帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【252話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は252をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

252話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【251話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は251話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アゼストの正体

最初は馴染みのないように思えた病院の⾹りは、今ではすっかり馴染みがある。

デジールの前世では年に⼀度来る病院だったが、今世ではほぼ毎シーズン入院している。

けれど、今回は自身の入院ではない。

彼が来た理由は誰かを訪ねるため。

デジールは目の前の⼈を⾒つめた。

淡い表情。

⼀⾒⼥の⼦と思われる⼩さな体格の⼥性が⽩いベッドに横になり、深く眠っていた。

スワン・カテリーナ。

数⽇間の治療の後、昏睡状態から⽬覚めることがなかった彼⼥の顔は⻘ざめていた。

「この1週間で多くの変化がありました」

次元ポケットから新聞を取り出し、ゆっくりと読み進める。

表紙から最後のページまで、すべての記事はディバイド王国について。

デジールが開⽰したデータは騒ぎを引き起こした。

ディバイド王国は、デジールが公開したすべてのデータを否定し、帝国による明らかな策略であるという意⾒を表明する。

しかし、⻄王国連合との緊密な協⼒の下、ディバイド王国が取り組んできた様々な違法研究が次々と明らかに。

「あなたのおかげで、これはすべて可能になりました」

カテリーナはクロウマスクの力を使い果たし、デジールが彼に勝つことを可能にした。

彼⼥はまた、塔の異常を理解し、隠された地下室とそこに隠されたすべての技術を明らかにした。

デジールは新聞をサイドテーブルに置く。

カテリーナはそれを読むことができないかもしれません。

彼⼥が⼆度と⽬を覚まさない可能性が⾼かった。

「医者は、彼⼥がなんとか⽣き続けることができたのは奇跡だと⾔いました」

複雑な気持ちでため息をつく。

彼⼥を⾒るたびに、混合された感情が表⾯に泡⽴った。

カテリーナは、すでにデジールにとって単なる⼈的資源以上のものを意味している。

彼は彼⼥を巻き込んだことを後悔した。

計画は無謀でしたか?

私は彼⼥を巻き込むべきではなかった?。

それとも、⼤評議会に出席する代わりに⼀緒に行動すべきでしたか?

デジールはカテリーナを信頼しすぎて、彼⼥が怪我をしないだろうと思った。

予期しない変数が多すぎたのだ。

「選択・・・」

常に⾏わなければならない選択が存在する。

この事件の結果はポジティブなものになったが、もっと良い選択肢があったに違いない。

デジールが失ったのは、カテリーナだけではなかった。

「・・・ディバイドを強制的に脱出するという選択の後、多くの兵⼠が亡くなりました」

戦いがどんなに短くても、犠牲は莫⼤だ。

⼤評議会⾃体をキャンセルしたならば、必要な情報を掘り起こすことができなかっただろうが、彼らは多くの命を救ったであろう。

さらに、デジールはディバイドを敵に変えた。

シャドウラビリンスが登場したとき、彼らの強さを当てにするのは今では困難でしょう。

「・・・」

スカルマスクの言葉を思い出す。

[義の道を辿る世界]

[すべてが本来あるべき姿で起こっている・・・]

彼はすべてが正されることができると主張した。

彼は戻って、起こった⼈類の過ちを直したかったのだ。

彼の⾔葉はデジールの頭の中に残り続けた。

[歴史を再編成する]

[偉⼤な歴史]

「まさか・・・」

軋む⾳が、デジールが陥った深い空想を破壊する。

他の誰かが来るとは予想していなかったので、これは彼を驚かせた。

好奇⼼を満たすためにドアの⽅を向いた瞬間、彼の⽬は⼤きく開いた。

まるで世界が止まったかのように。

「・・・アゼスト」

 



 

奇妙な沈黙が続く。

デジールは、なぜアゼストがここにいたのか理解できなかった。

ここは宮殿ではないが、ヘブリオンの正規の学⽣である彼⼥が⼊ることができる場所ではなかったことは確かだ。

アゼストは、震える⼿でカテリーナの指に触れたる。

⻑い沈黙の後、アゼストは⼝を開いた。

「彼⼥が塔に⾏ったとき、彼⼥は自ら志願したのですか?」

デジールは頷く。

すでに答えを知っていたかのように、アゼストは頷いた。

「それが事実だと確信していました。彼⼥は⾃分がやりたいことだけをしたのでしょう」

彼⼥はまるでカテリーナをよく知っているかのように話す。

「彼⼥の使命は成功しましたか?」

「彼⼥のおかげで、多くの⼈が⽣き残ることができました」

「良かった・・・」

「アゼスト、あなたはカテリーナを知っていたのですか?」

「彼⼥は私の先⽣でした」

「ロイヤルガードに教えられるのは名誉なことです。彼⼥はあなたをかなり好きだったに違いありません」

「実際、彼⼥はロイヤルガードになるまで私に教えてくれました」

スワン・カテリーナは、約10年前の⾰命以来、ロイヤルガードだった。

歴史書にも載るほど有名な話。

スワン・カテリーナがロイヤルガードのメンバーになる前に属していた家系も、ロイヤルガードとしての彼⼥の任命と密接に関連していた。

ログフェラス。

「隠すつもりはありませんでした」

アゼストの顔は下がったまま。

彼女はその姿勢を維持し、カテリーナを⾒下ろし続ける。

デジールはただ黙って座っていた。

空は暗かった。

いつまでも⾬が降ると脅しているかのように。

 



 

カテリーナを訪ねた後、デジールは寮の周りを歩いていた。

率直に⾔って、彼は混乱していた。

デジールは、アゼストが上流階級の貴族出身だと推測していた。

振る舞いと話し⽅はとても優雅だったので、彼⼥はある種の⾼貴さと優雅さのオーラを発達させていたから。

「アゼストはアゼストだ。それは変わらない」

頭では理解しているが、今までのように彼女と接することが出来るのだろうか?

頭を左右に振り、考えを振り払う。

最近次々と起こった予測不可能な出来事の連鎖のために、デジールは混乱に陥っていた。

「少し脇に置いておきましょう」

今のところ、デジールはアゼストに関する考えを脇に置くことに。

今のところ良い対策が思いつかなかったからだ。

「これから何をするか考えないといけない」

その年の残りの計画を確認する。

最初のステップは、最終⽬標であるシャドウラビリンスまでの残り時間をカウントすること。

この⼈⽣の唯⼀の⽬的は、シャドウラビリンスの準備。

しかし、スカルマスクの言葉を聞いて考えが変わった。

「スカルマスクは、影の世界が、⼈類が最⾼の未来に到達するためにどのように⾏動すべきかを⽰すために作成されたと述べていた。彼は明らかに全世界を影の世界に変えるつもりです」

影の世界とスカルマスクは明確に関連している。

「おそらくシャドウラビリンスとも関係があるでしょう・・・」

シャドウラビリンスは他の影の世界とは異なっていた。

それは⼿に負えない災害。

これまでに⾒たことのないような⼈類の惨劇。

「今のところ、可能性の1つとして⼼配したほうがいいでしょう」

シャドウラビリンスが発⽣する直前に、影の世界の最後の波が1つある。

来年の秋に登場する予定だ。

「最初の⽬標は、あの影の世界が発⽣する前に、アウターを完全に排除すること・・・」

そう考えた瞬間。

[学⽣は、すぐに避難してください]

アカデミーの警報が、影の世界の侵⼊をすべての⼈に警告する。

「まさか・・・」

数ヶ⽉間の彼の計画とアイデアは綺麗に蒸発した。

「あり得ない」

しかし、デジールはその可能性を否定する。

それは不可能だった。

このように起こるはずはなかった。

しかしその直後、その警報はデジールを絶望の崖から落とす。

[グローバル反転が検出されました。学⽣の皆さん、早く避難してください。現在、影の世界の評価をチェックしています]

あっという間に⻲裂が拡⼤した。

[レベル2の影の世界が登場しました]

 



 

ついにアゼストの正体がデジールに伝わりました。

アゼストについて悩む暇もなく、新たな影の世界が登場。

計画とは大幅に違いが生じましたが、次の世界はどのような世界なのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【253話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は253話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...