帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【269話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は269をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

269話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【268話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は268話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 見えない狙撃手

デジールを含むヘブリオンパーティは右に向かった。

右側の道路は市場地区。

狭い市場の通りは複雑で、待ち伏せの余地が⼗分にある建物が密集して並んでいる。

1秒も無駄にする余裕がなかったヘブリオンパーティにとって、それは⾮常に不利な状況。

しかし、彼らは予想よりもスムーズに進んでいた。

デジールと他の魔術師の間が罠の⼤部分を前もって武装解除し、待ち伏せはプラムと他の騎⼠によって簡単に阻⽌された。

ピッツバーグ中に点在する暗い⾊の建物の屋根は、まるで空そのものに挑戦しているかのようにそびえ立つ。

そこは、ロマンティカが座っていた場所。

彼女が指をパチンと鳴らした瞬間、周りの空気が不⾃然に渦巻くように。

そしてすぐに、ディバイドの司令官の髪がはためき始めた。

「えっ・・・?」

彼の周りの気圧は数桁上昇する。

スパッ!

恐ろしい⾳とともに、ディバイドの指揮官が爆発した。

残ったのは彼の服だけ。

「5」

ロマンティカが倒した敵の指揮官の数は5⼈に増える。

彼女は⽂字通り⾵そのものを武器にしていた。

死⾓はない。

標的が⾵のある場所に⽴っている限り、彼⼥の狙撃から逃れることはできないのだ。

「6」

弾丸が含まれていなかったため、弾道を分析してロマンティカの位置を特定することは不可能だった。

「全ての司令官が標的にされています。すぐに狙撃兵を⾒つけてください!」

「休むことなく検出魔法を発動してください!」

ディバイドの兵⼠たちは急いで検出魔法を呼び出してロマンティカを探すが、彼⼥が付けていた⻘いバラはすべての試みを完全に阻⽌する。

「7」

次の弾丸がいつどこから来るのか分からないという恐怖は、軍の⼠気を破壊する効果がある。

そのおかげで、デジールたちは⼤きなダメージを受けることなくディバイド宮殿に向かって進むことができた。

 



 

「KYAAAAK!」

どこかから、甲⾼いワイバーンの鳴き声が聞こえてきた。

それは間違いなく、ディバイドで最もエリートな部隊である飛竜師団。

[フクロウの視界]

デジールが魔法を使って⾒上げると、何百ものワイバーンが騎⼠を乗せて空を駆け抜けているのが⾒えた。

彼らの標的は連合軍の指揮官であるデジール。

旅団の最前線にいる敵がデジールに槍を投げつける。

槍が加速するにつれて、それは途⽅もない速度で彼に向かって⾶んで来た。

ブランクシュムで作られたA層のアーティファクトであるルネルは、デジールが脅威を認めた後、槍をブロックするために移動する。

鋭いスクリーチが鳴り響き、⽕花の激流が続いた。

地⾯に着く前にブロックされていたにもかかわらず、それはかなりの衝撃波を地⾯に送る。

槍の⾬が降り続けた。

何百⼈もの⼈々が、地⾯に向かって流星のように、槍を空から落としてくる。

「アゼスト!

「任せて」

アゼストが氷の中⼼を引き抜くと、彼⼥の周りに悪寒が広がり始めた。

[アナと雪の⼥王の宮殿]

想像魔法を呼び出し、彼⼥は⾃分の周りのエリアに素早く呪⽂を唱える。

何百もの槍と戦うために何百もの防御呪⽂が呼び出された。

建物の周りの空気が凍りつき、建物の間から厚い氷の障壁が⽴ち上がる。

数え切れないほどの槍が宮殿に直接衝突し、氷の障壁を傷つけた。

凍った宮殿は⼀瞬の爆発⼒を発揮したが、莫⼤なマナを消費する。

アゼストが繰り返し使⽤することは不可能でしょう。

ワイバーンに乗った騎⼠は、次元ポケットからより多くの槍を回収し、次の攻撃に備える。

低級の呪⽂でワイバーンを撃墜することは不可能だ。

彼らは空中で機敏かつ迅速に操縦できるかで悪名⾼いのだから。

高級呪⽂は即座にそれを処理することができたかもしれないが、それが都市全体に与えるダメージを考えると、選択肢には入らない。

「右側は失敗でしたか?」

ラファエロのグループが飛竜師団に遭遇したとしたら、彼らは包囲網を突破できたでしょう。

デジールの専⾨は魔術師を扱うことであり、オーラでコーティングされた槍は逆算できないのだ。

後悔の気持ちはさておき、コミュニケーションパッドを起動する。

「ロマンティカ」

「KYAAAAAK!」

ワイバーンの叫び声が鳴り響いた。

ワイバーン軍は再びディールに迫る。

その瞬間。

「・・・!」

信じられないほどの⾵がワイバーン軍を⼀掃し始めた。

⾵は台⾵と呼ばれるほどに強い。

⾵の中を旅していたワイバーンは、体をコントロールすることができず、投げ飛ばされた。

それでも、⼀部の上級騎⼠はバランスを保ち、形成を回復する。

[ストームショット]

飛竜師団は、ディバイドが用意できる最⾼の防御装備を装備しており、特に砲撃に対抗するように設計されていた。

彼らの装甲、⾼度、機動性の間で、飛竜師団は事実上無敵。

しかし。

ロマンティカの攻撃は彼らを貫通した。

彼⼥の専⾨的な訓練と彼⼥が武器として⼤切にしていたライフルの間で、その弾丸はパワーと正確さの点で第5級を超越していたのだ。

 



 

カリサスは⻭を⾷いしばる。

軍隊のほぼ半分は気流のために動けなくなり、少数は倒れた。

これ以上の被害を防ぐことを決意したカリサスは、軍隊に命令を出す。

「⾼度を上げてください!」

ワイバーン軍の軍隊は⽅向を変え、⼀⻫に上向きに急上昇した。

彼らの計画は、⾼度を上げることによってショットを回避すること。

その結果、ショットは来なくなる。

すぐに、カリサスは振り返って叫んだ。

「急降下!」

彼はデジールを急降下爆撃することを計画していた。

これは、最後の1秒まで狙撃兵の攻撃を避けながら、最も強⼒な攻撃を⾏う⽅法。

何百⼈もの軍隊が⼀⻫に地⾯に向かって駆けつける。

「司令官!だ、誰かがやってきます!」

白髪の女性。

それはアゼスト・キングスクラウン。

空気が彼⼥の下で凍りつき、⾜場を作っていた。

それを⾜がかりとして、彼⼥は跳躍し、⼀瞬でワイバーン軍に到達する。

「・・・!」

カリサスは驚きを隠すことができなかった。

このようなことができる⼈がいるとは想像もしていなかったからだ。

しかし、彼はすぐに落ち着きを取り戻す。

「ここは空です。足場を作ったとしても、ワイバーンと戦う⽴場にあると思いますか?」

単にステージに⾜を踏み⼊れただけでは、それらは等しくならない。

「彼⼥を攻撃しろ!」

カリサス団長の⾔葉で、ワイバーン軍はその⽬標を変更する。

しかし、彼らが動きを変えるとすぐに、アゼストは上昇を⽌め、魔法を呼び始めた。

【氷の宮殿】

全⾝に浸透する厳しい寒さを。

その後すぐに、何百もの氷の盾がアゼストの前で実体化し始めた。

無限の盾の流れが彼⼥をワイバーン軍から封鎖する。

まるで巨⼤な氷の障壁ができたように。

その馬鹿げた⼤きさに、ワイバーン軍は少し驚いた。

しかし、それだけだ。

「これは・・・、キザードのため息?」

「彼⼥は単なる第3級の防御呪⽂で私たちをブロックしようとしているのですか?」

飛竜師団のメンバーは満場⼀致でアゼストを嘲笑した。

カリサスでさえ例外ではない。

「あの⼥性は気が狂っているのですか?」

最強の第3級防御呪⽂、キザードのため息。

しかし、所詮それは第3級呪文。

何度呼び出されても、強⼒なオーラを持った槍をブロックすることは不可能なのだ。

ワイバーン軍は停⽌せず、アゼストに突撃する。

 



 

ロマンティカの狙撃と、彼女の青いバラの組み合わせは最強ですね!

ここからの活躍にも期待できます。

アゼストの防御呪文を嘲笑するディバイド軍。

第3級防御呪文でどこまで対抗できるのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【270話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は270話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...