地がないでしょう。

「オーラ・・・!」

魔法は魔術師の領域で、オーラは騎⼠の領域。

平凡な⼈は、それらの1つだけを習得するのに苦労するでしょう。

しかし、目の前の⼥性は両⽅を習得していた。

これは、⼈類最強の魔法剣⼠であるアゼスト・キングスクラウンにのみ可能な偉業。

⼈間とワイバーンの叫び声が混ざり合った空は、すぐに地獄へと姿を変える。

それぞれにオーラが注⼊された何万もの刃のような破⽚が、どこからともなく⾶んでくるのだから。

騎⼠や魔術師は、そのような不条理な攻撃に耐えることはできないでしょう。

軍隊が崩壊するのを⾒て、カリサスはぼんやりと呟く。

「馬鹿げている・・・」

それが最後の⾔葉。

数え切れないほどの氷の破⽚に流されて、カリサスは彼が乗っていたワイバーンと⼀緒に引き裂かれた。

空からはワイバーン部隊の砲撃でなく、彼らの⾎と内臓が雨のように降り注いだ。

 



 

ピッツバーグの中央広場でドラゴンの形をした噴⽔を挟んで、サイドガードとイェニチェリが対峙していた。

サイドガードが冷たいロボットのように戦いの準備をしている間、イェニチェリは興奮を抑えることができなかった野獣の⽬を浮かべている。

ラファエロは笑いを飲み込んだ。

ロイヤルガードとイェニチェリ。

当然のことながら、ヘブリオンとディバイドの間の何百年もの戦争で、2つのグループは⼤陸で最強の地位を求めて絶えず競争していた。

これは、⼤陸で最も強いと主張する2つのグループ間の対決。

「戦いの準備を」

リーダーのブレポンから始まり、イェニチェリは全員が同時に彼らのオーラを召喚した。

その結果、その地域とその周辺を圧迫する極度の抑圧⼒が⽣まれる。

サイドガードは武器を抜き、イェニチェリに向けた。

少し間を置いた後、誰が最初に動いたかに関係なく、彼らはお互いに突撃する。

2つのグループが激しく衝突し、⽿をつんざくような轟⾳が四⽅⼋⽅に鳴り響いた。

イェニチェリは数⼗⼈しかいないが、彼ら全員が通常の編成の指揮官になるのに⼗分な強さの騎⼠。

⼀⽅、サイドガードの騎⼠はそれほど強⼒ではないが、彼らは⾼位の魔術師との卓越したチームワークでそれを補う。

しかし、戦闘が⻑引くほど、不利になるのはサイドガードだった。

魔術師はゆっくりとマナを使い果たし、イェニチェリは純粋な剣術の戦いで勝利する可能性が高いのだ。

それでも、サイドガードは冷静に戦い続ける。

彼らは、現在彼らと⼀緒に戦いの最前線で戦っていた男の存在のおかげで、恐れることなく戦うことができた。

ラファエロは、グラムを包み込むオーラを回転させながら、前⽅を⾒つめる。

イェニチェリの騎⼠たちは、キングクラスの剣⼠でさえ、連携した自分たちの攻撃を阻⽌することは不可能だと考えて動いた。

しかし、代わりに、ラファエロは⼀歩前進した。

剣聖のオーラホイールは、彼の前に⽴っている騎⼠を簡単に細断する。

「え?」

殺された騎⼠のすぐ後ろに⽴っていた騎⼠は愚かな声を出した。

その騎士の腹部を、ラファエロは蹴り上げる。

巨⼤なキングクラスのオーラによって強化された足で蹴ったとき、近くの兵⼠たちは爆弾が爆発したと思っていた⾳に向きを変えた。

騎⼠の半分に折りたたまれた体が噴⽔に衝突し、爆発する。

彼がまだ⽣きているかどうかを確認する必要はないでしょう。

「か、怪物だ・・・!」

⼈が⼀瞬で圧倒されたので、彼らがさらに協調的な攻撃を試みることができる前でさえ、彼らのフォーメーションは崩壊した

 



 

ラファエロがどこに進むかを推定した後、イェニチェリの騎⼠が攻撃した。

しかし残念ながら、彼の攻撃は役に⽴たない。

ラファエロは、頭をかすめる刃の鋭さを感じたが、躊躇うことなく、彼はグラムを横に振る。

ラファエロに剣を振られた騎⼠は、何が起こったのか気付く前に半分に裂かれ、元の位置に戻る機会さえもなかった。

⾎がいたるところに⾶び散る。

まだ⽴っている最後の騎⼠に剣を向けたとき、彼は頬から⾎を拭き取った。

そして、鋭い⾦属製の音が鳴り響く。

「ほお」

ラファエロは無意識のうちに感嘆の声を上げた。

イェニチェリのリーダーであるブレポンは、彼の剣を⽌めるために即座に介⼊したのだ。

「剣聖と剣を交えたいです」

ブレポンの⾔葉が終わるとすぐに、オーラが彼の剣から脅迫的に⽴ち上がった。

同時に、ラファエロの剣に3つの⾞輪が形成され、回転し始める。

オーラがオーラに衝突すると、⼤爆発が周辺地域を襲った。

キングクラスの剣⼠同⼠の戦いは次元が異なる。

それらの爆発の中でさえ、2⼈は剣を振るのを⽌めなかった。

毎秒多数の打撃が交わされる戦い。

「1つ質問させてください」

剣を交えながら、ラファエロが尋ねる。

「あなたはなぜディバイドの命令に従っているのですか?」

シンプルでありながら深い質問。

「・・・なぜ?それは簡単です。それは私がディバイドの騎⼠だからです」

ブレポンはラファエロの剣を押し戻す。

オーラの瞬間的な使⽤により、彼の強さはラファエロの強さを⼀瞬上回った。

「王室への忠誠を誓った騎⼠として、私は国の命令に従う必要がある他にどのような理由がありますか?私は私の主⼈の命令に忠実に従っているだけです」

その答えを聞いて、ラファエロの表情は冷たくなる。

「最悪の答えですね」

彼の⼝調も氷のように冷たくなっていた。

彼の態度はかつてないほど鋭かった。

回転が加速するにつれて、グラムを取り囲むホイールの数が増加していく。

剣が持つオーラの量は威嚇的で、圧倒的なプレッシャーを誇る。

「考えるのをやめた⼈と話し続ける必要はもうありません。戦いを早く終わらせましょう」

すぐに、ラファエロの剣に6つの⾞輪が形成された。

まるですべてを飲み込むかのように回転する6つの⾞輪の光景は、ラファエロが剣聖の称号に値することに疑いの余地がない点に到達したことを明確に証明する。

この圧倒的な光景に直⾯しても、ブレポンは静かに剣を上げた。

「簡単には終わりません」

⻘い炎が⾶び出し、彼の剣を包む。

染み出したオーラはラファエロに遅れをとらなかった。

ヘブリオン帝国とディバイド王国の最強の騎⼠。

もう⼀度、2本の剣が交差する。

 



 

魔法剣士として圧倒的な実力を示したアゼスト。

デジール側は問題なさそうですね。

一方でラファエロはブレポンと戦闘に。

ラファエロに負けない実力を持つブレポンに、彼はどうやって勝つのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【271話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は271話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...