帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【259話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は259をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

259話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【258話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は258話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 待望の再会

ギルティアンは顔をしかめることでアゼストを⾒下ろす。

王に直⾯して、アゼストは彼からの圧倒的なプレッシャーを感じた。

外向きの落ち着きはそれを明らかにしなかったが、内部的では僅かに崩れ始める。

(けれど、私はここで屈するわけにはいかない)

アゼストは唇を噛み、彼の視線を避けずにギルティアンを⾒た。

「申し訳ありません、陛下。しかし・・・」

いつもは無情な⽬に奇妙な感情が現れ始める。

彼⼥は情熱の炎に満ちた視線でギルティアンを⾒つめた。

「私たちの帝国のために、デジールの計画は実現されなければなりません。そして、その計画を実現するためには、ロンギヌスの槍と私の王族としての⾎が必要なのです」

皇帝に公然と反抗した場合、すぐに⾸を切られても驚くことではない。

第一王女でさえ、そのような⾏動の深刻な結果から逃れることはできないでしょう。

「あなたは私の命令を無視して⾏くと⾔っているのですか?」

「・・・許可をいただけないのであれば、私は無理矢理にでも突破します」

薄い氷の上を歩いているような不安定な雰囲気。

僅かな踏み間違えで、氷は粉々になる可能性がある。

「はっはっはっは!!」

アゼストを厳しく⾒つめていたギルティアンは、突然、⼤笑いした。

その笑いは緊張した雰囲気を完全に壊す。

「あなたが参加すれば、デジールの計画は確実に成功するでしょう」

ギルティアンは王位から⽴ち上がって王室を歩き始めた。

「⼼配する必要はありません。最初から、デジールの要求を受け⼊れるつもりでした」

「あなたは何を・・・」

「ラファエロがあなたに⾔った言葉は、私の命令によるものでした」

アゼストの⽬が広がる。

「それを受け⼊れる前に、あなたが本当にどう思っているか知りたかったのです。あなたが1⽇以内にここに来たこと、そしてあなたが今どれほど激しく戦ったかを⾒ると、あなたは間違いなく彼に加わりたいと思っているのでしょう」

⼀歩⼀歩、ギルティアンはついにアゼストの前に⽴った。

「私はあなたのスキルが優れていることを知っています。ですが、スワン・カテリーナに起こったことの後で、私はこの状況を軽視しすぎていることに気づきました。それで私はあなたを皇居に召喚し、あなたが安全であることを確認したのです」

突然、ギルティアンはひざまずき、アゼストの⽬の⾼さに。

「しかし、あなたはこの⽗親の⼼を理解しておらず、苦労し続けています。神様はあなたに素晴らしい才能を授けてくれたので、戦場に⾏くしかないのでしょうね」

アゼストは魔法と剣の両⽅で驚異的な才能を持っていただけでなく、司令官としての重要な才能を持っていて、軍事戦略に不思議な直感を持っていた。

彼⼥は⼈類全体の中で最⾼の可能性を秘めていると⾔っても過⾔ではない。

さらに、その才能はデジールによって洗練されていた。

近い将来、彼⼥が過去と現在の最強の⼈間になることは間違いありません。

ギルティアンは娘の才能を誰よりもよく知っていた。

しかし、⾃分の娘が⽣と死の状況に⾝を投じるのを誰が黙って見守ることができるのでしょうか?

そのため、彼はアゼストを皇居に連れ戻したのだ。

「でも今考えてみると・・・、こんなふうに育ってくれて嬉しいです。このようにあなたを変えてくれたデジールに感謝します」

ギルティアンは、デジールの計画の重要性を確実に知っていた。

しかし、彼はこの状況を考えて、自分が娘に強制した決定ではなく、アゼスト自身が下した決定を下したのだ。

彼⼥は⾃分の道を自分で選ばなければならないのだから。

「行きなさい、アゼスト。⾏って、あなたの選択が正しかったことを証明してください」

アゼストは、プライドが⾼すぎて直接表現できなかったとしても、ギルティアンが⾏動を通して⽰した暖かさに気づく。

彼⼥は感謝の気持ちでお辞儀をした。

「私は帝国の命令を受け⼊れます」

 



 

「もうすぐ到着します、殿下」

ラファエロの発表でアゼストが⾺⾞の窓の外を⾒ていると、遠くに城塞が現れ始めた。

馬車の乗員は、アゼストとラファエロの2⼈だけ。

デジールの要求には2つではなく、3つ、アゼスト⾃⾝、ロンギヌスの槍、ラ
ファエロ・チェリガーが含まれていた。

「私たちは最後の到着のようですね」

「そうですか」

城塞からまだ数百マイル離れているにもかかわらず、ラファエロは誰が中にいるのかをはっきりと感じることができた。

(ようやくあなたに会える)

アゼストにとって、過去半年は永遠のようだった。

すぐに会おうとしていることに気づいた途端、期待に胸が膨らんだ。

(だけど・・・)

一つの問題が。

それはどんなに苦しんでも解決できない問題。

「デジールにの役に⽴たないのではないかと⼼配していますか?」

感情が簡単に特定されたアゼストは、驚いてラファエロに⽬を向けた。

彼らの⽬が合った瞬間、ラファエロは軽くお辞儀する。

「私の無礼を許してください」

「⼤丈夫です、ラファエロ卿。あなたが⾔ったことは確かに正しいですから」

アゼストは腰に着けていた氷の中⼼に神経質に触れ続けていた。

「私がデジールを助けることができるかどうかは分かりません。彼を押さえつけてしまうのではないかと怖いのです」

「それは決して起こりません」

ラファエロはしっかりと⾸を横に振った。

「⾃分に⾃信を持ってください。あなたは強⼒な魔術師であり、ロイヤルガードのメンバーからの指導を受けて剣術を学びました」

ジャン・ユーレムリン。

帝国の最⾼の剣⼠、皇帝⾃⾝によって認められ、ロイヤルガードで剣の位置を与えられた人物。

純粋な剣術に関して、ジャンはラファエロを上回っている。

「私の剣は彼の前では未熟だとしか⾔えません。あなたは⼤陸で最⾼の剣⼠の下で勉強しました」

皇居での半年間、彼⼥はジャン・ユーレムリンの下で剣術の訓練をしてきた。

「他の誰も彼の下で訓練することができませんでした。彼の剣のスキルは謎めいており、天才の中の天才だけが想像できるものです。しかし、あなたはできました。この⼤陸で、現在のあなたを打ち負かすことができる⼈はほとんどいないでしょう」

ラファエロ・チェリガーは決して嘘をつかなかった男。

「ありがとう、ラファエロ卿」

「どういたしまして」

ラファエロはアゼストに微笑んだ。

「ああ。殿下に会うために誰かが出てきたと思います」

彼が話し終えると同時に、⾺⾞は城塞の正⾨に到着した。

 



 

馬車のドアが開き、アゼストは外に出た。

そして、彼⼥の視線は一人の⼈物に⽌まる。

「久しぶりです、アゼスト」

彼⼥はデジールを⾒つけた。

頭の中が空になり、彼⼥の⼼は⽌まった。

ずっと彼に会ったときに何を⾔うべきか考えていたが、何も思い浮かばない。

「あなたに会いたかった」

デジールが優しい笑顔で話す。

その瞬間、アゼストは自分の⼼配が無意味であったことに気づいた。

⼼配する必要はなかったのだ。

「私も会いたかった」

アゼストはデジールに向かって笑顔で答えた。

その時、彼⼥は近づいてくるロマンティカの声を聞く。

「ほんと、なんでこんなに遅いの!?」

「久しぶりです、アゼスト!」

「お久しぶりです、お姉さん!」

プラムとフィズルバンはロマンティカの後ろに続いた。

その後、ムクドリパーティのメンバーが次々と集まる。

アゼストは微笑んだ。

「またお会いできて嬉しいです、皆さん」

6ヶ⽉の別居後、待望の再会。

しばらく待った後、やがてラファエロが⾺⾞から姿を現したとき、彼の顔を⾒たムクドリパーティは驚いた。

大陸で最強の騎士。

ヘブリオン帝国は⾔うまでもなく、すべての先進国のほぼすべての市⺠が彼の名前を知っているのだから。

「久しぶりです、デジール。ドレスデンの影の世界を最後にクリアしてから2か⽉が経ちましたね」

「久しぶりです、ラファエロ卿。繰り返しになりますが、⼼ゆくまで⾃分の能⼒を誇⽰していただければ幸いです」

「ベストを尽くそう。あなたの計画をもっと詳しく教えてほしい」

「良いタイミングです。みんなが集まっているので、説明をやり直すつもりでした。中に⼊ってみませんか?」

デジールが主導権を握り、アゼストとラファエロを導きながら城塞に向かう。

「今、タレント全員が集まっています」

城塞には、デジールによって厳選された⼈々の姿が。

彼らは⼤陸で最強の⼈々であり、おそらく今ではないかもしれないが、間違いなく数年後のシャドウラビリンスで最強の⼈々。

彼らは同志であり、彼の友⼈だった・・・。

たとえ彼らがまだそれを知らなかったとしても。

 



 

アゼストも6ヶ月間でパワーアップしているようです。

早く彼女の成長が見たいですね!

ラファエロも参加することになりましたし、それ以外にもデジールの集めた人々が。

このメンバーならば、ディバイド王国にも対抗することができるでしょう。

帰還者の魔法は特別です【260話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は260話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...