帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【257話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は257をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

257話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【256話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は256話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 地獄の光景

[ヴァルハルド・ラクンタシュが亡くなりました]

「主が死んだ!復讐だ!」

「すべての⼈間を殺せ!」

「⼈間の⾎を飲みましょう!」

オークは尊敬されている主の死に激怒した。

ヴァルハルトは倒れたが、数⼗万⼈のオーク軍が残っている。

しかし、プラムは彼らを気にしていなかった。

代わりに、彼の注意は上空に向けられる。

[リーダーは倒しました、デジールさん]

[グッドジョブ、プラム]

まもなく通信魔法を経由して迅速に交換後、誰かが空から登場する。

⿊いコートに⾝を包み、⻑い杖を振るう若い男が戦場に浮かんでいた。

デジール・アルマン。

彼が杖を地⾯に向けると、複雑なマトリックスが世界に描かれ、空がキャンバスとして描かれる。

超巨⼤な呪⽂の配列が彼らの上空に現れ、不快な量のマナが戦場を駆け巡り始めた。

⼈々は唖然とし、無知なゾンビのように上向きに⾒続けることを余儀なくされる。

それはまるで彼らの魂が魅了されたかのよう。

かつて騒がしかった戦場は、武器の衝突⾳、敗北者の叫び声、勝利者の遠吠えに満ちていたが、沈黙に取って代わられた。

残ったのは朝⿃の歌だけ。

デジールは呪⽂の調整を終え、⼝を開いた。

[アースバインダー]

想定された防御魔法とは完全に異なる魔法。

呪⽂が発動されると、地⾯が揺れ、深い⻲裂が現れ始める。

オーク軍の中⼼部で、⻑さ数百メートルのプラットホームが上昇し始めた。

その上で捕らえられたオークは⽴ち往⽣し、上昇するプラットフォームの中⼼に向かって群がる以外に何もできない。

プラットフォームは太陽に向かって上昇し始め、それ⾃体を圧縮して巨⼤な球体に変化していく。

デジールの顔は無表情で、彼の⾏動に躊躇いはなかった。

グシャっ!

恐ろしい⾳が戦場に響き渡る。

石と肉が互いに衝突したのだ。

戦場全体が、ほぼ⽉の⼤きさの武器によって投げかけられた影に固定されていた。

[重⼒制御]

デジールは別の呪⽂を発動する。

彼の杖が指⽰された場所に⽴っているオークはひざまずき始めた。

彼らは皆、突然の重⼒の増加の下で⽴ったままでいることができない。

重⼒は増加し続け、オークは地⾯に粉砕され、⾎の染みだけが残る。

「た、助けてください!」

オークは死の脅威に絶望して叫んだ。

しかし、これはほんの始まりに過ぎない。

デジールが杖をゆっくりと下げると、巨⼤な球が空から落ち始めた。

「・・・え?」

そして、彼らは押しつぶされる。

彼らは即座に殺された。

それは⾮常に速く起きたので、ほとんどのオークは悲鳴を上げる機会さえない。

隕⽯の震源地から、地⾯が崩れ始めた。

「・・・!」

ケリン騎⼠団の⼀⼈であるマヤは、キノコ雲の埃を⾒て呟く。

「あり得ない・・・」

彼⼥の⽬は、どんな賞賛の感覚よりも、恐れの感覚で広げられた。

彼らは同盟国だったが、彼⼥は空に浮かぶ少年に対する恐怖を感じることしかできない。

【マグマの遠吠え】

部分的に崩壊した地⾯の割れ⽬から熱気の間⽋泉が爆発する。

それはマグマ。

マグマは間⽋泉のように空中に舞い上がり、急上昇した。

そびえ⽴つマグマが津波のように地⾯を一掃し、オークの悲鳴だけが聞こえてくる。

その光景は地獄と言われてもおかしくないだろう。

[最後のクエスト「絶滅」を無事に完了しました]

[報酬が配布されました]

 



 

「これにより、スカルマスクによって⼈⼯的に作成された影の世界を予測できます」

薄銀⾊の髪の男がお茶を飲みながら話していると、通信機器から⼥性の声が聞こえてきた。

[あなたのおかげで、私たちは影の世界にもっと簡単に対処することができます]

「私は喜んでお⼿伝いします。影の世界が現れる前に準備できれば、与えられるダメージとコミットする必要のあるリソースが⼤幅に削減されます。それは、デジールの計画が成功するために重要ですから」

男は40歳の外⾒をしていたが、彼の⽬は深遠さと知恵のオーラを発している。

この男は第7級魔術師であり、魔塔主であるジョード・エグザリオン。

「戦争はどうですか、プリシラ?」

リモート通信の魔法を介してジョードに話しかけていたのは、アルテミスの聖女であり、アルテミス教会のリーダーであるプリシラ・ハイシルカイト。

[悪いわ。楽観主義者でさえ、順調と⾔うのに苦労するでしょう]

「作戦が始まるとすぐに戦争は終わります」

[そうだと嬉しいわ。どれだけ⻑く続くことができるか分かりませんから]

通話を終了した後、ジョードはため息をつき、⽬を⽚側に向ける。

彼の視線の⽅向には、戦いの最前線を⽰す映像が。

「ディバイドの⼒は恐ろしいです。私たちの最悪の予測は真実であることが証明されました」

⼤陸のすべての国は揺るぎない戦争に閉じ込めらた。

彼らの共通の敵、ディバイド王国によって。

国が全世界に対して戦争をすることは不可能だ。

それは強⼤なヘブリオン帝国にとってさえ不可能。

その不可能を、ディバイド王国は可能にした。

「いいえ、これはディバイドの力ではありません。これはスカルマスクのせいです」

スカルマスク。

アウターとして知られている犯罪グループの最も凶悪なリーダーの⼀⼈。

彼は⼈類の歴史を通して多くの国に潜⼊している間、⾝を隠してきた。

彼の本当の⽬的を隠しながら密かに動いていたのだ。

ディバイドが世界に⽴ち向かう能⼒は、すべて彼のおかげだと⾔っても過⾔ではない。

「この状況は、影の世界がなければ簡単に処理できたでしょう」

スカルマスクには、影の世界を⼈⼯的に作成する⼒がある。

この⼒は、どの戦略核兵器よりも脅威的だ。

レベル1の影の世界は、記録された歴史の中で3回しか登場していない。

毎回、その時代の最強の国はそのような影の世界によって消費されてきた。

この状況が⼗分に困難でなかったかのように、スカルマスクはディバイドに軍隊を動員させ、近隣諸国に侵⼊し始めている。

スカルマスクによって作成され、その後完成されたキメラとホムンクルスによって強化されたディバイドの⼒の⼒は、単に圧倒的だったのだ。

幸いなことに、最近結成された同盟と以前のアウターとの戦いにより、王国は迅速に団結することができた。

そのような成果の背後には⼀⼈の少年の存在が。

彼がいなければ、アウターとの戦いでどれだけの経験を積んだとしても、これほど早く達成することはできなかったでしょう。

「それでも、状況は決して良いものではありません・・・」

彼らにできることは、被った被害を減らすことだけ。

物事は時間の経過とともに悪化していた。

驚いたことに、そのような状況に直⾯したときでさえ、ジョードの表情に必死さは⾒えない。

対戦相⼿がチェックメイトからわずか1歩離れているにもかかわらず、彼の⽬は輝き、可能なすべての動きをチェックしている。

 



 

考えを整理していると、オフィスのドアが開き、少年が入ってきた。

「影の世界をクリアするのに問題はありましたか?」

「かなり簡単でした。私は敵の軍隊に対処する必要があるだけで、彼らのリーダーは私が期待したように動いたので、プラムが最初に彼を排除することができました」

デジールの報告に、ジョードは苦笑いを浮かべる。

「あなたはおそらく、そのようなレベル2の影の世界について話すことができる⼤陸で唯⼀の⼈間です」

ジョードは、誇らしげな表情でデジールを見た。

「デジール、あなたがここにいなかったら、今⽇までにそれを達成することはできなかったでしょう」

直⾯している状況について考えたとき、デジールがいなければ、⼤陸全体がすでにスカルマスクの⼿に渡ったかもしれないという結論に達した。

彼は、ヘブリオン帝国の貴族と庶⺠の間の果てしない紛争を中和することに向けて⼤きな進歩を遂げた。

彼は、記録された歴史の多くで互いに敵対していたヘブリオン帝国と⻄王国連合の間の関係を正常化した。

彼はまた、これまで孤⽴主義の政策を維持してきた平和の保護者である野蛮⼈のエステバン族と共同同盟を結ぶことに成功した。

デジールがこれらの偉業の1つを達成できなかった場合、スカルマスクによって⼈⼯的に作成された多数の影の世界に対処することはできなかったでしょう。

そして今でも、彼の指導がなければ、戦闘開始時に彼らが受けたであろうダメージは甚大だったはず。

「それで、あなたが⽬指したものを⼿に⼊れましたか?」

「はい」

デジールが取り出したのは、青い紫陽花の旗。

[ケリンの騎⼠団⻑、クロス・ポーヒンケがこの旗を私の国の救世主、デジール・アルマンに贈る]

彼はケリンの騎⼠団を助け、友情の証として⽂のある旗を受け取った。

そのような旗がたくさん展⽰されていた壁に向かう。

「これで250回⽬です」

デジールは各国が影の世界をクリアするのを助け、順番に彼らの協⼒を約束された。

活動をヘブリオン帝国や⻄王国連合のような⼤きな国に限定するのではなく、⼤陸中の強⼒なグループと関係を築いていたのだ。

彼らの⼒が⼀致することは、壊滅的な軍事同盟になるでしょう。

国境を越えた軍事同盟は、デジール・アルマンという名前で集まっていた。

(シャドウラビリンスでスキルを発揮し、5年以上も成功した⼈だけを集めました。このような状況では、⼒だけでは役に⽴たない。彼らの適応性は彼らの強みになるでしょう)

彼が集めた⼈々は、⼈類のエリートと呼ぶことができ、⼈類がこれまでに直⾯したであろう最悪の災害を⽣き残る⼒と能⼒を持った⼈々。

(これで、シャドウラビリンスの準備は完了に近づいています)

現在の⼈類の表現が最⼤の危機に直⾯していた今でも、デジールは未来に⽬を向け続けていた。

「魔塔主様、私が要求した件はどうですか?」

「すでに完成しています。空⾶ぶ旗艦は出航する準備ができています」

「その場合、ステージは設定されていますね」

現在の状況を⼀気に逆転させる秘密の計画の完成は、ほとんど彼らにかかっていた。

「最後の俳優を集めて、劇を始める時が来ました」

 



 

レベル2の影の世界を、ほぼデジールとプラムでクリアしました。

彼らの力は大幅にパワーアップしていますね!

アゼストとロマンティカの成長も気になります。

そして、ディバイド王国との対決も近づいてきました。

デジールのこれまでの努力の成果は発揮されるのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【258話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は258話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...