帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【267話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は267をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

267話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【266話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は266話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 聖騎士、ラファエロ・チェリンガー

[⾸都の⻄から敵が検出されました。敵は⾶⾏船ではなく地上に接近しています!]

⾸都の⻄部を守る責任を負ったガビニーは⾃分の⽿を信じることができなかった。

以前、彼は敵が⾶⾏船を介して接近しているという情報を⼊⼿していた。

それを放棄して陸に近づくとは信じられなかったのだ。

「彼らは陸に近づいているのですか?」

ガビニーの笑いを隠すことができない。

敵の予想外の決定に驚いたが、これが彼らを無防備にしたことに驚いた。

ピッツバーグは平原の真ん中に位置する都市。

平野には覆いがない性質があるため、地⾯に接近した敵を⾮常に簡単に迎撃できるのだ。

「砲兵魔法を準備してください!連合軍の犬たちを教育してあげましょう!」

ガビニーが命令を出すとすぐに、ピッツバーグの城の上に花のように無数の魔法が咲く。

メンバー全員が第3級以上の魔術師。

彼らはディバイド王国によって細⼼の注意を払って育てられた魔法部隊。

「この素晴らしい機会を逃すことはできません」

ガビニー自身も強力な魔術師だ。

彼は、⼤陸全体に存在した数少ない第6級魔術師の1⼈。

スカルマスクは、ピッツバーグの防衛計画を徹底的に計画していた。

「敵が前進し続けています!」

しかし、何かがおかしい。

数え切れないほどの第6級呪文が完了し、膨⼤な量のマナが変動していたにもかかわらず、この超⼤規模な呪⽂がまもなく呼び出されることを⽰していたが、連合軍は後退せず、前進を続けているのだ。

彼らが⾃信を持って前進することは、1つか2つのトリックなしでは不可能なはず。

これらの考えのすべてがガビニーの⼼を氾濫させ、彼を不安で満たした。

けれど、彼は決意を揺さぶることを拒否する。

(彼らがデジール・アルマンとオーロラシステムを持っていたとしても、彼らがこの魔法のすべてを逆算させることは不可能でしょう)

彼が間違いを犯したことに気付くのにそれほど時間はかからなかった。

 



 

「予想したよりも多くの軍隊がいますね」

それは、ラファエロが無数の魔法配列を⾒た後に最初に⾔った言葉。

「私が出ます」

声を上げたのはデジールだ。

彼の⼿の中で、無数の呪⽂が同時に呼び出され、パーティーの周りの空気は歪み始める。

マナの動きを通して、デジールは敵の呪⽂を⾒分けた。

呼び出されていた魔法の種類を。

彼らがその魔法を呼び出すために使⽤した術式を。

(簡単だな)

ジョードやイカロスの呪文と比べて、目の前に展開された術式は非常に単純なものだった。

デジールのマナがディバイドの魔術師に向かう。

第7魔法師団の魔術師の⼀⼈が何かがおかしいと感じた。

それが始まりの合図。

城の頂上で呼び出された数百の魔法が、一瞬で逆算されていくのだ。

驚くべき速さで逆算されていくのを⾒て、ガビニーは呟く。

「・・・魔法は私たちの前に⽴つ男の前では役に⽴たない」

散発的な砲撃に応じて、連合軍はオーロラシステムを呼び出す。

連合軍の前で無数の呪⽂がオーロラシステムと衝突し、衝撃波と爆発の⾳を残した。

急いで完成された魔法は、消費されたマナの量と⽐較して、あまり影響を与えなかった。

デジールが呪⽂を逆算し続けると、第7魔法師団のマナプールは通常の能⼒の35%まで消耗することに。

しかし、この終わりのない魔法に直⾯して、連合軍のオーロラシステムはひび割れ始めた。

⼈類最強の盾だったが、無敵ではないのだ。

数え切れないほどの呪⽂が衝突し、轟⾳がいたるところに鳴り響く。

オーロラシステムの能⼒も、ディバイドの魔術師の無⼒化に⽐例して減少していた。

次第にシールドの強度が弱まり、ひび割れが⼤きくなり始める。

間もなく、連合軍のオーロラシステムはそのエネルギーをすべて消費した。

⻑い闘いの末、ディバイドはついにそれを貫くことに成功したのだ。

しかし、この時点で、ディバイドの魔術師によって呼び出された魔法のほとんどは逆算されている。

現在、第7魔法師団には、魔法を発動できる⼈物が一人しか残されていない。

第6級魔術師ガビニーだけだった。

彼は圧倒的な危機感を感じたが、その⼀⽅で、呪⽂が完成するのを⾒て興奮を隠すことができなかった。

彼以外のすべての魔法は逆算されたが、彼が唱えた第6級呪⽂は完全に呼び出されている。

そして連合軍のオーロラシステムはシャットダウンした。

これは絶好のチャンス。

彼が発動した呪⽂は、⼭全体を吹き⾶ばすのに⼗分な⼒を持っていた。

連合軍を全滅させることができなかったとしても、それは間違いなく壊滅的な打撃を与えるでしょう。

【地獄の⽕】

燃え尽きたり消えたりすることのない⽕。

指定されたエリアを永遠の燃える地獄の⾵景に変えるという副作⽤にちなんで名付けられた最⾼レベルの⽕の魔法。

「今度は私の番です」

暗⾚⾊の⽕の⽟が連合軍に迫った。

 



 

「あなたはかなり危険な魔法を使っていますね」

ラファエロが前進する。

彼はゆっくりと近づく炎を⾒ながら剣を抜いた。

それは巨⼤な剣であり、まるで巨⼤な波が海から盗まれてその刃に鍛造されたかのように湾曲していた。

グラム。

ラファエロがロイヤルガードの盾になったときに皇帝から授けられたのはSランクのアーティファクト。

デジールとのスパーの間に使⽤した剣とは異なり、グラムはラファエロが注いだすべての⼒を処理することができた。

刃と⼀緒に⼤量のオーラが回転し、⽿をつんざくような⾳が四⽅⼋⽅に響き渡る。

オーラの輪が実現した。

たった3つしかないが、彼が過去に披露したものより少なくとも2倍以上の大きさ。

そしてそれに続く閃光が剣の軌道に沿って、⾞輪が広がる。

巨⼤な盾がラファエロの同盟国を覆い、攻撃から彼らを守ることを約束した。

巨⼤な⽕の⽟とラファエロの⾞輪が衝突し、爆発を引き起こして衝撃波を引き起こす。

⽕は⾞輪を包み込み、隙間を滑り抜けようとしたように⾒えたが、最終的には地⾯に落ち、⾞輪の回転に耐えることができなかった。

それはケイ・ハズマリューンが⽰したオーラの花の強さを超えたオーラの具現化。

剣⼠と魔術師が等しく有名な世界では、ラファエロの時代の剣⼠はすべて誇らしげにそして真剣に訓練し、競争は地球上のすべての個⼈を可能な限り強⼒にするように駆り⽴てた。

その中でも、オーラを具現化するラファエロの能⼒は最⾼の段階に達している。

ラファエロは⼒をすべて使っていなかったにもかかわらず、第6級魔法を簡単にブロックしたのだ。

「ど・・・、どうやって・・・?」

ガビニーが呆然とする。

連合軍に⼤きな打撃を与えると予想していた攻撃は完全に阻⽌された。

しかし、デジールは彼にパニックを起こす時間を与えるほど親切ではない。

【地震】

⼤地震が発生する。

地⾯はひっくり返ったように感じられ、地表の深部から不吉な轟⾳が発せられた。

地⾯が⼝のように開き、丸ごと飲み込んでいく。

高位魔法で守られていた城壁は、そのような猛攻撃で崩壊した。

ガビニーは崩れかけた城の頂上で前をぼんやりと⾒つめる。

「これが第7級魔法の力なのか・・・?」

雷の⾳とともに、ディバイドの⻄側の壁は、痕跡を残さずに姿を消す。

そして、デジールたちはピッツバーグへの第⼀歩を踏み出したのだ。

 



 

強敵との戦いを経てさらに強くなったデジール。

彼の逆算は反則級ですよね!

ラフェエロの強さもある程度見ることができました。

これからの活躍にも期待大です。

帰還者の魔法は特別です【268話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は268話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...