帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【261話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は261をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

261話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【260話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は260話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 天体旗艦ヴァルキリー

何万ものチラシがピッツバーグに落ちる。

イェニチェリのリーダーであり、現在は飛龍騎士団の正式なリーダーであるブレポンは、司令室に座って、はためくチラシを⾒つめていた。

陛下の指揮の下で作られた秘密兵器、クロラ・アルス・F・バルダーシュは、ディバイドの勝利への道を開いた。

この戦争はまもなく終結し、その結果はすでに明らか。

「秘密兵器ね」

ブレポンは、⾃⼰嘲笑の傾向で微笑んだ。

言葉⾃体は間違っていない。

秘密兵器がキメラ、禁止兵器、そしてホムンクルス、アウターの究極の武器であるという事実を無視すれば、⼈々は⾃分たちの王国がどれほど強⼒になったかを知って喜ぶでしょう。

ディバイド王国がこれまでに⾒られたものを超えたレベルで⼤陸を悩ませている影の世界に責任があるという事実。

ディバイド王国は⼈類最悪の⼤惨事を解き放った。

ブレポンが空を⾒上げると、前のチラシとは違うチラシが降り注いでいるのに気づく。

過去半年間、ディバイドの地元メディアは、⻄王国連合の他の国々の重複について話し合い、ヘブリオン帝国の邪悪さに⻭を⾷いしばることに焦点を当てていた。

彼らは、貪欲だけに駆り⽴てられて、他国への迫害を進んで許していた邪悪な連合軍をどのように撃退したかについて知らせていたのだ。

「これには何か問題があるはず」

ディバイドの王室は⼈々への情報の流れを制限していた。

市⺠がこれらの誤った物語を受け⼊れたのは当然のことでしょう。

彼らはそれと⽐較するものが他にないのだから。

「アーロン⼤尉が処刑された瞬間から何かがおかしい」

ブレポンが深く熟考している間、兵⼠が⼊ってきて、ディバイドの王、クロラ・アルス・F・バルダーシュが来ることを彼に知らせた。

その後まもなく、ピエロマスクは、クロラ・アルス・F・バルダーシュの姿になり、司令室に入ってくる。

「私は⾃分で状況を⾒に来ました」

「陛下、あなたは軍隊のリーダーです。ここはいつでも⼤歓迎です」

「ありがとう」

ピエロマスクは司令室の真ん中にぶら下がっている巨⼤な鏡に向かう。

このS級アーティファクトのおかげで、アウターはなんとか姿を消したが、それでも影から秘密裏に活動を続けている。

アーティファクトは、⼤陸で発⽣したイベントに関する情報を収集することができた。

影を保持する鏡が情報を収集できる範囲、詳細、速度に近づくアーティファクトは1つもない。

「このアーティファクトのおかげで、連合軍が1か所に集まっていることが分かりました」

これがアウターのアーティファクトであることを知らなかったブレポンは、そのような強⼒なツールの突然の出現に少ししか関⼼を持っていない。

結局のところ、彼は王室に存在するこのようなアーティファクトについて聞いたことがないのだから。

これがなければ、彼らは連合軍からのこの突然の攻撃によって押し戻されたかもしれません。

ディバイドは、このアーティファクトを介して連合軍の動きを知るという幸運な⽴場にあった。

援軍がこの最前線に加われば、彼らは連合軍を完全に打ち負かすことができるでしょう。

彼らがシャドウミラーで⾒つけた情報はこれだけではない。

「彼らはもう現れましたか?」

ブレポンはピエロマスクが意図していることにすぐに気づき、答える。

「常に⽬を光らせています、陛下」

「彼らがここに来る時が近づいていますね」

 



 

アルンベス共和国での会議。

すべての国からのエリートが、飛行船を使⽤してディバイド王国の⻄海岸から侵⼊。

ディバイド王国はすでにデジールの計画を把握していた。

連合軍が東の国境を通過するのを防ぐために防御を強化する⼀⽅で、魔法使いは、最も侵⼊しやすい場所で⾶⾏船を迎撃するために配備されている。

これは、シャドウミラーなどのアーティファクトの存在に気付かなかったデジールの判断間違いと言えるでしょう。

「彼の最後の試みが阻⽌されたとき、彼はどのような顔をするのでしょうか?」

ピエロマスクの唇が丸まって微笑む。

ディバイドの勝利は明確。

対戦相⼿の計画はすべて明らかにされ、打ち消されるのだから。

連合軍の攻撃が失敗し、⾶⾏船による奇襲攻撃さえ失敗した場合、戦争はディバイドの完全な勝利で終わります。

司令室の役員全員が同意した。

将校たちが興奮し始めたとき、部屋の中の雰囲気は活気づき始める。

「し、司令官!」

雰囲気を乱し、急いで司令室のドアを開けたのは通信官。

彼の顔は⻘ざめていた。

「何ですか?」

ブレポンは彼の腸に不安な焦りを感じる。

司令室の全員の⽬が彼に集中したので、通信官は口を開いた。

「影の世界を⽣成している塔の1つが崩壊しました」

「何!?」

司令室の雰囲気は⼀瞬で凍りつく。

「魔法観測チームが⾮常に強⼒なマナ波を検出しました。発⽣場所は塔2です。誰かが強⼒な魔法で塔を壊したに違いありません」

「それは連合軍でなければなりません!」

塔2は、⾶⾏船が通ると予測されたルートに沿って配置されていた。

彼らの特殊部隊が予想通りに動いたことは明らか。

「しかし、そのルートを監視している部隊からの報告はありませんでした・・・」

魔法使いはそのルートに沿って配置されている。

彼らは⾶⾏船を迎撃し、敵の視界を報告して直ちに指揮するように命じられていた。

しかし、まだ報告がないということは、何も⾒つからなかったことを意味する。

ブレポンは状況を把握しようとした。

「それは巨⼤な⾶⾏船です!どうして彼らはそれに気づかなかったのだろうか!?」

「彼らは⾶⾏船の代わりに別の⽅法を使⽤しましたか?」

これについて熟考すればするほど、彼らはアーティファクトの情報が間違っていると疑うように。

「敵が今どこにいるのか⾒つけましたか?」

ブレポンは、⾃分が理解できないことを⼼配するのではなく、すぐに状況を解決することを優先する。

「・・・彼らはまだ敵がどこにいるのか分からないと⾔っています」

「くそ・・・」

混乱した表情をしているのはブレポンだけでない。

ピエロマスクも混乱していた。

「なぜ彼らはすべての塔の中で塔2に⾏ったのですか・・・」

ピエロマスクは何度も何度も破壊された塔の数をチェックする。

しかし、彼がどれだけ現実を否定しようとしても、何も変わらない。

彼はかなり不安そうな表情で呟いた。

「それは単なる偶然だったのか・・・。それとも・・・」

ピエロマスクの声は、軍の将校たちが広めた混乱の中でかき消された。

 



 

「デジール・アルマン、あなたの魔法は驚くべきレベルに達しましたね」

飛行船。

窓の外を⾒て忙しかったデジールに誰かが近づく。

「お褒めの⾔葉をありがとうございます。北の主」

「お世辞ではありません。あなたレベルの魔術師は⼤陸のどこにでも⾒つけるのは難しいでしょう」

ドナペは、塔を⼀発で破壊した呪⽂を⽬撃した後、デジールを称賛した。

「あの呪⽂は、私が以前に⾒たものよりもはるかに強⼒です」

ドナペは、先⽇、⾃分の⼟地で出会ったデジールを思い出す。

「しかし、今⽇、私はこの船を補完せずにはいられません」

ドナペは、彼が⽬撃していたことに魅了されて、窓の外を⾒た。

「こんなに巨⼤で⾶⾏可能な船?こんな⽇が来るとは思ってもみませんでした」

それは飛行船というよりも空母と呼んだ方が的確でしょう。

「本当に素晴らしいテクノロジーですね」

彼らの会話に声が響いた。

聖女プリシラの声。

「ステルスを維持しながら、⾶⾏船がいつの⽇か電⾞よりも速く動くと誰が考えたでしょうか?」

天体旗艦ヴァルキリーは、魔塔で利⽤可能な最⾼技術を使⽤して作られた空⾶ぶ舟で、最⾼速度は190ノットを超える。

さらに、デジールがロマンティカに与えた⻘いバラに基づいて作成されたステルス技術によって、⼈間の⽬と⽿で観察することは不可能に。

また、短時間ではあるが、検出魔法を回避することができた。

デジールは、過去半年に何が起こったのかを考えて笑う。

天体旗艦であるヴァルキリーは、ジョード・エグザリオンがエンジニアとして到達したかった究極の⽬標。

前世で、ジョードはエンジニアとして満⾜のいく⼈⽣を送ることができなかったという事実をしばしば嘆いていた。

シャドウラビリンスが発⽣したとき、彼は魔塔主の地位を放棄し、孤独な第7級魔術師としての称号を授けることを余儀なくされた。

ヴァルキリーの建設は、過去のジョードが不可能であるとして却下したものであり、彼が⼈⽣で完了することは決してできない飛行船。

今、ジョードは無意識のうちに彼の過去の⼈⽣の野⼼を実現し、問題なくユニークな船を完成させたのだ。

デジールがシャドウラビリンスで知ったジョードの献⾝のおかげで、彼らは中断することなく今⽇のディバイドに潜⼊することができた。

 



 

ついにディバイド王国への侵入が開始されました。

ピエロマスクが危惧している塔2の破壊は意図的なもの?

少し気になるところですね。

天体旗艦ヴァルキリー。

過去のジョードが達成できなかった船が完成されて感無量です!

帰還者の魔法は特別です【262話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は262話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

https://sub.tsubasa-cham.com/the-secret-of-the-hourglass-matome/

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...