帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【255話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は255をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

255話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【254話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は254話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • それぞれの道

ロマンティカはデジールの前でじっと立ち止まる。

やがて彼⼥は⼝を開き、震える⼿をしっかりと握った。

「・・・プリレチャを助けるために召喚されたわ」

プリレチャに出現した影の世界は、レベル1。

王国全体を飲み込むのに⼗分な強さ。

「ああ。そのニュースは聞いたよ」

アバロン軍が動員されたが、プリレチャは依然として不⼗分な⼈的資源に苦しんでいた。

彼らは、できる限りすべての⼈を呼びかけるしかないのだ。

「なぜこれほど多くの事件が私たちの国で起こっているように⾒えるのか分からないわ」

ロマンティカはため息をついた。

「できれば移住したい」

「プリレチャに向けて出発するのか?」

ロマンティカがイライラしていたとき、デジールは真っ直ぐに尋ねる。

「どうしていつもこんなに簡単に私の心を読めるの!?私は普段通りにしていたのに!」

「分かるさ。ロマンティカが何か⼼配事を抱えている時は、いつも唇を噛む癖があるから」

デジールは本当に彼⼥についてたくさん知っていた。

彼⼥自身が気づかなかったとしても、これは習慣だ。

「アゼストとプラムは残るのよね?」

「多分そうだと思う。彼らの出身はここだから」

「あの二人が羨ましい。私も滞在できたらいいのに・・・」

ロマンティカは話すのをやめ、デジールを見つめる。

彼らが抱いた沈黙は永遠に続くようだった。

彼⼥の唇は荒れていた。

「けれど、仕方ないわよね。あの国は私の家族のビジネスがある場所だから。継承したいのなら保護する必要もあるよね?」

ロマンティカは物憂げに微笑んだ。

結局のところ、決定を下さなければならなかったのは彼女自身。

「ロマンティカ、成功することを願っています。必ず無事に戻ってきてください」

「ありがとう、デジール」

これは、彼らが別れる会話の⾃然なポイント。

ロマンティカは跳躍し、デジールを抱きしめる。

「ロマンティカ?」

デジールは恥ずかしそうに⾒えたが、すぐに微笑んだ。

いつものように、彼は頼りになる⼈。

ムクドリパーティの中心。

彼はロマンティカの髪を撫でる。

ロマンティカはデジールが彼⼥の髪に触れることを許可した。

維持するために⼀⽣懸命頑張った髪型が台無しにされたかどうかは気にしていない。

「デジール、私はこれまで以上に強くなります」

今は自分を⼥性として⾒ていなくても、いつか愛情を込めて振り返ってくれれば幸いだ。

 



 

ロマンティカが去った直後、デジールはサイドガードに連絡する。

[それは⾮常に有益な情報です、デジール様]

アルフレッドは、ロイヤルガードを⽀援するために結成されたグループであるサイドガードのリーダーであり、皇帝に近い重要⼈物。

アルフレッドを通して、デジールは皇帝に、影の世界の発⽣はスカルマスクに関連していて、彼の討伐が最善策だと語った。

「これは帝国にとって最⼤の脅威です。塔への理解を深めることで、より詳細な情報を⾒つけることに集中する必要があります。関連する対策を準備したほうがいいです」

「デジール様の意⾒をお伝えしておきます。ああ、ちなみに、ちょっと待っていただけませんか?申し訳ありませんが、陛下からの注⽂があります」

「何でしょうか?」

「・・・その前に、いくつかお伝えしたいことがあります。皇室はムクドリパーティの⼀⼈を要請しました。必要に応じて、残されたメンバーに無制限の援助が与えられます」

これは珍しいこと。

⼤きな補償は、要求も困難だったことを意味している。

「・・・やるべきことがたくさんあります。リクエストに時間がかからないことを願っています」

「それは・・・、⻑くはかからないでしょう」

アルフレッドは神経質に机を軽く叩く。

「メンバーの1⼈であるアゼスト・キングスクラウンは、ログフェラス家の正当な後継者です」

デジールはすでにアゼスト本人から聞いていて、それが事実であることを知っていた。

「王⼥様が宮殿に召喚されます。デジール様、彼女が後悔しないように、直接宮殿に戻るように説得していただけませんか?」

 



 

⾺⾞は⽌まることなく、通りの⽯畳に沿って動いている。

⽬的地を推測することは難しくないでしょう。

⾺⾞のドアと天井には、皇室を象徴する⾦⾊のライオンの絵があるのだから。

半開きのカーテンを通して、アゼストは皇居が徐々に近づいているのを⾒ることができた。

このように起こるという事実は、彼⼥が最初から予想していたこと。

しかし、その理由については分からない。

いずれにせよ、彼⼥が直⾯しようとしていた結末は単純。

別れ。

それは馴染みのない言葉。

そんなことを体験したくなかった。

そのため、最初にヘブリオンアカデミーに入学し、貴族のためのアルファクラスにたどり着いたとき、彼⼥は誰にも⼼を開かなかったのだ。

⾊のない⼈⽣を送り、強くなることに完全に専念していた。

そのような⼈⽣が自分にとって最⾼だと思ったから。

けれど、デジールとの出会いが彼女を変えた。

彼に会った直後から多くのことが変わった。

(最後にデジールと話したのはいつ?何年も前のように感じるけど、1⽇も経っていない)

自分が王⼥であると彼に知らせて以来、彼らはそれ以来話をしていない。

彼らの関係は今や厄介だった。

それは理解できる。

王女の称号は決して軽いものではない。

「デジール」

最初に口を開いたのはアゼスト。

ずっと外を⾒つめていたデジールは、頭を向けて彼女を⾒つめる。

しかし、それだけ。

彼はただ彼⼥を⾒ただけ。

奇妙な沈黙が、アゼストの⼼にチクチクする感覚を感じさせた。

「・・・あなたは怒っていますか?」

⼝を開けるのも苦労する。

しかし、デジールは答えなかった。

彼らがパーティメンバーとして⼀緒に座るのはこれが最後だ。

ロイヤルガードのメンバーであるデジールに会うことができたとしても、それはアゼスト・キングスクラウンではなく、アゼスト・ゼドガー・F・ログフェラスとして。

(・・・嫌だ)

荒涼とした過去に戻りたくなかった。

「何か⾔ってください・・・」

「王女様、私があなたに腹を⽴てる特別な理由はありません」

王女。

アゼストは⼼の痛みを感じる。

「デジール」

このまま終わりたくない。

「陛下は素晴らしい決断をしました。後継者が危険に晒されないようにするのは賢明な⽅法です」

[⾺⾞には⾳声監視の魔法があります]

天井にマナが集まってメッセージを形成する。

アゼストの⼼は晴れた。

[ムクドリパーティに⻑引く愛着がないことを確認するように命じられました。彼らはこの要求がうまくいっているかどうか知りたがっています]

アゼストの予測は正しかったが、それは問題ではない。

[デジール、私はあなたを欺くつもりはありませんでした。私はただ・・・]

[知っています]

「重要なのはあなたが王⼥であるという事実だけです」

[アゼスト、あなたが王⼥であるかどうかは関係ありません。あなたはあなたです。ログフェラスであろうとなかろうと、あなたは常にアゼストです。それは変わりません。それが私が到達した結論です]

[なぜですか?]

[私はあなたと同じだから]

彼らの⽬は交差した。

[誰もが隠したいものがあると思います。私もあなたから隠さなければならない何かがあります。私はまだそれを明らかにしていませんが、あなたはあなたの秘密を共有しました。あなたは私を信頼しているので、私もあなたを信頼しています]

それはデジールの正体の秘密。

自身の過去を誰かと共有したことは⼀度もない。

[しかし、あなたは・・・、反応を⽰さなかった]

[ 私は気にしなかっただけです]

それは単なる⾔い訳ではなかった。

[いつもそうだった。私はあなたを同僚として、強⼒な仲間として認識し、私は完全に私たちの未来に集中していました]

デジールは、常に未来について考えていた。

前進する⾺⾞のように、⽬的地だけを見続ける。

休むことなく、終わりもなく、単⼀の⽬的で移動していた。

[アゼスト、私はむしろあなたを尊敬しています]

⻑い間隠されていた秘密を持ち出すのは決して簡単なことではないでしょう。

アゼストは幸せを感じ、彼⼥の⽬は震えて⾚くなる。

[今度会ったら、私の話をします、アゼスト]

彼女は⼿を髪の⽑に当てた。

形成された鋭い氷が銀⾊の髪の⽑の束を切り落とす。

[デジール、私はアゼスト・キングスクラウンとして戻ってきます]

宣⾔の証として、アゼストはそれをデジールに渡した。

 



 

ロマンティカとアゼストもパーティから離脱・・・。

ですが、お互いの気持ちを再確認できたので良かったです!

ロマンティカとアゼスト。

どちらのヒロインも魅力的ですね。

帰還者の魔法は特別です【256話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は256話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...