帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【231話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は231をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

231話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【230話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は230話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • サイドガードの報告

宴会は無事に終わった。

夜遅く、デジールは休むために⾃分の部屋に戻る。

⼤評議会が召集されるまで残り12時間。

「姿を見せませんか?」

誰もいない場所に話しかける。

「デジール、あなたは注意深いかもしれませんが、それでも不注意ですね」

スワン・カテリーナが暗闇から現れた。

「パーティはどうでしたか?」

「まあ、⼼配していたことは何も起こりませんでした」

「それは良かった。他のみんなは?」

「彼らは⾮常に緊張した後、疲れ果てているようです。私も少し眠りにつくつもりです」

デジールは柔らかいベッドに横になる。

彼が望む⽢い眠りに誘われる前に、カテリーナは彼を起こした。

「まだやるべきことが一つ残っていますよ」

カテリーナは眠そうなデジールに、突然通信装置を投げる。

[遅くに申し訳ありません、ロイヤルガードのデジール・アルマン卿]

機密性を確保するために、さまざまな対策を講じた適切な魔法の周波数を利⽤した通信オーブ。

通信相手はサイドガードからだった。

 



 

[あなたの命令に従って、サイドガードが集めた情報を報告します]

サイドガードにアウターと錬⾦術について可能な限りの情報を⾒つけるように命じたデジールは、彼らの進捗について毎⽇報告するように頼んでいたのだ。

更新の頻度と緊急性は、三⽇間だけディバイド王国にいるため。

「ありがとう。まず、すべてのエージェントは⼤丈夫ですか?」

[一人は捕まりましたが、無事に逃げることができました]

「それは安⼼だ」

サイドガードのスパイの仕事は素晴らしく、デジールはディバイド王国に配置された最⾼のエージェントを利⽤していた。

[親切な⾔葉をありがとうございます。私たちが得た情報が、あなたを失望させないことを約束します。ご存知のように、ディバイド王国が内部と⻄王国連合内の両⽅で保持する⼒は最近急上昇しました]

その言葉に、デジールは頷く。

彼らは多くの国家プロジェクトを実施し、国の財政を⼤幅に改善するために汚職を根絶した。

ゆっくりと崩壊していたディバイド王国は全盛期に戻ったのだ。

現在の王は、最後の⻩⾦時代以来、ディバイド王国を率いる最⾼の君主であると⾒なされている。

[最近までディバイド宮で働いていたメイドによると、それは王の洞察や⽀配とはほとんど関係がないとのことです]

「つまり・・・」

予感がした。

「彼を助けている⼈がいる?」

[どうやら、現在ディバイド王国の国家政策を担当しているのはクロラ王ではなく、外部の顧問のようです。その人物は宮殿の「顧問」としてのみ知られています。彼は多くの政府関係者の計り知れない信頼を勝ち取ったと⾔われています]

デジールはついにアウターの戦略を確信した。

アウターがディバイド王国の内部活動に深く関わっていたことを。

(これは、影の世界の魔法王国で起こったのと同じような戦略)

急速な変化と発展をもたらし、国の内部顧問として家⾂の信頼を勝ち取る。

国が⼤幅に改善するにつれて、彼らが構築した国⼒と彼らがその過程で得た善意を強化するのだ。

(寄⽣⾍のように)

シンプルだが効果的でしょう。

[最近、帝国に関連する噂を広め、戦闘準備を拡⼤し、防衛予算を増やすことは全てこの顧問に遡ります。彼は戦争の準備をしているに違いありません]

ディバイド王国が誰と戦争の準備をしているのかは簡単な質問だろう。

ヘブリオン帝国。

(アドバイザーはクロウマスクのはず。いいや、イカルス・キルゴ。これからは、この顧問についてできるだけ多くの情報を掘り下げることに集中する必要があります)

今回の結果は実り多いものだった。

「これは⾮常に貴重な情報です。すぐに顧問に関する詳細情報を収集することに集中してください」

[親切な⾔葉をありがとうございます。私は⾃分がすべきことだけをしました。ああ、もう一つ情報があります、デジール卿。錬金術を優先するように促されたので、進捗はごくわずかでしたが、あなたの関⼼を考えると、共有することが重要だと感じました]

 



 

イメージが形成され始めると、通信装置が煌めき始める。

「塔?」

それは、鮮明な品質で巨⼤な暗い⾊の塔を表示していた。

この構造は、魔塔よりも背が⾼く幅が広い。

[これはこの街で最⼤の建造物です。⾸都から⾒ると⼗分に巨⼤です]

この建物が普通のものではないことは明らかでしょう。

[重要なことは、この建物は顧問が権⼒を握った後に建設を開始したことです]

それはアウターが建てたということでしょう。

「建物が何のために建てられたのか分かりましたか?」

[私はまだそれを⾒つけていません。この塔に関する情報は、市内の他の何よりもはるかに厳密に管理されています。この画像しか撮れませんでした]

「しかし、彼らがそれほど慎重であるならば、何かあるに違いありません」

[はい。この塔はアウターの計画の重要な部分でなければなりません。いろいろな記録を⾒てみると、これを作るのにたくさんの魔法⽯と予算が費やされていることが分かりました。今でも、王室の予算の⼤部分がそれに向けられています。問題は、これが唯⼀のものではないということです。他のいくつかは他の場所で構築されています]

画⾯は、ディバイド王国の様々な部分にある他のいくつかの塔を⽰していた。

[⾸都にあるものほど⼤きくはありませんが、これらの他の塔は着実に建設されています。アウターはこれに多⼤な努⼒を払っています。これにどれだけの時間とリソースが費やされているかに基づいて、私たちは彼らが何を⽣産するのかについての理論を深めています]

(これはキメラ⽣産のための施設のはず)

キメラはそれほど簡単に作ることができるものではない。

彼らは無数のモンスターの死体と、それらを安定したものに組み合わせるための⾼度な技術的スキルを必要としたから。

軍⽤レベルのキメラを製造するために、彼らは世界クラスの施設を必要としていたのだ。

(しかし、彼らが戦略的予算の多くをそれに投⼊した場合・・・)

キメラよりも優れた何か。

(彼らは再びホムンクルスを作っているのかもしれません)

それは明確な可能性でしょう。

デジールは危機感を感じた。

この状況がこれ以上進展するのを⽌めなければならないと。

しかし、それは具体的な証拠のない単なる仮定。

「詳細な証拠はありますか?」

[詳細な情報が必要な場合は、少なくとももう一週間は必要です]

「どれだけ時間がかかっても、私たちの次の⾏動を起こすために重要です。その証拠があれば、アウターを⽌めることができます。帝国だけでなく、⻄王国連合も説得できれば・・・」

彼らがホムンクルスを⽣産しなかったとしても、キメラの製造は依然として⼤きなタブーなのだから。

[ですが・・・、彼らの厳格な管理を回避するには時間がかかるでしょう。一週間⾔及したとき、それは、サイドガード内のエージェントだけでなく、ディバイド王国で展開されたすべてのエージェントを使⽤する場合にのみ可能です。彼らに連絡しようとすると時間もかかります]

「それなら私も参加しましょうか?」

カテリーナはこれまでの話を聞いて前に出た。

「秘密裏に情報を確保することはできませんが、私の⼒があれば、もっと強⼒な⼿段で情報を⼊⼿できるはずです。そう思いませんか?」

それは事実でしょう。

[ですがスワン卿、あなたの⾝元が明かされれば、ディバイド王国とヘブリオン帝国の間で戦争が勃発する可能性があります]

「私が注意すれば、それは問題にはなりません」

[ですが・・・]

サイドガードはカテリーナが⼀⽅的に話していることに当惑しているようだ。

「まあ、私が何を⾔おうと、最後の判断はデジールです。デジール、どうします?」

カテリーナは振り返り、デジールに尋ねた。

(カテリーナが⾏けば、すぐに証拠を⼊⼿するか、戦争の危機に瀕していることに気付くでしょう・・・)

二つの結果を⽐較検討したとき、検討する価値すらなかった。

ディバイド王国がアウターと協⼒していた場合、戦争は避けられないのだから。

「最悪のシナリオでは、⼗分な証拠が⾒つからなくても、発⾒されない限り・・・」

デジールは決定を下した。

「お願いします、スワン夫⼈」

 



 

キメラの大量生産ならまだしも、ホムンクルスの大量生産は厳しいでしょう。

その戦力があれば、シャドウラビリンスの攻略も進むはずですが・・・。

スカルマスクの計画が知りたいですね。

帰還者の魔法は特別です【232話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は232話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...