帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【232話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は232をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

232話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【231話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は231話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ディバイドの王、クロラ・バルダーシュ

ついに⼤評議会が始まる予定の⽇。

⾺⾞がゆっくりと王宮に向かったとき、デジールは⾺⾞の窓を通して外を見る。

暗い⾊の建物が通りに並んでいて、体系的かつ変化なく配置されていた。

それらの建物の中で特に際⽴った構造物。

巨⼤な塔。

それを直接⾒ると、塔がディバイドに潜⼊するアウターの背後にある真の⽬的と関係があることは明らかだった。

(カテリーナは大丈夫ですよね?)

彼⼥はサイドガードの⼯作員の何⼈かと⼀緒に巨⼤な塔を調査するために去った。

計画はシンプルだ。

⼤評議会が始まると、塔を守っている軍隊の数は少なくなるでしょう。

その間に、サイドガードとカテリーナが塔に潜⼊して調査する計画。

 



 

「・・・これは多すぎませんか?」

宮殿の廊下を歩いていると、デジールは何か変わったものを感じた。

彼は⼤評議会を守るために多数の軍隊がいるだろうと予想していたが、現在の数は彼の予想をはるかに超えている。

空を滑空しながら泣くワイバーンの⾳が⽌まることなく響き渡った。

「彼らはピッツバーグを守っている全ての軍隊を連れてきましたか?」

デジールはジョードの評価に同意してうなずく。

「そのようです」

存在する軍事⼒は、国家としての⼒を発揮するのに⼗分すぎるほど。

⼤評議会に出席するゲストによる脅迫的なジェスチャーと解釈される可能性があるが、誰も⽂句を言わない。

それは前年に起こったことの後で正当化されたから。

しかし、それは問題ではなかった。

(彼らが何を考えているのか分かりませんが、このままだと計画通りにはいかない)

特に誰かのことを考えながら。

「久しぶりです、デジール」

⼥性が彼に向かってくる。

彼女は聖女プリシラ。

彼女は前夜の宴会に出席していなかったので、会うのは久しぶりだった。

プリシラの後ろには、⽉の模様が刻まれた鎧を着た多くの騎⼠が。

アルテミス教会の聖なるパラディン。

名⽬上、彼らは彼らの⼥神の教えを拒否した不信⼼者と戦うために結成された集団。

アルテミス教会の信者の数を考えると、驚くほど聖なるパラディンの数は少なかったが、彼らの個々の能⼒は素晴らしかった。

とりわけ、彼らの中には、プリシラの治癒能⼒などのユニークな⼒を持っている人物も。

「あなたが⾔ったように、私は彼らをここに連れてきました。これで⼗分でしょうか?」

「もちろんです」

デジールがジョードに連絡した直後、彼はプリシラにさらに武装した護衛を求めていたのだ。

「彼らも準備ができていたようです」

ジョードが指し⽰したものを⾒ると、彼らは⻄王国連合の王たちが到着しているのを知ることができた。

それぞれが、⾃国を代表するエリート部隊によって護衛されている。

これは、前年の最⼩限の個⼈的なセキュリティとはまったく対照的だ。

「彼らもあなたのアドバイスに⽿を傾け、事前に計画してくれたのですね」

集まった軍隊は、今やディバイド王国が準備した軍事的攻撃に対抗するのに⼗分な戦力。

「これら全てにより、私たちはアウターが何を仕掛けてこようとも、完全に対処することができます」

いいえ、⻄王国連合からのエリート部隊が含まれているので、彼らは質の点ではるかに優れた軍隊を持っていた。

「誰もがかなり準備をしてきましたね」

深く凛とした声が響き渡る。

彼らの視線の終わりには、ディバイドの王、クローラ・バルダーシュがいた。

「私はディバイドの王に敬意を表します」

彼らはクローラに丁寧に敬意を表した。

クローラは彼ら全員に軽いうなずきで挨拶する。

「ジョード・エグザリオン、あなたが他の王たちにこれを提案したと聞きました」

「はい、陛下」

「とても素晴らしい。⻄王国連合を代表してあなたの先⾒の明に感謝します」

ジョードが頭を下げたとき、クローラは⼼地よい笑顔を⾒せた。

その光景びデジールは熟考する。

(王はアウターと直接関与していない?)

顧問がアウターと直接関係していることは間違いないが、王が彼と直接協⼒して、彼の⾝元を知っているかどうか分からない。

この状況は、魔法王国と酷似している。

スカルマスクは「預⾔者」の名称で働いている間に彼らの王を操作し、最終的に国を破壊した。

しかし、ここでの主な違いは、これらのイベントが展開されると、王はスカルマスクの⽬的に同意せず、結果として⽅程式から外されたということ。

「しかし、このように軍事⼒を待機させるだけでは⼗分ではありません」

クローラの⽬は、デジールの突然の提案に広がった。

「どういう意味でしょうか?」

「このすべての軍事⼒は、外部からの攻撃を簡単に撃退することができますが、内部からの攻撃がある場合、それらは即座に崩壊します」

「なるほど」

「アウターは以前、ヘブリオンアカデミーに潜⼊しました。彼らには教授として働く⼯作員がいて、誰もが彼を疑っていませんでしたから」

デジールは⽐喩を使って、現在の状況を説明する。

彼はそのような⼤胆な動きをした後、王の反応を測定することにした。

「そのような噂を聞いたことがありますが、ディバイド王国でのアウターの活動の兆候はありません。ですが、あなたの懸念には感謝します、デジール卿」

クローラの⾏動はあまりにも⾃然。

彼の抑揚と⾒た⽬は、まるで演技をしているようには⾒えなかった。

(私はこの時点で後退したほうがいいでしょう)

彼が演技をしているだけなら、それは無意味なのだから。

彼が演技をしていなかった場合、彼を鳴らし続けることは、良好な関係を維持するという点で良い動きではない。

「それを聞けて嬉しいです。何かサポートが必要な場合は、いつでもお知らせください」

「ありがとうございます。それでは、⼤評議会を始めましょう」

 



 

⼤評議会が⾏われる部屋に⼊る直前に、さらに別の検査が。

⼈々は危険物を⼿放し、⾝元確認に合格した後に入場した。

「デジール卿、少しお時間をいただいてもいいでしょうか?」

クローラは、突然デジールを脇に引っ張った。

彼は厳しい表情を浮かべ、とても静かに囁く。

「実際、ディバイド王国には深刻な問題があります」

「それは何ですか?」

クローラはかなり真⾯⽬な顔で窓の外を⾒る。

⾬が降り始めたので、まるで天気が気分を読んだようかのようだ。

「あのろくでなしは、このような灰⾊の⽇に頻繁に働きます。私は⾃分でそれを管理するために最善を尽くしますが、それらに対処するのは難しいです」

「・・・あなたはアウターについて話しているのですか?」

アウターに関する情報を⼊⼿するという予期せぬ可能性に、デジールの期待は⾼まった。

ディバイド王がアウターに対して敵対的である場合、彼と協⼒することによって問題を簡単に解決することができるのだから。

「アウターではなく、ネズミです」

デジールは、クローラの予想外の⾔葉に⽬を細めた。

「昨⽇、今⽇、ディバイド王国にはたくさんのネズミがいます。彼らは、あなたが⾒る⾸都の周りにいます。ですから、私たちは苦労しているのです」

「それは・・・、確かに⼤きな問題ですね」

「⾒えなくても、どこかにネズミが隠れているのは知っています。隠れているマウスを取り除くのは簡単ではありません」

「その通りです」

「ネズミが表れた場合、今日はそれらを削除する絶好のチャンスではありませんか?」

⾬が本当に降り始めた。

(この男はおそらく・・・)

「今⽇、ネズミは⽣き残れません。一匹も⽣き残れないでしょう」

クローラの⽬は輝いていた。

「・・・成功することを願っています、陛下」

「ありがとう、デジール」

クローラはデジールに微笑む。

デジールも笑顔で答えた。

(確かなことが一つ。ディバイド王はアウターと繋がっている)

しかし、ディバイド王がなぜ⾃分⾃⾝を暴露したのでしょうか?

しかし、彼の意図について考える余裕はなかった。

(今なら、彼らを止めることができる)

⼤評議会が始まるまで、彼らにはまだ時間がある。

今すぐカテリーナに連絡することで、行動をキャンセルすることができた。

しかし、デジールは躊躇する。

(このチャンスを逃すと、アウターの真の⽬的を理解することはできないでしょう)

アウターは、シャドウラビリンスをクリアするための最⼤の障害。

彼らを削除しない限り、彼らは継続的に問題を引き起こし、貴重なリソースを浪費する可能性が⾮常に⾼くなる。

(私はカテリーナの能⼒を信頼します)

[アウターは私たちの動きに気づいているようです。危険だと思ったら、すぐに逃げてください]

⻑い間苦しんだ後、ようやく計画通りに行動を開始することに。

デジールがカテリーナにメッセージを送るとすぐに、全員がついに集まって⼤評議会を召集した。

この⼤評議会の議⻑であるクローラは、集会全体を受け⼊れた後、⼝を開く。

「今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。この⼤評議会を進⾏させましょう」

 



 

デジールにここまで気づかせないピエロマスクの能力が際立っていますね。

しかし、ピエロマスクがデジールを煽った理由は?

カテリーナたちの安否が気になります!

帰還者の魔法は特別です【233話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は233話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...