帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【241話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は241をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

241話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【240話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は240話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • デジール&アゼスト vs クロウマスク

「プラム、スワンさんを頼んだ」

「はい」

プラムはカテリーナを肩に上げた。

傷⼝を圧迫包帯で覆い、ハーブを塗って傷⼝の出⾎を⽌めることで、簡単な緊急措置が完了している。

しかし、これは予備的な応急処置に他ならない。

彼⼥の命を救うために適切な治療を必要としていた。

プラムに近づくキメラは、彼の強⼒なオーラに直⾯して切断されていく。

彼はクラウドウォーカーを起動し、⼀瞬にして、キメラの差し迫った脅威から⾝を移した。

今の最優先は、カテリーナを安全に運ぶことだから。

解放されたキメラは、実験から蓄積した怒りを解放するかのように暴れ回っていた。

その間、サイドガードはロマンティカの保護の下で脱出している。

「後は・・・」

考えを終える前に、強⼒な重⼒魔法がデジールに向けられた。

マナの微妙な流れを感知したデジールは、呪⽂が発動される前に急いでその場から回避する。

「デジール・アルマン、私はあなたを殺す」

「それは私が⾔おうとしていた台詞です。あなたはここで死ななければなりません」

カテリーナとクロウマスクの間の最後の対⽴は、デジールが塔に⼊った直後に起きた。

彼⼥は最後の攻撃をクロウマスクに向けず、代わりにそれを塔の底に向かって発射して巨⼤な⽳を作った。

それが何を意味するのかはあまりにも明確でしょう。

この塔の地下には、デジールが⾒なければならない何かが存在している。

(カテリーナは⾃分を犠牲にした。それを無駄にすることはできません)

塔の中でキメラを解放することによって、彼は⼤量の混乱を引き起こした。

この⽅法は⼤雑把だが、効果的でもある。

サイドガードが逃げるステージが用意され、カテリーナを救出し逃⾛する機会も作れたのだから。

デジールの⽬標は単純だ。

この塔の正確な⽬的を知り、同時に安全に逃げること。

そして可能であれば、クロウマスクを排除する。

 



 

魔法の頂点。

⼈類の限界と考えられている第6級を超えて、そのような⼒を達成する存在は伝説と呼ばれるに値する。

現世代の中で、第7級は、ジョード・エクサリオンだけが到達していた。

彼は⼈類を超えた⼒を⼿に⼊れ、頂上に⼀⼈で⽴っていた。

しかし、その頂に到達した人物が現れる。

デジール・アルマンに負けた経験は、ついに彼をこのレベルに引き上げたのだ。

クロウマスクが⽴ち上がると、⾎が彼の⼝から滴り落ちた。

塔の中には、デジールによって解放された無数のキメラが。

「Roarrrrrr!」

キメラは本能だけで動いてクロウマスクに接近する。

圧倒的な数で。

クロウマスクは静かに彼に向かって⾛っているキメラに⼿を差し伸べた。

その瞬間、キメラの動きは⽌まる。

一つ一つがエリート部隊を個別に虐殺することができるキメラは、無惨に爆発した。

⾎と⾁が塔の床と壁を覆う。

上を向くと炎の槍が宙に浮き、⼀⽇の終わりを告げているようだった。

炎の槍はクロウマスクに向かって⾶んでいき、空中を通過したキメラをすべて燃やし、絶えず彼に近づていく。

「この程度で・・・!」

強い空間歪みの影響で周囲が歪み、炎の槍はクロウマスクに到達できず、無駄に消えた。

その瞬間、クロウマスクの周りの空間全体が凍りつく。

⽩い霧が周囲に浸透するにつれて、⼤気は濃くなる。

クロウマスクのすぐ近くに何かが現れた。

⽩い氷の刃、氷の中⼼が彼の⿐の前で⽌まる。

アゼストの攻撃はクロウマスクの防御魔法を突破できなかった。

「私はあなたの能⼒を超えている」

それは彼が⾔った通りだ。

クロウマスクは常にマナを消費していたが、終わりは⾒えない。

(彼らは強くなった)

クロウマスクは、ムクドリパーティーが以前よりもはるかに強くなったことを認識する。

この戦いでこれまで彼⼥を観察した後、アゼストが以前よりも完璧な魔法の剣⼠になったことは明らかだ。

剣の動きははるかに正確になり、剣を覆い、彼⼥の⾝体能⼒を向上させる魔法はより強⼒になっていた。

デジールもはるかに強くなっている。

それは、彼が下級に属する呪⽂を使⽤し、呪⽂の逆算を専⾨としていた時代とは異なっていた。

デジールは第5級まで⾃由に操れるようになっている。

発動速度と呪⽂の⼒に関しては、本質的にすべての点で第6級に到達していた。

彼はたった1年で⼤きな進歩を遂げていた。

さらに、彼らはスワン・カテリーナが重傷を負ったことに腹を⽴てていたので、通常よりも激しく戦っている。

彼らは容赦なく攻撃を連鎖させていた。

もともと、デジール・アルマンはそれほど脅威な敵ではなかったはず。

今まで、クロウマスクは⾃分の⼿で彼を殺そうと決⼼していた。

しかし残念ながら、この状況は彼の計画の範囲外。

このように互いに向き合うべきではなかった。

スワン・カテリーナとの戦いは激しく、帝国最強の射⼿とされる彼女との死闘は、⾁体的にも精神的にも疲れ果てていた。

(ピエロマスクが近くにいたはずだ)

強⼒な呪⽂を交換している間、クロウマスクは相⼿を研究し始める。

彼はデジールが傷で覆われているのを観察した。

(ピエロマスクは彼にとって脅威ではなかったのか?)

彼が深刻な傷を負ったようには⾒えない。

 



 

クロウマスクの前で繰り広げられる呪⽂。

空間と炎の魔法の激しい嵐が衝突した。

【ボイドソード】

クロウマスクの攻撃に、デジールは後退する。

正確に2歩下がった。

彼はその呪⽂の範囲を完全に把握しており、それを回避するために動きを無駄にしない。

デジールの視線がクロウマスクに戻る。

彼の⽬はすべての光を失い、死んだ⿂のように鈍く⾒えた。

クロウマスクは、彼の魂のように、彼の視線が深淵に引き込まれているように感じて、⾝震いする。

クロウマスクは再び呪⽂を唱え、デジールの気を逸らそうとした。

しかし、魔法は彼に届かない。

[キザードのため息]

アゼストは攻撃を防ぐために防御魔法を発動し、すぐに報復として氷の中⼼を振った。

クロウマスクは必死に彼⾃⾝の防御魔法を使ってそれに対抗する。

「厄介だな・・・」

呪⽂を逆算させるデジールの能⼒は、それ⾃体が魔法の決闘においてほとんど専制的なメリットを持つ。

魔術師が対応できる⽅法がまだいくつかあったカテリーナのオーラの使⽤とは異なり、呪⽂を逆算させるデジールの能⼒は、魔法の敵に応答する⽅法を残さないのだ。

時間が経つにつれて、より多くの呪⽂が逆算するにつれて、戦闘は強制的に終了し、⼀⽅の側は呪⽂を使⽤できなくなる。

そして、デジールとの戦いでは、負けた側が常に彼の対戦相⼿になっていた。

(このような状況で、唯⼀の正しい選択肢は後退して逃げることだ)

クロウマスクも強くなったが、カテリーナ、そしてデジールを連続して扱うにはあまりにも多すぎる。

「しかし、デジール・アルマンはできるだけ早く排除する必要があります」

デジールは多くの計画を台無しにしていた。

クロウマスクは後退できなかった。

「持続的な戦闘が不利な場合、残りの選択肢は1つだけ」

彼の7つのサークルは奇妙な⾳を⽴てて共鳴し始める。

「何か仕掛けてくる」

クロウマスクの呪⽂の逆算に集中していたデジールが頭を上げた。

クロウマスクが防御魔法を維持しながら第7級魔法を発動することができたのは、ほぼ奇跡としか言えない。

しかし、クロウマスクは汗をかくことさえせずにそのような奇跡的なことをやってのけた。

 



 

カテリーナとの激闘で負傷しているクロウマスク。

ここで彼を倒すことが最善でしょう。

しかし、デジールとアゼストの二人を同時に相手をしているのは流石としか言えません。

第7級呪文の同時発動にデジールは対抗できるのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【242話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は242話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...