帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【235話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は235をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

235話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【234話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は234話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 可能な限り最悪のケース

「今の音は?」

代表議会の雰囲気は混沌としたものに。

王たちは彼らが聞いた爆⾵について話し合う。

それはただの爆発ではなく、連続した爆発音。

⼤きくも騒々しいものでもなかったが、それが会議に与えた影響は⼩さくなかった。

昨年のテロ攻撃により、⻄王国連合の⼈々は⾮常に敏感だったのだ。

各国の兵⼠が動き始め、混乱が増すにつれて⼈々は逃げる準備を始める。

「皆さん落ち着いてください」

⼤評議会の進行役であるディバイド王が声を上げた。

⻄王国連合を構成するすべての公⼈と王が不安を感じていた間、ディバイド王、クロラ・バルダーシュは異常に穏やかに⾒える。

「皆さんの懸念を理解していますが、これはテロ⾏為ではありません。爆⾵はただの事故だったという知らせをすでに受け取っていますので」

「ただの事故とはどういう意味ですか?」

クロラは提起された質問に答えた。

「魔法の兵器⼯場に問題があるようです。この調査が進⾏中であるのでお知らせします。しかし、⼼配することは何もないことを保証できます」

王の段階的でない⼝調は⼈々を疑わしくさせたが、彼らはクロラを信じるしかなかった。

評議会の一員で懐疑的な人物が口を開く。

「念のため、⾃分で確認しましょう。ジョード・エグザリオン、私たちの近くにアクティブな魔法があるかどうかを確認できますか?」

「・・・防御魔法を除いて、宮殿の中には他の魔法はありません」

ジョードの発言で人々は落ち着きを取り戻す。

魔法に関して最⾼の権威を持っていたジョード・エグザリオンが、それを⾃分で確認したのだから。

「それでは、⼤評議会を続けましょう」

 



 

しかし、デジールは疑っていた。

(これは単なる事故ではない)

その結論に達したとき、彼はサイドガードに原因を調査するように命じる。

[デジール卿、音の原因を突き⽌めることができました。それは塔から来ました。スワン卿は現在、内部の敵軍との戦闘でロックされています]

正直なところ、これは予想外の出来事。

そもそも戦いがあるとは思っていなかったのだ。

[中には待ち伏せが隠されていました。レディ・スワンは今も逃げることができず、彼⼥は苦戦しているようです]

「カテリーナが苦戦している敵・・・?」

デジールは、敵がどんなに強くても、カテリーナであれば脱出することができると信じていた。

⾼度な危険が伴うにもかかわらず、彼女を送ったのはそのため。

「カテリーナと対等に向き合うことができる人物が塔を守っている?」

彼が知る限り、⼤陸全体で、ディバイドにはそのような能⼒を持った⼈はほんの僅かでしょう。

サイドガードは、収集した情報と彼の前で展開されている情報を伝え始める。

彼は限られた情報しか持っておらず、塔の中で何が起こっているのかを⾒ることができなかったが、それでも彼は観察できるすべての詳細を完璧に伝えた。

デジールが予測したように、塔はキメラの⼤量⽣産のための施設。

しかし、関心を持ったのはそれではない。

カテリーナがどれほど激しく戦ったにもかかわらず、塔の構造⾃体に⼤きな損傷がなかったことだ。

キメラを⼤量⽣産する施設であったとしても、そのような構造は彼⼥のオーラに耐えることができなかったはずだから。

それは、この塔には⽬に⾒える以上のものがあるという⼗分な証拠以上のもの。

塔は単にキメラを製造するために作られただけでなく、何か他のものを隠しているに違いない。

これは、それ⾃体が⾮常に重要な情報だった。

しかし残念ながら、その⼀連の考えは後方に追いやらなければならない。

他のすべての懸念を打ち負かしたのは、カテリーナの安全。

彼⼥が未知の敵との衝突に閉じ込められたのは何であるかを理解しようとした後、サイドガードからの情報で、塔の中と通信が遮断されていることを知る。

その情報で一つのことが明らかに。

戦いは今も続いているということだ。

デジールは、アウターが防⾳魔法を使って⼤評議会の出席者を落ち着かせたり、起こっていることを隠そうとしたりすることを望んでいると推測する。

可能な限り最悪のケース。

それはカテリーナの敗北。

その可能性を無視することはできなかった。

『今⽇、ネズミは1匹も⽣き残れません』

ディバイド王が悪意を持って吐き出した⾔葉を思い出さずにはいられない。

「私はカテリーナを助ける必要があります」

 



 

⼤評議会は終わりに近づいていた。

議題のすべての重要な項⽬が議論されたので、もはや留まる必要はない。

デジールはジョードに静かに話しかける。

「ジョード卿、私は塔に関して迅速に対処しなければならない緊急の問題を抱えています。ディバイド王が奇妙な動きを見せた場合・・・」

「⼼配しないでください、デジール。この場所は私に任せてください」

「はい、私も最善を尽くします」

評議会の部屋に集まった⼈々に何かが起こったとしても、プリシラやジョードのような強⼒な⼈物がすでに存在していた。

さらに、各王を守る準備ができている軍隊も存在するので、彼らはデジールなしで発⽣したどんな状況にも確実に対処することができるでしょう。

彼がしなければならなかったのは、塔に⾏ってカテリーナを助けることだけ。

しかし、塔に一人で行くことは自殺行為だろう。

アウターが完全に準備をして待っているのは明白なのだから。

魔塔のメンバーを連れていくことが露呈した場合、それはデジールの評判だけでなく帝国の評判も落としてしまう。

連れていくことができる集団は一つだけ。

ムクドリパーティ。

デジールは彼らを危険に晒さないように最善を尽くしたが、このような状況では他に選択肢がなかった。

「デジール、今何が起こっているの?」

ロマンティカは⼀歩前進し、デジールに尋ねる。

「・・・みんなを巻き込んでしまってすみません」

「謝らないで。それがあなたが必要とするものであるならば、私たちはあなたを助
けることができるわ、デジール」

彼女の言葉にアゼストとプラムもうなずく。

彼らの反応を聞いて⾒た後、デジールは温かい気持ちになった。

「⼤変な戦いになるので、⼀緒に来てください」

⼤評議会が開催されていた部屋を振り返ると、彼は⼀対の⽬を感じる。

進行役として評議会を率いているディバイド王の視線。

一瞬、デジールは彼がニヤリと笑っているように感じた。

信じられないほど不快な笑顔で。

 



 

デジールたちが到着するまでカテリーナも無事でいてほしいです!

塔に向かうまでに何か妨害はあるのでしょうか?

ジークフリートはいませんから、アウターが待ち構えている可能性が高いですね。

帰還者の魔法は特別です【236話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は236話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

https://sub.tsubasa-cham.com/the-secret-of-the-hourglass-matome/

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...