帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【229話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は229をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

229話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【228話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は228話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 関係の構築

「無料でここに来たけれど・・・、パーティーを楽しむことができません」

ロマンティカがそう囁く。

この宴会は、確かに彼らにとって楽しいものではなかった。

会場には、一般人が⼀⽣話せないであろう人物が大勢いる。

王室、様々な国の貴族、そして成功した企業の社⻑ですら。

彼らはそれぞれの国の内外で⾮常に影響⼒がある人物たち。

デジールは、落胆したロマンティカとプラムを⾒て苦笑いする。

(私は他⼈のことを⼼配する余裕がありません)

デジールがディバイド王国に来た最⼤の理由は、アウターに関連する情報を収集すること。

しかし、それだけではない。

(私は⻄王国連合に⾜場を築く必要があります)

ロイヤルガードの地位を獲得した後、デジールは帝国に確固たる影響⼒を持っていた。

しかし、帝国の人物として彼ができることには限界がある。

この宴会は、⻄王国連合の⾼官と交流する絶好の機会なのだ。

「ごほん」

ディバイド王国の王であるクロラ・バルダーシュが喉をすっきりさせたとき、部屋のすべての注意が彼に向けられた。

彼の⾒事な外⾒は、昨年と同じように、⼈々にライオンを思い出させる。

「まず、このイベントにご参加いただき、誠にありがとうございました」

彼は聴衆を⾒回した後、話し続けた。

「私たちの⻄王国連合は、その⻑い歴史の中で多くの困難に苦しんでいますが、私たちはそれらすべてを乗り越え、結果としてより強くなりました」

彼の演説は、アウターと⻄王国連合との間の戦争、プリレチャでのテロ攻撃、そしてラグリウム平原での戦いに⾄るまで、過去1年間に起こったことの要約。

「私たちの⻄王国連合はアウターを完全に打ち負かしました。この宴会は、私たちが危機をうまく乗り越え、平和を取り戻し、再び⼤評議会を召集できることを祝うために開催されたものです。どうぞ楽しんでください!」

クロラがグラスを上げると、聴衆はそれに応じてグラスを上げた。

そして、宴会が正式に始まる。

デジールはこの瞬間を待っているかのように⽴ち上がった。

「始めましょう」

 



 

宴会が始まると、デジールは忙しく⼈々に挨拶を始めた。

最初は⻄王国連合の⾸⻑から。

「やあ、デジール・アルマン」

会話の最中だったときでさえ、デジールが彼らに近づいたとき、彼らは会話を中断した。

デジールは、初対面の貴族であろうと、⻄王国連合のさまざまな指導者とであろうと、参加した会話を上⼿に主導する。

彼だけが知っていた将来の知識と、彼がアユルス新聞社から得た時事問題を駆使して。

ある⼈は、特に彼が交流した⼈々の中で、デジールを最も⼼から扱う。

それはプリレチャの王様。

「久しぶりです、デジール・アルマン!」

彼は友好的に⼿を振った。

直接的な関係は少ないが、頻繁に⼿紙を通じて関係を築いていたのだ。

「⼀度訪問してください。あなたが護ったデルタハイムの⻩⾦の海は、ありがたいことに以前の状態に戻っています」

プリレチャの⾸都であるデルタハイムは、復活したダデニュートによって一度破壊された。

⻩⾦の⼣⽇のあるイースタカール海。

「申し訳ありません。最近はやることがたくさんあるので、時間が取れませんでした。必ず⾏きます」

「いつでも歓迎します。ロイヤルガードになった今、あなたは忙しいに違いありませんから!」

ヘブリオン帝国と⻄王国連合の関係について考えると、ヘブリオン皇帝に最も近いロイヤルガードのメンバーの周りにいると、⻄王国連合の指導者を不安にさせるはず。

しかし、プリレチャの王はそのような些細なことをあまり気にしていないようだった。

「あなたはプリレチャの救世主です。私はいつもあなたを応援します。しかし、その⽴場にうんざりしているときはいつでも、我が国に来ることを検討してほしいと思います」

彼は下⼼を持たずにデジールを⽀持し、彼の希望をはっきりと宣言する。

デジールは頭を下げて、彼の好意に感謝した。

「ありがとうございます」

 



 

⼀部の⼈々はデジールに好意的だが、⼀部の⼈々は裸の敵意を⽰してくる。

そのうちの⼀⼈は、アルンベス国のアノス⼤統領。

アノスは、⻄王国連合の他の王とは異なり、控えめな外観をしていた。

特別なアクセサリーを⾝に着けることなく、⿊のスーツを着ている。

「こんにちは、アルンベス大統領」

クロウマスク、イカルス・キルゴが反乱を始めたとき、彼はおそらくアルンベスのような政治システムを実⾏したかったのでしょう。

⻄王国連合の唯⼀の共和国として、アルンベスはその国の⻑を「⼤統領」と呼んでいるのだ。

彼は選挙と呼ばれるプロセスを通じて定期的に選ばれた役⼈。

「ええ、はじめまして」

挨拶は普通だったが、彼の⼝は捻れたように見える。

(予想通り)

ジョードの情報は正確だったようだ。

彼は、デジールがロイヤルガードに加わるという選択に間違いなく不満を持っている。

デジールは丁寧にお辞儀をした。

「あなたが私に対して恨みを抱いていることを知っています。可能であれば、それを和らげ、あなたの国との良好な関係を確⽴したいと思います」

とても率直に話すことは、ほとんどの⼈の気持ちを傷つける可能性があるでしょう。

アノスはデジールをしばらく黙って観察した。

それから彼は、まるでデジールの態度に何かを感じているかのように、注意深く⼝を開く。

「私は共和国出⾝の男です、デジール。共和国では地位などはありません。⼈⽣におけるあなたの場所を定義する唯⼀のものは、あなたの能⼒です」

もちろん共和国にも依然として差別があるが、すべてが誕⽣時に決定された帝国と⽐較して、確かにはるかに公正な国でしょう。

デジールは、ヘブリオンアカデミーのベータクラスを考えて、拳を握り締めた。

「私は、帝国と⻄王国連合の他の国々が、最終的には階級と称号の型を打ち破るべきだと信じています。私はあなたが帝国内で⼤きな変化を起こすことを期待していました。私はあなたが次に何をするかを熱⼼に待ちました。アルンベスの⼤統領としてではなく、平等を⽬指して努⼒する⼈として」

アノスの表情は、デジールに対する失望に満ちている。

「私は、ヘブリオンアカデミーにおける社会的地位の差別がどれほど深刻であったかを知っています。それにもかかわらず、誰かがなんとか根本的な社会の変化を起こすことができました。それはあなたです。確かに、私はあなたに⼤きな期待を抱いていますが、帝国の庶⺠があなたのために抱いていた期待、彼らのヒーローであるデジール・アルマンを考えたことがありますか?」

彼は過去形を使用していた。

「・・・そして、あなたはロイヤルガードに加わりました。確かに⽴派な⽴場です。おめでとうございます。しかし、あなたは権⼒のためにあなたを信じた⼈々の希望を裏切った。なんて残念なことでしょう」

アノスがデジールに対して敵意を抱いた理由は、彼が⻄王国連合からの申し出を拒否した後にロイヤルガードになったという理由だけではない。

彼は、世界を変える偉業を成し遂げ、地位差別が厳しいヘブリオンアカデミーをなんとか変えたデジールに⼤きな期待を寄せていた。

彼は、デジールが皇帝への忠誠を誓うためにそのすべてを捨てたことに失望を感じていたのだ。

権力を優先したと。

デジールの⾏動が、庶⺠の期待を裏切ったと感じたのだ。

帝国を変えるために彼に頼っていた⼈々を裏切ったと。

デジールの顔には笑顔が広がった。

これが単純な誤解だった場合、これは簡単に修正できるのだから。

「アルンベス大統領、あなたの期待が崩れるのは時期尚早だと思います」

アノスはデジールを静かに⾒つめ、暗黙のうちに彼が話し続けることを許可した。

「私は帝国内の差別を修正することを決して諦めていません。私は独⾃の⽅法で取り組んでおり、すでに成果を上げています」

ヘブリオンアカデミーは、ちょうど1年前とは⼤きく異なっている。

現在、ベータクラスとアルファクラスの間のギャップは縮⼩していた。

「しかし、私が学⽣としてできることには限界があります。私は権⼒のためだけにロイヤルガードのメンバーにはなりませんでした。ロイヤルガードとして私が持っている影響⼒は私を助け、最終的には庶⺠を⼤いに助けます」

「言葉だけなら何とでも言えます」

「すぐにそれらが単なる⾔葉であるかどうかが分かります。私が最終的に追求するのは、最終的に誰もがっかりさせないことですから」

「・・・」

アノスはしばらくの間、⾃分の考えに没頭していた。

その瞬間、デジールはそれで⼗分だと感じたのだ。

今は完全に気が変わったわけではなくとも、近い将来に可能性がある。

アノスは口調をわずかに和らげて話す。

「・・・デジール・アルマン。今後もあなたのパフォーマンスを⾒守っていきます」

 



 

帝国内では確固たる地位を手に入れたデジール。

今後は各国との関係を構築して、来るべきシャドウラビリンスを成功に導いてほしいです!

帰還者の魔法は特別です【230話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は230話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

https://sub.tsubasa-cham.com/the-secret-of-the-hourglass-matome/

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...