帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【236話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は236をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

236話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【235話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は235話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 本当の恐怖

ムクドリパーティは王宮のホールに沿って⾛る。

彼らは宮殿を出て、まっすぐ塔に向かおうとしていた。

彼らはどんな犠牲を払っても塔の露出の危険を冒さないようにしなければならない。

これは穏やかな水面化で⾏われなければならなかった激しい戦い。

動きを速めると、ロマンティカは何かに気づく。

「デジール、騎士が巡回しているわ」

彼らは皆⼀⻫に⽴ち⽌まり、⾓を曲がったところをのぞき込む。

奥には、王宮の内部をパトロールしている騎⼠たちが。

巡回ルートは徹底的に計画されていたため、死⾓は⾒られない。

「偽造する必要があります。少し待ってください」

カモフラージュ魔法を発動するのは簡単な作業ではない。

さまざまな探知魔法がこの宮殿のいたるところに設置されていた。

その上、無許可の魔術師による魔法の形成を強く妨害する装置も設置されている。

ムクドリパーティが呪⽂を発動することは事実上不可能でしょう。

「レオンハルト宮殿で⾒た防御魔法ほど良くはありませんが、それでもかなり良い」

王宮に配備された防御策を簡単に評価したデジールは⽬を閉じて床に触れた。

王宮の魔法の公式を注意深く読むことは、デジールにとって難しい仕事ではない。

「解除」

隅々まで保護するために取り付けられていた宮殿の保護魔法は、今や解除された。

デジールの逆算は痕跡を残すことなく、公式を消し去る。

「え?もう終わったの!?」

厄介な問題が解決したことでパーティは喜んだが、デジールは少しも幸せそうに⾒えない。

「どうしたんだ、デジール?」

「・・・何かがおかしい」

呪⽂を逆算させる過程で、彼は王宮に設置された魔法を特定した。

デジールが逆算させたのは確かに王宮を守るに値する呪⽂。

彼でさえ、それを逆算させるのに少しの努⼒を費やす必要があったのだから。

しかし、宮殿の⼀部は異なっていた。

「王宮の⼀部は、まったく異なる防御魔法によって保護されています」

宮殿の中⼼。

正確には、地下が。

それを守る防御魔法は、デジールでさえ簡単に逆算させることができなかった⾼レベルの防御魔法。

「ディバイドにいる魔術師が、このレベルの防御呪⽂を発動することはできないはず」

アウターが王宮全体を⽀配していたことは、今や明らかでしょう。

地下に潜った場合、おそらく彼らは追加の⼿がかりを得ることができるはず。

「どうしよう、デジール?」

「・・・後で調べてみましょう。今のところ、カテリーナの救出が私たちの最優先事項です」

優先順位を明確にする。

彼らは1つの情報を念頭に置いて動き始めた。

透明と消⾳の魔法。

ロマンティカとアゼストはそれぞれ⾃分⾃⾝に呪⽂を唱え、デジールは⾃分とプラムの両⽅に呪⽂を唱える。

 



 

その後、すべてが順調に進んだ。

王宮の構造をすでに理解しているので、速度を落とさずに廊下を簡単に横断でき、裏⾨を出て街に再び⼊る。

彼らは⼈々の視線を避けるために路地に移動した。

嫌な悪臭に満ちた場所。

⾒た⽬はすっきりとしていて⼿⼊れが⾏き届いているように⾒えたが、この路地裏は⾮常に散らかっていて、構造も⾮常に複雑だ。

(早く行かないと)

デジールは急いでいた。

彼らはここでカテリーナを失うわけにはいかなかったのだ。

急げば、10分でそこに着くことができる。

「・・・ちょっと待て、デジール」

アゼストの声がデジールに届く。

【アイスボルト】

氷の⽮が広がり、前⽅に撃たれた。

地⾯に隠されていた何百本ものワイヤーが⽴ち上がって道路や建物を破壊したとき、⼀連の爆発が四⽅⼋⽅に鳴り響く。

もし彼が減速せずに走り続けていたら、彼は⾎まみれの果⾁に引き裂かれていただろう。

これらのトラップが設定された理由は単純だ。

彼らは敵を待ち伏せするために配置された罠。

[キザードのため息]

強⼒な爆発が氷の盾にぶつかる。

それはほんの始まりに過ぎなかった。

膨⼤な数の短剣が四⽅⼋⽅から⾶んでくる。

慌ただしい爆発の中で、ロマンティカは叫んだ。

「なぜ彼らは私たちを攻撃しているのですか!?」

「おそらく、アウターの仕業でしょう」

それは単なる憶測ではなく、確信に近いもの。

ディバイド王国の中にいる限り、いつでも攻撃の準備ができていると決⼼していたから。

「彼らを倒して、できるだけ早く塔に向かいましょう」

再び防御魔法を発動すると、デジールは叫んだ。

 



 

爆発は⻑い間続いた。

⼀⾒終わりのない爆発は、1分以上の持続的な爆撃の後に徐々に⽌まっていく。

残骸から刺激的な⿊い煙が上がる。

「うーん・・・、あなた達が⽣き残るとは思っていませんでした」

声が聞こえてきた。

同時に、ロマンティカは前の屋根を指して、魔法を発動する。

【アバロサストーム】

猛烈な嵐が⼀瞬にして通りから煙を吹き⾶ばした。

倒壊した建物から現れたのは、ピエロの仮⾯をかぶった男だ。

彼の奇妙なピエロマスクとは対照的に、声は普通の⼈のもののよう。

デジールは周りを⾒回した。

「・・・20」

ピエロマスクと約20⼈の敵に包囲されていることに気付いた瞬間、ムクドリパーティはあらゆる⾓度からの攻撃を防ぐために背中合わせに⽴つ。

「警戒を怠らないでください。この状況はまずい」

この部分は迷路のような構造のため、道路は狭かった。

4⼈が並んで移動する余地はほとんどないのだ。

「デジール・アルマン、あなたはここで死ぬ必要があります」

ムクドリパーティを取り巻く暗殺者たちは皆、前に進んだ。

プラムとアゼストが正⾯から接近する敵に直⾯している間、ロマンティカとデジールは後⽅の他の敵に対して魔法を展開する。

[ライトニングストライク]

単純な稲妻の呪⽂。

この呪⽂は、屋根の上にかなりの距離を置いて⽴っていた敵と直接接触した。

しかし、⾼台にいた敵はすぐに短剣を引き、電光⽯⽕の反射神経で呪⽂を打ち倒す。

剣は⻘みがかっており、剣⼠としての使⽤者の能⼒を⽰している。

「強⼒な剣⼠、少なくともルーククラス・・・!こんなに⾼い剣術を持ったアウターがいるなんて!」

まだ明らかにされていない幹部メンバーの可能性も。

「カテリーナと合流するまではマナをできるだけ節約したかったのですが、仕⽅がありません」

その瞬間、デジールは彼が今直⾯している敵の本当の恐怖を⽬撃した。

強⼒な爆発。

剣を振るう敵と対峙していたプラムは、無傷でそれをかわすことができず、爆⾵に巻き込まれたのだ。

「⼤丈夫、プラム?」

「はい、何とか・・・」

プラムは、ロマンティカを安⼼させながら、レイピアを支えにして⽴ち上がった。

ムクドリパーティは驚く。

「誰もが近くで戦っているのに、あのような呪⽂を使うのですか?彼らは仲間に危害を加えることを気にしないのでしょうか?」

魔法の爆発から⾝を守るのは簡単なことではない。

特にそれを予期していなかったときは。

しかし、敵はお互いにどんなダメージを与えても容赦なく攻撃を続けてくる。

これは、ムクドリパーティがこれまで戦ってきた敵とはかなり異なっていた。

何よりも、これらの剣⼠は普通の⼈ではなく、彼らは皆、信じられないほどの⼒を持っているのだ。

「このような敵と対峙するのは・・・、難しい」

1⼈の敵との激しい戦闘に閉じ込められている間、別の攻撃が予期しない⽅向から⾶んでくるでしょう。

彼らの全ての攻撃は、彼らの仲間がその過程で死んだかどうかにかかわらず、彼らを殺そうとする必死の試みであるように感じた。

「時間がない・・・」

ちょうどその時、アゼストが口を開く。

「私たちが対処します。先に進んでください、デジール」

「対処できますか?」

「氷の中⼼を使えば、なんとか耐えられると思います」

アゼストは、まだ鞘から解放されていない彼⼥の剣を⾝振りで⽰す。

彼⼥の意図を確認した後、デジールは強⼒な呪⽂を発動した。

「私は先に進みます」

【ファイアストーム】

炎の⼤爆発で、3⼈以上の暗殺者が殺された。

その瞬間、彼らを取り囲む網に隙間が。

デジールは前に⾶び出し、その場所を通って脱出する。

 



 

やはりピエロマスクの部下。

死を恐れることなく、特攻してきますね・・・。

ピエロマスクはディバイド王に偽装しているはずですが、会場がどうなっているのでしょうか?

そして、アゼストたちはデジール抜きで勝つことができるのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【237話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は237話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...