帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【268話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は268をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

268話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【267話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は267話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 分かれ道

[⾸都の⻄から敵の動きが検出されました。敵は⾶⾏船ではなく地上に接近しています!]

連合軍が⻄からピッツバーグに接近したとき、報告を受けた司令部は彼らの動揺を隠すことができなかった。

「⾶⾏船で接近することを考えて戦略を⽴てました・・・」

「ですが、これは良いことです。実際、私たちにとってより有利なのですから」

「しかし、何らかの戦略がなければ、敵はこのように前進することはできないはずです」

部屋は静かになり、すべての⼼が敵の選択肢を熟考する。

かつて活気のあった司令室で、ブレポンは⼝を開いた。

「気が散る可能性があります。⾶⾏船を監視するために、各地に駐留している空軍を第7魔法部隊に送ってください」

ブレポンの命令はすぐに届き、即座に、通信魔法を介してディバイド全体のすべての軍隊に送られた。

「攻撃されている3つの塔の状況は?」

「これ以上耐えることは難しいと思います」

「・・・そうですか?」

疑惑に満ちた⽬で、ブレポンは⾃分の影を照らしている鏡の⽅を向く。

鏡に映ったのは、ディバイドでの出来事に関するあらゆる種類の情報。

「なぜ宮殿の背後に敵がいるのですか?」

ほんの⼀握りの軍隊でピッツバーグに向かって無謀に前進している理由を彼らが理解するのは困難でしょう。

この戦争は、敵の⾸都を占領するだけで終結できる戦争ではない。

それでも、失敗した場合、連合軍が直⾯するリスクは⼤きすぎた。

「「連合軍」の主な優先事項は、影の世界を作成する塔を破壊すること・・・」

これを念頭に置いて、ピッツバーグに向かって移動するのではなく、ディバイドに散在する塔に向かって移動する⽅が理に叶っているでしょう。

しかし、連合軍は4つの塔のみを標的とし、残りはピッツバーグに向かって移動している。

「彼らは塔を壊すよりももっと重要なことを念頭に置いているようだ」

彼らは動機なしに⾏動することは決してない。

ブレポンはそう確信していた。

連合軍が来る理由は確かにあるのだが、その理由は現在彼らには知らされていない。

その瞬間、建物全体が揺れた。

この規模の地震はピッツバーグで⼀度もない。

そしてこのタイミング?

これは単純な地震ではなかった。

ブレポンは余震からかろうじて⾝を寄せ、窓の外を⾒る。

西から煙の霞みが。

「第7魔法師団と連絡を取り、すぐに何が起こっているのかを調べてください!」

「れ、連絡が途絶えました!観測ユニットの報告によると、敵は壁を突破したとのことです!」

その知らせで、司令室は大騒ぎに。

「連合軍を発⾒してから5分も経っていませんが、彼らはすでに第7魔法師団を全滅させたのですか!?」

彼らは決して警戒を怠ったことはない。

敵が才能があることを認めていたので、そこに魔法ユニットを配置していたのだ。

しかし、城壁がこんなに簡単に壊れたなんて信じられなかった。

「カリサス、ワイバーンを率いて、敵が近づかないようにし、体力を消費させてください」

「かしこまりました」

飛竜師団の新しい指揮官であるカリサスは頭を下げた。

ブレポンは話しながら、席から⽴ち上がる。

「私も、イェニチェリを最前線に導きます」

 



 

激しい戦いが順調に進んでいた。

ディバイドの兵⼠たちは、侵略者と戦うために最善を尽くしていた。

しかし、彼らの勇敢な闘争にもかかわらず、連合軍は彼らの防衛を通して冷静に戦う。

今回ピッツバーグに侵入した軍事組織は、強⼒な武装集団の連合体。

現在の最⾼位の部隊、すなわちデジール・アルマンと他の数⼈を除いても、ピッツバーグに⼊る軍隊のレベルはこれまでに⾒たことのないものだった。

彼らの数は少なかったが、決してディバイドの軍隊によって押し戻されることはない。

「これで、私たちが彼に負っている借⾦の⼀部を返済することができるはずです」

それが、ケリン帝国の騎⼠団⻑であるクロスが考えたもの。

他の騎⼠と⼀緒に、彼はディバイドの軍隊を征服するために主導権を握っていた。

「先駆者はある程度落ちました」

[お疲れ様でした]

彼の電話を受けたのはデジール・アルマンだ。

[後続のユニットが砲撃を開始するので、これ以上進まないで待機してください]

ディバイドの部隊はリアルタイムで包囲を狭めている。

品質の⾯では、連合軍は優れていたが、無限の援軍は連合軍に包囲を突破させなかった。

これが続けば、宮殿への進出が⼤幅に遅れることは明らかでしょう。

「ヘブリオンのすべての魔術師、あなたの⽕⼒を出してください」

デジールが選んだ数え切れないほどの才能には、ラドリア・フォン・ドリス、ケルト・ニプレカなど、⼤陸で最⾼の訓練機関であるヘブリオンアカデミーの人たちも含まれている。

ヘブリオンの魔術師の中で最も⽬⽴ったのはロンド・フィズルバンだ。

彼はマナサークルを3つしか持っていないが、彼が唱えた爆発魔法は、第4級魔術師の⽕⼒を圧倒した。

[チェーンボム]

多くの粉塵を発⽣させる⼤爆発を引き起こし、粉塵を集めて爆発させる連鎖反応を開始する。

爆発の連鎖がその領域を引き裂き、爆発ごとに別の爆発が発⽣した。

爆発の果てしない饗宴は、かろうじて⽣き残ることができなかったディバイドの防御⼒の残りを飲み込んだ。

 



 

そして舞台裏では、デジール・アルマンの細⼼の注意が払われていた。

[ガリアンド、⽣物反応が両側から観察された。連合軍に気付く前に、必ず最初に攻撃してください]

[承知しました]

仮⾯の男たちが動き出す。

彼らは諜報部隊に所属しており、暗殺に⾮常に熟練していた。

彼らが連絡を受けてから1分も経たず。

[ターゲットは削除されました]

デジールは戦場の状況を完全に把握していたと同時に、最も適切な部隊を最も合理的な⽅法で動かしていた。

これは、彼がすべての情報を分析して必要なものを⾒つけ、動員した数⼗のユニットの⻑所と短所を完全に理解しない限り、不可能な偉業。

数え切れないほどの数の異なるグループがあり、それぞれが独⽴して運営されていたが、彼らのコミュニケーションと調整は完璧だった。

シャドウラビリンスでこれらのグループと何年も過ごしたデジールのような⼈だけが、完全に正常であるかのようにそのような組合を指揮することができるのだ。

それでもデジールの⼼は不安の⾼まりに悩まされていた。

「私たちには決して利点がありません」

全体的な状況を⾒ると、彼らの⽴場は確かに良いとは⾔えない。

「ディバイド全体に散らばっている軍隊は集まり続けています。待つ時間が⻑ければ⻑いほど、より多くの軍隊が到着するでしょう」

今回の作戦は少⼈数の奇襲攻撃。

彼らがどれほど熟練していても、このグループでディバイドの⼤軍に⽴ち向かうことは不可能だ。

そして、別の⽋点が。

「⺠間⼈がまだ避難していません」

⺠間⼈は建物に残されていた。

「このままでは、第7級魔法を発動することは不可能です」

広場のような開放的なエリアであれば、⾼円魔法を発動することは可能だったでしょうが、建物が密集しているエリアでは、深刻な巻き添え被害がなければ発動は不可能だった。

「岐路に⽴っています」

ラファエロが話した。

「デジール、どちらに⾏くかを選ばなければなりません」

2本の道。

もちろん、どちらも宮殿に通じているという点では同じ。

左側の道路は中央広場を通過した後、ディバイド宮殿の正⾨に直接通じている。

右側の道路は南の市場地区を経由して宮殿の後⾨に通じていた。

「イェニチェリはまだ現れていないので、分割するのが最善だと思います」

イェニチェリがまだ現れていないという事実は、彼らがどこかで待っていたことを意味する。

イェニチェリに遭遇した場合、彼らは勝利を得る可能性が⾼いですが、時間の犠牲を払って最終的に彼らの敗北に繋がるでしょう。

「イェニチェリは道路の1つで待っています。私たちが分裂してしまうと、少なくとも半分はすぐに宮殿に到着できるでしょう」

「ラファエロ、私は騎⼠とヘブリオン軍を連れて⾏きます」

「その場合、サイドガードがこちら側になります。ああ、プラムは彼らに含まれていますか?」

「プラムは私とたくさん⼀緒に働いてくれたので、私のユニットの方が優位に動けると思います。代わりに、サイドガードのリーダーを連れて⾏ってもらえますか?」

「それは公正な妥協ですね」

 



 

ついにピッツバーグに突入したデジールたち。

宮殿までの道まであと少しですが、イェニチェリとの戦闘は避けられないでしょう。

デジールとラファエロの部隊。

どちらが遭遇するのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【269話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は269話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...