帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【260話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は260をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

260話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【259話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は259話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 人類最強の組み合わせ

城塞の内部は混沌としていた。

最初に頭に浮かんだのは、前世のシャドウラビリンスで⻑い間⼀緒に過ごした同僚に再び囲まれたほろ苦い⽢さ。

大賢者、ジョード・エグザリオン。

アルテミスの聖女、プリシラ・ハイシルカイト

北の主、ドナペ・アスラン

剣星、ラファエロ・チェリンガー。

そして、アゼスト・キングスクラウン。

特にこれらの5⼈は、デジールの⼼の中で特別な場所を持っていた。

前世でさえ経験しなかったいくつかの感情がかき混ぜられていく。

しかし、出席したのは彼らだけではない。

デジールは、過去半年間に⽀援したグループの中で真のエリートたちに注⽬した。

「これは⼈類最強の組み合わせです」

元の時系列だと、この種の権⼒の結合を達成したのは、シャドウラビリンスの終わりごろ。

世界で最悪の災害に直⾯したにもかかわらず、⼈類は⼒を合わせることができなかったのだ。

ヘブリオン帝国と⻄王国連合は苦い終わりまで互いに敵対し続け、北部の野蛮⼈は他国との交流を望んでいなかったから。

それは、彼ら全員がどれだけ失うことになったのかを理解した後にのみ形成された必然性の結合。

しかし、最終的に、このアクションは無意味となる。

彼らは遅すぎたのだ。

しかし今、状況は異なっている。

彼らが団結して集まった⽇は遅くない。

彼らはまだスカルマスクの計画を阻⽌するのに⼗分な時間を持っていた。

デジールは、彼の⼼の中で何かが成⻑しているのを感じながら話し始める。

「何千年もの⼈類の歴史は、⾎と戦争の代名詞であると⾔っても過⾔ではありません。ここの⼈々の国籍は⼤きく異なります。少し前まで、あなたの国はあなたが隣に座っている⼈の国と戦争をしていたかもしれません」

集まった⼈々がお互いの呼吸を聞くことができるほど静かだった。

「しかし、歴史のこの瞬間、私たちはここに集まり、ほんの⼀瞬であっても、憎しみを残しました」

デジールは周りを⾒回し、⼀⼈⼀⼈の⽬と合わせるようにする。

「この⽴場に⽴つことができて光栄です。最後のブリーフィングを始めましょう」

 



 

次元ポケットから杖を取り出し、テーブルの上でそれを軽く叩いた。

その瞬間、棒の先から⼩さな波が流れ、⼤陸の⽴体地図が現れ、⼤きな円卓に座っている誰もがそれを⾒ることができるように。

マップ全体に⻘い点が。

これらは、ディバイド王国に隣接する戦線。

「ディバイド王国との戦争における私たちの現在の⽴場は、決して好ましいものではありません。キメラとホムンクルスの使⽤のおかげで、ディバイドの⼒は⾮常に強⼒です。このままではほとんど持ち堪えることはできないでしょう」

それは誰もが気づいていた事実。

「誰もが知っているように、この理由はディバイド王国の影の世界の兵器化によるものです。彼らが侵略を開始する前に、ディバイド王国は未知の技術を使⽤して⼤陸全体に多数の高位の影の世界を召喚し、すべての国に軍隊を分割して戦うことを強制しました。私たちが戦闘に参加するたびに、私たちの軍隊は不利な状況に追い込まれ、その結果、私たちは莫⼤な損失を被っています」

マップがちらつき、⼤陸レベルからディバイド王国の焦点を絞ったマップに切り替わる。

注⽬すべきことに、領⼟全体に47の塔がマークされていた。

「この悪循環を断ち切るには、ディバイド王国がこれ以上影の世界を作成しないようにする必要があります。そのために、これらの影の世界の原因であるディバイド内に構築されたこれらの塔を確保する必要があります」

その後、地図上の⾚い点がいたるところに点滅し始める。

これらは、スカルマスクが数⽇以内に作成する影の世界の場所。

「しかし、私たちの技術は進歩しました。ディバイドの⼈⼯的な影の世界の発⽣を予測できます。つまり、最適な⼒の分布で影の世界に対応できるようになりました。以前はできなかったことです」

この状況は、ジョードが開発した製品によって解決された。

「これにより、最前線に参加するために最低15万⼈の兵⼠が解放されます。これらの援軍により、ディバイドが私たちを打ちのめすのを待つのではなく、反撃を開始することができます」

「15万⼈の軍隊は確かに無視できない。だが・・・」

とても太くて威厳のある声が響き渡った。

⽑⽪の肩パッドを備えた厚い鎧を着た逞しい男が彼の考えを表明し、彼の視線は目の前の地図に接着する。

「だが、ディバイドと私たちの軍隊の⼒の違いは⾮常に⼤きい。これらの援軍だけで状況を覆すことはできないと思うぞ。結局、私たちがしなければならないのはそれらの塔を取り除くことですが、それでも私たちはそれをディバイドに押し込むのに⼗分な⼒を持っていません。すべての国は、私たちがチャンスを掴むためだけに、影の世界の⼒を最⼩限に抑える必要があります。もしも国が失われた場合、それはどのように役⽴つでしょうか?」

ドナペの指摘は、多くの⼈の同意を勝ち取るのに⼗分だ。

デジールは頷く。

それは合理的な指摘なのだから。

「その通りです。15万⼈の兵⼠が動員されたとしても、彼らの⼒はディバイドより少し劣っています。影の世界をクリアするための予備が存在する限り、私たちはもう少し戦闘⼒を絞り出すことができます。しかし、私たちが突き抜けたいのであれば、連合軍は・・・」

軍隊の現在の位置を象徴することを意図したテーブル上のチェスの駒が動き始める。

「・・・私たちの包囲を諦めましょう」

連合軍は現在ディバイド王国を取り囲んでいた。

包囲が破られない限り、彼らの通信技術は安全であり、防御線の背後で保護される。

⼤陸全体が単⼀の王国から⾝を守る必要があったことを考えると、これは連合軍にとって最も合理的な戦略だ。

この戦略を諦めることは、一つのことを意味している。

「最⼩限の軍隊で北と南の前線を維持することによって、私たちはすべての⼒を東の戦線に集中させることができます。そこから移動する軍隊と15万⼈の援軍の間で、東部の戦線を突破できるはずです」

「これは⼤きな賭けだ。悪い状況にあるときにギャンブルをするのは良い考えではありません」

「あなたは間違いなく正しい、ドナペ。ですが___ 」

デジールは⾃信を持って話し、ドナペの⽬をまっすぐ⾒つめた。

「私たちは押されているので、これが私たちが勝つチャンスがある唯⼀の⽅法です。私たちは軍隊を分割しましたが、それ以来、勝利は1回もありません。今までの戦略は、優れた部隊に対抗するチャンスには決してなりませんでした」

 



 

戦線を突破することに成功すれば、塔を1つか2つ倒すことができるでしょう。

単⼀の塔を破壊するだけで、連合軍は⾮常に必要な呼吸の余地を得られる。

影の世界の作成を遅らせたり阻⽌したりできれば、より多くの予備軍が解放され、その結果、より多くの塔を確保するのに役立つことでしょう。

「スカルマスクは賢いです。彼はこれが私たちの計画であることに気付くでしょう」

それがターニングポイントだった。

「スカルマスクは東に注目します。彼は私たちの⽬標を実現し、彼が動員できるあらゆる⼿段を使って私たちを⽌めるでしょう。それは完全な戦争に突⼊します。ディバイド王は彼の国のすべての軍隊を率いて、対抗するために東の戦線に向かうはずです」

デジールの⽬は聖女に向けられる。

プリシラ・ハイシルカイト。

彼⼥は、どんな傷でも素早く癒すことができる能⼒、神の奇跡を持っていた。

それはシャドウラビリンスで重要であることが証明されている。

「ディバイドの主⼒が配備される東の戦線。代わりに、ここから・・・」

デジールはもう⼀度杖を地図に向け、地図の左下に移動した。

ディバイド王国の⻄。

地図は⻘く塗られていた。

海。

「ここから私たちは反撃します。ここに集まった皆さんは、準備ができていないディバイドの⻄を攻撃し、すべての塔を破壊してください」

これがデジールの究極の計画。

「この計画により、最⼩限の部隊で最⼤の効果を得ることができます。あなた⽅全員がこの計画のまさに核⼼を形成するでしょう。あなた方は⼈類が提供しなければならない最⾼のものです」

彼はしっかりとした⾃信のある⼝調で話し続けた。

「この作戦の鍵は、迅速さとステルスです。魔塔主と私はこのためにたくさん準備してきました。私たちは、この作戦のために特別に作られた近代化された⾶⾏船を建設し、ディバイドに密かに潜⼊できるようにしました」

ホログラムには巨⼤な空⾶ぶ船の形が。

部屋のかなりの数の⼈々が驚きのあえぎを吐き出し、1⼈か2⼈は拍⼿さえした。

ジョード・エグザリオンは、まるで何でもないかのように肩を軽くすくめるだけ。

忘れがちだが、彼は魔法の最⾼の実践者であるだけでなく、最⾼の発明家でもあった。

彼が魔塔主の地位を獲得したのには理由がある。

「アルテミスの聖騎士と聖女⾃⾝が私たちの作戦を⽀援します。彼⼥の癒しの⼒は私たちの⽣存を確実にするでしょう」

⽬が合ったとき、プリシラは微笑んだ。

「同時に、北の偉⼤な戦⼠が主導権を握るでしょう」

デジールの⽬は部屋の⼤きな男に向けられた。

ドナペはデジールの計画を聞いた後、うなずく。

「帝国の盾があなた⽅全員を守ります。敵の攻撃によって害が⽣じることはありません」

⾦髪の素敵な髪の男は恥ずかしそうに微笑む。

彼はもちろん、ロイヤルガードのキャプテンであり、剣聖の称号を獲得したラファエロ・チェリンガー。

この⼤陸で彼以上に強い剣⼠はいない。

「私たちは、⼤陸全体から、ここに多くの才能のある⼈々を集めました。皆さんが勇敢に戦うことを私は知っています」

アゼスト・キングスクラウン。

⼈類全体で最も偉⼤な魔法剣⼠。

いつの⽇か剣術と魔法の頂点にたどり着く⼥性。

「そして私はあなた方をサポートするために最善を尽くします」

そして最後に、⼈類の卓越した反魔術師、デジール・アルマン。

「共通の敵の前で、⼈類はかつてないほどしっかりと団結しました」

分割された国はなく、ただ1つの軍隊に。

「私たちの技術は必要なところまで進歩しており、完全な戦略があります」

デジールは頭を下げる。

「まあ、まだ警戒を緩めるわけにはいきません」

 



 

過去の偉大な戦士たちがついに集結しましたね!

このメンバーならば、ディバイド王国にも十分に対抗できるでしょう。

これまでの劣勢からの逆転。

それぞれのキャラクターの活躍が楽しみですね!

帰還者の魔法は特別です【261話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は261話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...