帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【244話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は244をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

244話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【243話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は243話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 決着

「デジール!」

肌寒い⾵が吹く。

アゼストの魔法で、周囲の⼤気は氷点下近くに。

彼女はデジールとクロウマスクの戦いに介⼊しようとしたが、何かが彼⼥を妨げた。

「いや、いや、いや・・・。あなたはここにいてください」

鋭い短剣が暗闇から伸び、アゼストに向かって蛇行する。

彼女は数歩後退した。

ピエロのマスクをかぶった男は、短剣で遊ぶことに夢中になっていたようだ。

「マジシャン同⼠で話し合ってみましょう」

「どいてください!」

アゼストが氷の中心を取り出すと、部屋の温度は再び急激に下がった。

彼女は時間を無駄にするつもりはなかったので、最初から全⼒で攻撃する。

魔法剣で優雅な弧を描いた。

アゼストの猛烈な攻撃は、彼らが美しいのと同じくらい強⼒。

ピエロマスクは短剣で巧みに攻撃し、各攻撃は氷の中⼼の軌道をわずかに変えた。

「美⼥の要求を断るのは私の好みではありませんが・・・」

彼はアゼストからの攻撃を受け流す。

「しかし、私はそれを助けることはできません!私が本当に⾒たいのは、2⼈の魔術師の、2⼈の衝突する理想主義者の間のデスマッチです!混戦ではありません!」

ピエロマスクは不吉な冷笑で話した。

アゼストは眉をひそめる。

登場のタイミングから、彼のスキルの性質と話し⽅まで。

彼は⼀粒の隙もない男だった。

(こんなに危機的なタイミングで彼のような⼈が現れるとは思っていなかった・・・)

アゼストはまだクロウマスクとのバトルでかなり消耗していた。

目の前の男は明らかに対処するのが難しい敵。

ピエロマスク。

(私はデジールから彼のことを聞いたが、それでも・・・)

彼はアゼストが予想していた強さをはるかに超えていた。

ピエロマスクの剣術はバターのように滑らか。

彼は巧妙にアゼストの攻撃を回避し、彼⼥の攻撃の⽋陥を悪⽤し、彼⼥が何をするかをすでに知っているかのように動いた。

彼はオーラを使⽤していないにもかかわらず、互角に戦い続けている。

「ああ、そして私はあなたの努⼒に本当に感謝しています。おかげさまで簡単にここに⼊ることができましたから」

「・・・何?」

「私はあなたたちと同じくらい多くのことを考えてきました。いいえ、多分もっと?・・・スカルマスクはここで何を計画しているのかを!?」

この戦いが⼗分な損害を引き起こすと仮定して、ピエロマスクはデジールをあまり傷つけずに彼を⼿放した。

デジールとクロウマスクの戦いを⾒たかったのと同じくらい、この謎を解くことはピエロマスクの欲望を刺激する。

「・・・!」

アゼストは何も言わずに剣を振った。

彼⼥が考えることができた唯⼀のことは、クロウマスクとの戦いでデジールに加わること。

剣が衝突し、⽕花が再び⾶び散り。

真っ⿊な空間が⼀瞬明るくなった。

クロウマスクとデジールの決闘で呪⽂が衝突し、強風がアゼストを襲う。

「ここでもう時間を無駄にすることはできません・・・!」

デジールの元に向かおうとする瞬間。彼⼥は再びピエロマスクと剣を交わすことを余儀なくされた。

「そうそう!あなたたちは私をここに連れて⾏くのを助けるためにたくさんのことをしました。お礼に賞品を差し上げます!」

剣が交わった時、ピエロマスクはオーラを短剣に注ぐ。

⻘みがかったオーラが周囲を明るくした。

床に落ちたブランクシュムが光を反射し、照明をさらに広げていく。

そうして初めて、アゼストははっきりと⾒ることができた。

「ああ」

悲しみのため息。

多数の棺桶が接続され、無数の機械が設置されていた。

想像を絶する⾼度な技術のコレクションが彼女の前に現れる。

この巨⼤な塔の地下室全体がそのような構造で構成されていた。

そして、そのような構造の中⼼に。

それは・・・。

 



 

呪⽂は引き続き交換されていた。

驚いたことに、クロウマスクとデジールの間には多くの共通点が。

真っ⿊な髪と真っ⿊な⽬。

彼らは両⽅ともヘブリオンアカデミーから歓迎された。

彼らは両⽅とも平⺠。

そして、彼らは両⽅とも庶⺠のために⾏動した。

しかし、彼らの⽅法はこれ以上異なることはない。

彼らが育った環境が異なっていたから。

彼らはまた、異なる最終⽬標を持っている。

イカルスはすべての⼈々の平等の世界を夢⾒ており、デジールは世界を救うことを夢⾒ていた。

微妙ではあるが意味のある違いのために、彼らは最初から敵になることしかできない。

イカロスは⻑期的な変化をもたらすために損害を与えることを厭わなかったが、デジールは⼈類の絶滅イベントに直⾯してそのようなダメージを許す余裕がなかった。

「・・・!」

この戦いで初めて、魔術師の1⼈が前に出る。

クロウマスクが構築していた呪文のメリットは、戦いの重要な瞬間に繋がった。

ほんの⼀瞬、デジールの呪⽂の発動が0.5秒遅れる。

そのような⾼レベルの戦いにおいて、それはイカルスに与えられた決定的なチャンス。

彼はそれを見逃さなかった。

空間魔法が荒れ狂う。

呪⽂のパラメーターを即座に理解したデジールは、もう⼀度後退することを余儀なくされた。

クロウマスクは⻑い間このような状況を待っていた。

彼は⾃分のアドバンテージを諦めることなく、これまで使っていたよりも⾼い階級に属する呪⽂を配置し始める。

これはデジールに深刻な傷を負わせるのに⼗分でしょう。

この空間魔法は、例外なく、その範囲内のすべてを破壊する。

デジールがいくつのアーティファクトを持っていたとしても、このような激しい戦いの後のマナの残りの量はゼロに近いでしょう。

「・・・」

クロウマスクの腕は疲労から震えたが、彼は彼らを⽀配した。

彼はカテリーナとの激しい戦いに勝ったばかり。

この戦いは彼の残りの⼒を完全に奪うでしょう

マナの強烈な渦の中で、デジールの動きを追跡していたイカロスの⽬が驚いて⼤きく開いた。

デジールは死の準備ができている表情を浮かべている。

「呪文・・・?」

呪⽂の形成は、デジールの無傷の左⼿に配置されていた。

彼が死んだかどうかに関係なく、彼が呼び出していたものがクロウマスクを何らかの形で傷つけることを確信している。

イカロスの表情は歪んでいた。

「愚かな」

彼はそれが何であるかを理解したが、彼は後退しない。

デジールの魔法は、イカロスの視線を完全に満たすのに⼗分な⼤きさになるまで成⻑した。

2⼈の魔術師の呪⽂が空中を横切る。

[ファイアストーム]

[ブラックホール]

彼らの呪⽂はほぼ同時に完了した。

⽔⾯下での呪⽂の衝突は、塔全体を震撼させる。

計り知れない量の炎が燃え、周りのすべてのものを飲み込んだ。

まるで太陽⾃体が降りてきたかのように、触れたものはすべて燃えて灰になる。

 



 

クロウマスクは衝撃で投げ出された。

「・・・うう」

起き上がろうとしたが、バランスを保つことができない。

彼の⼿は⼿に負えないほど揺れた。

強烈な熱が彼の⼿、背中、その他の露出した⽪膚を焼いている。

内傷は外傷と同じくらい深刻だった。

イカロスは壁を⽀柱として使って⾃分を引き上げる。

彼のマナサークルは、まるで崩壊⼨前のように、痛みで鼓動していた。

「私は生き残りました、デジール・アルマン」

イカロスは、デジールの攻撃から⽣き残るために全てのマナを直接消費した。

それは彼が最も嫌っていた⽅法。

エレガントではなく、強⼒でもなく、それは魔術師が努⼒すべき効率から最も遠い形。

それにもかかわらず、彼はそのような威厳のない⽅法を使⽤し、なんとかして命を救うことができた。

もちろん、それは第4級魔術師ができる方法ではない。

イカロスは炎の向こうを⾒つめた。

デジールは彼の最も強⼒な呪⽂の1つを呼び出した。

この距離で逃げれるはずがない。

「デジール・アルマンは死んでいる。すべてを犠牲にする準備をしているのはあなただけではありません」

イカロスは炎の向こうを⾒つめていた。

最初は認識できない虚弱な影。

それはデジールの姿。

「私もです」

クロウマスクは、彼の前に⽴っている魔術師によって自分の呪⽂がついに逆算されたことに気づく。

「私が最初にそれを上で使ったのを⾒て以来、あなたはその呪⽂を解読していたのですか?」

その後すぐに、彼の⽬の前で呪⽂が生み出される。

それに応じて呪⽂を発動しようとしたイカロスの手は上がらない。

(どこで失敗した?デジールが故意に犯した過ちに巻き込まれた時?私がその信じられないほどの呪⽂に動揺し、それに対して防御するために呪文をキャンセルしたとき?この状態なのに、デジールを打ち負かすことができると思った時?)

振り返ったが、簡単に答えを得ることができなかった。

多分それは最初からだったと。

イカロスは彼の信じられないほどのビジョンに触発され、導かれ、名誉⾰命を始めた。

それが失敗して以来、彼は絶望に陥らないように必死に努⼒してきた。

「・・・あります。・・・私にはまだやるべきことがあります」

デジール・アルマンを⾒つめる瞳は炎で歪んでいる。

「ああ・・・」

イカロスは彼の決意を⾒た後、気づいたかのように⽬を閉じた。

「残念です」

激しい炎が彼の乾いた声を飲み込んだ後、彼を完全に⾷い尽くす。

 



 

スカルマスクの目的は?

アゼストは何を発見したのでしょうか?

そしてクロウマスクとの決着!

カテリーナとの戦いで消耗していなければ、デジールが勝てていたかどうか分かりませんね。

帰還者の魔法は特別です【245話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は245話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...