帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【258話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は258をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

258話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【257話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は257話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ロマンティカの成長

⼀晩中降った雪のため、畑は真っ⽩に凍っていた。

「なぜこの冬はこんなに⻑く続くのですか?」

深く息を吸うたびに、冷たい空気が彼女の肺を引っ掻く。

「それに、たくさんのゴミが空から落ちてきているし」

少⼥は⽩い雪を⾒てゴミと呼んだ。

近くのジャベットの町に現れた嵐からゴミが吹き込んだのだろう。

「当時は雪が降っていたのが良かったのに・・・」

悲しげな表情が彼女の顔を覆い、彼⼥の⽬はわずかに薄暗くなった。

ヘブリオンアカデミーでの⽇々を思い出す。

⼀⼈ではなく、深く信頼している⼈々に囲まれていた日々を。

わずか6か⽉前のことだが、彼⼥がヘブリオンアカデミーで過ごした⽇々はすでにとても遠いものに。

「・・・仕事に戻りましょう」

ロマンティカは考えを振り払うように⾸を横に振った。

しばらく歩いた後、彼⼥は⽴ち⽌まって周りを⾒回す。

どちらの⽅向にも⾒られる⼈は誰もいない事を確認し、ロマンティカは⼿を広げた。

その瞬間、空気の動きが⽌まる。

空から降り注ぐ雪は⽌まった。

⾒物⼈なら誰でも時間が⽌まっているとしか⾔いようがない不思議な光景。

これは、彼⼥が周囲の気流を制御した結果だ。

【⻯巻召喚】

ロマンティカがその呪⽂を発動した瞬間、彼⼥の周りに空気が渦巻く。

数インチ積もった雪がかき混ぜ始めた。

すぐに、ロマンティカは⽩いマントルの下に強制的に隠される。

激しい空気が空の頂上に押し寄せ、激しく雲を引き裂いた。

そして、暗い空がほんの数秒で晴れる。

「これで⼗分かな?」

全世界を覆っているように⾒えた雪は、もはや降ることはない。

気象制御の魔法。

ロマンティカは魔法で気流を制御して天気を変えたのだ。

第5級魔術師でさえ、ある地域の天気を変えるのは簡単なことではない。

しかし、彼⼥はそのような呪⽂を唱えた後、少しも満足したようには見えなかった。

突然雪の上の⾜⾳を聞き、ロマンティカの顔は⼀瞬で固まった。

⾜⾳の⽅向に、圧縮された空気の弾丸を発射する。

⾜⾳を聞いてから1秒以内に、彼⼥の呪⽂は計算され、配置され、呼び出された。

警戒を緩めたとしても、彼⼥が受けた専⾨的な訓練の後、⼤陸の他の魔術師は彼⼥の呪⽂を唱える速度と競争することができないでしょう。

しかし、雪の雲が晴れると、⼟、⽯、雪の固い壁が現れた。

(ブロックされたの?)

ロマンティカの狙撃呪⽂は驚異的なスピードを誇り、防御や回避は容易ではないはず。

彼⼥は無意識のうちに息を呑み、マナを集中し始めた。

「強くなったな、ロマンティカ!」

その瞬間、誰かが⼟壁の後ろから⾶び出してロマンティカに話しかける。

ロマンティカは男のリラックスした声を聞いて眉を上げた。

「あなたは・・・」

彼⼥はその男に近づく。

近づくにつれて、男の姿はますます明確になった。

アーチ型の眉⽑。

⾵に吹かれる細い⿊髪。

考えを読みにくくした深くて暗い⽬。

そしていつものように優しい笑顔を抱いた唇。

とてもよく知っていて、彼らの別れ以来絶えず逃していた笑顔。

「久しぶりね、デジール」

 



 

ロマンティカのオフィスは彼⼥の好みを反映した居⼼地の良い部屋だ。

ジャベットは、⾸都デルタハイムからそれほど遠くない、プリレチャの国境に位置する都市。

それは軍事の中⼼地であり、プリレチャの歴史を通して⻑い戦争の歴史が存在した。

その結果、多くの歴史的な出来事が起こった場所だったので、ここに影の世界が集中していたのは当然のことでしょう。

プリレチャに可能な限り奉仕するために、ロマンティカはこの街に⾝を置いていた。

「噂を聞いたことがあると思いますので、すぐに尋ねます。ロマンティカ、協力してもらえますか?」

デジールは、ロマンティカが⺟国に戻った理由を誰よりもよく知っている。

それでもなお、彼は躊躇うことなく故郷を離れるように彼⼥に促した。

「あなたの計画・・・、スカルマスクを完全に破壊するのにどれくらい時間がかかると思いますか?」

「一週間」

デジールはロマンティカの質問に対する明確な答えで即座に反応する。

「1・・・、え?」

「ディバイド王国は1週間以内に破壊されます」

スカルマスクを倒すことは、ディバイドを倒すことと同じ。

この時点で、⼤陸全体が団結し、半年以上に渡って彼らに対処してきた。

それにもかかわらず、彼らはまだこの単⼀の敵によって徐々に押し戻されている。

けれど、デジールは、1週間でディバイドを破ると断言したのだ。

普通であれば、そのような主張は信じられないでしょう。

しかし、そのような⾔葉を聞いた後、ロマンティカは何の質問もしなかった。

その代わりに、彼⼥は優しく微笑んだだけ。

ヘブリオンアカデミーの思い出、彼らが共有したより良い時代の思い出は、ロマンティカの⼼を⽀配する。

デジールは、他の⼈が不可能だと思ったことを定期的に達成してきた。

過去半年間、彼らは別れを告げ、彼は⼤陸中を旅して素晴らしい功績を収めてきた。

「しかし、私の計画には、ロマンティカの存在が必要です」

デジールの言葉にロマンティカは⽬を⼤きく開く。

しばらくして、彼⼥は微笑んだ。

「はは、そう?」

そして、ロマンティカは通信魔法を呼び起こし、ジャベットの領主と話し始めた。

「前に⾔ったように、私は去る必要があります」

[ついに決定したのですね]

「傭兵はここにとどまり、あなたを助けます。私が出るときに備えた傭兵隊なので、私がここにいなくても⼼配はいりません」

すべてが完了したので、ロマンティカは出発する準備が完了した。

「準備できたわよ」

「・・・あなたはすでにすべての準備を終えたのですか?」

「ええ。いずれ聞かれそうな気がしたので、ずっと準備をしてきました。他の誰かが尋ねたなら、私はおそらく拒否するでしょう。結局のところ、あなたの計画は決して失敗したことはありません」

ロマンティカの⾔葉に、デジールは元気に微笑んだ。

「ロマンティカ、私を信頼してくれてありがとう」

ロマンティカは決⼼し、彼のパーティーに再び加わった。

デジールが背を向けると、悪戯っぽい表情で塗りつぶされていたロマンティカの顔が消えていく。

「あなたは私がこの⽇のためにどれだけ準備したか分からないわよね、デジール」

「私は戻ってきます。これまで以上に強くなります」

半年前に別れた後、ロマンティカはトレーニングに没頭した。

ほんの少しでも、必死に強くなろうとして。

保護されたアカデミーでは体験できない多くのことを経験し、その結果、彼女は遥かに強くなる。

この段階での戦闘経験の増加は、サークルの増加よりも価値があった。

「・・・デジールが必要とする相手になることができるように」

プリレチャを去るという彼⼥の避けられない決定の⼀部として、ロマンティカはジャベットから熟練した傭兵部隊を集める。

わずか半年で、彼⼥は優れた品質の傭兵を集めた。

ミダス傭兵として知られるようになったロマンティカの傭兵部隊は、今や⼤陸でその地位を確⽴する。

これは、ロマンティカが現在の状況を克服するための努⼒の結果であり、同時に、彼⼥がプリレチャを離れなければならなかった場合の保険。

「それで、あなたは私を⼿に⼊れたので、あなたの計画は準備ができたのですか?」

「いいえ、まだ1⼈残っています」

デジールは断固として答える。

「アゼスト・キングスクラウン」

 



 

現代の最も強⼒な国であるヘブリオン帝国。

皇帝の本拠地であるレオンハルト宮殿は、帝国の中⼼であり、⼤陸の中⼼であると⾔われている。

⽩いブロンドの髪の少⼥が皇居の中でひざまずいていた。

「最初の王⼥、アゼスト・ゼドガー・F・ログフェラスは、帝国の大太陽である陛下に挨拶します」

ヘブリオン帝国の皇帝、ギルティアン・ゼドガー・F・ログフェラスは王位に座り、やや乾いた笑顔でアゼストを⾒下ろす。

ギルティアンはデジールの助けを借りて、国内の敵を完全に排除した。

ヘブリオン帝国と競争できる他の王国はもうなかったと⾔っても過⾔ではないでしょう。

「今日はどういった用件だ?」

「私は、デジール・アルマンが陛下にいくつかの要求をしたことを知っています」

デジールは先⽇、ギルティアンにいくつかの要求をした。

しかし、それは皇帝とロイヤルガードのメンバーとの間の会話。

他の⼈に漏れたりする可能性のある内容ではない。

「私とロンギヌスの槍の両⽅がデジールの計画に不可⽋です。なぜあなたが彼の要求を承認しないのか知りたいのです」

「頭を上げなさい」

アゼストが頭を上げた瞬間、彼⼥はすさまじいオーラを浴びる。

ギルティアンから発せられた⼒は、彼がまだ⾸相にいることを証明した。

「なぜ私があなたを皇居に召喚したと思いますか?」

「皇室の正当な後継者を保護するため」

「その通り」

これが、アゼストが突然すべての絆を断ち切り、6か⽉前に皇居に戻った理由。

「同じ理由で、デジールのリクエストは受け付けられません」

「それは⾃⼰中⼼的な決定です」

アゼストの無礼にもかかわらず、ギルティアンは何も指摘しない。

「あなただけがそれを⾃⼰中⼼と呼ぶでしょう。これは帝国のために下された決定であり、その国⺠のために下された決定です。王位継承者が真っ先に危険に晒されることは許されません」

「その決定によって帝国が破壊されたとしても?」

 



 

ロマンティカも順調に成長していましたね!

彼女の実践での活躍が楽しみです。

傭兵部隊はシャドウラビリンスでも有益になることでしょう。

ディバイド王国を一週間で破壊すると断言するデジール。

後は、アゼストの復帰が必要ですね。

帰還者の魔法は特別です【259話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は259話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...