帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【249話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は249をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

249話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【248話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は248話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • イェニチェリ

プリレチャ王は、デジールの⾔葉を聞いた直後に避難した唯⼀の王。

しかし、他の王たちが指定された安全な場所に集まり始めるまで、それほど⻑くはなかった。

理由は単純で、アウターが動き始めたからだ。

アウターは、ピエロマスクが率いる暗殺者を使⽤することを選択した。

彼らは⾮常に熟練している。

正確さ、敏捷性、そしておそらく最も厄介なことは、⼤胆に動くこと。

⻄王国連合のVIPを保護する責任を負った護衛兵は、彼らの前で簡単に無⼒化された。

デジールが彼らの軍隊を⽀援していなかったら、おそらく⻄側諸国の全ての王が殺されていたでしょう。

幸いなことに、デジールはピエロマスクの意図を認識し、すべての部隊を⾃由に使⽤する。

アルテミス教会のパラディンは決意を固め、魔塔の魔術師は信じられないほど強⼒だったので、ピエロマスクの暗殺の試みは阻⽌された。

この時点まで、デジールが計画したとおり。

アウターの⾏動が⽬に⾒えるようになると、⻄王国連合の王たちにとって他に有効な選択肢はなかった。

彼らにできることは、デジールの指示を聞くことだけだった。

アウターがディバイドと緊密に協⼒しているという証拠を提⽰したのはデジールだけであり、彼は迫り来る暗殺の脅威を乗り切る⽅法さえ提案した。

死の脅威に直⾯したとき、⼈間がすべての先⼊観を捨てるのは⾃然なことでしょう。

目の前に脅威が明らかになったので、彼に従わない⼈は誰もいない。

けれど、デジールは最悪のシナリオを回避しただけと感じている。

多くの王といくつかの重要⼈物が保護されたが、代わりに多くの兵士が死んだのだから。

悲惨な気持ちになるが、デジールはそれについて何も出来ない。

アウターは⼀⻫に動き、この瞬間に備えたが、デジールは限られた⼒しか⾃由に使えなかった。

彼は⾃分が持っていたもので、できる限り最善を尽くさざるを得なかった。

もちろん、一部の王はデジールの言葉に反論する。

その場合、彼はあえて引き止めることはしなかった。

デジールは、反論する王が何をしたとしても、それが彼の選択を尊重するかのように説明する。

物事はすでに悪いと主張しながら、デジールは自分の提案を受け⼊れなければ事態はさらに悪化するだろうと仄めかす。

最終的に、最初は反論していた王たちもデジールの指示に従った。

 



 

ようやく全員が集まったので、デジールは即席の会議を始めた。

ディバイド王は死んでいる可能性が⾮常に⾼い。

その事実は、アウターがディバイド王国を支配しているという状況だ。

王たちがデジールを信じる必要はないが、ディバイド王国がもはや安全でないことは確かだった。

デジールは自身が得た証拠を提示する。

それは彼が目撃した事実をリストアップしたもの。

ディバイド王国に入る前に経験したことを。

「それで・・・、これからどうされるつもりでしょうか?」

ディバイド王国はすでにアウターに乗っ取られており、ピッツバーグに滞在することはもはや安全ではない。

王たちは脱出するべきでしょう。

「うーん・・・、分かりました」

数分の間に誰かの⼼を変えることは⾮常に困難な仕事。

デジールが述べた最後のポイントは、最も決定的な手段であり、ディバイド王国をアウターに紛れもなく結び付けた推論の⼀部。

⻄王国連合の指導者全員が追い詰められて殺されている間、ディバイドの兵⼠はどこにも⾒られなかった。

アウターの暗殺者は暴⾛し、町と⻄王国の指導者の兵士の両⽅に深刻な被害を与えている。

どんなに⾒ても不思議な光景でしょう。

犯罪者が⾃国に⼤勢いて、⼤陸中の重要⼈物が⾃分たちの命を恐れていたにもかかわらず、彼らが⾏動を起こさなかったのは⾮常に奇妙なのだから。

最終的に、すべての王はデジールの提案に同意した。

「とりあえずここから出たほうがいいと思います。これについて責任を取るようにディバイド王国に依頼するのを延期する必要があります」

すべての否定論者が沈黙したので、ジョードはディバイドの軍隊がどこに集まったかを⽰すディスプレイを出す。

ディバイドの兵⼠たちは、⻑距離の観測装置を介してライブストリーミングを⾏い、ピッツバーグからの最速の⽅法であるテレポートゲートの周りに集まっていた。

誰かが近づくのを防ぐかのように、膨⼤な数の軍隊が存在している。

それらを通り抜けることは必然的に対⽴に終わるでしょう。

デジールは、⻄王国連合、アルテミス教会の聖なるパラディン、そして魔塔の魔術師の結合された個⼈的な⼒を結集させた。

これらすべての強⼒な部隊が団結することで、デジールの指揮下にある強⼒な軍隊の数は⾃然に増加する。

[⾸都に駐屯しているディバイドの部隊はすべて、テレポートゲートの近くに集まっている]

直⾯する軍隊の数は多かったが、それは⾸都ピッツバーグ内に存在した軍隊だけ。

新しい同盟の下で全ての⼒が集まったとしても、彼らの強さは決してディバイド全体の強さに匹敵するものではない。

これは、彼らが現在ピッツバーグにいる軍隊だけに直⾯した場合にのみできることだ。

[軍隊は、国内のすべての都市から、ここピッツバーグに向かっています]

遅れる猶予は残されていない。

テレポーテーションゲートの前にはすでに⼩さな軍隊が構えていた。

ディバイドの兵⼠たちは、観察装置を通して⾒たのと同じように、彼らを⽌めるためにここに集まっていた。

しかし、予期しないことが1つ発生する。

 



 

「⾼貴な⼈々がここまで直接来ました」

丁寧な⼝調で話している男性が彼らに近づいた。

彼の顔は⿊いヘルメットによって隠されていたが、彼の真っ暗な鎧から発せられるエネルギーは並外れたものだ。

彼は間違いなくキングクラスでしょう。

⼤陸にはキングクラスの剣⼠が数⼈しか存在せず、1つの国では⾔うまでもなかった。

彼が⾃分の⾝元を明かさなかったとしても、リストを絞り込むのに⻑くはかからなかったでしょう。

「私はワイバーン軍の⼀時的なリーダーであり、イェニチェリの⻑であるジークフリートを代表して⾏動しているブレポンです。テロを防ぐためにここに配備されています」

イェニチェリ。

彼らはディバイドの王室を代表して⾏動した武装集団。

彼らはディバイドで最強の武装グループと⾒なされていた。

イェニチェリはアーロンが率いていたグループでもある。

「あなたはテロリストからあなた⾃⾝の王を保護するべきではありませんか?」

プリシラが主導権を握り、行動を⽌められたことに憤慨した。

ブレポンは彼⼥に向かってお辞儀をした後、⼝を開く。

「私たちの王はすでに安全な場所にいるからです。今、私はあなたに同じ質問をします。なぜあなたはここにいて、安全な場所にいないのですか?」

「それが私たちの仕事ですよね?邪魔にならないように移動していただければ幸いです」

「アルテミスの聖女、あなたは私が思っていたよりも雄弁ですね。ですが、それは出来ません。テロリストがテレポートゲートを攻撃したり、そこを通って逃げたりする可能性がありますから」

彼は激しい視線で⻄王国連合の軍隊を調べる。

「あなたは私たちの中にテロリストがいると⾔っているのですか?」

「それは私たちが無視できない可能性です。証拠はありませんが、最悪の事態に備える必要がありますので」

様々な人物を見る彼の⽬は、すぐに特定の人物に固定される。

デジール・アルマン。

「それは可能性に過ぎないと⾔ったが、本当のテロリストはここにいるのでは?」

ブレポンは好奇⼼旺盛な視線でデジールを見る。

視線の意味に気づいたのはデジールだけではない。

ジョードが前に出る。

彼はマナを⼒強く循環させることで故意に存在感を感じさせた。

周囲のマナがそれに応じて⾳を⽴てる。

「私たちはディバイドの軍隊と衝突したくありません。殺⼈はあまり良い解決策ではありません。避難してください。これがあなたの命を救う最後のチャンスです」

ジョードの言葉に、ブレポンの眉はわずかにしわが寄る。

彼がどんなに強いキングクラスであっても、大魔法使いがもたらした脅威は無視できないでしょう。

「私も、危険に晒されている⻄王国連合の王たちとの戦闘に従事することを望んでいませんが、私は後退することはできません」

会話は突然終わった。

どちらの側も後退するつもりはない。

「イェニチェリの長として、私はあなたに戻って⾏くことをお勧めします。10秒以内にそうしないと、戦うしかありません」

デジールは、ワイバーンが空から鳴いている微かな音を感じる。

おそらく彼らの軍隊が空で待っているのでしょう。

「10」

ブレポンは、均等なトーンでカウントダウンを開始するが、兵⼠は誰も後退しなかった。

 



 

紆余曲折ありましたが、全ての王が避難することを選んでくれました。

一刻の猶予もありませんが、デジールたちの前にブレポンが立ち塞がります。

デジールのダメージも抜け切れていないと思いますが、ジョードがいますので大丈夫だと思いたいですね!

帰還者の魔法は特別です【250話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は250話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...