帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【230話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は230をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

230話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【229話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は229話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side アゼスト・キングクラウン

「何か飲みますか?」

ジョード・エグザリオンがグラスを提供してきた。

⾚みがかった⾊のワインが渦巻いている。

「喜んで」

アゼストはそれを受け入れる。

⼆⼈とも⼀⼝飲む前に、グラスをそっと鳴らした。

「これはトップクラスのワインですね。ブルゴーニュ地⽅やアルネン地⽅で私がよく知っているものよりも芳⾹が強いです。しかし、奇妙なことに、これがどこで製造されたのかよく分かりません」

ジョードの話に、アゼストはうなずいた。

彼らは会話をしていたが、彼らの⼼のどちらもそこにはなかった。

彼らの視線は合っておらず、どちらも同じ⽅向を⾒つめている。

忙しく動いている多くの⼈の中で、特に⼀⼈の男性が目立っていた。

デジール・アルマン。

「デジールはとてもユニークな友達ですね」

ジョードは事実のように述べた。

「彼は、⻄王国連合を代表する強⼒な⼈々から決して萎縮することがありません。彼は恐れることも、彼らと話をして彼らを勝ち取ることを迫られていることもありません」

それは間違いなく異常だろう。

普通の⼈はロマンティカとプラムのようになる。

ショックを受けて、群衆から可能な限り遠くに座っていた2⼈のように。

しかし、デジールは堂々と歩き回り、⾮常に穏やかで堂々とした⽅法で多くの⼈と話していた。

「・・・どんなに考えても、彼が本当は誰なのか分からないよ」

「・・・」

アゼストはそれを否定できなかった。

デジール・アルマンが疑わしい起源の⼈であったことは否定できなかった。

「あなたはデジールについて何か知っていますか?」

「・・・魔塔主、あなたがすでに知っていることとそれほど変わらないでしょう」

「それじゃあ、彼は誰にも話していないでしょう」

ジョードの呟きに、アゼストは問いかける。

「あなたは彼を疑っているのですか?」

「いいや、まさか。私は彼の性格を世界中の誰よりも信頼しています。彼が悪役だとは決して信じられない」

そうでなければ、彼はデジールにそのような恩恵を与えなかっただろう。

デジール・アルマンはすでにジョード・エグザリオンの⼼の⼤部分に住んでいた。

デジールの喪失は、精神的なレベルで彼に重⼤なダメージを与えるでしょう。

「しかし、デジールが第7級魔法を実⾏したという知らせを聞いたとき、私がなんとか取っておいた好奇⼼は再浮上しました」

第7級。

魔法の頂点。

ジョードは、デジールが⼀時的ではあるが自分のレベルに到達することに成功し、それについて⾔及する必要さえ感じなかったことに驚いていた。

たった4つマナサークルで、伝説の第7級に到達したのだ。

ジョードはデジールのこれまでの成⻑にすでに満⾜していたが、第7級魔術師の⼒に到達することはまったく別の話。

それは⼈間が⾏くことができる最⾼であり、それは彼⾃⾝が⾒つけた壁でもあるから。

 



 

ジョードが口を開く。

「私は、信頼と好奇⼼は2つの異なるものだと信じています。デジールはいつか私に話すと約束しました。私は彼の⾔葉を信頼していますが、私はまだ⾮常に興味があります。ご存知のように、私は好奇⼼に抵抗できる⼈ではありませんから」

ジョードは話し続けた。

「・・・さらに、デジール・アルマンが何かを達成するために動いていることを私たちは知っています」

アゼストは震えた。

彼⼥は、デジールが舞台裏で何かに追い詰められているように見えていたから。

彼が虚栄⼼や名誉のために、これまでに行ったとは信じていなかった。

「いつか・・・、彼は私たちに話してくれるでしょう」

「ですが、それがいつになるか分かりません」

「私たちがデジール・アルマンを誰よりも信頼しているのは事実です。しかし、私たちは彼の正体や⽬的についてもあまり知らないため、彼は私たちから奇妙な距離を保っています。これは決して良いことでも健康的なことでもありません。デジールにとってさえ、この距離は快適ではないでしょう」

デジールは全世界に影響を与え、国家の同盟と技術開発を再形成する存在になった。

彼の影響⼒が強すぎるため、未知の⽬標を追求していたという事実を無視することはできない。

「魔塔主、どうして私にこの話を持ち出したのですか?」

「あなたはデジールに最も近いからです」

ジョードが空のグラスを置いた。

「私が⾔おうとしていることは、私たちが彼に持っていることを共有しましょうと言うことです」

「・・・」

アゼストはそれに応じて何も⾔わなかった。

彼⼥はそれに答える⽅法を知らなかったから

「・・・まあ、今夜答えを得るとは思っていませんでした」

ジョードは⽬を逸らし、会話から戻ったばかりのデジールにもう⼀度⽬を向けた。

「二人で何を話していたのですか?」

「ワインの味が良いと話していました」

ジョードは、グラスをデジールに手渡す。

「会話は上手くいきましたか?」

「はい。満⾜のいく結果が得られました。」

デジールは意図した⽬標を達成した。

アノス⼤統領をどのように説得したかについて話したとき、ジョードは、自分のことであるかのように喜ぶ。

この結果だけでも、この宴会に参加する価値があっただろう。

「しかし、私が計画していたことの1つを実⾏できなかったのは残念です。ディバイド王と会話することができませんでした」

デジールは、彼が信頼できるかどうかを検討するために、ディバイド王と会話したかった。

王が関与しているかどうかにかかわらず、ディバイドとアウターが何らかの関係を持っていることは明らかだったから。

「何かあったのかい?」

「彼はすでにいません」

その⾔葉を聞いた後、ジョードはディバイドの王と⼥王が通常座っている席を⾒た。

そこには誰もいない。

「どうやら彼らは開会式の直後に去ったようです」

「それは変だ。通常、宴会を主催する⼈は最後まで滞在するはず」

「単なる偶然であるかどうかを⾔うのは難しいですが、今のところ私は多くを⾔うことはありません」

実際のところ、デジールは宴会で出来ることはすべて実施した。

仕⽅がない。

彼らはそのようにそれを覆い隠して先に進まなければならないのだから。

「でしたら、今日の目的は終わったのですか?」

「はい」

「それなら、この宴会を楽しむ必要がありますね」

「楽しむと⾔いますが、この場所で出来ることはあまりありません」

「いいえ、宴会で⾒逃せないことが1つありますよ」

ジョードは宴会場の中央をちらっと⾒た。

少しずつ気分が⾼揚し、⼆⼈⼀組で踊っている。

「・・・その通りですね」

このイベントを⾃由に楽しむことは悪い考えではないでしょう。

「アゼスト?」

デジールがアゼストに手を差し出し、彼女は手を掴んだ。

彼⼥がそれを拒否する理由はなかった。

アゼストとデジールがステージに滑り込む。

 



 

現在の曲は⾮常に遅いワルツ。

二人は⾳楽にスムーズに⾜を踏み⼊れ始め、彼らの体を流れに乗せた。

「ずっと良くなった、デジール」

「それは全てあなたのコーチングのおかげです」

彼らのダンスは⽬⽴ったものではなかったが、それは聴衆を笑顔にする魅⼒的な品質を持っていた。

アゼスト・キングスクラウンは彼⼥の記憶を振り返る。

デジールをパーティに連れて⾏き、彼にダンスの仕⽅を教えた時を。

彼はダンスがかなり苦⼿だった。

このように踊れるようになるためにかなり多くの練習をしたに違いありません。

しかし、ジョードとの会話は引き続き最前線に⽴ち、より良い考えを押しつぶす。

(・・・私は彼について本当に何も知りません)

デジール・アルマン。

彼について考えるときはいつでも、アゼストは複雑な感情で満たされていた。

アゼストにとって、彼はとても複雑な⼈物。

競争相⼿であり、相談相手であり、リーダー。

(不思議な男だ)

アゼストは、彼⼥が最初に彼に会ったときのことを思い出した。

彼は単なる第1級の魔術師だった。

けれど、それは単なる見せかけ。

彼は世界を劇的に変えることができる呪⽂システムを設計し、世界平和に多⼤な貢献をし的た。

これらの考えが、彼⼥の頭の中をかき回し続ける。

「デジール」

彼らの視線が互いに出会う。

距離がとても近かったので、彼らの息がお互いの顔をくすぐる。

「・・・何ですか?」

アゼストの⽬がデジールの真っ⿊な瞳孔に出会った。

まるで空虚を覗き込んでいるかのように、瞳がとても深い。

ジョードと⾏った会話がもう⼀度再⽣される。

彼⼥はすぐに尋ねたかった。

彼についての全てを自分に知らせるように要求したかった。

しかし、突然、彼⼥は何かに気づく。

(・・・秘密を持っているのは彼だけではありません)

それに気づいたら、アゼストの唇は⽯のように固まった。

秘密を持っていたのはデジールだけではなかった。

アゼストも⾃分⾃⾝を隠している。

彼⼥が⾼貴なログフェラス家の⼀員であったことを。

帝国を統治した皇帝の娘だということを。

(私も彼に自分の正体を⾔っていません)

彼⼥はこの秘密を誰とも共有したことがない。

いいえ、彼⼥はそれを共有することはできなかった。

理由はシンプル。

(・・・私が彼に⾔ったら。・・・私が彼らに真実を⾔ったら、私は今と同じ関係を持つことは決してできないでしょう」

彼⼥が築き上げ、維持するために⼀⽣懸命働いてきた関係が、差し迫った崩壊の脅威に晒されているように感じた。

(私は恐れている)

彼⼥はこのままの関係を維持したかった。

(おそらくデジールも同じなのでしょう)

これが最も⾼い可能性。

アゼストは視線を遠ざけた。

彼⼥はいつものように意図的に⾏動し、何も起こらなかったかのようにふりをして、この緊張に終⽌符を打つために⼝を開く。

「何でもありません」

会話は無駄に終わった。

すぐに、⾳楽のテンポが速くなる。

アゼストはすぐにリズムに合わせたが、デジールは出来なかった。

よろめいてつまずく瞬間に、アゼストが彼を支える。

「・・・最初からもう⼀度学ぶ必要があります」

軽い笑い声が噴出した。

「ええ」

デジールはデジールだ。

彼がいくつかの秘密を握っていても、何も変わらないでしょう。

(いつの⽇か、私たちはお互いの秘密を知るでしょう。しかし、その時は今ではありません)

アゼストは心の準備が出来ておらず、デジールも心の準備が出来ていないのでしょう。

(けれど、私はその時がすぐに来ることを願っています)

 



 

デジールが全てを告げる日はいつになるのでしょうか?

アウターとの因縁が集結すれば、すぐにシャドウラビリンスが訪れるでしょう。

シャドウラビリンスが始まる前に、デジールの信頼できる人たちに伝えてほしいです!

帰還者の魔法は特別です【231話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は231話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...