帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【266話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は266をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

266話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【265話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は265話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • スパーリング

ディバイド王国の宮殿。

不穏な闇に包まれた宮殿で、⽩髪の男がテラスに⽴っていた。

彼がピッツバーグの光景を眺めながら⽴っていると、誰かが影から現れる。

それはピエロマスク。

「じいさん、のんびりと景⾊を楽しむのにふさわしい時期ではないと思うが」

⽼⼈と呼ばれた⽩髪の男、スカルマスクはゆっくりとうなずいた。

ピエロマスクは以前のようにスカルマスクを「⽼⼈」と呼び続けていたが、この⽼⼈はもはやそのような称号に値しない。

彼の見た目は若くハンサムな顔だった。

塔に配置されていたホムンクルスはすべて敗北した。

塔を破壊した⼈々はすぐにここに群がるでしょう。

「クロウマスクがこのような愚かな決定をしたとは・・・」

連合軍が⽰した精度で、ディバイドに広がる多数の塔のうち4つだけを取り出し、クロウマスクが自分たちを裏切ったことを理解する。

捕らえられてから半年が経過したが、彼が連合軍に提供した情報は適切だった。

ピエロマスクはゆっくりと彼に近づき、尋ねる。

「それで、あなたの今の計画は?」

「超越的なキメラを使⽤します」

連合軍の勝利条件は、ディバイド宮殿の地下にある⼒の源を破壊すること。

結局、彼らはピッツバーグに集まることになるでしょう。

敵がどのように動くかを知っていれば、防御戦略を⽴てるのは簡単だ。

スカルマスクは、⾸都内の国内のすべての軍隊を集中させた後、彼らと交戦することを計画していた。

連合軍は⾮常に少数部隊でディバイド王国に潜⼊している。

彼らは強⼒であるが、一部の個人が強力なだけでなので、スカルマスクは⼼配していなかった。

問題は、援軍がピッツバーグに到着する前に連合軍の軍隊が集まるかどうか。

その問題を解決するために、スカルマスクはホムンクルスを塔に送っていたのだ。

ピッツバーグへの敵の到着を遅らせるために。

信じられないほどの戦闘⼒を誇るホムンクルスは、単に時間を買うために使われていた。

スカルマスクは、単⼀のホムンクルスがそのような敵から塔を守ることに成功できるとは思っていなかったのだ。

敵を過⼩評価したことはない。

彼にとって、ホムンクルスはいつでも⽣産できる武器に過ぎなかった。

「残りは私が担当します」

「分かったよ」

ピエロマスクは姿を消し、現れたときと同じように暗闇に⾝を隠す。

スカルマスクは再び振り返り、テラスの外を⾒た。

とても静かなピッツバーグを⾒つめながら、彼は呟く。

「ここがあなたの墓になります」

 



 

ピッツバーグを⾒下ろす⼭々で、ヴァルキリーは峡⾕に上陸する。

もはや⾝を隠すことができない限り、⾶⾏船で街に近づくことは⾃殺⾏為。

オーロラシステムが機能していたかどうかに関係なく、⾸都の防衛を突破することは不可能だ。

デジールの分隊は、隠蔽魔法を発動した後、最終チェックを⾏う。

呪⽂をチェックする⼈もいれば、装備を磨く⼈も。

プラムとラファエロの場合、彼らはスパーリングをしていた。

ウォームアップなので、お互いに危害を加えるつもりはない。

「あれ以来、あなたは多くのことを改善しましたね」

ラファエロは剣を横に振ったとき、⽬に⾒えて満⾜そうに口を開く。

「オーラの基本的なコントロールは完璧です。特にオーラを集めるあなたの能⼒!指摘することは何もありません」

重要な戦いの前に⼒を使い果たす危険を冒すことができなかったので、それはほんの軽いスパーだったが、ラファエロはこのデモンストレーションだけからプラムの進歩を認めていた。

「最近、銀光の剣士と呼ばれていると聞きましたが?」

剣がぶつかり、⽕花が⾶ぶ。

ラファエロが全⼒を尽くしていないのは事実だが、プラムは剣聖の攻撃に簡単に対抗することができていた。

「その称号は私にふさわしい以上のものです」

今まで気さくに話していたラファエロは、スパーリングの真っ最中ではないかのように、いきなり真剣な表情を浮かべる。

「プラム、私はあなたがそれに値するかどうかの判断を下します」

「判断?」

「本気できてください、銀光」

プラムは、ウォームアップを⽬的とした戦いの最中に自分の⼒を披露するように⾔われたとき、慌てずにはいられなかった。

しかし、彼はすぐに気持ちを切り替える。

「いきます」

プラムは前に出て、彼の特別な動きである突きを実行した。

銀⾊のオーラが光速で発射される。

「・・・!」

ラファエロが剣を伸ばしたと同時に、彼のオーラがそれを包み込み、回転する。

奇妙な⾳が鳴り響いた。

回転するオーラと銀⾊の線がぶつかった瞬間、銀⾊の光の線が現れた⾞輪に引っ掛かる。

彼らの軌道は歪んでいた。

「ああ!」

次の瞬間、ラファエロの剣がプラムの顔に押し付けられていた。

 



 

戦いは⼀瞬で終わった。

結果は、ラファエロの圧倒的な勝利。

「シンプルな動きであの威力。素晴らしいです、プラム」

その言葉は嘘ではない。

ラファエロは車輪を出すつもりがなかったが、無意識に彼は車輪を出していたのだから。

他の⽅法では攻撃をブロックできないことを本能的に理解したのだ。

「彼⼥が他⼈に教えるのがこれほど上⼿だとは知りませんでした」

ラファエロが笑いながら話すと、プラムはうなずいた。

「レディ・スワンがいなかったら、私はこの領域に到達することができなかったでしょう」

スワン・カテリーナ。

ヘブリオン帝国の皇帝によって選ばれた最強の⼈々の⼀⼈。

カテリーナはイカルスとの対決で重傷を負った後、2週間以上意識を失っていた。

彼女はオーラを使う能⼒を失い、最終的にはロイヤルガードから引退する。

彼⼥はこれまでと同じように帝国のために働き続けると宣⾔した。

もちろん、最前線で戦うことはできないが、キングクラスのスキルと経験は消えていない。

彼⼥は最前線から後退したが、それでも彼⼥は帝国の重要⼈物。

スワンが帝国のために働き続けることを宣⾔した後、最初にしたことは、何⼈かの学⽣を引き受けることだった。

そして、彼⼥が学⽣として最初に取り⼊れたのはプラム。

プラムはすでに⾮常に才能があった。

カテリーナが真剣に彼に支持し始めたとき、彼はかつてないほど速い速度で成長することに。

結果、オーラ蓄積技術を継承することができたのだ。

「スワンは変わっていない?」

「彼⼥は変わっていません。彼⼥はトレーニングの後、いつも居酒屋で酔っています」

「それは良かった」

ラファエロの唇の隅に微笑みがこぼれた。

「彼⼥がとてもリラックスできる理由は、彼⼥の⽣徒がとても優秀だからでしょう」

「・・・でも負けました」

プラムの独り言を聞いて、ラファエロは笑わずにいられなかった。

若い10代の少年が、剣聖に負けたことに腹を立てていたことに。

「⼤陸全体でさえ、あなたと同じ⼒を⽣み出すことができる騎⼠の数を数えることができると確信しています」

それは、プラムの打撃がどれほど強⼒であったかを伝えている。

「ですが、キングクラスの剣⼠には通じないでしょう」

ラファエロはディバイドの⾸都ピッツバーグを指差した。

そこには、ブレポンと呼ばれるキングクラスの騎⼠がいる。

「どうしてでしょうか・・・?」

「プラム、あなたの武器が⾮常に⾼速で突き刺さるという事実は、あなたのニックネーム「銀光の剣士」とともに、すでによく知られている事実です。銀⾊の光は間違いなく脅威ですが、オーラを運び、刺し傷の軌道をたどるという弱点があります」

「・・・」

「より⾼いレベルの騎⼠はそれを読むことができ、キングクラスの敵に対しては完全に役に⽴たないでしょう」

厳しいが、これを指摘することは、プラムの将来の戦いに⾮常に役⽴つはず。

彼らが向かったピッツバーグには、イェニチェリやビリョンデを含む多くの名⾨騎⼠が集まっているのだから。

「しかし、すべてのスキルに弱点があるわけではありませんか?」

「そこで、ビショップクラスとキングクラスの違いが明白になります」

ラファエロは剣を抜いて⾞輪を生み出す。

やがて、⾞輪の数は少しずつ増えていき、鎖に変化した。

「2つの選択肢があります。あなたの能⼒の弱点を補う⽅法を学ぶか、それがどのように機能するかを知っていても、それを対処できないところまで進めてください。そうして初めて、あなたは本当にキングクラスに到達したと⾔うことができます」

回転するオーラホイールを限界まで磨き上げたラファエロは、防御だけでなく攻撃にも使⽤できるようになった。

そのため、彼は「帝国の最⼤の盾」と「剣聖」の称号を同時に保持することができたのだ。

「プラム、どんな答えが出るのか楽しみです。そして、私はカテリーナが同じ⼼を持っていると確信しています」

「はい!」

その時、アラームが鳴る。

それは集合の合図。

準備時間は終わり、いよいよ戦いの時間に。

 



 

ホムンクルスが使い捨て・・・?

スカルマスクの戦力は計り知れませんね。

プラムの成長はカテリーナのおかげなのですね。

彼女も元気そうで安心しました。

キングクラスへの道。

プラムがどのように進化するのか非常に楽しみです!

帰還者の魔法は特別です【267話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は267話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...