帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【226話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は226をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

226話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【225話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は225話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • キングスクラウン家

シングルランカー⽤の練習場内。

アカデミーは休暇中だったが、たくさんの学⽣が出席していた。

彼らは休暇中にスキルをさらに磨くため、アカデミーでトレーニングを続けていたのだ。

そして、膨⼤な数の⼈々を魅了していたスパーが進⾏している。

「今回は簡単にはいきません!」

3年⽣のシングルランカー3⼈が、1⼈の⼥の⼦を囲んでいた。

しかし、これが不公平な対戦だと感じた⼈は誰もいない。

その一人の女の子が、アゼスト・キングクラウンだったから。

アゼストは最⼩限の動きで自分に向かってくる剣⼠を躱す。

そして、最も近い敵に向かって魔法を放つ。

ほんの⼀瞬で、氷の槍が形成され、剣⼠に迫る。

相手は辛うじて剣を上げて、アゼストの魔法を阻⽌した。

アゼストはその機会を逃さず、包囲網を突破する。

自分と敵の間に少し距離を置いた後、彼⼥はすぐに呪⽂を発動した。

【凍る宮殿】

氷でできた不吉な宮殿。

数⼗の魔法の呪⽂が3人のシングルランカーに同時に放たれる。

シングルランカーとして、彼らのスキルは嘲笑されるものではない。

彼らは絶え間ない魔法の⼟砂降りに反応し、アゼストに近づいていく。

しかし、アゼストは剣⼠に距離を縮めることでアドバンテージを与えたにもかかわらず、落ち着いていた。

なぜなら、彼⼥は魔法剣⼠だから。

近距離と⻑距離の戦いに対応できるスペシャリスト。

しかし、3人はすでにかなりの量のスタミナを凍った宮殿を通り抜けるのに費やしていた。

必然的に、彼らは降伏することに。

アゼストは、彼らに⼀瞬の⽀配も許さずに勝利する。

その結果に誰も驚かなかった。

誰もが彼⼥が最初から勝つと思っていたから。

結局のところ、アゼストはそのような存在なのだ。

彼⼥はアカデミーに⼊学して以来、多くの⼈々から注⽬を集めてきた。

当時、彼⼥はヘブリオンアカデミーの歴史の中で最⾼の才能を持っていると考えられた。

「キングスクラウン家はどこから来た?」

アゼストはとても美しく、素晴らしい才能を持っていたので、誰もがそれは素晴らしい家系だったに違いないと思っていた。

しかし、キングスクラウン家について知る人は誰もいない。

⼈々が再びこの難問を熟考していたとき、彼らの後ろから突然騒ぎが。

「彼⼥はロイヤルガードのカテリーナです!」

 



 

カテリーナが練習場に⼊ると、彼女は周りを⾒回して⼝を開けた。

「皆さん、この練習場を少しの間離れることができますか?」

突然の要望に⽣徒たちは戸惑う。

「私はアゼストとスパーリングをするつもりですが、あなた方の安全を保証することはできないと思いますから」

「・・・!」

2⼈の天才のスパーリング。

ロイヤルガードのメンバーとヘブリオンアカデミーのプライド。

それは⾮常に稀な戦いで、彼らが再び⾒ることは不可能な戦いでしょう。

見たい!

全員が同じ考えを共有する。

しかし、彼らはカテリーナの警告を無視することはできなかった。

彼⼥が⾔ったように、⼆⼈が⾎を流して衝突した場合、その余波は確かに途⽅もないものになるでしょう。

⽣徒たちはしぶしぶ練習場から出て⾏った。

騒々しい練習場は、今や⼀瞬にして静かになる。

アゼストとカテリーナは、お互いを⾒つめていた。

カテリーナは彼⼥に会えて喜んでいるようだ。

「お久しぶりです、王女様」

カテリーナは腰を曲げて丁寧にお辞儀をする。

「どうしてここに来たのですか?」

アゼストは無表情で答えたが、カテリーナは彼⼥の声の不快感を⾒逃さなかった。

「カテリーナ、あなたの任務は宮殿のはず」

「その通りです。ですが、デジール・アルマンは私に、⻄王国連合の⼤評議会に同⾏するように頼見ました。そして、私は喜んでそれを受け⼊れました」

「・・・プラムがいるからですね」

アゼストの素早い返事に、カテリーナはため息をつく。

「王女様も、デジールも、私がどのような人だと思っているのですか?ロイヤルガードのメンバーである私が、プラムのような少年のためにこのすべての努⼒を払うと本当に思いますか?」

「・・・」

アゼストが静かにうなずくと、カテリーナは笑顔で肩をすくめた。

「まあ、私が参加する理由の半分がそれによるものであることを否定するつもりはありません」

そして、カテリーナの表情から笑顔が一瞬で消える。

「ですが王女様、私はあなたを守るために同行するのです」

カテリーナは、最初からアゼストの王女としての地位を知っていた。

次の王位には彼女が就く。

「カテリーナ、私はあなたの保護を必要とする時代をはるかに超えています」

「確かめてみましょう。剣を⼿に取ってください。久しぶりにあなたのスキルがどれだけ向上したかを見せてください」

カテリーナが⼿を前に出すと、次元空間から⼸が⾶び出す。

それは、ロイヤルガードの⼸の称号を与えられた⼈物として彼⼥が指定したアーティファクト。

アゼストはため息をつき、次元空間から氷の中⼼を取り出した。

そして、部屋の温度が即座に下がる。

 



 

バアン!

アゼストは予期しない衝撃波によって押しのけられた。

「悪くない反応速度ですね」

アゼストは剣を使って、予告なしに撃たれた⽮をブロックしたのだ。

脅威を認識してブロックする時間はない。

それは純粋に本能に依存した動きだった。

⼿⾸が痺れているので、このような種類の攻撃をたくさん受ける能⼒に⼗分な⾃信はなかった。

カテリーナは⽮を持っていなくても、⼸の紐を引っ張って、アゼストを狙っているように見える。

その瞬間、存在しなかった⽮が現れた。

それはオーラの⽮。

[魔法剣:氷の波]

アゼストは魔法剣を呼び出して、⾃分の道に向かう⽮をブロックする。

「ぐぅ!」

彼⼥は無意識のうちにうめく。

投げつけられたオーラの矢はキングクラスの威力を誇る。

それが巨⼤で重いと⾔うのは控えめな表現だろう。

全力を尽くさなければ戦いはすぐに終わることを知っていたので、アゼストは彼⼥の想像魔法を呼び出した。

【氷の皇后】

四⽅⼋⽅に広がっていた冷たい空気が、アゼストの周りに引き込まれて集まった。

そして、彼⼥の⽩いブロンドの髪は銀⾊に変わる。

黙って⾒つめていたカテリーナは、もう⼀度お辞儀をした。

アゼストは、新たに強化された⾝体能⼒を持って、⽮の正確な軌道を読み、回避する。

カテリーナは驚きながら話した。

「王女様、あなたは⼤きく成⻑しましたが、それだけでは⼗分ではありません」

アゼストは何の反応も⽰さず、戦いに集中し、剣を握ってカテリーナに向かって跳躍する。

[アナと雪の⼥王の宮殿]

彼⼥は別の想像魔法を呼び出す。

氷の柱がいたるところに舞い上がり、カテリーナの⽮をブロックするために多数の呪⽂が同時に呼び出された。

アゼストの接近は続く。

すぐに二人の間の距離は⼤幅に短くなった。

カテリーナは急いで後退し、⼸を引く。

集められたオーラは多数の⽮の形で解放された。

何百もの⽮が放たれる。

「・・・!」

アゼストは、波のように感じた攻撃に震えずにはいられなかった。

それはとてつもない⼒の表れ。

練習場は瞬く間に完全に粉々になる。

カテリーナがじっと⽴って、上昇する塵の雲を観察している間、アゼストは⽬に⾒える傷なしにそこから⾶び出した。

彼⼥は凍った宮殿を通していくつかの防御呪⽂を積み上げ、なんとかカテリーナの攻撃を阻⽌したのだ。

凍った宮殿が破壊され、その過程で⼤量のマナを失ったにもかかわらず、アゼストはカテリーナとの近接戦闘に従事することができた。

カテリーナが⼸の先端を掴む。

フレームは鋭くなり、刃の形に変形した。

⼸のフレームと剣がぶつかったとき、雷⾬のような音が鳴り響く。

近接戦闘では自分が有利だと考えていたアゼストは驚きを隠せなかった。

「王女様は⼤きく変わりました。スキルも⼤きく変わりました。過去とは異なり、あなたの感情がまったく⾒えなかったときと比べて」

カテリーナがアゼストに⾔葉を投げるのに⼗分な余裕を⾒つけている間も、彼らは攻撃を交換し続けた。

「あなたを変えることができる誰かに出会えたのですか?」

「・・・」

「しかし、なぜあなたは彼に自分の正体を隠しているのですか?」

⼀瞬、アゼストの剣先が揺れる。

カテリーナはその機会を逃さなかった。

彼⼥は⾃分の周りの床から氷の破⽚を蹴り⾶ばす。

オーラで満たされた氷の破⽚が弾丸のあられのようにアゼストに迫る。

⼩さな氷には⼤量のオーラが注がれていた。

氷の破⽚がアゼストを直撃し、爆発が発生する。

彼⼥の髪はすぐに⽩いブロンドに戻った。

カテリーナは、⾃分の⼒を⼗分に発揮したことに満⾜したかのように、オーラを集める。

「ここで終わらせましょう」

彼⼥の低い声が静かな空間に響き渡った。

 



 

アゼストの正体について言及されましたね。

過去に滅んだ王家の末裔の一人。

そして、次の王位を継ぐ者。

そして、カテリーナとの模擬戦。

ロイヤルガードに相応しい実力で、アゼストを圧倒しています!

帰還者の魔法は特別です【227話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は227話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...