帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【227話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は227をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

227話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【226話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は226話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ディバイド王国へ

「どうしたんだ、アゼスト?」

デジールの⾔葉は、⾃⾝の考えに深く迷い込んだアゼストを⽬覚めさせた。

「体調が優れないように見えますが」

他の誰かが聞いた場合、彼らはそれが奇妙だと思うかもしれない。

なぜなら、アゼストはいつもと同じように見えたから。

しかし、デジールは⼀⽬で彼⼥に何か問題があることを把握する。

「・・・何でもありません。考えるべきことがいくつかあるだけで」

アゼストは何もないふりをしようとしたが、デジールはほんの⼀瞬しか現れなかった彼⼥の動揺を⾒抜いた。

「デジール、私は本当に元気ですから」

「・・・」

デジールは、もう彼⼥に尋ねることはそれをより困難にするだけだと気づいた後、ため息をつく。

「懸念がある場合は、⾃分だけで解決しようとしないでください。いつでも私に話しかけてください」

「分かりました」

アゼストは、デジールの優しさに無意識のうちに微笑んだ。

ムクドリパーティーとカテリーナは現在アルテアにいた。

彼らが突然そこに⾏った理由はシンプルだ。

「すべての⼿順が完了しました。ゲートに向かいましょう」

堂々とした声が全員の注⽬を集める。

ジョードが彼らの前に⽴っていた。

ディバイド王国は、国々が密接に関係しているゲートを通過することのみを許可していた。

したがって、ヘブリオン帝国は他の輸送⼿段を必要としており、その結果、デジールたちはアルテアのゲートを使⽤することにしたのだ。

「もう⼀度強調しますが、⼤評議会に参加する⽬的は情報を⼊⼿することです。絶対に戦いを避けなければなりません」

これが彼らの戦略。

アウターがディバイド王国を⽀配していた場合、彼らの⾸都にいることはアウターの軍事本部にいることと何ら変わりはないのだから

「準備はできていても、戦闘に繋がる可能性のある状況は避けなければなりません」

アウターは他に⾏く場所がなかったので、明⽩な⾏動を取ることができないはず。

しかし、デジールにも同じ制限が。

彼はロイヤルガードとしての称号を持ち、魔塔を代表している間、無謀な⾏動を取る余裕もないでしょう。

 



 

「私は⾃分で情報を収集します。最悪のシナリオが発⽣しない限り、皆さんが登場する必要はありません」

デジールは、メンバーから独⽴してこの任務を遂⾏する予定だった。

ジョードは彼の話を聞いた後、⼼配に満ちた声で話しかける。

「⻄王国連合の帝国に対する認識は改善されましたが、それでも注意が必要です。まだ帝国に対して敵意を抱いている⼈はたくさんいますから」

「もちろん、2⼈の帝国のロイヤルガードが出席すれば、彼らはそれを気に⼊らないでしょうね」

カテリーナがジョードと視線を合わせて、彼⼥は少し頭を下げた。

「しかし、⼼配する必要はありません。このような状況に適したものがありますから」

⼿のひらで顔を撫でると、⾒た⽬も変わり始める。

カテリーナは、すぐに頬に⻑い傷跡を残した⼥戦⼠に変⾝した。

「これは私の外⾒を変えることができるアーティファクトです。時間制限はありますが、これで⼗分でしょう」

カテリーナは通常、何かをするときは⾮常に怠惰だったが、彼⼥はいつも⾃分の使命をうまく達成することができた。

しばらくして、彼らは魔塔本社内のゲートに到着する。

近くにはかなりの数の軍隊が駐屯していた。

「たくさんいます・・・」

「しかも、全員が⾮常に強⼒です」

デジールはそれらを⾒て、彼らの⼒を推定する。

平均して、彼らは全員第4級であり、デジールは、シャドウラビリンスまでに第5級に到達する⼈々を認識していた。

「彼らは、予期しない敵の攻撃に対応する必要がある場合に役⽴ちます」

ジョードはデジールのアドバイスを無視しなかったのだ。

「⼗分過ぎます。しかし、あの⼈は・・・」

⽬を引いたグループの中から⼀⼈を選び出す。

ジョードはデジールを連れて彼に近づいた。

「デジール、彼は第二魔塔主のヘファイストスです。彼は魔塔の軍隊を率いてあなたと協⼒します。ヘファイストス、こちらはデジール・アルマンです」

第二魔塔主は、デジールを⾒て興奮を隠すことが出来なかったようだ。

「お会いできてとても光栄です。早くお迎えするべきだったのですが、かなり忙しくて」

ヘファイストスは第6級の魔術師。

⼤陸中の多くの魔術師の間でさえ、⾮常に珍しい存在だ。

彼はまた、デジールがジョードに提供した知識を実際に適⽤する上で主導権を握った⼈々の1⼈でもある。

「あなたの理論を理解するのに時間を費やした後、私はあなたを本当に尊敬しています。あなたの知識は⽂明を数⼗年先まで進めるでしょう」

デジールは彼よりはるかに若かったが、ヘファイストスは敬意を表していた。

「ありがとございます」

デジールも笑顔で応える。

「あなたがリリースした魔法⽯と23番⽬の公式について質問がありま___」

ヘファイストスが話し続けようとしていたちょうどその時、ゲートが開き始めた。

「ああ!すみません、デジール。また後で話しましょう」

部屋に集まった⼈々が⼀⼈ずつ動き始める。

「デジール、私たちは最後に出発しましょう」

ジョードはデジールを後ろに連れて⾏く。

「ジョード、どうしたのですか?」

「アウターを打ち負かした後、⻄王国連合のすべての王の集まりを祝う歓迎会があるそうです」

部屋のほとんどの⼈はすでに移動していた。

「アルンベス⼤統領に気をつけてください。彼はあなたがロイヤルガードになったというニュースに対して気分が悪いようですから」

「・・・私にとって、そのような問題は少し無意味に聞こえます」

「それは彼があなたをどれだけ望んでいたかです。彼はあなたが魔塔の代表としていることを害することはありませんが、万が⼀に備えて注意する必要があります」

「アドバイスに感謝します」

会話をした後、ゲートの前に⽴つと、明るい光が彼らを包み込む。

 



 

ゲートから出ると、そこには魔塔の⼈々だけではなかった。

部屋はさまざまな国の⼈々でいっぱいで、全員がゲートを通り抜けていたようです。

彼らは皆、⻄王国連合と緊密な関係を維持していた組織と国家。

「昨年の攻撃により、セキュリティははるかに厳しくなっているようです。ディバイド王国は、これらすべての⼈々を処理する上で莫⼤な経済的負担を負ったに違いありません」

デジールが彼らを注意深く⾒ている間、彼を呼びかける声を聞いた。

「デジールさん!」

声の主はプラムだ。

ムクドリパーティのメンバーと最初に出発したカテリーナは、すでに近くの場所に集まっていた。

ロマンティカは窓越しにディバイド王国の⾵景を⾒ながら呟く。

「とても荒れ果てているわね」

街中に、背の⾼く暗い⾊の建物が⾼くそびえ⽴っていた。

建物からの煙が空に舞い上がり、昼間でも灰⾊の煙で空が曇っていた。

そして、何かがとんでもない速度で灰⾊の空を切り裂く。

プラムは⽬を細めた。

「あれは・・・」

「飛竜師団ね」

ロマンティカは知識を持って介⼊する。

「彼らはディバイド王国が誇りに思っている最⾼の騎⼠団の1つです。空中戦に関する限り、彼らは最強と⾒なされているわ」

飼いならされたワイバーンで空を突き刺した⽅法は、とても素晴らしい光景だ。

ディバイド王国の軍事⼒は質と量の⾯で卓越していたが、飛竜師団は空を制御することで⼤きな役割を果たしている。

「この規模のレベルでワイバーンを飼いならし、制御するスキルを持っているディバイド王国以外の国はありません」

誰もが空⾶ぶ飛竜師団を⾒つめていると、正装の制服を着た⼈々のグループが現れ、1秒以内に彼らを取り囲んだ。

すでにジョードからディバイド王国の裏切りについて警告されていた魔塔の⼈々は、彼らの敵意を公然と顔に⽰す。

デジールは自分たちを取り巻く⼈々を観察した。

驚いたことに、彼ら全員が熟練したルーククラスの騎士で構成されている。

(それでも、彼らが私たちを拘束することを望む⽅法はないはず)

帝国の2⼈のロイヤルガードと魔塔主⾃⾝がいるのだから。

数は多くはないが、彼らの軍事⼒はどんな⼩さな国との戦争を開始し、終わらせるのに⼗分な戦力を誇っている。

飛竜師団のうちの誰かが⼀歩前進した。

「魔塔の⼈々、ディバイド王国へようこそ。私は騎⼠団長、ジークフリートです」

 



 

ついにディバイド王国へ入りました!

魔塔の戦力があれば恐いものはないはずですね。

ディバイド王国の騎士たちは、国王がアウターに変わっていることに気づいている?

それとも・・・。

帰還者の魔法は特別です【228話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は228話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...