帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【242話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は242をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

242話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【241話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は241話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 魔法の頂点

アゼストは自身の中に⼤きな怒りが湧き上がるのを感じた。

塔に⼊ってカテリーナが倒れているのを⾒たとき、彼⼥が考えることができたのはクロウマスクを殺すことだけ。

だから彼⼥は必死だった。

⾃分の⼿でクロウマスクを殺すためにあらゆる⼿段を試みて。

しかし、彼⼥はすぐに⾃分の限界に気づいた。

(彼に通じる攻撃がない)

クロウマスクは強かった。

彼が発動した防御魔法は、アゼストがマナを限界まで集めても壊せないレベルの魔法。

空間シールドの内側で、クロウマスクは、恐ろしい何かを計算して形成することに忙しかった。

呪⽂の配列は巨⼤で、不吉なオーラを放っている。

彼を倒すために、アゼストは彼の防御を突破し、⼀発で致命的な打撃を与える必要が会った。

深呼吸をして、自分を落ち着かせる。

怒りに⾝を任せるわけにはいかなかった。

彼⼥にできることは、デジールを信じることだけ。

氷の中⼼の握りを緩め、後退した。

【うごめく⼤地の悲鳴】

デジールの魔法が彼の前に繰り広げられた。

第4級呪⽂。

クロウマスクの四⽅に⼟の泡が形成され、現れた直後に彼に突進する。

しかし、防御魔法を突破することはできなかった。

「これは彼を傷つける魔法ではありません」

「うごめく大地の悲鳴」は、物理的に現れる数少ない呪⽂の1つであり、その上、マナが注がれている限り、無限に再⽣される。

この壮⼤な光景を⾒ている魔術師は、圧倒されて驚かされるでしょう。

数え切れないほどの⼟の鞭が形成されて崩壊し、巨⼤な破⽚の⼭が生まれた。

デジールがアレンジしていた他の呪⽂が完了すると、彼の計画が明らかに。

塔の内側に巨⼤な影が投げかけられた。

【アースバインド】

これは本質的に第4級の防御魔法だったが、デジールの⼿によってアップグレードされた呪⽂。

巨⼤な球が空中に形成されていた。

重⼒によってその⼒がさらに増加し、計り知れないダメージを与えることができる武器。

咆哮が鳴り響き、他のすべてを圧倒する。

塔の頂上はすでに崩壊していた。

アゼストの希望は高まる。

「このレベルなら、クロウマスクの魔法を確実に打ち負かすことができるでしょう」

第7級魔法と同等の⼒を持つ呪⽂。

 



 

クロウマスクの呪⽂はちょうど間に合った。

テセラクトは⼀瞬動きを⽌め、任務を完了したことを⽰す。

【ホールアーバンアビス】

クロウマスクが⼤量の突進に⼿を伸ばした。

収束し始める前に、合計で約30メートルの空間が⼤きく捻れる。

空間の歪みの間にある物質の粒⼦が粉砕されると、不気味な⾳が鳴り響いた。

限りなく、すべてが極端に引き裂かれていく。

この呪⽂は、クロウマスクがこれまでに⽣み出した他の空間の歪みとはかなり異なった感じがした。

それはより暴⼒的で実質的なもの。

呪⽂が払拭された場合、触れた領域が通常に戻るようには感じられなかった。

まるでその地域が永久に破壊されたかのように。

「これは・・・?」

二人はこの呪文が何かを理解することができなかった。

⽬を細めて外部の光を遮ったとき、彼らは破壊の中⼼にある⾖よりも⼩さい球をかろうじて発見する。

⿊い点を。

デジールは叫んだ。

「アゼスト!」

完全に⿊い点に焦点を合わせていたアゼストは、その地域の⾵景が徐々にぼやけて薄暗くなっていることに気づく。

「光さえ吸い込んでるのか・・・?」

彼⼥がそれを認識した瞬間、⾎が凍ったような感覚に陥った。

クロウマスクが発動した呪⽂が本格化する。

すべてを引き付ける⼒を持っていた⾖よりも⼩さい球。

「ぐぅ・・・!」

アゼストは氷の中⼼を地⾯の奥深くに突っ込み、⽀えにした。

【ワンダークリスタル】

氷が四⽅⼋⽅から立ち昇り、彼⼥とデジールの両⽅の体を覆う。

「・・・あなたと私の間には⼤きな違いがあります、デジール・アルマン」

それは⾳さえ残さない。

完全に⾷べ尽くされ、まったく無駄なものへと消えていく。

「あなたはせいぜい魔法をまねただけのC級の魔術師です。これが本当の魔法です!」

最も強⼒な魔法、そして全ての呪⽂の頂点は、空間の属性を持つものだった。

塔の約半分が粉砕される。

「クロウマスクはここまでのレベルだったのか?」

これまでのところ、アゼストはジョード・エグザリオンだけが⽣きた最強の魔術師のような称号に値すると思っていた。

しかし今、彼⼥は考えを改める。

「こんな敵に対して私は復讐することができるのでしょうか?」

アゼストは唇を噛んだ。

「諦めるな、アゼスト。すべての希望が失われることはありません」

彼⼥の揺らぐ決意の兆候を⾒て、デジールが口を開く。

「彼がすべてのマナをこれに注いでいるのは明白です。この呪⽂を無効にすることができれば、私たちは勝てるはずです」

「だが・・・、このままでは⻑くは続かないでしょう」

結界を維持することによって、アゼストのマナは大量に奪われていた。

このままでは時間の問題でしょう。

デジールの手が大きく広がる。

次元ポケットからアーティファクトが呼び出されると、彼の⼿に閃光が現れた。

⼤気から集められたマナを持ち、所有者が消費できる状態にしたのは、A層のアーティファクト「マナホール」だ。

ほとんど消費されていたデジールのマナはすぐに補充され始める。

(しかし、それだけでは・・・)

アゼストがそう考えたとき、二人の目が一瞬だけ重なった。

「何かを試すことを考えているのですか?」

「はい」

その⼀⾔で氷が砕け、それと同時にデジールから銀⾊の線が伸びる。

ルネル。

それは全速⼒でクロウマスクに向かった。

他のオブジェクトとは異なり、このアーティファクトは極端な空間的裂け⽬の影響に対していくらか耐性がある。

しかし、それも⻑くは続かなかった。

クロウマスクから5メートル離れたところで完全に停止する。

「最後の悪あがきか?」

クロウマスクは嘲笑した。

「最後の実験をしました」

「最後の実験?」

「ええ。ちょうど計算を終えたところです」

沈黙が生まれる。

アゼストは不吉な予感を感じた。

「待って、デジール・・・!」

「アゼスト、魔法をかけ続けてください」

彼女を止めると同時に、デジールは複雑な呪⽂を形成する。

それは信じられないほど巨⼤で複雑な呪文。

彼が今まで使ったことのあるものとはまったく違うもの。

それは常識を超えた魔法でした。

それは第7級魔法を超えた何か。

神に挑むレベルに達した何か。

「やめろ!」

クロウマスクは恐怖で叫んだ。

彼は、⽬の前の魔法のフォーメーションが放った感触から、この呪⽂がどれほど危険であるかを本能的に察知する。

デジールの内部と周辺の膨⼤な量のマナが消え、底なしの掃除機に吸い込まれたように⾒えた後、すぐに再び集まった。

この呪文の後遺症がどうなるのか計り知れない。

それでも、デジールは決心した。

目の前のクロウマスクを、今ここで倒すことを。

 



 

デジールは⽬の前のクロウマスクを降ろすことを決⼼した。

アゼストは、クロウマスクを相殺するために必死にマナを防御に注ぐ。

「やめろと言っている!」

クロウマスクは完全に落ち着きを失っていた。

「・・・!?」

アゼストは、突然吸引⼒が消えるのを感じる。

しばらくして・・・。

「・・・終わりだ」

一言だけデジールは発声した。

同時に、すべてが暗闇に包まれる。

 



 

デジールが放った魔法は、ダデニュートに放った竜魔法と同等、もしくはそれ以上のものでしょう。

前回は後遺症で左目の視力を失いました。

今回は大丈夫なのでしょうか?

そして、クロウマスクを倒すことはできたのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【243話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は243話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...