帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【247話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は247をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

247話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【246話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は246話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 一時的な避難

誰もが使える最終的なカード。

これは特に、敗北の危機に瀕している⼈々に当てはまる。

デジールの場合、空間魔法が彼の最後のカードだった。

空間魔法。

現代の魔法システムで最も進んだ呪⽂の1つ。

それは、使⽤者が空間⾃体の制約を完全に無視することを可能にする魔法。

公式は複雑で、消費されるマナの量は膨⼤だ。

主に空間魔法を扱っていたのが魔術師でない限り、最も熟練した魔術師でさえ構成を考えるのに苦労する魔法だった。

 



 

塔の中の実験室。

それは⼀時的なテレポーテーションゲート。

中央にはジョード・エグザリオンが⽴っていて、広⼤な呪⽂の配列が彼の前に展開されていた。

アウターとの戦争でホムンクルスと戦って以来、彼がそのような規模の呪⽂を発動したのは初めてだ。

彼は他のどの空間魔法よりも数ランク難しい呪⽂を発動した。

リコールテレポーテーション。

それはジョードのレベルにのみ可能だった呪⽂。

計算は援助があっても⾯倒であり、必要なマナの量は、第7級でさえ、その効果をほとんど提供できず、耐えることができなかったもの。

床の呪⽂配列の中⼼に粒⼦が⼀つずつ集まっていき、ついに姿が形成された。

デジール、アゼスト、クロウマスクの姿が。

呪⽂は成功したのだ。

デジールとアゼストは床に倒れ、⾜の⼒をすべて失う。

「素晴らしいタイミングでした」

「・・・無事で良かったですが、この呪⽂をもう⼀度唱えなければならない状況にはなりたくありません」

ジョードは安堵のため息をついた。

魔法⾃体の難易度が⾼いことも⼀因だが、状況⾃体も⾮常に危険だったから。

「もしあなたが私たちの合図を受け取らなかったら、それは私たちの終わりだっただろう」

スカルマスクが登場した直後、デジールはコミュニケーションマジックを通じてジョードに連絡を取っていた。

したがって、デジールはスカルマスクとの会話を可能な限り引きずり出し、ジョードがリコールテレポーテーション呪⽂を完了するのに必要な時間を稼いでいたのだ。

「ジョード、私はあなたに重要なことを⾔う必要があります。・・・うぅ」

「先に治療から始めたほうがいいと思います」

スカルマスクの前で弱さを⾒せないように⼤丈夫なふりをしたが、デジールの怪我は確かに深刻だ。

研究室のドアが開き、医療関係者が殺到する。

「おじいさん、成功しましたか?」

聖女プリシラも医療スタッフと⼀緒に入ってきた。

彼女はアゼストとデジールの腕を掴む。

彼⼥は、テクノロジーや開業医よりもはるかに速い回復能⼒を持っていた。

その能⼒は奇跡にほかならない。

全⾝の数⼗の傷が、⽬に⾒える速度で回復し、デジールの右腕は捻れがなく、回復した。

失⾎の目眩は別として、彼らの状態は安定していく。

治療がある程度完了したので、ジョードはデジールが連れてきた男を指差した。

「彼は?」

それは火傷で傷つき、生きているかどうか判明な状態の人物。

プリシラは反射的に⼿を伸ばして胸に置き、治療を開始しようとする。

「それはクロウマスクです」

それらの⾔葉を聞いて、プリシラの⼿は動きを⽌めた。

「え?」

「これはクロウマスクですか?」

ジョードとプリシラは、すぐに彼を認識しなかったので、動揺を隠すことができない。

クロウマスク。

彼は、西王国連合と帝国を執拗に悩ませた⼈物。

事実上、アウターが⾮常に多くの脅威になることを独⼒で許した最⼤の敵だ。

彼らの最⼤の敵の1⼈であるクロウマスクは、彼らの前に完全に無防備に横たわっていた。

「もしあなたがクロウズマスクを鎮圧したのなら、アウターは消滅に近いのでは?」

「必要な情報が得られなかったとしても、ここでクロウマスクを捕まえたことが明らかになれば、ディバイド王国に圧⼒をかけるほうがよいかもしれません・・・」

「時間がありません。今すぐに、ディバイド王国から抜け出す必要があります」

「一体何があった?」

彼らはまた、脱出する前に最⼩限の説明を必要としていた。

仕⽅がない。

「現在、状況は不安定なので、簡単に説明します」

デジールはプリシラとジョードに何が起こったのかについての最低限の説明をする。

クロウマスクとの戦いでの勝利と、スカルマスクの登場について。

また、塔がキメラの明⽩な製造の背後に隠された追加の⽬的を持っていることを明らかにした。

そして最も重要なことに、デジールはスカルマスクの真の⽬標と、それが影の世界とどのように密接に関連していたかを語る。

熱⼼に⽿を傾けていたジョードとプリシラは、口を閉じることができなかった。

しかし、デジールは彼らが知る必要のあるすべてを共有したが、これは彼が学んだことのほんの⼀部にすぎない。

詳細を説明するのに⼗分な時間がなかっただけ。

「これについては後で詳しく説明します。問題は、今のところ、できるだけ早くディバイドから抜け出す必要があるということです」

「そうですね」

状況を理解したジョードは、デジールの判断に同意した。

 



 

アウターは予測できない動きをする可能性がある。

厳しい戦いは終わったが、安堵の余地はなかった。

「ディバイド王はテレポートゲートによって国外への道を封鎖しました。これはすべて約30分前に起こりました」

言い訳として、ディバイド王は会議の途中でテロリストに襲撃される恐れを防ぐためと言った。

アウターの⽬標はあまりにも明⽩。

テレポーテーションゲートは国外への最も簡単な⽅法だから。

空間魔法を使わなければ、ディバイド王国の国境を越えることは不可能な物理的偉業だ。

アウターがディバイドの軍事⼒を動員した場合、連合軍の勝利のチャンスはないでしょう。

「他の王はどこに?」

「テロ攻撃が収まるまで落ち着いていてほしいというディバイド王の要求に続いて、彼らは皆、彼らの住居で待機しています」

これで全体像が完成する。

スタッフが彼らのために準備したローブを手渡した後、デジールとアゼストは準備を整えた。

そうしている間に、クロウマスクの治療はほとんど完了した。

しかし、彼らは故意に彼を完全な健康状態に戻していない。

デジールは、彼の現在回復したマナのいくつかを注⼊することによって、クロウマスクのサークルに制限を課した。

「私はクロウマスクを連れて⾏かなければなりません」

それは親切心からではない。

クロウマスクはアウターの主要な幹部の⼀⼈であり、デジールは彼から多くの情報を得ると確信していたのだ。

「私たちは⻄王国連合の王たちを救出し、テレポートゲートを通ってディバイドから抜け出す必要があります」

連合軍がいくつの軍隊を擁していたとしても、それは帝都の予期せぬ状況に対処できるレベルにすぎない。

戦争をするには⼗分ではなかった。

より多くの敵の兵⼠が⾸都に集まるとしたら、物事はすぐに⼿に負えなくなるでしょう。

さらに、アウター⾃⾝の⼒も無視できない。

 



 

脱出できたのはジョードの力だったのですね!

専門外の空間魔法にもかかわらず発動できるのは流石の一言です!

クロウマスクを連れてきたのも大きいですが、まずはディバイド王国からの脱出です。

帰還者の魔法は特別です【248話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は248話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...