帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【238話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は238をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

238話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【237話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は237話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • スワン・カテリーナの物語

これは、ログフェラス家が皇室と呼ばれるずっと前のこと。

どの家系も王位を独占的に主張することはなく、代わりに現在の世代の⼒に基づいて帝国を率いていた。

その強さを測るために、5つの貴族はそれぞれ兵⼠を育てた。

当然、ログフェラス家にとっても例外ではない。

しかし、他の貴族とは異なり、ログフェラス家は独⾃の⽅法で兵⼠を育てた。

彼らは全国から孤児を集め、優秀な兵⼠を育てたのだ。

その効果は絶大だった。

⾏き場のない⼦供たちにとって、ログフェラス家の⽀援は彼らが浪費する余裕がないチャンスであり、⼦供たちはそこに留まるために必死に訓練する。

厳しい訓練の後、選ばれた⼦供たちは、ログフェラス家の勇敢な兵⼠に。

スワン・カテリーナもその一人。

彼⼥は他の⼦供に匹敵することのできない圧倒的な才能を持って⽣まれた。

その才能を認めて、ギルティアン・ゼドガー・F・ログフェラスは彼⼥のスキルを養うために費⽤を惜しまなかった。

素晴らしい才能、最⾼の環境、そして何よりも多⼤な努⼒により、カテリーナは急速にスキルを向上させる。

彼⼥は他の誰よりもはるかに早くオーラの複雑さを学び、20歳までにすべての戦士が⽬指していた⾼みに到達した。

キングクラス。

わずか20歳のとき、彼⼥は⼤陸全体で最も強⼒な⼥性の1⼈になる。

その後すぐに、カテリーナはログフェラス家を代表して無数の⼈々と出会う。

アゼストとの出会いも⼀種の使命。

ログフェラス家の⼀⼈娘。

彼⼥は魔法と剣術の両⽅で卓越した才能を持っていた後継者。

内戦が鎮圧された後、カテリーナはすぐにロイヤルガードに任命された。

これがスワン・カテリーナの物語。

彼⼥はすでに⼈⽣の⼤部分を帝国に捧げており、原因が何であれ、いつでも死ぬ準備ができていた。

しかし、彼⼥が⾃分⾃⾝に望んでいたことがまだ一つだけ。

それは、・・・だった。

 



 

叫び声が空気を満たす。

武器が衝突し、魔法が発動し、雷鳴のような歓喜で爆発した。

サイドガードとアウターの戦いは熾烈だった。

アウターの⼒は、帝国の最⾼の栄光であるサイドガードに匹敵するものではない。

それにもかかわらず、戦闘は思ったほどスムーズに進まなかった。

サイドガードの潜⼊作戦が発⾒された瞬間から、それはサイドガードにとって不利な戦いだったから。

「私たちは安全な脱出経路にたどり着かなければなりません!」

ちょうどその時、銀⾊のオーラの流れがどこかから⾶んで、何⼈かのアウターの⾸を貫通する。

散らばった⽮はアウターを容赦なく虐殺し、サイドガードの負担を軽減した。

それはカテリーナの支援。

しかし、彼⼥の⽀援はサイドガードが信頼できるものではない。

塔の上部。

「どこを⾒ている?」

「あなたとは異なり、私は部下をとても⼤切にしていますから」

カテリーナとクロウマスクの間では戦いが進⾏中だった。

魔法がオーラと衝突すると、⾳波が爆発し、両当事者の⿎膜を破裂させる恐れまで。

衝突のたびに巨⼤な衝撃波が発⽣し、打撃を交換するたびに塔の内部が振動する。

カテリーナは素早く⼸を引き、オーラの⽮を放ち、致命的で正確な打撃を与えた。

クロウマスクも手強い。

【次元バースト】

ロイヤルガードのメンバーであるスワンに対してさえ、彼の魔法はしっかりと持ち堪えていた。

激しい戦争。

クロウマスクが別の呪⽂をアレンジしようとしたのと同じように、オーラの⽮が⾶び込んでその発動を妨害する。

カテリーナは決定的な打撃を与えることができなかったが、彼⼥は彼の呪⽂を混乱させ続け、クロウマスクが予期しない⽮を飛ばす。

⽮に染み込んだオーラが細かい霧のように広がり、クロウマスクが集めたマナと混ざり合った。

「これは・・・!」

彼がそれが何であるかを認識すると同時に爆発が起きる。

クロウマスクは少し遠くに現れた。

爆発の直前に、彼は即座に魔法を発動し、その範囲外に移動したのだ。

「気に入りましたか?これは、あなたのような厄介な魔術師に対処する私の対処⽅法です」

カテリーナは嘲笑しながら話す。

これが彼⼥の究極のオーラの使い⽅。

⽮に溜まったオーラは適時に解放され、相⼿が集めていたマナは強制的に爆発させられる。

爆発に巻き込まれたマナは、⽕の中でガソリンのように振る舞い、恐ろしい⼒の爆発を引き起こすのだ。

「降参しますか?」

この状況で、クロウマスクが従来の魔法を使⽤する機会はないでしょう。

「ふざけるな」

彼のネックレスから明るい光が輝いていた。

カテリーナはもう⼀度⼸を引いたが、驚くべきことに、その呪⽂は彼⼥が⾏うよりも速く呼び出された。

記憶呪文。

Sクラスのアーティファクト。

クロウマスクの呪⽂は即座に現れた。

【荒涼とした世界の夢】

それは単なる幻想ではなく、空間そのものの歪み。

これは、魔術師が通常使⽤するタイプの防御魔法とはまったく異なるもの。

究極の防御呪⽂であり、空間⾃体を歪めることによって全ての魔法と物理的影響をブロックすることができるのだ。

物理的な⼒でこの呪⽂を打ち負かすことは不可能。

⾼レベルの騎⼠を扱うための絶対的な防御魔法。

魔法の⼿段でしか破壊できない呪⽂。

「私はそのような魔法を⾒たことがありません」

「そうだろうな」

クロウマスクはうっとりと話す。

「これは、迷惑なロイヤルガードに対処するために私が発明した呪⽂なのだから」

彼はディバイドの最も強⼒な騎⼠であるアーロンを殺した後、数ヶ⽉前にそれを成し遂げた。

どれだけのオーラが注がれたとしても、この防御を突き破るチャンスはないでしょう。

「これで終わりだ」

クロウマスクは安全地帯から、中断することなく呪文を完了させる。

【無⼒への気づき】

⼀瞬、巨⼤な重⼒がカテリーナの周りのすべてを圧迫した。

彼女は現象の震源地に⽴っているにもかかわらず、直⽴したまま。

クロウマスクは⽬を疑うが、すぐに彼⼥が影響を受けていないように⾒える理由に気づく。

カテリーナから発せられる微妙な光。

彼⼥は必死にすべてのオーラを集め、その中に全⾝をコーティングすることによって、なんとか持ち堪えていたのだ。

(まずいわ・・・。どう対処すれば?)

抵抗し続ける瞬間ごとに、膨⼤な量のオーラが消費された。

しかし、彼⼥は本当に他の選択肢がないのだ。

この巨⼤な重⼒に押しつぶされた場合、再び立ち上がることはできないでしょう。

もしそれが起こったら、勝利はクロウマスクの手に。

(もちろん、それを許すことはできません)

カテリーナは倦怠感の波を感じた。

彼⼥のオーラ消費量は驚くほど多かったのだ。

「この呪⽂を唱えるとすぐに、勝利は私のものになるでしょう」

クロウマスクが勝利の宣言をすると同時に、彼の髪はわずかに宙に舞った。

「これは⾵ですか?いいえ、待ってください・・・」

それは不可能のはず。

「荒涼とした世界の夢」は、周囲の空間を歪める魔法。

外⼒がこの泡の内部に影響を与えることはできない。

「この強⼒な引⼒で問題がないのがあなただけの場合は、計算範囲内のスペースを除外したに違いありません。それはあなたが動くことができないことを意味しますね?」

カテリーナが弓を持ち上げた。

強⼤なオーラを含んだ彼⼥の新たに発射された⽮が歪んだ空間に接触したとき、オーラは跡形もなく押しつぶされる。

しかし・・・。

もう⼀度、突⾵がクロウマスクの顔に当たった。

「あなたの細かいカーテンが壊れる前に私のオーラが尽きて、あなたの頭が私の拳で壊されるかどうか⾒てみましょう」

クロウマスクは⾝震いする。

彼は、カテリーナが強烈な重⼒に適応し始めたことに気づき、また、空間の歪みを介して攻撃し、その反対側で⾃分⾃⾝に影響を与える⽅法を理解したのだ。

⼀時的に忘れていたかもしれないが、彼が嘲笑していた獲物は恐ろしい怪物。

帝国で最も強⼒な射⼿、ロイヤルガードのメンバー。

 



 

「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

クロウマスクは再びマナを集め始めた。

⾝も凍るような⾳が。

クロウマスク周辺の⾵景は⼀瞬にして極端に歪んだ。

空間的な歪みが深まり、防御のレベルがさらに⾼まったことを⽰している。

しかし、強化された防御にもかかわらず、カテリーナの⽮を完全に軽減することができない。

彼⼥は、彼⼥自身のオーラを⾮常に濃いショットに圧縮することによって、純粋な暴⼒を通して空間的な歪みを打ち破ろうとしていた。

完全にショックを受けたクロウマスク。

たった1回の攻撃であれば、彼はそれを完全にブロックできたはず。

だが・・・。

カテリーナの執拗な攻撃は歪んだ空間の内部を揺さぶった。

3番⽬の⽮がカーテンにぶつかると、スペースはわずかに正常化し始め、彼⼥は再びカラスマスクの形を理解する。

しかし、重⼒魔法はまだ有効のまま。

カテリーナは跪いた。

彼⼥の全⾝を⽀えるオーラの量が減少するにつれて、⾻と筋⾁への負担が増加した。

彼⼥の全⾝は苦しみの中で叫んでいた。

しかし、カテリーナは⼸を発射し続ける。

4番⽬の⽮。

空間の歪みは、もはや耐えることができない。

その結論に達したクロウマスクは、対⽴を諦めた。

彼はすぐに、アーティファクトに保存していた空間移動魔法を呼び出して脱出する。

クロウマスクが13階、カテリーナの位置の真上に再び現れた。

[次元バースト]

クロウマスクが持っているアーティファクトに保存されている別の呪⽂。

「そのアーティファクト・・・、最⼤5つの呪⽂を保存できますよね?」

声の方向は真上。

12階にいるはずだったカテリーナは、彼の動きを予測して彼を追い出したのだ。

「あと2つしか残っていませんよね?他にどんな呪⽂を保存したのでしょうか」

 



 

カテリーナの望みが気になります。

カテリーナとクロウマスクの力は拮抗していますが、現在の時点ではカテリーナの方が有利?

クロウマスクの残している二つの呪文が気になりますね!

帰還者の魔法は特別です【239話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は239話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...