帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【253話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は253をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

253話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【252話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は252話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • レベル2

落ち着いた平和があっという間に過ぎ去る。

レベル2の影の世界の突然の出現は、ドレスデンの中⼼部にあるヘブリオンアカデミーを覆った。

デジールは、信じられないかのようにヘブリオンアカデミーを⾒つめる。

「レベル2の影の世界がどうして?」

レベル1とレベル2の影の世界の発⽣は、差し迫ったシャドウラビリンスの兆候。

しかし、これは予定より遥かに早い。

今残された問題は、これにどう対処するか。

シャドウラビリンスが現れるまでにはまだ1年以上残っているが、この初期の指標が現れたので、シャドウラビリンスも早く現れると仮定し続けるべきでしょうか?

そもそもルール違反だ。

影の世界には1つの規則性がある。

多くの影の世界は、仮に発⽣したとしても年に1回だけ。

絶望と複雑さの感覚がデジールを圧倒する。

突然の警告音に、⽣徒たちは混乱した。

「レベル2の影の世界?」

「あり得ない!」

問題は、影の世界が発生しただけではない。

彼らが今直面している影の世界の難易度はレベル2。

これは長い間見られなかったもの。

今を生きている人は誰もレベル2の危機を経験していないのだ。

もちろん、常に例外はある。

スカルマスクは何世紀にも渡って生きてきた。

彼はおそらくレベル2の⼒を経験していたでしょう。

「レベル2の影の世界をクリアすることなんてできるのか・・・?」

クリアできなかった場合、それは世界の⼀部を消費するでしょう。

この平和な時代において、この災害を取り除くためにどれだけの犠牲を払う必要があるか想像もできなかった。

「落ち着いて、みんな!」

教授たちはパニックに陥った学⽣たちを落ち着かせようとする。

しかし、これは簡単な作業ではない。

むしろ、教授たちも予想外の状況に混乱しているように⾒えたため、状況は悪化した。

 



 

ヘブリオンアカデミーでの影の世界の出現により、ドレスデンのホテルの⼈気は予想外にブームになる。

彼らがそれをクリアする試みに失敗しない限り、侵⾷はすぐには進⾏しないでしょう。

けれど、多くの⼈が不安でホテルに住むことに。

しかし、ムクドリパーティはホテルではなく、ブリジット教授の邸宅に留まることにした。

ブリジット教授の意⾒は、誰もがこのような混沌とした状況に集まった場合、少なくとも落ち着くだろうというもの。

混雑したホテルの中から空の部屋を⾒つけるのは簡単ではなかったので、誰もがブリジット教授の提案をすぐに受け⼊れた。

「⼗分なスペースがあるので、気軽にしてちょうだい。何か必要な場合は、遠慮なく教えてね」

ブリジットは学⽣たちを彼⼥の邸宅に連れて⾏き、彼⼥が助けることができる緊急の何かがあるかどうか確かめるために急いで戻った。

影の世界の発⽣に関連する何かを⽀援するために動いているようだ。

「なぜレベル2が突然出現したの?」

ロマンティカの表情は硬い。

「過去100年間、影の世界の強さはレベル3までしかなかったわ」

誰も答えなかった。

それは、ここのみんなが彼⼥と同じ質問をしたから。

彼らも現在何が起こっているのか理解できていない。

デジールも例外ではなかった。

彼はコミュニケーションパッドを通して、誰かと静かにコミュニケーションをとっている。

「クリア出来るのでしょうか・・・?」

プラムの質問に対して、アゼストは答えた。

「レベル2の影の世界であっても、⼈類は100年前と⽐較して発展してきました。私たちがこれを完了することは可能だと確信しています」

 



 

その時、今まで静かだったデジールが⼝を開く。

「それほど単純な話ではありません。これを⾒てください」

デジールは通信パッドを操作して、⼤陸のホログラフィックマップを作成した。

地図は⾚い点で覆われている。

彼は、利⽤可能なすべての情報ネットワークを通じて、⼤陸中からのニュースをまとめていたのだ。

「デジール、それらの⾚い点は何・・・?」

「⼤陸全体にレベル2以上の影の世界が100以上あります」

沈黙がグループを包み込んだ。

彼らはすぐにデジールの真剣な表情を⾒て、現実を受け⼊れることを余儀なくされた。

ヘブリオンアカデミーは、⼤陸中からさまざまな国籍の⼈々が集まっている。

ムクドリパーティも例外ではない。

彼らは皆、家族が住んでいる⾃国ではそのような異常が起こらないことを望んでいた。

ロマンティカはプリレチャの⾚い点を⾒ながら⻭を⾷いしばる。

他の党員も同様に地図を⾒て、表情を固めた。

しかし、アゼストはまったく異なる視点から地図を分析する。

「この状況の原因はディバイドにあります」

パーティーメンバー全員が地図の⽚側に⽬を向けた。

⾚い点がない国が1つだけ。

ディバイド王国。

デジールは、スカルマスクが意図的に影の世界をもたらしたと推測した。

「どうやってこのような影の世界を⼈⼯的に誘発することができますか?」

「あの塔によるものでしょう」

領⼟全体に建てた巨⼤な塔。

キメラの研究と製造の表⾯的な⽬的の背後には、より⼤きな秘密が隠されていた。

カテリーナの犠牲を通してこの秘密を垣間⾒ることができた。

潜⼊した塔の地下室は、彼がホムンクルスの実験室で⾒たのと同様の⽅法で建設されていた。

また、⼤量のマナストーンが加⼯・備蓄されていた。

「おそらく、彼らはストックしているマナストーンを使って⼈⼯的に影の世界を作成しているのでしょう」

マナストーンはまだ根本的に未知の物体であり、その構造はまだ完全には理解されていない。

「スカルマスクは影の世界について多くのことを知っているようでした。たぶん今起こっていることは、これらのマナストーンで仮想影の世界を単に作成することを超えた⼀歩です。そうじゃないですか、魔塔主?」

デジールは、彼の最後の⽂をコミュニケーションパッドに向けた。

最初からジョードと話していたようだ。

 



 

レベル2の影の世界が100以上・・・。

シャドウラビリンスよりも絶望的な状況なのではないでしょうか?

解決策としては、全ての影の世界をクリアする。

もしくは、元凶の可能性がある塔を破壊する。

デジールはどのような解決策を導くのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【254話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は254話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...