帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【264話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は264をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

264話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【263話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は263話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アルテミス教会の聖女、プリシラ・ハイシルカイト

雲が⽉明かりを隠すと、広⼤な平原は暗闇に沈んだ。

⾵景の中⼼には、奇妙な光を空中に放つ塔が。

奇妙な光が塔の周りを歩き回るグロテスクな形を照らしていた。

「予想通り、セキュリティは⾮常に厳しくなっているわね」

草の中に隠れて、静かな⼝調で囁く⼈々の姿。

彼らはプリシラと彼⼥の聖騎士であり、ピッツバーグの南にある塔を破壊する任務を負っていた。

その地域を調べている間、異常なマナの流れを感知して、プリシラは北東を⾒る。

「⽼⼈が戦いを始めたようです」

ピッツバーグの東側から⼤量のマナを感じた。

これだけのマナを振るうことができるのは、大賢者ジョード・エグザリオンだけでしょう。

やがて、雲はゆっくりと別れ、⽉明かりがその地域を照らし始める。

プリシラは⽴ち上がった。

「私たちも始めましょう」

聖騎士が動く。

静かに動き続けるが、聴覚が強化されたキメラは、わずかな⾳、おそらく呼吸さえも反応する。

そして・・・。

突然、⾎がいたるところに⾶び散った。

戦いの始まりを告げる合図。

「KRRAAAHHH!」

地⾯が崩れ始めると、平野のいたるところから⽿をつんざくような叫び声が響き渡った。

散らばっていたキメラが聖騎士に突進し始めたのだ。

何百ものキメラが彼らに向かって群がっている光景は⾮常に気が遠くなるようなものだったが、聖騎士は後退の兆候を⽰さない。

彼らは静かに前進し、前方と左右に大きな盾を構えていた。

膨⼤な量のオーラに包まれた盾の壁に囲まれ、まるで動く要塞のよう。

激しく突撃したキメラは、盾を突破できず、頭を破壊される。

キメラは彼らの盾を⾶び越えようとしが、聖騎士はそれを許さない。

それぞれの獣はさまざまな武器に遭遇し、簡単に打ち倒された。

「KRAAAAAGH!」

⾻が砕かれ、⾁が引き裂かれる⾳は、その地域の他のすべての騒⾳をかき消した。

「ハァッ!」

しかし、頑丈な壁が必然的に落ちるのと同じように、聖騎士の形成は崩れ始める。

キメラが隙間から押し込まれて引っ掛かるにつれて、彼らの怪我は蓄積し続けた。

それぞれのキメラはその寿命とともに代償を払ったが、その数は無限。

これが続けば、聖騎士が先に崩壊するでしょう。

しかし、彼らは絶望の兆候を⾒せなかった。

「2列⽬!」

団長の命令で、シールドラインの後ろに⽴っていた騎⼠が仲間の代わりに⽴ち上がった。

彼らが敵に囲まれている状況では、根本的な問題を解決しなかった戦略は、時間を買うための⼀時的な解決策にすぎない。

通常であれば。

「癒しよ」

後ろから状況を⾒守っていたプリシラが⼿を差し伸べると、眩いばかりの光が騎⼠の傷を包み込んだ。

しばらくして、騎⼠たちは完全に回復する。

「1列目!」

聖騎士は同じプロセスを再び繰り返した。

アルテミス教会の聖女が聖騎士の⾮の打ちどころのない防御を⽀援することで、無敵のフォーメーションが⽣まれたのだ。

 



 

ゆっくりとしたペースで進み続け、やがて塔のふもと近くに到着する。

巨⼤な塔の⼊り⼝に、銀髪の少⼥が⽴っていた。

聖騎士とプリシラは、彼⼥がホムンクルスであることにすぐに気づく。

ホムンクルスは、あたかも新しい到着者に挨拶するかのように、驚異的な量のマナをすばやく集める。

そして、⽩い閃光が生まれた。

それは第7級呪⽂レベルの砲撃魔法。

聖騎士団の盾編成がどんなに厳しくても、このような攻撃を阻⽌することは不可能だろう。

さらに、プリシラの能⼒は傷を癒すこと。

彼らが呼吸している限り、彼⼥は重傷を癒すことができたが、この⽩い閃光が直接当たった場合、彼らは重傷だけで逃げることはできなかったでしょう。

⾔い換えれば、彼らがキメラを扱うために使⽤していた戦略は、ホムンクルスでは機能しないということ。

⾮常に大きいエネルギーが聖騎士団に向かって引き裂かれ、その経路のすべてを破壊していく。

ちょうどその時、思いがけないことが起こる。

閃光の弾道が突然劇的に横に曲がったのだ。

それは曲線を描き、空中で爆発した。

ホムンクルスの⽬がちらつく。

何が起こったのか理解できなかった。

間違いなく⼀直線に発砲されたはずの攻撃が、突然⽅向を変える。

これは、過去100年間の歴史と戦闘データを含む、受け取った豊富なデータには存在しなかった現象。

状況を確認するために、ホムンクルスは別の砲撃を開始する準備を始めた。

その時、騎⼠の⼀⼈がホムンクルスの⽬を注目させる。

騎⼠は武器にオーラを集中させていた。

その密度は何百フィートも離れたところから感じることができるほど⼤きなオーラ。

しかし、警戒する必要はないでしょう。

騎⼠が近づく前に、閃光が放たれることは明らかなのだから。

しかし、それはホムンクルスの誤算。

「・・・!」

ホムンクルスの⾸が恐ろしい⾳でパチンと鳴り響く。

ホムンクルスの視線が反転すると、彼⼥は同じ騎⼠がメイスを振っているのを目撃した。

お互いに⾮常に遠く離れているにもかかわらず。

しかし、騎⼠はそれを無視し、まるでホムンクルスのすぐ隣に⽴っているかのようにホムンクルスを打ちのめした野田。

戦闘データに登録されていない同じ現象が再び起こったので、ホムンクルスは混乱状態に陥り、状況を分析しようとする。

しかし、ホムンクルスがどんなに頑張っても、それは理解できる現象ではなかった。

それは、オーラとは異なり、この世界の論理を超えた⼒だったから。

光の祝福。

祝福を受けた⼈々は、基本的に⾃然の秩序に反する⼒を持っている。

プリシラのように、彼らは極端な治癒能⼒、またはそうでなければ完全に異なる効果に恵まれている可能性があった。

⽩い閃光の軌道を屈折させ、距離に関係なく攻撃を仕掛けることは、この祝福のもう1つの現象。

アルテミス教会がとても誇りに思っていた聖騎士は、光の祝福を受けた騎⼠で構成されている。

ホムンクルスが回復する間に、聖騎士は距離を縮めていた。

最前線をリードしていた騎⼠が再びホムンクルスにメイスを振る。

その瞬間、ホムンクルスは予期せぬ衝撃でひざまずくしかなかった。

このパラディンは、集約の⼒に恵まれていた。

彼が⾏った攻撃は、100倍以上重い武器の影響を及ぼし、その結果、攻撃は⾮常に強⼒になり、ホムンクルスでさえもそれに耐えることができない。

ホムンクルスが無⼒化されたので、他の騎⼠が攻撃を続ける。

繰り返される同期攻撃は、光の祝福のそれぞれの現象が⼀緒に働いてお互いを増幅し、ホムンクルスに打ち込まれていく。

ビショップクラスの聖騎士によって⾏われる継続的な集団攻撃は、彼らの光の祝福のさまざまな適⽤を通じてお互いをサポートし、⾮常に脅威的だった。

これらの果てしない攻撃に、ホムンクルスは防御に追い詰められる。

しかし、因果関係を操作する彼⼥の能⼒は、それらの⼀歩上をいく。

彼⼥が正⾯から継続的な攻撃を受けたとき、ホムンクルスは騎⼠の⼀⼈に近づいた。

そして⼀瞬にして、彼⼥は切断された腕を取り戻し、騎⼠の胸を突き刺す。

「くそ・・・!」

しかし、彼はまだ呼吸を⽌めていない。

ホムンクルスが騎⼠を終わらせるための別の攻撃の準備をしていると、別の騎⼠の武器がホムンクルスの頭に迫る。

ホムンクルスは攻撃を避けようとしたが、⽬に⾒えない⼒によって抑えられた。

⾎がいたるところに⾶び散る。

ホムンクルスは必死に回復する必要があり、負傷した騎⼠はこの隙を利⽤して後退した。

その後、聖なる癒しが騎⼠を包んでいく。

致命的な怪我でさえ、彼らが呼吸を止めない限り、プリシラの能⼒の前には何の意味もなかった。

ホムンクルスは、それが無意味な消耗戦の真っ只中に捕らえられたことに気づく。

聖騎士の果てしない攻撃の波を突破して殺戮の打撃を与えることは⾮常に困難であり、砲撃魔法は未知の光の祝福によって簡単に中和される。

ホムンクルスには選択肢が不⾜していた。

決意を固めた聖騎士は、ホムンクルスに圧⼒をかけ続け、何度も何度も致命的な打撃を与え続ける。

その結果、ホムンクルスのマナプールは徐々に消耗していった。

 



 

ホムンクルスは考えられるすべての状況をすばやく計算し、可能な限り最良の状況を作り出すために必要な⼿順に従い始める。

⽩い閃光を放ちそうになったちょうどその時、聖騎士の包囲からかろうじて逃げ出した後、それは再び⽬に⾒えない⼒によって地⾯に沈んでいく。

それだけではない。

ホムンクルスは聖騎士がメイスにオーラを纏い振るうのを⽬の前で⾒た。

距離を無視して自分を襲ったのと同じ騎⼠であることに気づき、ホムンクルスは攻撃を回避するために急いで行動する。

瞬時に、彼⼥は彼の視線から抜け出すことを望んで、距離を⼤幅に拡⼤した。

距離を無視して攻撃を仕掛けたとしても、この攻撃を避ければ終わり。

けれど、攻撃は完全に被弾した。

「かわすだけで回避できると本当に思いましたか?」

別の騎⼠がホムンクルスに向かって⼿を伸ばす。

その聖騎士には決断⼒がある。

彼が⾃分の能⼒で狙った攻撃は、距離や障害物に関係なく、敵と繋がることができるのだ。

「・・・!」

ホムンクルスは浅い息を吐き出した。

数え切れないほどの攻撃から再⽣するマナをすでに過剰に消費し、完全に失敗した。

ホムンクルスは、あと数回しか回復できない状態に陥る。

動物は、その⽣命が脅かされたときが最も危険だ。

ホムンクルスはプリシラを睨みつける。

この消耗戦争を起こす⼒を持っていた⼈が除かれれば、自分にも勝利のチャンスはまだある。

決定を下した直後、ホムンクルスは地⾯を蹴り上げた。

再⽣されたばかりのホムンクルスが砲弾のように発射される。

その拳がプリシラの頭を突き刺そうとした瞬間・・・。

「・・・!」

急速に動いていたホムンクルスが突然粉々に砕け、地⾯に散らばる。

「ふふ、状況がどうなるかについての予測において、デジールがこれほど正確であるとは知りませんでした」

優しい声だったが、背筋の凍るような圧迫感。

プリシラは、再⽣中のホムンクルスを無表情に⾒下ろしていた。

その時、ホムンクルスは彼⼥に何が起こったのかを理解する。

距離に関係なくダメージを与える能⼒。

ターゲットを直接攻撃する能⼒。

認識を超える速度で攻撃する能⼒。

影響を最⼤化する能⼒。

聖騎士の光の祝福の数⼗のアプリケーションが1つにまとめられ、純粋な⼒の避けられない攻撃を⽣み出した。

そして、この攻撃を開始するために、プリシラは⾃分⾃⾝を餌として使⽤していたこと。

彼⼥は⼈形のようにホムンクルスを踊らせ、あらかじめ定められた道に沿って移動させていたのだ。

笑顔がプリシラの唇を横切る。

ホムンクルスはほとんど回復できないが、地⾯から⽴ち上がろうとし、プリシラをもう⼀度攻撃しようとした。

しかし・・・。

剣、槍、鈍器はすべて、ホムンクルスの体を突き刺し、切り、押しつぶす。

いつの間にか、聖騎士はホムンクルスを取り囲んでいた。

混乱状態のホムンクルスを⾒下ろし、プリシラは⼝を開く。

「さあ、地獄を体験してください」

 



 

・・・強すぎません?

これまでは回復だけのイメージがあったプリシラですが、ホムンクルスに対して圧勝するとは予想外です。

本人の回復にも限界はあると思いますが、聖騎士と組むことでここまで強いとは。

これで2つの塔を占領しました。

残る最後の塔は・・・。

帰還者の魔法は特別です【265話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は265話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...