帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【239話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は239をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

239話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【238話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は238話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • スワン・カテリーナ vs クロウマスク

クロウマスクは躊躇うことなく彼の隠されたカードを明らかにする。

伸ばした⼿の上には、幾何学的な図形が形成され始めた。

テセラクト。

クロウマスクは、カテリーナとの距離を完全に縮めていた。

これまでの戦い⽅を考えると、彼⼥の強みは⻑距離の戦いを繰り広げることにあると考えて。

しかし、これは危険な誤解。

カテリーナが持っていた⼸は形を変え、剣に変形する。

彼⼥は剣をオーラでコーティングし、クロウマスクを強く押し退けた。

⾼レベルの剣⼠と⽐較して、彼⼥が⽰したスキルのレベルはまったく遅れをとっていない。

そのような予期せぬ反撃に直⾯して、クロウマスクは防御のためだけにテセラクトを操作する。

「これはとても面倒ね」

カテリーナは眉をひそめた。

彼女はすでにデジールからクロウマスクの能力について大まかな情報を得ていた。

クロウマスクは彼女が得た情報よりもはるかに強かったが、その強さは彼⼥が本当に警戒していたアーティファクトに完全に次ぐもの。

「暗記に保存されている呪⽂を使ったので、勝つチャンスがあると思っていました」

カテリーナの才能は確かに遠距離攻撃にあるが、彼⼥の接近戦の脅威は依然としてかなりのもの。

彼⼥は魔術師のクロウマスクよりも有利だと確信していた。

しかし、そうではなかったのだ。

クロウマスクは持ちこたえ続けていた。

むしろ、クロウマスクがこの⼩競り合いでゆっくりと優位に⽴っていく。

カテリーナは積極的に蹴りを放つ。

しかし、それは単なる通常の蹴りではない。

圧縮されたオーラが弾丸のように彼⼥の⾜から発射されたのだ。

接触しようとしたとき、⼩規模な空間歪み魔法が発動され、衝撃がブロックされた。

テセラクトは、クロウマスクがリアルタイムで完全に魔法を呼び出すことを可能にするアーティファクト。

それは過度に効率的な⽅法で呪⽂を構成するでしょう。

唯⼀の⽋点は、使用者でさえどの呪⽂が使われるかを予測できないこと。

しかし、それが何であれ、状況に最適な魔法だけが展開される。

それは本当にチートアーティファクトのように感じた。

まるで呪⽂が発動されるたびに新しい呪⽂を作成しているかのような感覚に陥る。

そしてそれをすべて締めくくりに、各呪⽂は互いに完全に異なって⾒えた。

「このような時に、ここにデジールがいれば本当に良かったでしょう」

テセラクトは、カテリーナが研究し、対抗することを学んだ魔法システムとはまったく異なる呪⽂詠唱の魔法システム。

したがって、オーラによる無効化は不可能だった。

 



 

⽕花が、ブレード、オーラ、魔法がすべて衝突したときに弾ける。

強い衝突の後、それらは衝撃によって互いに跳ね返った。

彼らは両⽅とも部屋の中央の⼿すりにもたれかかる。

⼆匹の猫が襲い掛かる準備ができているように、彼らはお互いを睨んでいた。

突然、カテリーナの⼝⾓が笑顔に。

「これは本当にスキャンダルですね。どういうわけか、あなたの攻撃は馴染みがあります」

今まで⾔葉に動かされていなかったクロウマスクは、内臓に不安な齧りを感じた。

「私は死んだと思っていましたが、あなたはなんとか⽣き続けることができたのですね・・・。イカルス・キローガ」

彼⼥は彼らがお互いを知っているかのように挨拶する。

スワン・カテリーナは⾰命の間、帝国軍の側に⽴ち、⾰命軍と戦った。

彼⼥が帝国で最強の射⼿の称号を獲得したのはその頃。

そして、彼⼥がクロウマスクに直⾯した時があったのだ。

「あなたが掲げていた⾼貴な理想はどこにあるのですか?なぜアウターとして活動しているのですか?」

カテリーナの⽪⾁に答える代わりに、クロウマスクは魔法を呼び出した。

彼が彼⼥に送った呪⽂は、以前のどの攻撃よりも多くのマナを使うもの。

[重⼒圧縮]

カテリーナはオーラを含む⽮を放ち、クロウマスクが発動した呪⽂を撃ち落とす。

彼⼥の⼝は⽌まることなく動き続けた。

「なぜあなたはその馬鹿げたマスクで顔を覆っているのですか?それは私の好みではありませんでしたが、あなたはとてもハンサムな顔をしていました」

カテリーナはクロウマスクの嫌悪感を特定する。

「黙れ、スワン・カテリーナ」

クロウマスクはイライラして答えた。

「あと数本の⽮を⼊れるのに⼗分なオーラしか残っていません。最後の⾔葉を真剣に受け⽌めてください」

⽮は⾮常に速く発射され、光よりも速く動く。

オーラの⽮はクロウマスクに降り注ぎ、テセラクトはすぐに防御魔法を発動し始めた。

その間に、カテリーナは再びクロウマスクに接近し攻撃を与える。

彼の姿はすぐに跳ね返って壁にぶつかり、壁の中に部分的に突き刺さり、塔の頂上に建設された研究施設を明らかにした。

その場所はキメラを研究する場所。

「・・・仕⽅がない」

クロウマスクは立ち上がり、体の埃を払う。

彼はカテリーナの⼸を⾒る前にさりげなく⾒上げた。

オーラの⽮はすでに彼の額を狙っている。

「今こそ別れを告げる時です」

カテリーナが彼を⾒下ろしたとき、彼女の⽬は完全に冷たかった。

圧縮されたオーラの⽮がクロウマスクの上半⾝を破壊し、⾎が至るところに⾶び散る。

 



 

「無駄だ」

⾁体のない声が反応した。

【ボイドソード】

無の刃がカテリーナに向かって⾶んだ。

「くぅっ!」

彼女は⾮⼈道的な反応速度で回避するが、その攻撃は完全に回避できるものではなかった。

右脚は地⾯に倒れ、胴体から取り外されている。

バランスは崩れたが、カテリーナはすぐに⾃⼰修正し、残りの⾜で地⾯を蹴った。

彼⼥は痛みの刺し傷に眉をひそめる。

「どうして・・・」

カテリーナは納得のいかない顔で前を⾒つめた。

ゆっくりと、クロウマスクは直⽴した。

彼の破壊された上半⾝はすでに修復されている。

「これは保険です」

彼のマントが地⾯に倒れた。

その瞬間、カテリーナは半分破壊された巨⼤な宝⽯を目撃する。

様々な魔法陣が埋め込まれた装置。

彼⼥は現在の状況を理解した。

それは連合軍の悪夢であるホムンクルスに似た技術。

「因果関係の逆転・・・」

クロウマスクは、原因と結果の逆転によって彼が苦しんでいた臨死体験を消し去ったのだ。

誰もこれを予測できなかったでしょう。

しかし、疑問が起こり、彼⼥の⼼の周りを渦巻いた。

「なぜあなたは最初からこれを使わなかったのですか?無謀に使えるものであってはならない・・・?」

カテリーナの推測は正しかった。

この装置は、スカルマスクがクロウマスクに与えた最後の保険。

それは使い捨てのアイテムだったが、このアイテムは勝ち負けの違いを覆すことができる。

カテリーナは、オーラを集めて傷を焼灼する前に、⾜を失った⾜の切り株を⼿のひらで掴む。

出⾎は⽌まったが、状況は深刻のまま。

彼⼥にはオーラがあまり残っていない。

「⼀発で⼗分です」

カテリーナは、クロウマスクが反応する時間を与えないように、⼒の誇示でオーラを集めた。

一か八か。

この攻撃が解き放たれた後、彼⼥のオーラは完全に使い果たされ、クロウマスクは致命的な怪我から回復するための原因と結果に⼲渉するでしょう。

これに加えて、カテリーナは完全にすべての機動性を失っていた。

クロウマスクも自分の優位性を実感したようだ。

「静かに脱出していれば、もう少し長く⽣き残っていただろう」

「本当に、私は執拗な男性が嫌いです」

「スワン・カテリーナ、あなたはもうすぐ死ぬ」

「あなたは私と同じような状況にありますよね?」

戦いは熾烈だった。

「同じ?あなたは何について話している?」

クロウマスクは嘲るような⼝調で告げる。

それと同時に、スワンはクロウマスクからの圧倒的な⼒を感じた。

「あなたは・・・!」

マナの巨⼤な群れが彼の周りで激怒した。

これは単にマナを予備に隠すほど些細なことではなく、次元の違うレベルで。

クロウマスクは第7級に到達していた。

通常の状況では達成できない領域に。

これは、カテリーナが必死に固執していたという希望に楔を駆り⽴てた決定的な宣⾔。

彼女の笑顔が初めて失われる。

残ったのは絶望だけ。

「楽しいショーでしたね、スワン・カテリーナ」

「・・・本当に嫌な味を残しますね」

目の前で繰り広げられた呪⽂。

クロウマスクは防御呪⽂を維持することさえせずにこの呪⽂を発動した。

このような絶対的な優位性で、彼はカテリーナを挑発していたのだ。

彼⼥は静かに⼸を引く。

「死の瀬⼾際で獣と戦うことが最も恐ろしいことだと知っていますか?その獣のせいで死ぬかもしれませんね」

「ナンセンスだ」

カテリーナの⼸は、それに吹き込まれた強⼒なオーラのために震え始める。

その⽮には、クロウマスクが予想していたよりも多くのオーラが集められていた。

オーラは⼀種のエネルギーだが、⼈間こそがエネルギーを⽣み出す真のエンジン。

エンジンを実⾏して⼀定量の出⼒を⽣成することはできるが、エンジンの寿命を気にしない場合は追加の出⼒を引き出すことができる。

カテリーナは、すり減った体からより多くのエネルギーを搾り出したのだ。

今集められた量は、第7級魔術師がどんなに強くても、簡単に無視できるものではない。

「ここであなたの終わりを⾒るつもりですか?」

「あなたのような⼈でさえ、これから逃れることはできませんね?」

クロウマスクの⼝は乾いた。

キングレベルの才能を燃やして形成されたオーラの弓は巨⼤だ。

クロウマスクの右⼿で、テセラクトが激しく回転する。

彼らはこれが戦いの終わりであることに気づいていたのだ。

突然の明晰な瞬間に、カテリーナは時間が無限に近づくにつれて考える。

これが最後の選択肢。

1つ⽬は、この⼒を使ってクロウマスクを殺すこと。

致命的ではないにしても、彼に⼤きな打撃を与えることは間違いなく可能でしょう。

2つ目は、この⼒を使⽤して塔を破壊すること。

塔の地下を破壊することでアウター全体に⼤きな打撃を与えることは間違いない。

そして彼⼥の最後の⽮は塔を地⾯に破壊するのに⼗分な威力を持っている。

「私はそれに賭けます」

【深淵の弾丸】

カテリーナの⽮が発射された。

ほぼ同時に、クロウマスクの呪⽂が彼女を襲う。

カテリーナの体は衝撃でぼろぼろになり、後ろの壁にぶつかった。

⼒は⾮常に暴⼒的だったので、彼⼥は部屋の隅で倒れる前に壁から跳ね返る。

瓦礫や埃の中にカテリーナの姿は見えないが、クロウマスクは彼⼥が⽣きているか死んでいるかをわざわざ確認しなかった。

代わりに、彼は彼⼥の選択の結果を⾒下ろす。

巨⼤な⽳があり、それは塔の底までずっと引き裂かれていた。

 



 

カテリーナ・・・。

彼女が無事であることを願っています。

クロウマスクは第7級の力を手にしたのですね。

ロイヤルガードを一蹴した彼の力は、デジールやジョードに匹敵するのではないでしょうか?

そして、カテリーナの最後の力を使った攻撃は塔の地下を破壊できたのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【240話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は240話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...